タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の可能性

呉ポタリング倶楽部をLEGONで立ち上げて、間もなく4年目を迎えようとしています。


自転車にハマり、地元の魅力に触れるうち、

その素晴らしさを内外に発信したくなったのが始まりでした。




自転車の楽しみ方は人それぞれですが、

私にとって自転車とは媒体であり、人や地域と結び付けてくれる最高のツールであると思っています。



出来るだけ車が少なく、歩行者などと接触する機会も最小限に抑えられるコース。

それでいて風光明媚かつ味わいのある、いわゆる「ステキ道」の探索こそが私のライフワークです。


そして私が企画する走行イベントは、そんなライフワークの研究発表会であると思っています。





呉ポタをコミュとして発足したのは、当時まわりを見渡しても そういった趣旨の団体が近くに無かったから。



最初は50人くらいメンバーがいて、一声かければ5人くらいが集まってサイクリング出来ればいいな~

という気持ちでおりました。




ところが予想以上の勢いでコミュ参加者は増え続け、あれよあれよと言う間に大所帯に。


人が多く集まれば、様々なスキルをお持ちの方もいらっしゃるわけで・・


ジャージやTシャツ、ステッカーなどのアイテムの作成のほか、

イベント自体も多彩な内容になっていきました。




銀の道ツーリングや、おしい広島県!自転車リレーなど、

行政の行うイベントに参加させて頂くという、貴重な経験もさせてもらいました。




このまま趣味として楽しむ分には充分すぎる環境ですが、

ここにきて もっと自転車の可能性にかけてみたくなったのです。





もともと周辺であるイベントやグルメなどに無頓着だった私。

どこかでキレイな花が咲いたとか、期間限定で催しがあるとか、


ほとんど興味がありませんでした。




それが、自転車に乗って「ステキ道」を探索するうち、

今まで目に止まらなかったような小景色にも心を動かされるようになります。


自転車で出かける目的として、グルメや季節情報の収集にも意欲的になりました。




つまり、自転車が地域と私をつなげてくれたのです。


自転車で出かければ お腹も減る。

飲み食いの他に、フェリーや色んな施設を利用する事もあります。



そうした行為を自転車仲間同士で情報共有し、

みんなが自転車で出かけてお金を落としているのです。





その事に着目した人が あの手この手でサイクリストを呼び込もうとする。

当然、自転車を受け入れる体制がドンドン整っていく。




地域の人は経済効果が期待出来、

サイクリストはドンドン自転車に乗りやすく、楽しみやすくなっていくわけです。




自転車って素晴らしいですね!(笑)





