タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹原へ妻クリング

土曜日は竹原へ妻クリングに行って来ました。



「妻クリング」とは、「サイクリング」と読みます。


意味は そのまま、奥さんとサイクリングするという意味で、

妻帯者自転車乗りの間では定着しつつある造語です。(笑)



そんな どうでもいいウンチクは置いといて、

今回の目的は嫁のビンディングデビューに付き合う事でした。


IMG_0180.jpg

IMG_0179.jpg


ビンディングとは、ペダルとシューズを固定するシステムで、

ちょうどスキーやスノボの、板とブーツを固定するのに似ています。



これを使用する事によって、踏むだけで無い

スムーズで効率の良いペダリングが出来るようになります。




一番の恩恵は、ペダルから足がズレない事。


これは思った以上に効果的で、疲れの軽減や

ロスが減る事によってスピードアップにもつながるんです。



スリッパを引っ掛けるように固定出来、 

足を軽くひねるだけで簡単に外す事が出来ます。






そんなわけで自転車を車載して安芸津まで。

まずは御当地、丸赤じゃがいも直営店のスミヨシで腹ごしらえ。


丸赤じゃがいものコロッケを挟んだ丸赤バーガーが一番人気です。


DSCF7874.jpg

IMG_0154.jpg


安芸津の海岸に車を駐車して自転車を展開。

暑いので嫁には熱中症予防にハイドレーションを装備させて出発。


IMG_0159.jpg


ハイドレーションシステムは、背中に飲料水を入れたタンクを背負えるモノで、

タンクから伸びたチューブで簡単に常時水分を摂る事が出来るスグレモノです。


氷を入れれば、背中がヒンヤリしますし、

ポケットに色々入れる事が出来るのも便利で重宝しますよ。


担ぐ、というより着る感覚なので、実際の重さより軽く感じるんです。





それと今回は こんなステッカーチューンも施してやりました。

カワイイでしょ?(^^)



DSCF8111.jpg

DSCF8112.jpg





で、ここで大失敗に気づく・・



カメラ忘れた! (ToT)/~~~





さ、さすがに iPhoneで走りながら撮影はちょっと・・


という訳で竹原までの道中は、以前の写真を使ったダイジェストでどうぞ。(笑)








安芸津の海岸から小高い丘に上れば、そこは丸赤じゃがいもの生産地。

この肥沃な赤土が、甘みの多いじゃがいもを育てるんですね。



瀬戸内海に浮かぶ大崎上島を望む眺望は、まるで地中海を思わせます。






地中海・・ 行った事ないんですケドね。^^;


DSCF7871.jpg



交通量の多い国道185号線を避け、海岸沿いの自転車向きな裏道を進みます。


丸赤じゃがいもの丘を越え、瀬戸内ゴルフリゾート横を快走、

レンガ工場の脇を通り、ひなびた集落を抜けるナイスロケーションが続く道。


DSCF7862.jpg


ほとんど車が来る事も無いので、ビンディングのレクチャーにはピッタリ。


ビンディングは効果の高い装備ですが、自由自在に脱着出来ないと事故につながります。

安全に使用するには慣れが必要。


色々練習しながらも、景色を楽しんで のんびりマッタリ走行。


DSCF7858.jpg


たっぷり時間をかけて竹原に到着~。

駅前のアーケード街では、「たまゆら」のイベントをやってましたが、華麗にスルー。(笑)


IMG_0160.jpg


そのまま町並み保存地区へ。



IMG_0168.jpg


町並み保存地区では自転車仲間の たけっちさんが お仕事で店番をされてました。

しかも呉ポタTシャツを着て という粋な計らい。(笑)


IMG_0161.jpg


店内はアンティークな雑貨屋さんで、お客さんもひっきりなしに来られます。



IMG_0165.jpg

IMG_0164.jpg



お土産に竹細工のカワイイ蛙のカスタネットをゲット♪



IMG_0166.jpg




実は竹原に来たのには、もうひとつの目的がありました。


過日の飲み会で、たけっちさんにプレゼントを頂いたお礼をお渡しする為です。



さっそく嫁に背負わせていたリュックから、品物を取り出す私。


知らずに背負わされていた事に驚愕する嫁。(爆)




つかみもバッチリで、無事お渡しする事が出来ました。(笑)






でも、たけっちさんから逆にラムネをおごってもらう始末・・。^^;

