タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうLEGON!

自転車愛好家が集うSNS、「LEGON自転車紳士録」


2007年の運営開始から今日まで、多くのサイクリストの交流の場となってきた。






私は2009年から自転車に目覚め、約1年を経てLEGONに登録した。



当時はミクシィが時代の最先端というか流行りで、

LEGONもそれと非常によく似たシステムで馴染みやすかった。




LEGON.jpg




最盛期には全国で6000人くらいの登録者がいたと思うが、

私がこのSNSを特に好きだったのは、総じて紳士淑女な方が多かったことだ。



自転車好き、それも実際に合って一緒に走ることを前提にしているという特性もあり、

ネットによく居る、いわゆる “おかしな人” がほとんどいなかった。





LEGONに登録した当初は、自転車仲間は両手で数えられるくらいだった。


一緒に走る仲間が欲しくてLEGONに入ったので、

すぐに「呉ポタリング倶楽部」というコミュニティーを作った。



そのせいもあるのだが、わずか一年で友達100人越え、

3年後には300人を越える大所帯となった。





ところが時代は移り変わり、Twitterfacebook のような

新しいSNSが台頭してきた。



便利なアプリ、ログインが容易、画像サイズ編集不要、ファイルの添付などなど・・

日常的な使いやすさにより、ドンドンシェアを拡大していった。




いつの間にかLEGONから人がいなくなり、

連絡ツールとしても機能しなくなった。




私も必要にかられてfacebookに移行したが、

コミュニティーやイベントの管理者目線でいうと、

LEGONのシステムが今でも秀逸だと思っている。



一般的な使い勝手でも、友達の書き込みが時系列に並んでいて、

自他ともに何年前の何月何日、と遡った観覧も容易だった。





だが時代の波には逆らえず、 この度LEGON運営から

今年度でSNSの廃止する旨のお知らせが届いた。






もともとLEGONは俳優の鶴見辰吾さんが作った自転車チームであり、

その発展形としてのSNSだった。


多くの人で賑わったLEGONだが、これで本来の姿に戻ったとも言える。




私も縁あって鶴見さんと一緒に走らせていただいたのだが、

有名人とは思えない気さくさと、人間味あふれる人柄に魅了された。


そんな鶴見さんを慕う仲間も多いLEGON。

これからは気楽に純粋に、自転車を楽しむ集団であってもらいたい。




DSC01480.jpg




LEGON(SNS)が無くなってしまうのは本当に淋しい。



私の自転車ライフを育ててくれ、多くの仲間に恵まれたのもここだ。

まさに一時代の終焉といった感さえある。





よくLEGON時代からの仲間と、

「LEGONだけで何もかも出来た時代が懐かしい。」

といった話をするが、



それは見方によれば、限定された世界で生きていたことを意味する。





ただ終わりを嘆くのではなく、今後の世界の広がりに目を向けたい。


そしてLEGONが全盛期だった時に、そこにいられた事を本当に幸せに思う。




ありがとうLEGON!




img[7]






LEGONと私の関わりを知らない方へ

お時間あればどうぞ。

http://tairon737.blog.fc2.com/blog-entry-4.html







スポンサーサイト
2016年、夏後半ダイジェスト

8月8日から14日までに4回もブログ書いたくせに、

それから半月以上更新してないというね。



やらない時は、本当にやらないんです私・・。(笑)







いやいやいや、 もちろんボーっと過ごしていた訳ではありませんよ~。


いつも通り、 いや、いつも以上に駆けずり回っておりました。 (→現在進行形・・)





という訳で、私自身を振り返るためにも、

8月後半以降の主な出来事をダイジェストでお送りします。(笑)






まずは8月27日に広島駅前福屋屋上ビアガーデンで開催された、

「広島サイクリスト大交流会」 の模様から。



途中のフロアにはカープ凪の展示が。( ^ω^ )



IMG_3124.jpg




この宴は、広島在住もしくは当日広島を訪れているサイクリストが、

所属するチーム、サークル、ショップなどの垣根を越え、

自由に交流を深める場として毎年開催しているものです。




IMG_3310.jpg




今回は福山のミニベロメーカー、「CYCLE・HEART」の佐藤さんが、

独自に開発中のミニベロ専用輪行袋の試作品を紹介してくれたり。( ^ω^ )




  IMG_3311.jpg




夕方5時から閉店の10時まで、ノンストップ大宴会♪


そんな長い時間、間が持たないとお思いでしょうが、

自転車談義に花をさかせていたら、


ホントにあっという間なんですよ。(笑)





