タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みろくの里サイクルフェスタ2016

怒涛の週末、最終日は、みろくの里サイクルフェスタ2016 にスタッフ参加しました。



無題




みろくの里はヴィクトワール広島主催のレースイベントで、昨年に続いて2回目の開催。

福山にあるテーマパーク、みろくの里 内の特設コースを使用します。




  DSC04380.jpg




土日2日間のイベントなので、私は東京からトンボ帰りして2日目に強行参加。


天気は晴れ。気温もおだやかで暖かです。




DSC04383.jpg




競技はママチャリ耐久レースからスタート。


コスプレや子供自転車もいますが、走りは本気!(笑)




DSC04392.jpg




プロアマ混走の2時間耐久は参加者も多くて

なかなかの迫力です。




DSC04401.jpg


DSC04405.jpg


DSC04412.jpg


DSC04410.jpg




MCは、エッグプランニングの新山真央さん。


レースイベントの実況も、すっかりお馴染みですね。(^^)




DSC04413.jpg




出店ブースも尾道ラーメン他、色々賑わってます。




DSC04393.jpg




福山の新屋カイロプラティックさん。


ご夫婦ともども自転車仲間として仲良くさせていただいてます。(^^)




DSC04415.jpg




仲の良いご夫婦が身体だけでなく、心も癒してくれますよ。


お近くの方は是非。(^^)
http://sinyachiro.jimdo.com/




DSC04416.jpg




キッズレースに参加する元気なちびっ子たち。


体は小さくても、気合は大人顔負けかも。(笑)




DSC04418.jpg




未就学児童のレース体験コーナーも。


ほのぼのとした空気が流れますね~。(^^)




DSC04429.jpg




最終レースは本格的なエキシビジョン。


ヴィクトワール広島と、脚力自慢の猛者たちが出走します。




DSC04432.jpg




レースはさすがのペースで展開。


ゲストライダーである、プロトライアスリートの小林歩選手の力走。




DSC04433.jpg




結果はヴィクトワール広島の河賀雄大選手が貫録の優勝。


自転車レースを初めて見る子供たちからも、感嘆の声があがってました。




DSC04437.jpg




最後は盛大に表彰式を行って終了。


コースも規模も雰囲気も、なかなかに良いイベントでした。




DSC04440.jpg




今期、3つの大会にスタッフ参加させていただいたのですが、



9月のサイクルフェスタHiroshimaでは、SCMのブース出展を。

11月の広島バイシクル・フェスタでは企画運営を。

そして今回のみろくの里サイクルフェスタでは立哨、誘導、受付などのスタッフとして、



それぞれ関わらせていただいて、 フタを開けてみれば、

ほとんど全てのポジションを経験したことになります。




たった半年の間に、これだけの経験ができたことは大きな財産であり、

また、活動を通じて新たな仲間や関係もできて、

来期は更に飛躍が可能となります。




まだ構想は私の胸の内にありますが、

きっと何かしらの形でお知らせできる時が来ると思います。



テーマは常に、more Happy、more Exciting を目指して。




何はともあれ、みろくの里のスタッフの皆さん、

お疲れ様でした~。




IMG_4052.jpg










スポンサーサイト
広島バイシクル・フェスタ2016開催しました!

11月5日、 「広島バイシクル・フェスタ2016」 を開催しました。




自転車レースと展示・試乗会を同時開催!


広島市内の西飛行場跡地という好立地!




IMG_3831.jpg




レースは広い滑走路を使った1周800mのコース。

耐久をメインとした様々なカテゴリーで行いました。




14908309_1254996521240858_3301758793746792312_n.jpg




展示・試乗会場では国内外の有名メーカーの試乗に加え、

競輪の他、様々な自転車活動を行っている団体のデモンストレーションも実地。




IMG_3839.jpg




屋台やケータリングサービスも充実。

一日中楽しめる自転車の祭典です。♪( ´▽`)




IMG_3885.jpg




開催の目的は、既存の自転車愛好家だけでなく、

そのご家族ご友人や、自転車に乗らない人にも魅力に触れていただくこと。



なので試乗車もミニベロや電動自転車など、

目にも楽しく親しみやすいものから、走りに特化したものまで様々。




IMG_3848.jpg




レースもプロや実業団クラスの見ごたえのあるものから、

ママチャリなど運動会気分で誰でも参加できるものまで色々です。




IMG_3860.jpg




中国地方では珍しいミニベロ耐久レースも行いましたが、

本気マシンに本気モードの猛者が集まり、 白熱した戦いに!



14938266_1254996271240883_1693975541837424912_n.jpg




レースはミニベロとは思えないハイペースで展開し、


この日のために研究と練習を積み上げてきた関西から参加の

ナカガワサイクルワークスさんと、ミヤノサイクルワークスさんが堂々の1、2フィニッシュ!




14907249_1254996441240866_1531460065986275361_n.jpg




実業団選手とはいえ、勝手の違うミニベロで3位入賞を果たした

voyAge cycling team も大健闘!




ホイールもらったので、ミニベロ買って下さい。(笑)




14915624_1779758992291512_6304916683492032862_n.jpg




2時間耐久レースは序盤こそ耐久らしいペースでしたが、

次第に速度があがり、文字通りのスタミナ勝負に。




DSC01815.jpg




結果、日本写真判定(株)の清水選手が貫録の一位。



しかもこのクラスは1位から6位までのうち、5組がソロというね。

スゴ過ぎる人たち。^^;




DSC01819.jpg




キッズレースは参加人数の都合で高学年と低学年が同時スタート。



キッズとはいえ、気合は大人顔負けの子が多かったです。

この中から未来の競技選手が生まれるかもしれませんね。




IMG_3892.jpg




そしてこのクラスではあるドラマが。



香川から来たのに、前輪を忘れて棄権を余儀なくされた子がいました。

それも特殊な24インチというサイズ。



ところが何と、ミニベロ耐久で優勝したナカガワサイクルワークスさんは、

24インチだったのです。



その子は これを借りて無事出場でき、 更に低学年の部で優勝してしまったのです!