ごちそうさまでした。


IMG_0163.jpg



そうそう、お店の裏には、いつのまにかデッカイ水車が出来てましたよ。



IMG_0167.jpg


たけっちさんとお別れして、道の駅でソフト休憩。



IMG_0170.jpg


来た道を引き返して帰路へ。

嫁も だいぶビンディングに慣れてきました。



ゆっくり、のんびり、

忘れられた時間の中を 自転車だけが進んでる感じ。



IMG_0171.jpg


車に自転車を積み込んで帰り道。


営業を再開してた安浦の有名ジェラート店、萌木野に立ち寄り。


萌木野



本日は いちじくと琵琶のダブル♪

IMG_0181.jpg


走力の無い嫁でも、車載や輪行を使ったり、

プラン次第では いくらでも楽しめる自転車って やっぱり素晴らしい。


特にミニベロで妻クリングはイイですね。(^_-)-☆



本日の走行時間 2:00 走行距離 32.1km 平均速度 16.0km/h 最高速度 54.2km/h 積算距離 15394km





スポンサーサイト
呉ポタHistory ~そして現在に至る~
ひとつ前にサイクリング日記を挟みましたが、前々回の続き 呉ポタ発足その後談です。




テメキンさんが一人で走り始めて約二年。

紆余曲折を経て5人になった呉ポタメンバー。



しかし何分にも初心者集団な我ら。

土ころびさんの提案で地元のナイスなベテランライダーとの交流を試みる事に。




ネットでの交流を経て、最初にお会いした やまももさんとの記念すべきショット。


25


彼との初セッションは、全てがセンセーショナルで大いに影響を受けました。

短い時間でしたが、色々と教えてもらう呉ポタメンバー。




その後もネットで様々な自転車乗りさんと交流。

そして先輩諸氏から 自転車専門SNS、LEGON自転車紳士録へのお誘いを受けるに至ります。




当初は先輩方や近隣のコミュに寄せてもらって頂いておりましたが、

どうしても自分達のスタイルで地元のサイクルパラダイスぶりを内外に発信したいという思いが強くなりました。



27


そうして 2010年、3月・・

LEGON内に 呉ポタリング倶楽部コミュ を発足。




コンセプトは自転車を媒体に様々な事を楽しむ事



自転車の車種、楽しみ方は千差万別。 それぞれの価値観を認めつつ、それを人に押し付けない。


誰もが気楽に自転車の世界に触れ、楽しむ事を目的に活動。





色んなオリジナルイベントを開催したり・・


29.jpg


各種イベントに参加したり・・



30.jpg



わかりやすさとお気楽ムードがウケたのか、

走行イベントを繰り返すうち、仲間の数と楽しい思い出がドンドン増えていきました。



35



当初は50人くらいメンバーさんがいて、一声「走ろうよ」と声をかけたら5人くらいが集まればいいな、

という気持ちでいたのですが、



一年を待たずしてコミュ参加者は100人を超え・・


42


コミュの盛り上がりに応じて、様々なスキルをお持ちの参加者に恵まれ・・


嬉しい、呉ポタオリジナルジャージが完成! (現在はデザインを一新したニュージャージに移行しております)



46

45


そして走行イベントだけでなく、飲み会などにも力を入れて交流を広げます。


画像はコミュや所属チーム、ショップの枠を超えた、広島サイクリスト交流会の模様。



43



走行イベントも回数を重ねるたび、内容と規模が多彩になっていきました。



48

47



テメキンさんと二人で走っていた頃から、自転車向きなナイスコースを探索するのがライフワークな私。

走行イベントはその発表会だと思っています。



そして飲み会やジャージの製作など、マネージメント部門では盟友 土ころびさんが活躍してくれています。



参加メンバーが増えるにつれ、皆さんの助けを頂いて、様々な事が可能になりました。




そしてコミュ発足から三年半が経った今、 登録メンバーさんは いつの間にか300人を超えており・・

感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。


49



もちろん、300人と言っても、幽霊部員さんもおられますし、

他にメインの所属チームや倶楽部がある方もたくさんいらっしゃいます。




ただ、呉ポタは そういう事は一切関係ありません。


自転車乗り全員が住む家があるとしたら、色んな部屋があるうちの 居間 でありたいと思っています。




イベントに参加した事が無くても、倶楽部の掲示板その他に一切コメントしなくても、


ただ見て楽しんでもらえるだけでお仲間である と私は考えます。



38



図らずも大所帯になった呉ポタですが、何も問題なくきたわけではありません。


ただ、その都度考え、時にはみんなで意見を出し合ったりして今日に至っています。





これからもみんなで楽しむ為に、のんびり・・  で、時々ちゃんと考えながら成長していければと思いますね。








それにしても自転車、 実に様々な人と出会わせてくれます。


普通に生きていただけでは絶対に接点の無かった人達とも仲良くなれ・・



大人になってから 友達100人以上出来るとは思いませんでした。(笑)