もちろん、そんな全てが簡単にいくわけではありません。


サイクリストを受け入れる地域の体制作り、

道路交通法を始めとした様々な環境の整備、


自転車に乗る人、乗らない人、双方の意識改革・・



何かひとつやろうと思っても、問題が山積するのが現状です。




しかし難しいから、実績が無いから、

という理由で行動しないのは愚の骨頂だと思うのです。





気ままに余暇を利用して仲間と自転車を楽しむという、これまでの呉ポタの活動。

それだけでも こんなにたくさんの人や地域の素晴らしさに出会わせてもらいました。


そんな自転車の可能性を もっと追求してみたい。




目指すのは、「自転車を媒体にした地域活性化、及び自転車環境の改善」



その為にはキチンとした団体を作り、世間や行政に対しても確固たるアピールが出来る体制を作る必要があります。


将来的には法人格を取得し、様々な幇助を受ける事によって より大きな目的を果たせるようにする事。




難しげな事を言ってますが、具体的にはこうです。



新団体は「サイクリスト」及び、「会の趣旨に賛同した人」で構成されます。


参加された会員は、会で企画される様々なイベントを楽しんで頂くのがメインの活動。

企画は会員に楽しんでもらえ、尚且つ開催地域の振興に役立つものにする。


そうした事を積み重ねるうち、自転車をとりまく環境も次第に良くなっていくという具合です。




主な活動はサイクルイベントの企画ですが、 会の外からの接待ライドや自転車教室、

地域をアピールしたオリジナルグッズの開発など、様々な構想があります。



会員の方は、純粋にイベントや様々な企画を楽しんでもらうのも良し。

積極的に企画運営やサポートに携わって活躍してもらうのも良しです。




既に とびしまエリアでは地元の有志と意見交換を始めており、

現時点で かなり良い反応を頂いております。



以上の事は、先般行った「自転車活動的、意見交換会」で参加された方にお伝えしました。


年明けから更に意見交換会を繰り返し、実質的な発足を目指します。






事ここに至った経緯としては、やはり各方面で頑張っている方々の存在が大きかった事に他なりません。


私がこのような想いを抱き始めてから、事につけ そのような方たちに啓発を受け、

また、ドラマやドキュメンタリーなどでもハッとさせられる場面に出会う事が数多くありました。




今の自分に出来る事、出来ると思える事があるなら、

それにチャレンジしてみよう。



どこまで目標を具現化出来るかわからないけど、

出来る事から、出来る範囲で始めてみよう。



焦らず、ムリせず、コツコツと。




いわゆる一方的な犠牲や奉仕の精神など、さらさら持っていない私。


自分が楽しいと思える事を仲間と共有し、

それがいつの間にか地域貢献になってしまうというのが最高だと思うのです。





日時は未定ですが、1月中に 「第二回 自転車活動的、意見交換会」 を開催します。


志はありますが、私はあまりにも無知で無力です。

皆さんの様々な御意見、知識や人脈無しでは目的は果たせないでしょう。



今後とも よろしくお願いします。m(_ _)m





スポンサーサイト
しまなみ神社参拝ライド☆
日曜日、 今年最後の呉ポタイベントを開催しました。



しまなみ海道にある自転車ゆかりの神社を参拝し、今年一年の息災を感謝する企画。

題して、「しまなみ神社参拝ライド☆」




本集合場所は尾道駅前ですが、広島方面から車載で来る人は三原の須波港に集合。

朝7:00の出発ですが、やっと夜明けといった具合です。


DSCF9865改


完全冬装備で挑みますが、メッチャ寒い!((((;゚Д゚))))

海面と空気の温度差で湯気が上ってます。


DSCF9869.jpg


三原市街の裏道を駆使して尾道へ。

交通量の多い2号線も可能な限りパスします。


DSCF9872.jpg


オンタイムで尾道駅に到着。

ブリーフィング後、渡船で向島へ。


DSCF9876改


本日の参加者は17名。 最近の呉ポタイベントにしては少なめですが、

お久しぶりの方、遠方の方にもお会い出来て嬉しい。(^^)


  DSCF9881.jpg


キーンと冷えた空気の中、因島大橋を渡って因島へ。


  DSCF9887.jpg


最初の休憩ポイント、「はっさく屋」に到着。


DSCF9893.jpg


何はともあれ、はっさく大福。(๑´ڡ‘๑)


DSCF9894.jpg


ロケーションも抜群で、いつもの様にマッタリ。


DSCF9896.jpg


希望者は風光明媚な水軍スカイラインを走る予定でしたが、

アップダウンの連続を嫌って誰も希望しやがらん具合に・・


我、怒りで身体が震え・・。 (苦笑)


DSCF9898.jpg


次なる目的地は、今イベントの主役のひとつでもある 大山神社


DSCF9901.jpg


到着するなり、まるでエイドステーションのような歓待を受けます。

さながら、エサに群がる鯉の群れのよう。(笑)


DSCF9903.jpg


様々なお守りが揃う大山神社。

自転車用のお守りだけでも、たくさん種類があります。


「嫁から守ってくれるお守りは無いんか?」と笑いをとる どいこさん。(爆)