ご両親もナカガワさんも大喜び。(=´∀`)人(´∀`=)




IMG_3886.jpg




他にもゲストライダーのトライアスリート 福元テツローさんの

ミニベロ耐久とクリテリウムへのダブルエントリーでのハイパフォーマンスや、




IMG_3876.jpg




ファッションはコスプレだけど、走りは正統派な二人とか。

話題、見どころ満載な感じで進行。




IMG_3878.jpg




本当は、レースに参加されたもっとたくさんの人の話題や、

来場してくれたお仲間のこととか、



語りたいことは山ほどあるのですが、

長くなるので泣く泣く割愛。




  14963264_1292988494065727_8723783398790552538_n.jpg




飲食ブースも、地域の特色を活かしたメニューや、

味自慢のお店に多く参加いただいて充実。




IMG_3849.jpg


IMG_3834.jpg




とびしま海道の異端児DJ、Yu-Y@(ゆーや)も登場!


自らリミックスした80~90年代のディスコチューンを中心に、

会場を盛り上げてくれました。(^^)




そればかりでなく、私の大好きなアニソンシンガー、

佐咲紗花の曲を盛り込んでくれるという、超心憎い演出も。(///▽///)




DJ.jpg




レースのトリはプロアマ混走によるクリテリウムです。


今大会の監修を務めるヴィクトワール広島の

西川、杉山選手が終始レースをリードします。




IMG_3899.jpg




先の西日本ロードクラシックで大腿骨骨折という大怪我から、

凄まじい回復を見せる中山選手も大会を盛り上げるため出走。




IMG_3910.jpg




結果はヴィクトワール広島が1、2、3 という貫録を見せつけて圧勝。



初めてレースを見る人も、間近でプロの走りにふれて

その迫力に魅了されたのではないでしょうか。




14572427_1292988577399052_842002515730538842_n.jpg




そんなこんなで、あっという間にイベントは終了。



おりしもカープのリーグ優勝パレードが重なったのですが、

赤いユニフォームを着た来場者もいらっしゃったりして。


おめでたい気分のおすそ分けもいただきました。(^^)





そして今大会においては、多くの方のご理解とご協力に支えられ、

晴天の下 開催できましたこと、厚く御礼申し上げます。




早くも次回開催について楽しみにしているというお声もいただき、

本当に開催してよかったと思います。



実は諸事情により広島西飛行場の使用は今期限りなのですが、

どのような形に昇華していくのかは未知数です。



ともあれ今後も多くの同志と力を合わせ、

大きな目的に向かって進めればと思っています。




全ての関わって下さった皆さん、お気遣いいただきました皆さん、

本当にありがとうございました!




  14980749_1292988057399104_6379005213134257999_n.jpg




※レース・リザルトはコチラ ↓↓
http://media.wix.com/ugd/fd0c10_7cac690d9e9c44339df36c98a8b403f1.pdf








ミニベロ・サイクリング in とびしま

10月9日、「ミニベロ・サイクリング in とびしま」 を開催しました。




  DSC04251.jpg




毎年シリーズ開催してきた 「ミニベロ・ミーティング」ですが、


今年は自転車レースと展示・試乗会を同時におこなう、

広島バイシクル・フェスタ2016を開催するため、


ミニベロに限らず、全自転車カテゴリーに集約することになりました。

http://www.bicyclefesta.com/






とはいえ、ずっと続けてきたミニベロ・ミーティングが無いのは

SCM的に いかにも淋しい・・・



という訳で原点に帰り、サイクリングと試乗会を合わせたイベントを行いました。




DSC04257.jpg




梅雨かと思わせるような秋の長雨も、

イベント当日の朝には止むという・・



晴れ男伝説は健在です。(^^)




DSC04258.jpg




SCMのニュージャージ。

青いのが会員専用、 クリーム色は誰でも買えるジャージです。


今回買いそびれた方は、次回募集時に是非。(^^)




DSC04260.jpg




とびしま海道の海岸線を巡り、

大崎下島は 大長のミカン農道へ。




DSC04261.jpg




古き 良き 日本の原風景が広がるロケーション。

とびしま海道の農道の中でも、1・2を争うほどお気に入りの場所です。




DSC04264改




坂がニガテなリカンベントも強制連行・・

あ、いや、ちゃんと上るか確認とりましたよ。(笑)




DSC04269.jpg




とびしま海道で、最も とびしまらしいと思う場所のひとつ。

三つの橋と連なる島々の風景を是非見て欲しいです。




DSC04276.jpg




そしてこのループ橋。


とびしま海道には3つのループ橋がありますが、

どれも海岸線だけ走っていては見つかりません。( ´艸`)




DSC04279改




そんなプチトリップを楽しんだ農道散策。

ミカンが色づいたら、更に風流になりますよ。




DSC04281改




そして今回は平和に進行すると思っていた矢先、

お約束の神降臨。(爆)



「晴れ → パンク」

もはやネタにもならない発生率と言えます。^^;




DSC04282.jpg




そんなトラブルもありましたが、

おおよそオンタイムで進行。(笑)




DSC04283.jpg




上蒲刈のお食事処、「かつら」 で昼食タイム。

猟師直営なので、いつも新鮮な海鮮料理が食べられます。




DSC04290.jpg




自転車ウェルカムなお店なので、 ゆったりのんびりできます。

ボトルへの給水サービスもしてもらえますよ。




DSC04291.jpg




午前中は曇り空が残ってましたが、

午後からはご覧のとおりの秋晴れ。


絶好のサイクリング日和。




DSC04292.jpg




リカンベントって、ホントに不思議な乗り物ですね。

まるで大人が子供の伴走しているみたい。(笑)