今回もチケットご用意デイジーさん、

取りまとめの土ころびさん、 毎度ながらありがとうございました~。




リーズナブルな参加費でたっぷりおしゃべり。

次回は皆さんも是非ご一緒に。(=´∀`)人(´∀`=)




IMG_3223.jpg




明けて28日。 嫁と孫を連れて山口へ。


自転車ロードレース 国内最高峰Jプロツアー、

我々の応援するヴィクトワール広島も走ります。




  IMG_3306.jpg




山口県庁前の公道を封鎖しての本格的市街地レース。

山口県の先進的な取り組みは本当に素晴らしいですね!



我らがヴィクトワール広島だけでなく、

実業団レースにはお仲間もたくさん参加してます。




IMG_3270.jpg




あいにくの雨で棄権や落車が続出する中、

E1に出場した Kermis Cross の藤川さんが快走!


最終週まで先頭グループのいい位置にいたのですが、

最後の最後で他者の落車に巻き込まれ、


転倒は免れたものの、9位でフィニッシュ。



お仲間チームの奮闘に、見ていて興奮しました。




IMG_3264.jpg




到着が遅かったのでこれ以前のレースは見てないんですが、

KermisはE3に出場した本田選手が優勝されたそうで、おめでとうございます!





そしていよいよP1スタート!


飛び出していく ヴィクトワール広島の選手たち。

オレンジ色のジャージに、蛍光イエローのメットが映えます。




IMG_3282.jpg




余談ですが・・


アニソン界の大御所、JAM project の新曲、「AREA Z」 が、

このたびJプロツアーの公式ソングに選ばれました。




スタートの号砲に続いて流れるイントロ・・ 


いつもアルバムで聞いている曲ですが、

実際にレース会場で流れると トリハダ立ちましたね。 ψ(`∇´)ψ









結局レースは大雨の中、 出走77台のうち、

完走はわずか11台という波乱の結果に。



ヴィクトワールの選手も全員DNFでしたが、

ケガや故障がなくてよかったです。

ヴィクトワール広島HP掲載のリザルトはコチラ↓↓
http://victoirehiroshima.com/news/20160829.shtml




そして久しぶりのお仲間とも交流できて

ホントに有意義な1日でした。


選手、そしてサポートの皆さん、お疲れ様でした。




IMG_3230.jpg




そして交流会、レースがあった週の前後に、

しまなみ海道で高校生たちの学校行事である サイクリング伴走のお手伝い。




IMG_3312.jpg




毎回いい経験をさせてもらってますが、今回ツボだったのは2回目の帰路のこと。




午後から天気が下り坂の予報だったのだけど、

私がフェリー乗場で船を待っている間に降り始め、


雨雲レーダーを見ると、車を置いている対岸は土砂降り。

 ※青い点が私のいる場所




  IMG_3314.png




乗船中はバケツをひっくり返したような豪雨。

そして対岸に到着すると、ご覧のとおりの晴天に。 ( ゚д゚)



はい、全く濡れておりません。(笑)




IMG_3316.jpg




先ほどの雨は何処へ?

雨雲レーダーを確認すると、さっきいた場所にすっかり移動してる。Σ( ̄ロ ̄)




  IMG_3318.png




・・・向こうでお別れした仲間と生徒さんたち。


南無阿弥陀仏・・ と いふしかないだろ!(爆)




IMG_3317.jpg




こわい・・ 気持ち悪いくらいに怖い。


これまで幾度となく晴男伝説を作ってきた私ですが、

またひとつ強烈なのをかましてしまった。 ァ,、’`( ꒪Д꒪),、’`’`,、



もうね・・ そろそろ死ぬか、手痛いしっぺ返しみたいなのを喰らうんじゃなかろうか。^^;






はてさて、そんな色々諸々あったわけですが、

他にも団体運営のための勉強会に参加したり、




IMG_3422.jpg




広島県知事の懇親会に参加したり、

面白 真面目な場所にも出かけておりますよ。




  IMG_3425.jpg




特にこういった催しでは、会場をつくる側としての目線で観察させてもらったり、

色々な人とつながる事ができるので、二重三重に意味があります。




活動を続けていると、色々な方が様々な場面で

こうした催しの情報やお誘いを下さるので、


本当にありがたいことで 感謝しています。 m(_ _)m




IMG_3429.jpg




そして何かしら出かける時は、道中の色んな場所やモノに目を向け、

余裕があれば立ち寄るようにしています。



そうすることによって、更に得るモノが多くなりますね。





・・・・この日はワインを得たことを そっと報告しておきます。(笑)