DSCF9904.jpg


八百万の神が祭られ、まるでミュージアム神社といった様相の大山神社。

ここに来るだけで、ほとんどのお願い事が出来てしまいます。


DSCF9921.jpg


この七福神の前には小さな橋が二つあり、

願いを唱えながら ひとつめの「願い橋」を渡ります。


DSCF9917.jpg


そして神々に 二礼 二拍手 一礼して祈願。


DSCF9918.jpg


続いて二つめの「叶え橋」を成就を祈って渡る事によって、願いが叶うというシステム。

叶え橋の方が少し高く作ってあるところに、願いが少し叶うといった意味合いがあるそうです。


心憎い演出ですね。(^^)


DSCF9919.jpg


他にも様々な神様が祭ってあるんですが、

宮司の巻幡さん自ら御案内頂き、我ら・・感謝で身体が震え・・的。(0。0)


DSCF9906.jpg


さて、再び移動を開始した一向は生口島橋を渡り、次なる目的地へ向かいます。


  DSCF9926.jpg


自転車乗り御用達の宿、「輪空」さん。

http://setoda-link.jimdo.com/


瀬戸内の島々を望む絶好のロケーション。

時を忘れて滞在出来るリラクゼーションスポット。


DSCF9848.jpg


本日は我々の為に休憩場所としてお迎え頂きました。(^^)


DSCF9936.jpg


眼前には岩城島。

春には三千本の桜が咲き乱れます。


DSCF9941.jpg


まるでエイドステーションの様な おもてなし♪

普段も予約すれば、ランチやCaféとしても利用出来ますよ。


サイクルステーションでもあるので、近くにお立ち寄りの際は是非。


DSCF9942.jpg


根が生えそうになりましたが、何とか出発。(笑)

多々羅大橋を渡って大三島へ移動します。


DSCF9952.jpg

  DSCF9967.jpg


道の駅、多々羅しまなみ公園に着くと、

王家瀬戸内海を統べる王こと、M☆ta-kaさんが出迎えて下さるサプライズが!Σ(゚Д゚;


DSCF9978.jpg


何はともあれ、王と王子に拝謁。(笑)


  DSCF9979.jpg


そして、「王だけど。」 の一言で奥の座敷が用意される始末ぅ~。

我ら、畏怖と感謝で身体が震え・・ (爆)


DSCF9981.jpg


本日の昼食はマハタの石焼。

魚のスリ身ビビンバといった感じで美味し♪ (๑´ڡ‘๑)


DSCF9982.jpg


食後は定番のスポットで集合写真。


DSCF9983.jpg


ここでタイムリミットのある数名の方が離脱。

本隊は「大山祇神社」へ。


DSCF9986.jpg


ここではヘルメットに貼れるお守り、「ヘルメット守り」をゲット。


DSCF9989.jpg


二つの神社を連拝し、目的を果たした一向は再び生口島へ向かいます。


DSCF9992改

DSCF9997.jpg

DSCF0015.jpg


瀬戸田と言えば「しおまち商店街」

グルメや観光スポットが集約するオアシスです。


DSCF0019.jpg


玉木商店のローストチキンは売り切れでしたが、

岡哲のコロッケにはありつけました。


今日もアツアツうまうま♪ (^^)


DSCF0021.jpg


そのあとはドルチェ本店へ。

この時期限定の「ジェラードぜんざい」を堪能。


  DSCF0025.jpg


あったかいぜんざいの中に冷たいジェラードが浮かぶナイスな一品。

海が見えるロケーションでマッタリ~♪


  DSCF0027.jpg


ここで尾道方面へ自走で帰る人たちとお別れ。

瀬戸田(沢)港からフェリーで須波港へ移動します。


DSCF0031.jpg


そして船内の この注意書き・・


DSCF0032.jpg


「おまわりさん、コイツです!(爆)」


DSCF0034.jpg


何と たけっちさんがお出迎えしてくれました。(^^)