DSC04297.jpg




とびしま海道を軽く往復して、下蒲刈の梶ヶ浜へ。


ここのキャンプ場は、9月から無料で利用できるので、

過去のミニベロミーティングで使ったこともあります。




DSC04313.jpg




今回も参加者の持ち寄ったミニベロを

オーナーの許可をいただく事を条件に試乗させてもらいました。



まずは珍しいタルタルーガの折りたたみリカンベント。

これは乗るのも とっつきやすく、なかなか楽しいですゾ。




DSC04314.jpg




折りたたみも簡単で、こんなに小さくなります。




  DSC04316.jpg




もはや寝た状態で乗るリカンベント。

これを乗りこなすのは、かなりの慣れが必要です。^^;




DSC04304.jpg




こんな中世の自転車のミニ版も。

これはこれで独特なコツが必要です。




DSC04305.jpg




そして知る人ぞ知る、Panasonic ロデオ。

その名のとおり、乗れるもんなら乗って見ろ!がコンセプトの面白自転車。




DSC04309.jpg




あげくの果てには、超レアな3輪ファットリカンベントも登場したりして・・

ミニベロミーティングというよりは、面白自転車大集合になってますね。^^;




DSC04318.jpg




そんなこんなでマッタリとサイクリングと試乗を楽しむ、

原点回帰のミニベロ・サイクリングでした。



次年度はどういった形になるかはわかりませんが、

今後もミニベロ・イベントは続けていきますよ~。(^^)




DSC04320.jpg






サイクルフェスタHIROSHIMA 2016



9月22日、サイクルフェスタHIROSHIMA 2016 が開催されました。




  14344182_548476308685734_4570194896884894866_n.jpg




事実上、広島初となる自転車ロードレースと、

展示・試乗会を同時開催。




古民家カフェ ~輪 voyAge が主体になって企画・運営するイベントです。




IMG_3549.jpg




ご覧のとおり、あいにくの天気でしたが、

たくさんの来場者で賑わいました。




IMG_3536.jpg




レースはキッズや女性も参加できるものから、

ミドル世代によるマスターズクラス・・




IMG_3542.jpg




プロ、セミプロ混在のエキスパートまで、

それぞれ見ごたえのあるカテゴリーが続きます。




IMG_3605.jpg




会場内ではBMXやトライアルなどの体験型アトラクションもあり、

まさにあらゆる自転車を遊びつくす、といった雰囲気です。




IMG_3566.jpg

IMG_3595.jpg




その他、飲食店のブースも立ち並び、

まさに自転車のお祭りといった感じ。




IMG_3597.jpg




会場内だけで全てが揃い、

一日中楽しめます。




IMG_3552.jpg




そんな中に、瀬戸内サイクルメディアもブース出展させていただきました。



団体活動PRと、今後のイベントの案内などの展示。

飲酒運転ゼロPROJECTのブルーリング配布など。




IMG_3533.jpg




ブースではPRの他に、「瀬戸内海道クイズ」 も行いましたよ。

瀬戸内にある海道に関連した全10問。



正解数に応じてささやかな景品をプレゼント。




IMG_3581.jpg




全問正解者には、春吉手拭いを進呈。



おしいあと1問、って人が多かったのですが、

予想以上に100点とる人も多かったですよ。(^^)




IMG_3579.jpg




午前中はけっこうな雨でしたが、

昼前から雨は止んで路面も乾いてきました。




IMG_3565.jpg




トライアスリート 福元テツローさんによる、

チーム紹介もあったりして。




IMG_3571.jpg




我々、瀬戸内サイクルメディアもしっかりPR。

11月の広島バイシクル・フェスタについても広報させていただきました。




14448867_1748966928698787_7508371253386750117_n.jpg




大会のトリであるエキスパートクラスは、

ヴィクトワール広島のハピエル選手が貫録の優勝。


路面が乾いたおかげで、かなり迫力のあるレースになりました。




IMG_3618.jpg




それではちょっぴりレースの雰囲気をどうぞ。


マスターズクラス






エキスパートクラス その1






エキスパートクラス その2






そんなこんなで大きなトラブルも無く、盛況のうちに大会は終了。

自転車仲間から湧き上ったエネルギーで、ここまでのイベントに昇華されたのはホントに立派です。




14370379_1250555714975672_2062325221437020804_n.jpg




さて、広島初の自転車複合イベントが大成功のうちに終了したわけですが、

実はこれで終わりではありません。



何と何と、同じコンセプトの自転車の祭典を

同じ広島西飛行場跡地で、11月5日(土) に開催します!




その名も、「広島バイシクル・フェスタ2016」






誰ですか、パクリかよって言ったのは? (笑)



その経緯とイベント詳細はコチラをご覧下さい。(^^)
http://cyclemedia.blog.fc2.com/blog-entry-35.html




既に大会HPも開設し、 エントリーも始まっております。



レースに出る人も、 出展される人も、

自転車に興味を持ち始めている人や初心者の方も、



見て! 触れて! 参加して!



誰もが楽しめる内容です。


是非みんなでイベントを盛り上げに来て下さいね!
http://www.bicyclefesta.com/




IMG_3633.jpg







艦艇ツアー開催しました!