50



しかも、サドルの上では全ての人が平等という素晴らしさ。



54



不景気も手伝って、ずーっとイメージの暗い街だと思っていた故郷。


それがこんなにも歴史と趣きに彩られたステキな街だと気づかせてくれたのも自転車です。


56



思えばテメキンさんが たった一人で走り出さなければ この数々の出会いは無かったと思われます。


呉ポタにとっては、まるで始祖鳥のような存在。(笑)



そんな彼に敬意を込めて、テメキン部長 と呼ばせてもらっています。



これからも皆さんと一緒に、自転車を楽しんでいきたいですね。(^^)






最高のコミュニケーションツール、自転車


さぁ、あなたも一緒に漕ぎ出してみませんか?



60




君田のひまわりを見に行って来た
ブログを開設して、まずは自転車を始めたきっかけから呉ポタ誕生秘話を書いている途中ですが、

それはひとまず置いといて、土曜日のツーリング日記など。


去年は呉ポタでツーリングイベントの題材にもなった君田のひまわり畑。

今年も満開の時を迎えました。



あいにく去年のイベントは時期を外し、当日はすっかり花の落ちた残念な状態だったのですがね。^^;

花見なんかもそうですが、こういうイベントを成功させるのってホントに難しいです。(苦笑)




で、今年は他のイベントとの兼ね合いや諸事情から君田のひまわりイベント化は見送り。

ですが、個人的に休みが合ったので、一人でフラッと行ってみる事に。


色々考えたあげく、自宅から全自走で行く事にしました。



呉ポタの仲間に声かけたところ、スポックさんが同行してくれる事に。

海田でスポックさんと合流し、広島市内を抜けて芸備線沿いに三次を目指します。


DSCF8022.jpg

朝もやの中、三篠川沿いに北上。

まだいくぶん涼しく走りやすいですね。


DSCF8031.jpg

芸備線沿いの県道37号線、通称 白木街道は国道54号と並んで広島市内から三次へ抜ける大動脈の一つ。

交通量が多いのに加えて路肩がほとんどありません。


そこで自転車向きなナイスな裏道をつないで走るわけですが、よくわかってないと

複雑すぎてスムースに走れないのが難点。


私も何度もトライ&エラーを繰り返して、ようやくルートと呼べるものに仕上げたものです。



しかし一度完成させてしまえば、ほとんど こんなステキ道だけで三次まで到達出来てしまいます。


DSCF8028.jpg



季節の花々や鳥の声、周辺の人々の生活感を感じながらサイクリングを楽しめます。


DSCF8032.jpg

DSCF8035.jpg



すぐそばには白木街道を行きかう車の喧騒。 それを後目にステキ道を進みます。


DSCF8041.jpg


甲立を過ぎたところで、田んぼアートに遭遇。

御覧の通り、お題はサッカー。


DSCF8042.jpg


んで、近頃 山間で流行ってる案山子もたくさん。


・・・でもコレ、拳法の木人よろしく練習相手になりそう。(笑)

DSCF8043.jpg


スポックさんは何を隠そう、私の拳法の先輩であります。

これは螳螂拳の七星式という技。(それで?w)

DSCF8047.jpg



お遊びもほどほどに、絵に描いたような田園を快走。


DSCF8048.jpg


白木街道も志和地駅付近で終了し、国道54号と合流します。

ここからあえて54号を避け、私も未踏の県道429号を探索する事に。


これが大当たり!


車はほとんど来ないうえに、ロケーションのいい田舎道が続きます。


DSCF8053.jpg


木漏れ日のトンネル。



DSCF8055.jpg


ここはすでに江の川。 御存知の方は三瓶へ続くあの道を思い浮かべて下さい。


DSCF8059.jpg


道は県道64号に突き当たって右折。54号に合流すると、すぐに三次。

ここも川沿いの自転車ならではの道で市街地走行を完全にパス。


DSCF8065.jpg



三次を過ぎて県道39号を7kmばかり北上すると君田のひまわり畑に到着です。



DSCF8068.jpg


100万本の ひまわりが、今まさに満開の見頃を迎えています。\(~o~)/


DSCF8074.jpg


そもそもこの ひまわりは肥料の為に栽培されるもので、

同じ畑を使い続けると土が痩せる為、作物を栽培する畑、寝かせる畑、ひまわり畑と

毎年ローテーションされています。


DSCF8076.jpg



今年は一番手前の左右の畑だったので、例年よりも豪華に見える気がします。

オヤジも和むステキ風景。


DSCF8083.jpg

DSCF8085.jpg


おりしも この日は ひまわり祭なるものが開催されていて、出店やゲームイベントなど盛況でした。

いや~、すっかり夏ですね。


DSCF8079.jpg


さて、目的も果たしたので復路へ。

っと、その前に昼飯~♪


DSCF8089.jpg


はい、全国のマックファンの皆様、こんにちは。(笑)