IMG_3436.jpg




追伸・・


この他にも色々ゴソゴソしておりますが、

もうすぐ発表できるものもあれば、 まだまだ先のお知らせもあります。


お伝えできるタイミングで小出し(笑)にしてまいりますので、

今しばらくお待ち下さい。(^o^)/






怒涛の週末スケジュール その②

続きを読む
スペシャルオリンピックス・コーチクリニック

色々、諸々、様々・・

光陰矢のごとし。^^;



ここ最近バタバタしていて、順次ブログをアップする時間がありませんでした。






なので話は少しさかのぼって一週間前。


5/17に広島空港の中央森林公園で

スペシャルオリンピックス広島主催のコーチクリニックを受講してきました。




  DSC01159.jpg




スペシャルオリンピックスとは、知的発達障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングと

その成果の発表の場である競技会を、年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織です。

http://son-hiroshima.mix-net.co.jp/





同会では、これらのスポーツ活動に参加する知的発達障害者の人たちをアスリートと呼び、

様々なスポーツ競技やレクレーションへの参加の手助けを行っており、


その中には自転車競技やサイクリングも含まれます。





今回行われたコーチクリニックとは、自転車部門でアスリートを導いたり

手助けをしたりするコーチを育成するプログラムであり、


私も縁あって受講させていただく事になりました。




DSC01162.jpg




コーチクリニックは座学と実技があり、

座学は3月に受講済み。


今回は実技が主になります。




DSC01160.jpg




実技は実際にアスリートに協力してもらって行われ、

受講者自らも必要に応じて実走行や様々な競技ノウハウを体験します。




  DSC01167.jpg




私個人もそうですが、 障害を持つ人とどう接すればいいのか、

生活レベルで寄り添った経験が無いので戸惑うところ。



これが出来れば、これも出来るだろうという、

いわゆる健常者の常識は通用しません。



障害を持つ人の世界とはどういうものか、

理解することが全てに通じます。




  DSC01169.jpg




障害を理解し、どうすればルールを守らせられるか。

様々な工夫と注意点は、とても考えさせられるものばかり。




DSC01170.jpg




コツなど無く、ひたすら反復する根気と、

理解しようという姿勢が全てであるとのこと。


一段が一歩で登れないなら、ちいさな階段を増やしてあげればいい。



でもそれって子育てや介護でも同じ事を言われますね。

う~ん、勉強になるなぁ。




11230977_853936034643050_7492879228456628734_n.jpg




障害のことはほとんどわかってませんが、自転車の事は得意分野です。


実は都合が合わず、一度も伴走ボランティアしたことが無いんですが、

自分のスキルが少しでも活かせるなら、出来る範囲で協力したいと思います。




  DSC01171.jpg










理想のまちづくりを目指して

メッチャ久しぶりにジテ通したら、世間はすっかり春になっていたという・・。^^;

夜勤明け、野暮用がてら廿日市のvelo cafe VOYAGIへ。




DSC00617改




TOPEAKのトップチューブにつけるポーチ、見た目は何ですが、

なかなか使用感がいいです。 ダンシングしても思ったより存在が気にならない。




  DSC00621改




東急ハンズで滝川師匠のマシンガントークに蜂の巣にされ、帰路へ。(笑)

吉浦の海岸にも こんなナイススポットが。




DSC00625.jpg




お気に入りの大平橋。 

呉には他にもいくつかレトロな橋が残ってます。




DSC00628改




やっぱり自転車はいい。 ただの通勤もこんなに楽しくしてくれます。(^^)