明治時代から軍港として発展した呉市。


旧海軍の主要な艦艇を続々と建造し、

あの戦艦大和も呉市で生まれました。




そして太平洋戦争末期の空襲では、

呉湾周辺でたくさんの艦艇が沈められ、



その痕跡を現在に伝える史跡も多く残されています。




  DSC03815.jpg




最近ではゲームやアニメをきっかけとして、

呉の歴史に興味を持って訪れる若い世代も増えており、



SNSでの情報発信にとどまらず、同人誌の製作・販売や、

独自のイベントを展開する熱心なファンも存在します。




IMG_2749.jpg2f078908.jpg




そんな呉湾周辺に点在する戦争史跡を

自転車で巡ろうというのが今回のツアー。




名付けて、

「呉・江田島、

 旧海軍艦艇ゆかりの地を巡るサイクリングツアー」
 





  無題




おりしも開催日は広島にとって重要な日である 8月6日。

大和ミュージアムの公園、大和波止場がスタート地点。



ここは戦艦大和の船首から艦橋までの左半分を

実寸大で再現してあり、その大きさを実感することが出来ます。




DSC03805.jpg




日本の道100選にも定められている美術館通り。


歴史民俗資料館である入船山記念館と呉市美術館が隣接します。




DSC04084.jpg




現在、呉市美術館では、太平洋戦争中の庶民の生活を描いた漫画、

 「この世界の片隅に展」 が好評開催中。



今秋、劇場版アニメ映画の公開も決まっている話題作です。

素晴らしい作品なので、是非チェックしてみて下さい。




IMG_2756.jpg




各史跡では、スタッフによる詳しい解説を行います。




資料は同人誌製作者にご協力いただいた、超レアな特集本。


詳しくない人にもわかりやすく、それでいて通をうならせる逸品なんです。




DSC04111.jpg




史跡は主に艦艇が沈没、あるいは着底した地点にあり、

記念碑や象徴的な場所を巡っていきます。




DSC04113.jpg




場所によっては記念館が隣接するところや・・




DSC03837.jpg




精巧な模型が展示してあるところも。




DSC03840.jpg




ここは地元サイクリストならよく知る施設ですが、

この部屋の存在はほとんどの人が知らないであろう秘密のスポット。



他の場所も含めて、きっと目からウロコの連続ですよ。 ( ´艸`)




DSC04123.jpg




こんなツアーですから、少し走っては停まりの繰り返し。

距離も全体で40km程度の短い行程です。




ちょっぴり押しも入ったり・・




DSC04096.jpg




渡船にゆられたり・・

ピクニック気分で参加されるといい感じです。




DSC04107.jpg




今回ミラクルだったのは、細川の氷ロンドンを全員で食べられたこと。



夏限定、カキ氷だけの専門店。

知る人ぞ知る超人気のお店なんです。




氷ロンドンとは、トッピング全部乗せのようなモノとイメージください。

粉雪のようなきめの細かい氷が絶品! これで350円。




DSC04116.jpg




何がミラクルだったかというと、

商売っ気の無いおばちゃんは気まぐれ営業。


まず開いているか、 そしていつもひとりでやってるんだけど、

休む間もないくらい ひっきりなしにお客さんが来るんです。



ダメ元で声かけてみると、 珍しくお手伝いさんがふたりもいたので、

快く大人数分を作ってくれました。



おばちゃんだけなら断られていたところです。^^;




DSC04117.jpg




戦争史跡巡りというと、 破壊の歴史と鎮魂の意味に感じられるでしょうが、


そこには生き残った人たちの活力と再生の物語がちりばめられています。




恐ろしく緊張の連続であったはずの戦闘の中にも、

思わず笑ってしまうような面白エピソードがあったり、


奇跡的ともいえる幸運の連続で生還した船や、

死傷者保護に尽力した地元民の活躍など、




当時の人たちの活力の延長線上に、

今の私たちが生かされていることを実感できる小旅行です。




DSC04121.jpg




わずか40km程度を半日かけて巡るサイクリングツアー。



参加された皆さんには想像以上の濃厚な時を過ごしていただけたと思います。




DSC04127.jpg




そして今回ご用意させていただいた資料を全員に進呈。

ツアーの内容を振り返ることができ、再訪すると深みが増すことうけあい。



この資料は回を重ねるごとに適宜変更も予定しています。




IMG_3090.jpg




ツアーは各方面に帰られる方の利便性を考えて小用港で解散。

本隊はフェリーで呉港に戻って終了。




DSC03851.jpg




このツアーは今後シリーズ開催を予定しておりますので、

今回参加できなかった方もお楽しみに。





また、瀬戸内サイクルメディアのガイドツアーにも

モデルコースとして随時受け付けておりますので、


グループで参加されますとお得な内容になっておりますよ。




走力や希望に合わせて、砲台山や海軍墓地など

様々なオプションを取り入れることもできます。



興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

http://npo-scm.wixsite.com/setouchi/blank-l0n9i







太田川、新緑ライド

5月21日、「太田川新緑ライド」 を開催しました。



これは瀬戸内サイクルメディア会員とご家族お知り合いを対象とした無料のファンイベントで、

呉ポタリング倶楽部のお仲間もたくさん集まってくれました。




DSC03570.jpg




天気は快晴! 暑からず寒からず、

絶好のサイクリング日和です。




DSC03573.jpg




田植え前の情緒ある風景。

タイトルどおりの新緑ライド、 狙いどおりです。( ^ω^ )




DSC03576.jpg




で、別に狙ってはおりませんが、


 晴天 → 破壊



やはりというか、なんというか・・・・ ^^;






toragokkoさんが早々にパンク。 しかもサイドカットでDNF・・。



自慢の電チャリロードで 「登坂もバッチこーい!」

とヤル気満々だっただけに気の毒。(´Д` )
(※画像はイメージですw)




  IMG_2074.jpg




続いてtoragokkoさんのサポートをしてくれていたブラエムさんがパンク。(>_<)


そしてブラエムさんのお連れ様が次々にパンク。(((( ;゚Д゚)))