今週末で最後だったんですね~、一日限定の1000円マック♪


三次くんだりまで来て、しっかりコンプリートしてきましたよ。(笑)



でも、何も考えずにLセット頼んで・・

おまけのグラスがついてきて呉まで持って帰る事になったのは秘密だっ。orz...


DSCF8090.jpg


ここでリキさん登場!

呉ポタの掲示版で現在地をやりとりして無事合流。(^^)


DSCF8091.jpg


そこからは国道375号線を南下して帰路につきます。

仲間が増えて嬉しい♪


DSCF8093.jpg


しかし暑っちい! 午前中と打って変わって灼熱地獄。

みるみるペースが落ちて行きます。^^;


ボトルの水をかぶったら、お湯になっとる始末。

我・・ 怒りで身体が震え・・ (苦笑)




何度かコンビニ休憩を はさみながら、福富のカドーレに到着。

ここは上ノ原牧場直営のジェラートが有名。


真夏の酷暑を走って来た身には、まさにオアシスです。


DSCF8097.jpg


今回はバナナに濃厚ミルクのダブル。

いや~、生き返りますな~。(~_~)


DSCF8096.jpg


夏場はミスト散布のサービスも。 しばしマッタリ。


DSCF8099.jpg

DSCF8101.jpg


この牧場、エサやりとかも出来ますよ。

御家族でいかがですか?


DSCF8100.jpg

DSCF8104.jpg


さて、ダラダラ峠を越えたらそこは志和。


白木経由で広島市内に帰るリキさん、瀬野川を下るスポックさん、八本松経由で呉に帰る私と、

まさに三方向へ別れる運命の交差点。(笑)



スポックさん、リキさん、ありがとうございました。

また行きましょうね。


DSCF8107.jpg

DSCF8106.jpg


二人と別れて八本松~黒瀬と抜けるも、さすがに暑さにバテ気味。

補給しながら淡々と一人帰り道。



なにやら怪しげな雲がやってきたけど、結局雨も降らず、余裕で明るいうちに帰宅出来ました。


やっぱ、真夏のロングは体力消耗するわ~。^^;





本日の走行時間 9:12 走行距離 227.1km 平均速度 24.6km/h 最高速度 57.7km/h 積算距離 9428km


DSCF8109.jpg

そして呉ポタが誕生した!
さて、前回の続きです。


テメキンさんとサイクリングに行って自転車の楽しさに目覚めた私。

それからというもの、毎日のようにメールでやりとりし、都合を合わせては走りまくっていました。



するとどうでしょう。 それまで目にとまらなかった風流な景色や、

ただ通りすぎるだけの場所にも魅力ある風景が広がっているではありませんか。


しかも車とちがって自転車なら、細い道や一方通行も関係なく通れるところが多いので、

自由度というか、頭の中の地図が大いに書き換えられる事になるのです。



それまで各地のイベントとか、グルメとか、どこでキレイな花が咲いたとか、

まるで興味が無かった私。


ところが、いつしかそれをダシに走る計画を練るようになります。



そうした行為を繰り返すうちに、自分たちが住んでいる地域はなんてスバラシイところなんだ!

と思うようになりました。

17


不自由しない程度に都会で、ちょっと走れば風光明媚な海、島、山・・

広島県では しまなみ海道だけが有名で、その他は自転車不毛地帯のような印象がありましたが、

なんのなんの、抜群なサイクルパラダイスじゃありませんか。(^^)




テメキンさんと走っては仲間全員に同胞メールを配信。(笑)


そうした事を繰り返して半年後、友人の一人 土ころびさんがクロスバイクを購入。

サブリミナル効果は着実に進行していたようで、ヒイ_さんがミニベロ(KHS F20-T)を購入。



一気に盛り上がる自転車仲間の輪。




そしてテメキンさんの影響で、一同ミニベロマニアに。(笑)

土ころびさんがBD-1を購入。 私も念願だったKHS F20-rcを購入。

16

19

走っては飲み、飲んで盛り上がっては 後日また走る。



「クラブ名、考えんか?」


「全員、呉出身じゃけぇ、呉ポタリング倶楽部 はどうじゃろう?