さて、今回は遅まきながら先々週行われた第三回自転車シンポジウムの話題など。


自転車活用推進研究会の小林理事長を講師にお迎えして、

自転車文化の創造について大いに語って頂きました。




IMG_1318.jpg




パネリストの他にも、会場には広島の自転車関連で活躍されている様々な方が参加。

多くの方に興味を持って頂き、会場はほぼ満席でした。


それもこれも代表の小路さん始め、輪輪プロジェクトのメンバーが努力されてきた証だと思います。




IMG_1319.jpg




シンポジウムの内容は、世界や日本の様々なまちづくりの取り組みを紹介しながら、

今後の広島のあり方を考えようというもの。



結果からいうと、自転車乗りが自転車のことだけを考えていてもダメなんですよ。

他の様々な交通機関においてもそれは同じ。



「共調」 このひと言につきると思うんです。



立場の違う者同士が、お互いの主張をしているだけでは、

いつまでたっても平行線なままです。



我々が自転車を快適に利用できる環境改善をしていくには、

自転車に乗らない、自転車が無くてもいい人からも、


「自転車って、いいものだな」 と思ってもらえる世の中にしていく努力が必須なのではないでしょうか。




そんなことを改めて考えさせてくれるシンポジウムでした。






さて、ここからはSさんが撮ってくれた当日の動画をご紹介しますが、

見どころは各国のまちづくりの成功例です。



私は何をかくそう、自動車に依存しまくりのマイカー人間のひとりですが、

日本もそろそろ車中心の社会から脱却を考えなくてはならないのではないでしょうか。



昨今話題になってきている「ゾーン30」などは車の運転者からすれば煩わしいことですが、

車の使い方を根本から変えていけば、全ての交通がもっと便利に、

もっと快適に利用出来、 エコで交通摩擦が軽減出来るだけでなく、


経済活性化まで期待できるという、いいことづくめのヒントがここにあります。

そして広島は、それを具現化出来る要素をふんだんに含んでることに気づかれるハズです。


少々長いですが、興味のある方は是非。









そして以前のブログでもご紹介させて頂いた、金沢での成功例。

行動を起こしたのは主婦です。


地域の学生や行政とうまく連携をとりながら、 押し付けるのではなく、

“見せる”道路標示などの取り組みが画期的です。









最後にこれまた以前のブログで紹介させて頂いた、疋田さんの因島での講演。

ここでのポイントは、ドイツのミュンスターでのまちづくり。


電車、バス、車、自転車、歩行者、 それぞれの役割と特徴をよく理解した上で、

とても素晴らしい住み分けがおこなわれています。


眼からウロコの取組とは?

是非ご覧下さい。










乗らずとも自転車三昧の日々

金曜日。 輪輪プロジェクト主催の「第2回自転車まちづくりシンポジウム」に参加してきました。


今回の講師は三国成子さん。

金沢での自転車活用まちづくりにおいての成功例を語って頂きました。




DSC00538.jpg




例えば自転車レーンや走行空間の確保など、

一定の幅がある道路でないと出来ないと思っていたものを


バスレーンの利用や道路標示の工夫で、素晴らしい成果を上げておられます。




そして一番感銘を受けたのは、 説明よりも見せる ということ。


交通ルールを叫ぶだけでは、理解が浸透しにくいので、

具体的に導線を引くことが大事だということがわかりました。



今後のまちづくりの良いお手本になると思います。







(※輪輪プロジェクトメンバー、Sさん撮影)




そしてパネルディスカッションではヴィクトワール広島の中山選手も登場。

今後の広島自転車界の展望について熱く語ってもらいました。(^^)




DSC00541.jpg




そして土曜日は朝から廿日市へ。

廿日市で活躍するNPO団体の交流会、「まちづくり交流会inはつかいち」 に参加するためです。



講師の早瀬昇さんのお話は、NPOに携わろうと思う人は是非聞いておいた方がいい、

ということで参加させて頂くことに。




10923265_606309949498921_6308812510049574232_n.jpg




NPOの歴史と社会での役割、モチベーションの維持など、

大変貴重なお話を伺えただけでなく、


日ごろ自分たちとは違うステージで活躍されている様々な方と交流を持てたのが収穫でした。




交流会のあとは一緒に参加した輪輪スタッフと如水産へ。

会場から目と鼻の場所ですから当然ですね。(^^)




DSC00543.jpg




食事してると、サイクリング中の おかぴょんさん親子と おっき~さんが登場。

さすがはサイクリストの集まるお店です。




1907554_613807518750774_8347178222301186245_n.jpg




食後はVOYAGEへ寄るだろぉ。

敷地内だし。(笑)


自転車活動のまじめな打ち合わせも少々。




DSC00544.jpg




夕方は広島市内に移動して懇親会です。

自転車仲間の集うお店、「モダニティカ」


先週に引き続き、お世話になるといふ具合。^^;