こ、こわい、 気持ちいいくらいにこわい・・ ァ,、’`( ꒪Д꒪),、’`’`,、


イベントタイトルを 破壊神祭り に変えなければならないかと思ったほど。(苦笑)
(※画像はイメージですw)




Image411.jpg




さてさて、お約束のトラブル続出で波乱の序盤となりましたが、

本隊はのんびりマッタリ順調に走行。




  DSC03579.jpg




太田川ぞいは旧JR可部線の沿線。

たくさんの遺構がありますが、安野花の駅もそのひとつ。




DSC03584.jpg




駅舎がそのまま記念に残されています。

コース上のよい休憩ポイントであり、合流場所としても便利です。




DSC03587.jpg




安野駅からすぐの場所にある程原沈下橋。

国道からは見えるのですが、対岸を進んでいたら見つかりません。




DSC03593.jpg




こんな時、そっと背中を押してあげたくなるのは

私だけでしょうか? ( ´艸`)




DSC03590.jpg




自転車仲間のKRKさんがオートバイで出現。

イベントに参加出来なくても、こうして会いに来てくれるのって嬉しいですね。




DSC03598.jpg




加計といえば、よしおのたい焼です。

最近は有名になりすぎて、午後には20分待ちが当たり前とか。




  DSC03601.jpg




外は羽つきでパリッ、あんこドッサリ♪

いつ食べても最高です。




DSC03602.jpg




いつも渡っているお気に入りの吊り橋。

ここから戸河内インターの道の駅まで、裏道でつながってるんですよ。




DSC03608.jpg




林道からこのような細道を下ったところにあります。

教えてもらわなければ、まず発見できない隠れスポット。




DSC03606.jpg




なのに、この標識・・  意味が分かりません。( ꒪⌓꒪)

ルパンくらいですよ、ここを車で通れるのは。(爆)




DSC03605.jpg




戸河内道の駅周辺は食事処がたくさん。

一時間後に集合することにして、各自自由な場所で昼食タイムです。



私はステーキな気分だったので North へ。




DSC03618.jpg




肉肉肉~~~♪

ジュワ~~~ (๑´ڡ`๑)




DSC03615.jpg





肉の質やグラムが選べて、 ごはん・サラダ盛り放題、

いや~、堪能堪能♪




DSC03614.jpg




食後は有志で井仁の棚田へヒルクライム。

平地組は来た道を引き返します。




DSC03621.jpg




トンネルに入れば登坂終了。

ひんやりした空気が火照った体を癒してくれます。




DSC03626改




トンネルを出たら正面が棚田。

ロケーション的にも最高の演出ですね。




DSC03629.jpg




始めて来た人もいるので、

色んな角度から風景を楽しみます。




DSC03632.jpg




日本の棚田百選にも選ばれている井仁の棚田。

素晴らしい景観ですが、保存する側は大変な苦労をされています。




DSC03633.jpg




季節によって様々な表情を見せてくれる素晴らしい景色を

守ってくれる人がいるからこそ楽しめることに感謝なのです。




DSC03643.jpg




棚田から反対側に下って、平地組と合流。

来た道をのんびり戻ります。




DSC03645.jpg




帰りは誰もパンクせず、 トラブルもなく、

順調に走行してオンタイムで帰着。




DSC03652.jpg




今回うれしかったのは、お久しぶりの呉ポタメンバーが多く参加してくれたこと。


SCMの活動に興味を持って参加してくれる新しい仲間と一緒に、

みんなで楽しめるのが最高の時間なのです。




これからはもっとこうしたイベントも数を増やしていく予定なので、

皆さんも是非参加してみて下さいね。





ただし、予備チューブは多めに携行ください。( ゚д゚)




DSC03656.jpg












春吉ライド2016

瀬戸内サイクルメディア主催

サイクリングとびしま春吉ライド2016



おかげ様で大盛況のうち無事に終了しました~♪




  IMG_1744.jpg



昨年よりもよりたくさんの方にご参加いただき、

たくさんの方のご理解とご協力によって開催できましたこと、


厚く御礼申し上げます。m(_ _)m







当日は下蒲刈の受付からスタート。

薄曇りでしたが、風も無くうららかなサイクリング日和♪




10403680_636664746486544_559233143580808632_n.jpg




春吉ライドはサイクリング スタンプラリー。


チェックポイントは既存のお店や施設なので、

イベントが終わっても何度でも訪れることができます。




12974353_1603365693321337_2437255429473071036_n.jpg




地元のみなさんのボランティアで、

私設エイドステーションを出していただいたところも。(=´∀`)人(´∀`=)




12512737_1008708005879221_6971571841482474862_n.jpg


12985527_1608241886165254_2211911756698937883_n.jpg




決まったコースは無く、参加者は自由な順番でスタンプを集めます。

人によって回り方に個性が出るのが面白いところ。( ^ω^ )




DSC03248.jpg




そしてイベントの看板でもある 中村春吉 (なかむら はるきち)。


明治時代に日本人初と言われる、自転車世界一周旅行を成し遂げた

御手洗出身の冒険家。



その春吉に扮した私が、御手洗で皆さんを待ち受けます。( ´艸`)




IMG_1764.jpg




春吉を見つけるとオリジナルステッカーの配布に記念撮影。

イベント後に写真をメールで送ると、フォトコンテストに応募できます。




12963756_1710038049275886_308227648559715522_n.jpg




タイミングが会えば、レアな観光案内もやったり。

パワースポットからオカルト話まで色々諸々、アレやコレや。 ψ(`∇´)ψ




  DSC03244.jpg




建物に入る時は春吉号が目印。

中には春吉がいます。




DSC03253.jpg




尾収屋さんの鍋焼きうどんは、

呉名物 “がんす” 入り。


あつあつのウマウマです♪
https://www.facebook.com/m.bishuya/



IMG_1780.jpg




元銀行を改装した、トムさんの写真館。

訪れるたびに写真が増えています。


写真家トムさんの写真を買うこともできるニュースポット♪




12963363_1608243482831761_7583759569334170657_n.jpg




潮待ち館で生しぼりみかんジュース。

砂糖やシロップなんか無くても濃厚な甘味があります。




1_large.jpg




そして散り始めた満開の桜!