所要でイベントには参加出来なかったのですが、嬉しいサプライズ。



こうして今年最後の呉ポタイベントは終了しました。

皆さん、お疲れ様でした~。



今回も各班長をお願いした皆さん、しんがりの てんちゃん、ありがとうございました。

トシハルさんも いつも燻製を振舞ってもらい、ありがとうございます。



寒かったですが、この時期にしては風も無く天気に恵まれ、

最高の一日を過ごす事が出来ました。


皆さん、また来年もイベントでお会いしましょう~。(^^)






さて、解散後は松吉さんと みはらし温泉へ。


着替えのパンツが無かった松吉さん、

帰りの彼がノーパンだった事を 受付のお姉さんは知らない事に・・


南無阿弥陀仏・・ といふしかないだろ。( ´艸`)ププッ



DSCF0030.jpg


本日の走行時間 4:19 走行距離 100.6km 平均速度 23.2km/h 積算距離 12371km



充実した一日

昨日は午後から大崎下島に行ってきました。

とは言っても車です。



目的は 「とびしま自転車愛好会」 に自転車をお届けする事。


島民による 島民の為の自転車普及活動を推進するこの会では、

自転車を持っていない人にもサイクリングの素晴らしさを知ってもらう為、

レンタル用の自転車を必要とされていました。



自転車に興味を持った人にお試しで乗ってもらったり、

家族が帰省して、一緒にサイクリングするのに活用してもらったり、


そうする事で地元民の方に自転車への理解を深めてもらうのが目的です。




そこで自転車振興活動の一環として、呉ポタのトピックで

使われて無いスポーツ自転車を譲って下さる方を募集したところ、

何と4台も申し出を頂きました。(@_@。



スポックさん、GIANTエスケープ

たけっちさん、MTB & 折りたたみミニベロ

Whitenoiseさん、ブリジストン・トラベゾーン



いずれも大切に管理してあり、程度も良好です。

本当に感謝感激、ありがとうございます。


愛好会でのレンタルを始め、様々な場面で活用させて頂きますね。(^^)







皆さんからお預かりした自転車をチェック&整備して、

昨日、ようやく愛好会にお渡しする事が出来ました。


持ち込まれた自転車を前に、感激されるメンバーの方々。(^^)


IMG_0344.jpg


自転車は、愛好会代表の梶岡さん宅で大切に管理されます。


呉ポタメンバーや私のフレンドさんも、もちろん無料レンタルする事が出来ますよ。

事前に私に連絡頂ければ、予約させて頂きます。


保管場所は大崎下島の久比なので、車で行って家族で御手洗観光するのに使ったり・・

といったシチュエーションにいいかもしれませんね。(^_-)-☆


IMG_0345.jpg


さて、夜は嫁と二人で広島市内へ。

目的はコレ。


IMG_0350.jpg


自転車仲間でミュージシャンの あきちゃんライブ~♪


IMG_0358.jpg


毎回セッションするメンバーとの兼ね合いで趣向が違って楽しいのですが、

今回は正統派ジャズといった趣のスタート。


本人はあまり好きじゃないらしいですが、私はノリノリ♪(笑)

カッコよくアダルティーなライブに癒されまくりました。(^^)


  IMG_0352.jpg

IMG_0348.jpg


ライブ後は一緒に観賞したサカイさんたちと

平和大通りのイルミネーションをプチ散策♪


IMG_0347.jpg


キレイだけど、渋滞の元で車には最悪ね。^^;

来るなら徒歩が一番ですよ。


  IMG_0364.jpg


通行人に写真を頼まれまくるgancyakuさん。

おそらくサカイさんや私には、怪しいオーラが出ていて頼み辛かったものと思われ・・。(苦笑)


IMG_0365.jpg


東急ハンズの瀧川師匠にもバッタリ。

ちょうど勤務帰りだった模様。


相変わらずハイテンションです。(笑)


IMG_0373.jpg


ライブのあとは炭水化物死攻めしかありえんのだよ。(笑)

前日のヘンタイライドの影響もあり、ガッツリ逝く皆さん。


IMG_0378.jpg


今日お会いした皆さん、ありがとうございました。

おかげさまで充実した一日になりました~。(*^_^*)