DSC00546.jpg




お題は 「広島サイクリスト新年会」


これは広島近隣の自転車仲間のオフ会専用の集まりで、

所属しているチームやサークル、ショップの垣根を越えて広く交流するのが目的です。



もう何年も続けている交流会ですが、 お馴染みの面々から懐かしいお顔、

はじめましての方から、遠く県外からも参加していただいたり、


本当にありがたいことです。




DSC00547.jpg




そんなこんなで自転車には全く乗っていませんが、

ある意味、自転車三昧な週末でした。(^^)





あ、そういえばちょろっと乗りました。

日曜日、下の孫にせがまれて下蒲刈へ。




DSC00556.jpg




この日はキレイに浮島現象が見えました。




DSC00563改




亀の歩みに付き合って夕方に。

逆に置いていかれるようになる日がくるのでしょうか。(笑) 




DSC00576改




今後の自転車界の発展に期待、

そして素晴らしき仲間に感謝です。














かきしま海道、取材道中

自転車雑誌 CYCLE SPORTS で数か月に渡って特集されている、

瀬戸内のサイクリングスポットを紹介する記事、「海道をゆく」 シリーズ。



しまなみ海道を始めとし、 とびしま海道、 さざなみ海道、 と紹介が続き、

そして先日発売されたばかりの3月号では、かきしま海道が特集されています。




  IMG_1266.jpg




実はこの記事の取材に、瀬戸内サイクルメディアも微力ながら協力させて頂きました。


とびしま海道、さざなみ海道、そして今回の かきしま海道の取材には、

主に情報提供という形で参加させて頂いております。



調べればすぐにヒットする王道なネタはもとより、

地元サイクリストでも なかなか知らないようなコアなスポットまで、


とても読み応えのある特集になったのではないかと思っています。




IMG_1269.jpg




もちろん、我々の提供した情報が全て反映される訳ではありません。

限られた取材日数とページスペースの都合上、やむなくカットされたポイントも多々あります。



しかし雑誌スタッフの見切りと編集はさすがの一言で、

出来上がった記事を読むと本当に感心させられます。





今回はそんな取材同行の貴重な体験記を

差しさわりの無い範囲でお伝えしようと思います。






かきしま海道の取材が行われたのは、大寒波により広島に大雪が降った日。


市内の交通が完全にマヒ状態になっており、

取材開始が予定より3時間以上も遅れるという波乱のスタートでした。




DSC00003.jpg




それでもスタッフの方と臨機応変に取材内容を変更し、

短い中でもメリハリのある紹介が出来たと思います。




DSC00008.jpg




そうそう、この日は寒いだけでなく、風もかなり強かった。

あとで知ったんですが、当時の気温は -4℃!



取材の合間にカメラマンの後ろに隠れるシマコさんたち。(笑)

絵的な配慮で、スリーシーズン仕様の薄着装備なんです。(>_<)




DSC00007.jpg




駆け足で取材を進行し、広島県最南端の鹿島へ。


晴れの日は雄大なロケーションを誇る鹿島大橋からの眺めも、

夕暮れが近づいたため、いつもの魅力半減。(苦笑)



走行シーンも撮影されましたが、 瀬戸内らしからぬ土用波ではね~。^^;



DSC00014.jpg




日も暮れてきたので、そろそろ外の撮影は終わり。

道すがら倉橋の お食事処かずへ立ち寄ります。




DSC00020.jpg




冬季は特に大粒の牡蠣料理がおススメ!

牡蠣丼、牡蠣うどんに舌鼓をうってもらいます。(^^)




DSC00022.jpg




こうしてこの日の取材は終了~。

翌日も取材は続くのですが、私は仕事。


SCM役員のコズミックさんにバトンタッチです。




そして出勤日を挟んだ翌々日、

勤務明けからフェリーで江田島へ。



取材陣に合流すべく、最短コースの幸之浦峠へ。




DSC00032改




ところが峠のてっぺんには、先日の雪と凍結がまだ残っており、

恐る恐る降りて押すハメに。^^;




DSC00033.jpg




ヒヨりながら峠を越え、 ダッシュで走って術科学校の塀沿いで本隊に追いつきました。

旧海軍の社交場、海友舎を取材のために開けてもらって見学。




  DSC00034.jpg




ふるさと交流館で一服。


BioGaiaBikeの中山卓士選手もゲスト参加です。

いつ見ても男前。(^^)




DSC00037.jpg




そしてコズミックさん、ムーランさんも、この日は縁の下の力持ちです。




DSC00038.jpg




中山選手のススメで、術科学校内で海軍カレーを食べることに。




DSC00040改




見学以外の一般人も食堂に入れるとは、私も知りませんでした。




10846618_757796644314887_966536433_n.jpg




食後は 定番サイクリングスポット、しびれ峠へ。

取材最終日にして、やっとすがすがしいロケーションに。(^^)