このロケーションを実現できるのが最高の幸せ。




IMG_1768.jpg




チェックポイントの若胡子屋跡も、 ハラハラと舞う花びらで とっても風流。

ただ、食べ放題の柑橘jが、お昼過ぎには無くなってしまってゴメンナサイ。




DSC03262.jpg




観光案内どころか、ステッカーをお渡しするのが精いっぱいだった人も。

それでもたくさんの方とお話をし、写真を撮っていただきましたよ。




12974348_1710030512609973_5193152855881029703_n.jpg




で、私は春吉として御手洗にずぅ~っといたのですが、

スタート・ゴール地点の下蒲刈 大津泊庭園では、

地産グルメの祭典、「とびしマーレ」 も開催されておりました。




12980907_198115033906780_730722797_o.jpg




地元のこうしたイベントと、いつかコラボ出来たらいいね。

と話していたのは去年の春吉ライド終了時。


わずか1年で実現できて、本当にありがたいことです。




昨年に続いて瀬戸内女子応援隊、「Sweety BBEGG 」 さんの

ケータリングサービスも出店され、華をそえていただきました♪




12962671_966536146793507_1016562304_o.jpg




で、今回は完走に関わるチェックポイントの他に、

ふたつの 「エクストラポイント」 を設けておりました。



エクストラポイントは行かなくても完走には関係ありませんが、

踏破すると、特別な缶バッジをさしあげるというもの。




  12439373_719445118195957_4494832599135604411_n.jpg




実はこのエクストラポイント、2ヶ所ともけっこうな坂道なんです。

なので実際に上る人は少ないだろうと思っていたのですが、


我々の予想を遥かに上まわり、参加者の約半分の方が踏破されました。(@_@;)

ファミリーコースの親子連れもけっこう上られててビックリ!




  12985359_1072017762868543_5734951529496287989_n.jpg




しかもそのうちのひとつ、西泊観音への参道は、

事前にスタッフで清掃したにもかかわらず、数日前の雨で荒れ放題。(´Д` )


その中をたくさんの方に上っていただいたのは、嬉しくも たいへん恐縮でした。





「タイロンさんのブログで、事前にあの景色を進められたら行くしかないでしょ!(^^)」


と言って下さった参加者の方もいらっしゃって、

嬉しい反面、影響の大きさにちょっとビビったのは秘密です。^^;





当日、缶バッジをお渡し出来なかった皆様、本当にゴメンナサイ。

後日必ず郵送させていただきますので、ちょっぴりお待ち下さいね。




IMG_1747.jpg




当日、一般コース最終走者のカップル♪

最後まで時間を気にする事なく、写真を撮ったりマイペースで楽しんでおられました。(^^)




DSC03265.jpg




そんなこんなで大きなトラブルもなく、天気にも恵まれ、

概ね大成功だった春吉ライド2016。


開催に際して尽力してくれたボランティアスタッフや、

陰に日向にご協力いただた関係各位、島民の皆さん、


そして参加者の皆さんに本当に感謝しております。



また来年、桜満開のとびしま海道で、

皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。(=´∀`)人(´∀`=)




DSC03267.jpg




ひろしまバイク&自転車フェスタ2016

2月21日、広島初のオートバイ&自転車のEXPO的イベント、

「ひろしまバイク&自転車フェスタ2016」


  が開催されました。




バイクフェスタ・チラシ




場所は西区商工センター、中小企業会館展示場。

広島初の試みということで、たくさんの方にご来場いただきました。




DSC03036.jpg




オートバイのブースにはドゥカティやハーレーなどの外車が整然と並び、

フリークにはヨダレもののラインナップ。




DSC02994.jpg




自転車関連のブースはメーカーを始め、

様々な活動をしている団体やグループの展示が主な出展内容です。




DSC03019.jpg




競輪関係やトライアル、BMXなどなど・・

各ブースそれぞれに特色やアピールがあって面白い内容。




DSC03017.jpg


DSC03030.jpg


DSC03038.jpg




自転車・・ のカテゴリーに加えるのが疑問な電動車イスなどもありますが、

メーカーつながりで、あながち無関係でも無いのです。



何より様々な工夫と試みが楽しい。




DSC03026.jpg




そんな中、我々 瀬戸内サイクルメディア もブース出展させていただきました。ヽ(^▿^)ノ

展示内容は これまでの活動実績とイベント案内。


動画上映やクイズも行いました~。




DSC03005.jpg




で、私は明治時代に日本人初と言われる、自転車世界一周旅行を成し遂げた

御手洗出身の偉人、中村春吉 にコスプレしてアピール。




  IMG_1378.jpg




100年前に、こんな快男児がいたこと。

歴史に埋もれた英雄を掘り起し、とびしま海道に興味をもってもらうこと。


そんな活動をSCMではしています。





毎年4月には、中村春吉の名前を冠したサイクリングイベントを開催。


初回にして好評だった昨年の雰囲気はそのままに、

更なる楽しみの幅を広げる内容になっております。



今年の開催は 4月10日(

既に申込受付は始まっております。





皆さん、是非遊びに来て下さいね。 \(^o^)/



サイクリングとびしま春吉ライド2016
http://npo-scm.wix.com/setouchi#!blank/c20jw








さて、SCMのブースではこんな感じでPRさせていただいたのですが、

私の春吉コスプレを初めて見る人の反響も多く、


たくさんの人に興味を持ってもらえました。




DSC03006.jpg




また、SCMのホームページや私のブログを見て来ました!