ポタリングとは、“目的もなくゆっくりうろつく”という意味の英語にingをつけた和製英語で、

「自転車散歩」の事を言います。


風景を愛で、グルメを堪能し、寄り道探索が主な活動の我々にはサイクリングやツーリングよりも

何よりシックリくる言葉。



「よし、呉ポタリング倶楽部で決まりじゃ♪」


28.png

そんな矢先、私のもう一つのライフワークである中国拳法の教室で、

同じ教室に通うkuro96さんが自転車に乗っている事が発覚。




「私、モールトン(TSR-9)に乗ってます。」



モールトンと言えば英国の高級ミニベロメーカー。 もちろんすぐに仲間に引きずり込む。(笑)

20


こうして出来たミニベロ軍団、呉ポタ。

車載や輪行も使って各地をポタリングしまくります。

22

21


仲間が増えるのって楽しい♪


かくして呉ポタリング倶楽部の活動は輪を広げていく事になるのです。





素晴らしき自転車ライフの始まり
はじめまして! タイロンと申します。


タイロンというのは もちろんネット用のハンドルネームであります。



趣味である自転車を楽しむ一環として、数年前から自転車専用SNS LEGON自転車紳士録 で たくさんの
自転人と交流させてもらっています。


LEGONでは皆さんハンドルネームでやりとりする訳ですが、

その為、このブログに登場するLEGONメンバーさんの多くはハンドルネームで書かせて頂く事になると思います。





このブログでは主に私の趣味である自転車、その他のライフワークや日常のヒキコモゴモ、

自分的に旬な話題や、過去のLEGON日記からの抜粋など、


徒然なるまま、不定期に書き綴って行こうと思っています。






そんなわけで第一回目の今回は自転車ライフの始まりについて書きたいと思います。



あれはもう4年前になりますか。

主に高校時代の仲間数人で月に一度程度の飲み会をしていた私ら。


気の合う仲間と とりとめの無い話をしながら酒を酌み交わすのが楽しみでした。



そんな仲間の一人、テメキンさんが ある日突然自転車を衝動買いしたのです。


それも定価26万円もする本格的スポーツサイクルを。^^;



当時、自転車に3万円以上出すなんて考えられなかった一般人な我々は驚愕しました。

しかもそれはタイヤの小さな小径車、いわゆるミニベロだったのです。


ブリジストンモールトン
BSM-S18(ブリヂストン・モールトン)



何の脈絡も無く 何故そんな高価で特殊なモノを買ったのか、

友人一同、理解に苦しみながらも華麗にスルーしておりました。(笑)





ところが・・・




色んなところに一人で走りに行っては、その模様を同胞メールで仲間に送ってくるテメキンさん。



「今日は竹原往復して来ました。80kmです。」


「今日は とびしま海道制覇して来ました。104kmです。」



4



一般人には到底理解出来ない走行距離にドン引きする仲間たち。(苦笑)




しかし次第にサブリミナル効果が発揮され、

私もふと思い立って普段の脚に自転車を購入するに至ったのです。



とはいえ、テメキンさんのような本格的スポーツサイクルでは無く、

ホームセンターで売ってる3万円くらいのクロスバイク。^^;


当時の私の価値観からして、これが精一杯だった事は言うまでもありません。



5




御近所チョイ乗り用に買った自転車ではありましたが、せっかく買った自転車、


どうせならテメキンさんとツーリングにでも行ってみようと思い立つに至ります。




そんなこんなでテメキンさんとの記念すべき初ライドは 今ではとびしま海道として有名な下蒲刈島。



あれ・・ 自転車って、こんなに楽しかったっけ?





学生時代は通学をはじめ、移動手段でしかなかった自転車・・。


なのに・・ 光、風、潮の香り・・ 鳥のさえずりに波の音・・




全てが新鮮に輝いて見えます。


その他にあるのは自転車の心地よい走行ノイズだけ。



6


ゆっくり、のんびり、おしゃべりしながらマッタリと極上の時間を堪能。


思わず顔がユルむ私。(笑)





かくして私とテメキンさんの不定期サイクリングツアーが幕を開けます。


二人で地図とにらめっこしてメールで走行プランのやりとりをしては走るの繰り返し。



そしてもちろん、その模様は飲み友達全員に一斉メールで配信。(笑)




この状態が約半年間繰り返されるのですが、しかして自転車オヤジたちの企みはいかに。( ´艸`)





この続きはまた次回に。







プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。