DSC00045改




秋月海岸では順調に走行シーンを撮影。

これぞ瀬戸内の風景ですね。




DSC00046改




そしてイケメン、モテモテ的。(笑)




DSC00054.jpg




前日の取材が順調だったようで、江田島の取材はこれで終わり。

スタッフの要望で、初日に寄れなかった音戸の町並みへ。




  DSC00065改




音戸渡船口から路地に入ったところのギャラリー、天仁庵。

地産のお土産と和風スウィーツも堪能出来ます。




DSC00087.jpg




というわけで、無事に取材は終了~。


スタッフ及び関係者の皆さん、一緒に協力してくれた仲間たち、

本当にお疲れ様でした。


よい経験をさせて頂いて、感謝しております。m(__)m




DSC00105.jpg






~ おまけ ~






“ ヘンなおじさん” として紙面デビューを飾ったコズミックさん。(笑)




  IMG_1267.jpg




ヘンなおじさんと仲間のおじさんとして紹介された私。(爆)




  IMG_1268.jpg




イケメンはやはり イケメンとして紹介。 

あたりまえ~ 体操~~~♪ (笑)




IMG_1270.jpg




次号、4月号は ゆめしま海道 (しまなみの上島四島) の特集だそうです。

我々は関わっておりませんが、どんな内容になるか楽しみですね~。(^^)





2014年、ありがとうございました!

今年も大晦日を迎えることが出来、感謝以外の言葉が見つかりません。

という訳で恒例の総括的日記です。(笑)






今年もたくさんの方とお知り合いになり、交流させて頂き、

自転車で色々なところへ出かけました。


皆さん楽しみにされている、おやくそくの破壊活動も少々・・ (笑)






色々ありましたが、何と言っても今年は瀬戸内サイクルメディアを立ち上げたことが一番の出来事です。


自転車振興と地域活性化を目標とする任意団体の設立。




構想を持ち始めたのは2013年7月ごろ。

その後、有志とともに準備を進め、 多くの方の協力のもと、今年4月の立ち上げとなりました。




DSCF2600.jpg




全てが手探り状態の中、試行錯誤の連続でしたが、

問題を乗り越えるたびにスタッフの結束が深まり、


ハッキリ言って現役員の誰ひとり欠けていてもここまで来れなかったと断言出来ます。




おかげ様で、これまで自転車仲間同志の交流でしかなかったものが、

SCMの活動を通じて地元地域の方々との交流が深まったことが、何より大きな財産になりました。




本当に感謝しております。m(_ _)m




1545157_668805506560703_6158014418935786522_n.jpg




まだまだやることは山積しておりますが、 当面の大きな目標であるNPO法人化に向けて、

現在誠意準備中であります。


順調にいけば、来年度早々には実現出来る見込みです。




会員の皆さんや地域を始め、関係する全ての皆さんに意義を感じてもらえるよう、

これからも前進していきます。



今後ともSCMを よろしくお願いします。m(_ _)m




DSCF2703.jpg





そして、これまで数年間培ってきたサイクリングイベントの企画運営。

自らの得意分野を活かしてのSCMの活動とは別に、



自転車を快適に利用出来るまちづくりを推進する

ひろしま輪輪プロジェクトに参加させて頂くことによって、


ワークショップやシンポジウムなど、

これまでに経験の無い活動を体験させて頂きました。



おかげ様で新しい人脈のつながりや、勉強をさせてもらっております。


世界の広がりに感謝です。 




IMG_1167.jpg




また、Jプロツアーや世界でも活躍してきた中山卓士選手率いる実業団チーム、

Team BioGaiaBike の仲間たちもこの一年、切磋琢磨してきました。


中山選手のサイクルレッスンも大好評で、レッスン生も増え続けています。




更に更に、中山選手を始め、広島にゆかりのある選手が集い、

VICTOIRE HIROSHIMA の立ち上げを開始されています。



子供たちが野球やサッカーのプロ選手を目指すように、

自然に自転車競技への道を進めるような導線づくりという大きな目標があります。


競技だけでなく、自転車を愛する全ての人のための環境づくりにも余念がありません。



我々広島のサイクリストも中心になって協力し、盛り上げていきたいですね。




10483619_10152085907265997_3445143778725796353_n.jpg




その他にも色々な人が・・

        様々な規模やスタイルで・・

            諸々な自転車に関わる活動を広げておられます。 (^^)