と言って下さる方も けっこういらっしゃって、


改めて関心の高さと、活動の手応えを感じて嬉しかったですね。(^^)




12733529_990873710989098_3028031563034482019_n.jpg




自転車仲間で、いつも懇意にさせていただいている vero Café voyage

その実業団チーム、voYage cycling team もブース出展。




DSC03020.jpg




私も春吉号で三本ローラーに乗ってみたかったのですが、

ホイールベースが長すぎて叶わず。^^;




12742748_981850555184930_5489909818413952906_n.jpg




その他、多くのお仲間や関係者の皆さんと交流させていただき、

意義ある時間と空間を共有出来ました。(^^)




DSC02992.jpg


12717736_981851461851506_793052019017695264_n.jpg


12715316_1742536845978796_4671786668333983052_n.jpg




ブース出展に際して尽力してくれた、SCMスタッフと。

皆さん、本当にお疲れ様でした~。




12742437_990873987655737_7341363167697313864_n.jpg




お声かけして下さった主催の広島県自転車協同組合のHさんを始め、

関係者の皆さん、貴重な機会をありがとうございました。



また来年、再来年と続いていくといいですね。(^_-)-☆











【おまけ】





春吉号に試乗し、その重量と剛性感の無さに絶望するANDEXの高橋さん。



「よくこんなのに一日乗ってましたね!((((;゚Д゚))))」 (爆)




12745736_537956479711563_3968318848911902116_n.jpg







飲酒運転ゼロPROJECTサイクリング2015

11月22日、 「飲酒運転ゼロPROJECTサイクリング2015」 を開催しました。




きっかけは飲酒運転による車に、自転車で帰宅中の高校生が轢かれて亡くなったこと。

彼は三浦伊織君といって、自転車競技部に所属していました。

http://www.zero-hiroshima.net/index.php




世の中にボランティアや啓発活動は多々ありますが、

若いサイクリストの命が奪われたことは、同じ自転車乗りとして無関心ではいられません。




もう二度と、誰もが悲しい被害者にも加害者にもならないことを願って、

自転車乗りらしくサイクリングで飲酒運転撲滅をアピールするイベントです。




12249882_1630293760566105_6885568354949774520_n.jpg




集合場所の広島みなと公園ではオープニングセレモニーを行い、

参加者の皆さんに中国新聞社さんに提供いただいた、“誓いのブルーリング”を配布。




DSC02388改




そして今回は亡くなった伊織君の母親である、三浦由美子さんもかけつけて下さいました。

朝早くから本当にありがたいことです。




12295366_943545015721968_2865471967593475097_n.jpg




セレモニーでは三浦さんから直接お話しをいただき、

また、当日参加がかなわなかった方々からの熱いメッセージを紹介させていただきました。


多くの方に関心を持っていただき、本当に感謝しております。




12241531_943545025721967_2800159777770449611_n.jpg




明日は我が身。 そして私を含め、多くの参加者の皆さんが人の親です。

決して他人事ではありません。




でも・・  三浦さんの心中は、どんなに頑張っても他人にはわからないのだと思います。

自分の人生を重ねて、想像するしか出来ないのです。



そんな我々の想いと行動を、気持ち通りに受け止めていただき、

背中を押していただけることは大変ありがたく、大きな勇気になります。




12122955_504615426379002_2392502397250479931_n.jpg





逆に三浦さんも我々のイベントに背中を押されたと語っていただき、

こんなに楽しく啓発活動をおこなったのは初めてとも。




認め合うこと、感謝することで人はつながっていき、

誰もが自分らしい形でちょっとずつアピールすること。


そんな願いがこのブルーリングに込められているのだと改めて思いました。




DSC02387改




セレモニー終了後、サイクリング参加者はフェリーで江田島へ。

セレモニーのみ参加いただいた方にお見送りを受け、出発です。




DSC02391.jpg




穏やかな天候の中、風光明媚な江田島をのんびりサイクリング。

テーマは重いですが、ペダルは軽やかに楽しく走ります。




12241785_943545612388575_7422698748530814952_n.jpg




今回も県内外から様々な有志に参加いただき、

初心者や初めて参加される方もいらっしゃいましたが、




走ればすぐに連帯感で包まれるのが自転車乗り。

この自転車の持つ不思議なコミュニケーション能力が、意識の共有にもピッタリなんです。




DSC02397.jpg




今回はサイクリング自体は午前中で終了。

多くの方に参加していただきたく、あえて短めのコースにしました。


このあとはそれぞれ自由にサイクリングの続きを楽しんでいただきます。

周辺の昼食場所の紹介をして解散。




12241402_943546832388453_4471184196987203550_n.jpg




自転車乗りらしく、サイクリングで。

楽しくムリなく、今後も啓発活動を続けていきたいと思います。



常にかしこまっている必要はありません。

気楽に楽しく。  で、時々ちゃんと考える。




仕事で、プライベートで、

サイクリングじゃなくても、


腕に、心に、 いつもブルーリングを。




12239489_573448739470361_3262460340125853916_n.jpg





三浦さんをはじめ、参加された皆さんは元より、


熱いメッセージをいただいた皆さん、

色々とお気遣いいただいた全ての皆さん、



本当にありがとうございました。


次回もまたよろしくお願いします。 m(_ _)m







さて、イベント終了後もサイクリングは続くのですが、

その模様は次のブログで。(^^)