10897922_635927176529597_8667857198629039089_n.jpg




毎年毎年、 自転車で広がる世界について語り、 感動してきたわけですけども、

今年ほど大きな広がりを感じたことはありません。



それぞれが出来ることを それぞれのスタイルで行い、

それらがいい感じで融合してこその発展だと強く思うのです。




DSCF1528.jpg





楽しく、ムリ無く、地道に活動すれば、

何らかのアクションや手応えが帰ってくる・・。


今後も皆さんと一緒に、「うねり」を具現化していけたらな~ と思います。




本当にありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いします。m(_ _)m




10872307_757700440976805_1468538009_n.jpg





たくさんのピースに囲まれて

本日8月6日は広島にとって忘れられない日であります。




  IMG_0456.jpg




雨の平和式典なんて昭和43年以来という、これまたある意味忘れられない日になった訳ですが、

原爆についてのお話には今回あえて触れず、 平和にちなんだ前日5日の諸々について。





わたくし、おかげ様で忙しい毎日を送らせて頂いております。


忙しい・・ というより時間の使い方が下手なのと、

無知微力ゆえ、何をするにも全てにおいて構築する手間がかかっているというのが現状です。(苦笑)


とはいえ、面倒や煩わしさを嫌って一歩を踏み出さないよりは、

随分マシな人生であるし、充実しております。


思いを込めてアクションを起こせば何かしら跳ね返ってくる事に対して喜びを感じるとともに、

このような活動が出来る平和な世の中に日々感謝している次第です。  ピース。(^_^)v






さて、8月5日は縁あって毎年献血に行くのですが、 

前回夜勤明けで献血に行ったら ぎりぎり濃度が薄いので採血出来ませんとおっしゃる・・。(-_-;)


なので今回は少しばかり仮眠をとって挑んだら、無事献血出来ました。(^^)



献血って思いはあっても なかなか自発的に行かないもの。

今は献血会員に登録すると、自分の血液型が足りない時にお願いメールが来るという便利な仕組みがあります。

献血の内容や頻度に応じてポイントが加算され、景品がもらえたりもするんですよ。


私も数年前に輸血によって大切な家族を助けて頂きました。

これからも出来るだけ協力していきたいと思います。 


たくさんの方の平和と健康をお祈りして、 ピース。(^_^)v

https://www.kenketsu.jp/nskc/user/login.asp




fukusuukai-1.png










それから一旦帰宅して、色々諸々用事を済ませて再び広島へ。


我らがアキモフが原爆ドームの対岸でピースコンサートに出演するという事で拝聴してきました。




  IMG_0697.jpg




野村彰浩
http://www.nomuraakihiro.com/




IMG_0695.jpg





男前もいます。(笑)

ピースコンサートにBioGaiaも協賛しているらしく、スタッフだそうです。




IMG_0696.jpg




私を含め、晴男晴女の仲間が集結したにもかかわらず、あいにくの雨。^^;

でも強い雨じゃなかったのは我々のおかげ? (笑)


平和への想いを乗せて、 ピース。(^_^)v



  10450684小




その後、自転車をとりまく環境改善を目指す団体、「輪輪プロジェクト」の会合に参加。

ふたつの世界遺産を有する広島。 偉大な観光資源の有効活用など模索しております。


有意義な時間を同志と共有できる幸せ・・。

これもまた平和があってこその活動・・ 的。 ピース。(^_^)v




DSCF4313.jpg




会合後は再びアキモフのライブに参加した仲間たちと合流して某所へ。

ここでも平和と仲間の存在に乾杯という具合です。 ピース。(^_^)v




IMG_0698.jpg




ひとつのカレーを 3人でシェアするなど、まさに平和・・ 的。 ピース。(^_^)v




IMG_0701.jpg




車で来ている以上飲めない訳で・・

肉食べながら飲むのは、クリームソーダしかありえんだろぉ、普通・・。  ピース。(爆)




  IMG_0702.jpg




色々、諸々、様々・・ たくさんのピースに囲まれた一日。

全てにおいて平和に感謝しつつ、合掌。




小





西日本ロードクラシック観戦

日曜日。

瀬戸内サイクルメディアのイベントが雨で順延になった為、

空港へレース観戦に行ってきました。



西日本ロードクラシック。

レースに疎い私はよく知らないのですが、いわゆる日本のプロツアーです。



DSCF1955.jpg



ロジャースレーシングチームの中山卓士選手や、

TeamBioGaeaBikeの仲間たちが参戦するので、応援という具合。



DSCF1933.jpg



ロジャースのピットの隣りには、チームマッサのサポーターを務めるアンデックスのよーいちさんが。

ピット移動用に凪を数台持ち込んでの参戦。



DSCF1936.jpg



まずは中山選手が出場するP1と呼ばれるトップカテゴリーの応援。

一周12.3kmのコースを12周・・ 約150kmのレースです。




DSCF1934.jpg




雨で路面コンディションが最悪な中、一周17分台のハイペース。

見ているだけで足が攣りそうです。^^;




DSCF1945.jpg




結局レースはブリッツェンとのゴールスプリントを 鼻差で制したシマノレーシングの畑中選手が優勝。




DSCF1954.jpg




我らが中山選手もガッツあふれる走りで魅了してくれました。




DSCF1958.jpg




あっという間の3時間半。

ドロドロの雄姿です。




DSCF1959.jpg




間をおいていよいよTeamBioGaeaBikeの参戦するE3がスタートします。

監督の中山選手と作戦会議する面々。




DSCF1968.jpg




緊張のスタート前。

みんな前の方のいい位置をとっています。




DSCF1972.jpg




DSCF1973.jpg




スタートの模様は動画でどうぞ。









雨もあがってすっかりドライコンディションに。

一週目からハタシ君とサカイさんが先頭集団にくいつきます。



DSCF1977.jpg



アキモフとケンイチ隊長もくいさがる。

速度が速いので、全員を撮る事が出来ません。^^;



DSCF1983.jpg



ちなみに同じアングルで狙う くろすけ軍曹を激写。(笑)



DSCF1976.jpg



先頭集団にからみ続けるハタシ君。




DSCF1988.jpg



私らが主に観戦していた最終コーナーでは落車が相次ぐという荒れたレース展開。

2周目はサカイさんの直前で落車があり、ヒヤリとする場面も。((((;゚Д゚))))



DSCF1989.jpg



トミ~さんの雄姿。



DSCF1990.jpg



渡部さんの激走。



DSCF1991.jpg



アキモフ・・ ケンイチ隊長・・

我々の声援に、ため息で答えるアキモフに激萌え。(笑)



DSCF1992.jpg



最終周はゴールラインで選手を待ち構えます。

応援する方もヒートアップ。



10483619_10152085907265997_3445143778725796353_n.jpg



トミ~さんのゴールスプリント。



DSCF1997.jpg



次々と選手がゴールラインを通過し、

TeamBioGaiaBikeのメンバーも全員無事完走。



DSCF2001.jpg



今日ばかりは泥と汗まみれのバイクが超カッコよく見えます。



  DSCF2002.jpg



結局、ハタシ君が7位で惜しくも入賞ならず。

でもみんな最後までよく頑張りました。


結果うんぬんよりも、頑張れた事に一番意味があると思います。

きっとこれを糧に更なるステップアップしていくんでしょう。



DSCF2004.jpg



お馴染みバイクサポートの じん@Z750さんもお疲れ様でした。

フル伴走、ご苦労様です。



DSCF2009.jpg



最後はみんなで記念撮影。

合言葉はもちろん、バイオ ガイア~♪



DSCF2006改



皆さんとお別れして帰り道。

レース後だというのに呉まで50km自走で帰るサカイさん。


中山選手の車にカーペーサーで貼りつくという・・

そのまま高速に乗るんじゃないかと思ってドキドキしたのは秘密です。(笑)



DSCF2011.jpg



さて、あんなスゴイものを見せられて、そのまま一日を終えられるハズもなく・・

帰宅してすぐにローラー台へ。


そして音戸~大入~神山峠の自称Aコースを夜走。


神山峠をのぞけば、ほぼフラットなAコースですが、

和庄から警固屋までを稜線のバス通りを使えば空港よろしくアップダウンの道になります。



DSCF2015.jpg



ポタリングから練習まで、こんなに素晴らしい環境に住んでいる事に本当に感謝なんですよ。


空港からの帰りに食ったカレー大盛がこみあげてくるぐらいには追い込みましたが・・



BioGaiaのレースアベレージ 38km/h。 

 ・・私のAコースアベレージ 25km/h。(爆)






プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。