※SCMスタッフのマクリーシュさんに動画をアップしていただきました。

 facebookでの投稿ですが、見られる方は当日の雰囲気を是非感じて下さい。


https://www.facebook.com/shin.nakanishi/videos/944145885661881/?pnref=story





ミニベロミーティング2015

10月11日、 ミニベロミーティング2015を開催しました。



ミニベロとはタイヤの小さな自転車の総称で、

スタイルの多様性が特徴です。




minibero.jpg




参加者が持ち寄ったミニベロを展示・試乗するのがミニベロミーティング。

今回もたくさんの車種が集まりました。(^^)



会場は上蒲刈島、県民の浜。




DSC02000.jpg




走行性能の高いモノから、

便利な折りたたみモデルまで・・。




taireru.jpg




もちろん変わり種も多く存在します。

これがミニベロの楽しさ。




imgP9YHDE7W.jpg




そんなイベントなのですが、 開催直前にまさかの通り雨。

設営準備にまさに水をさされるカッコウになりました。(苦笑)



雨はすぐにやみ、 開催時間には路面も乾いたものの、

この季節には珍しい強風が吹き荒れます。




ブースのテントは風にあおられ、自転車も倒れまくるという修羅場に。

受付作業や進行にも影響が出る始末。(-"-)





そんな波乱の開催でしたが、

今回は有名メーカーや専門店のブース出展も大幅に増えて賑やかにスタート。




DSC01999.jpg




まずはお馴染み、尾道メイドの 凪シリーズ で有名な アンデックスブース

昨年に続いて出展いただきました。
http://www.andex.co.jp/nagi/index.html



ロードレーサーと同じ使い方が出来る” をコンセプトに開発される同シリーズ。

BOMAホイールを履いた限定モデルが、あと5台との恐ろしいアナウンスも。(笑)




DSC02002.jpg




走行性能を高めるホイールカバーを製作されている ミヤノサイクルワークス さん。

京都からわざわざご参加いただきました。
http://mcw.main.jp/




DSC02003.jpg




ミニベロで走りを追求する時、最大の弱点である 慣性力 の少なさ。


ジャイロ効果が小さく、コギ続けないと失速してしまうという欠点を

専用ホイールカバーによって補おうというチャレンジをされています。



その開発と研究はレースに勝つことを主眼に行われ、

あくなき探究心の根底には、大きなミニベロ愛が感じられます。




DSC02011.jpg




日本の誇る香川のメーカー、Tyrell(タイレル) さんも初出展。
http://www.tyrellbike.com/



ミニベロフリークにとって憧れのビックネームの参加に、

オファーをいただいた時は本当に興奮しました。(^^)




DSC02004.jpg




近日発売予定の世界限定50台、電動デュラ、GOKISOハブ仕様のXF

お値段何と、125万円! (@_@;)



走るミニベロの代名詞のようなTyrellさんですが、

その持てるノウハウを惜しみなくつぎ込んだ結果、このような価格になったのだとか。


熱く語られる開発秘話に、こだわりとスピリッツを感じました。

まさにTyrell集大成と言える珠玉の1台。



こんな超レアな高級車も試乗可能だなんて、何と太っ腹!\(~o~)/




DSC02014.jpg




福山のメーカー、サイクルハート さん。

こちらも昨年に続いて出展いただきました。
http://cycleheart.jp/



フルカーボンフレームが特徴で、レーシーなスペックを追求されつつも、

のんびりツーリングや街乗りでも快適なミニベロを製作されてます。



楕円チェーンリング搭載モデルなど、様々な試乗車を持ち込んでいただきました。



走ることが楽しくなる・・  

そんな言葉がピッタリの品々ですよ。(^^)




DSC02005.jpg




東広島の ミニベロ専門店PALM さんも初出展いただきました。
http://palmcycle.com/index.html


西条駅のすぐそばというアクセスの良さ。

取扱い車種も増えていくそうで、今後が楽しみなお店です。



今回は3台のモールトンを持ち込んでいただきました。

ミニベロLOVEな店長のこだわりが感じられるラインナップです。



是非お店にも足を運んでみて下さいね。




2.jpg




一般参加者のミニベロも個性豊かなモノばかり。

こだわりのカスタム車から面白自転車まで、まさに博覧会です。




12079468_738617652936426_1310237074840871685_n.jpg




オーナーによる折りたたみ実演も行いました。

特徴や注意点を合わせて紹介してもらえます。




oritatami.jpg




乗りこなすことが目的の面白自転車、パナソニック・ロデオ。

“乗れるものなら乗って見ろ!” が売り文句です。



ヘッドの角度があまりに寝ているため、 通常の感覚で乗ることが出来ません。

例えるなら、初めて自転車にまたがった時に似ています。



試乗車はHILLCLIMBさんに提供いただきました~。m(_ _)m




  12096503_1640419549540237_4930931742097908541_n.jpg




多くの人がチャレンジしては撃沈しますが、

上級者はこの余裕。(笑)




imgW4JERHDI.jpg




ロデオに挑戦ゲームも行い、優秀者には景品を進呈しました。

その他ベストミニベロ賞の授与など、大いに盛り上がりましたよ。(^^)




  keihin.jpg




わずかではありますが、スタッフ伴走による場外の試走も。

広々とした道路で気持ちよく試乗していただきました。




DSC02010.jpg




午前中は強風に悩まされましたが、 午後からは風もやんでいいお天気に。

多くの方に楽しんでいただけました。



レアな試乗体験のみならず、メーカーこだわりの開発秘話を聞けたのも大きな収穫で、

これこそミニベロミーティングならではの醍醐味と言えます。




DSC02001.jpg




自転車に乗らない人をもひきつけるミニベロ。

今後もその魅力を伝えるために、ミニベロミーティングを開催したいですね。



参加された皆さん、ブース出展者の皆さんとスタッフ。

そして様々な立場で協力していただいた方々・・


本当にありがとうございました。m(_ _)m





プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。