IMG_0368.jpg




ヘンタイお見送りライド
呉ポタの名物イベントのひとつとして定着しているヘンタイライドシリーズ。

走破するには それなりの実力が必要なハードルの高いイベントです。



毎年、春・夏・秋に開催され、それぞれテーマをもって企画されます。

中でも秋は比較的近場で途中合流・途中離脱も容易な事から、

新たな参加者の登竜門的存在にもなっています。


DSCF9774.jpg




これまで秋のテーマは、ひたすらヒルクライムする山岳特訓的なものでしたが、

今回は趣向を換えて、とびしま ~ しまなみ ~ さざなみ ~ 大崎上島 ~ とびしま・・



島から島へとフェリーを利用しまくります。






つ ・ ま ・ り ・・・・・









船に乗り遅れたら、自動的にリタイアとなるという、

恐ろしいシステムになっております。((((;゚Д゚)))))))






とはいえ、自分で参加する区間をチョイスしたり、

どこまで着いて行けるかチャレンジしたり、


案外と参加しやすいという具合なんです。




そんな訳で、ヘンタイライドにしては前代未聞の30名越えの参加表明がありました。


私はイベント当日は夜勤なので、当然参加は出来ません。

ですが、参加者の中には県外から前泊される人も数名おられ、

前夜祭に参加させてもらいました。


IMG_0340.jpg


久しぶりの再会と自転車談義に盛り上がりましたが、

翌日のライドの事を考えて早々に切り上げ。


ハードな内容だけに、みんなヤル気です。(笑)





さて、みんなには内緒にしてましたが、翌日はコッソリお見送りライドに出発。( ´艸`)ププッ

午前中に帰宅すれば余裕で仮眠もとれるので、とびしま海道だけ御一緒に。



集合場所に行ってみると、ドタ参も含めたら40人くらいいるんですケド・・。^^;




誤解の無いようお断りしておきますが、ハードな走りをすると言っても安全運転が基本です。

手信号や声かけは元より、決して無理をしない事が大原則です。



主催者のkuro96さんのブリーフィングでライド開始。


「言う事聞かんヤツはシバクけんね!」(爆)


DSCF9762.jpg


スタート直後、kuro96さんに続いて二番手をキープ。

私は岡村港までなので、出来るだけ先頭集団についていくつもりです。


DSCF9768.jpg


まずは流して走って 後ろから来た集団と合流し、10台ほどのトレインに。

心地よいハイペースでローテしながら快走。


DSCF9771.jpg


豊島大橋手前のトンネルは、車に配慮して歩道を選択した私。

でも交通量が極端に少ない事から、トレイン本隊は車道を走行。


路面の継ぎ目や、歩道から車道に出るタイムロスで一人遅れてしまいました。



ペースが速いので、一度集団から遅れると なかなか追いつかん具合に、

我、怒りで身体が震え・・。(苦笑)





すると先頭集団は 豊島の農道に上がって行くではありませんか。!(◎_◎;)


こ、これはまともに上ったのでは更に遅れてしまう・・




ので、いつもの平地を進む事に。(爆)



平地の方が距離はあるけど、速度が落ちないので結果速いよね。

ふふふ~ん♪ 豊浜大橋で一気に先頭に踊り出るといふ具合よぉ~。ぐへへぇ~~。♪(´ε` )





…てな事 考えながら鼻歌まじりに豊浜大橋への坂を上りきった瞬間、

目の前を kuro96さん、あきちゃんが シャーーーーッ…



速えーーーよ!(爆)




続いてトミ~さん、サカイさんも目の前を通過。

すぐに右折して追いかけるも、坂を下ってきた勢いで爆走する4台に追いつけるハズも無く、


あっという間に一人旅に。(苦笑)




前を走る背中が見えているんだけど、全然追いつきません。

すごく自分が遅く感じてメーターを見ると、38km/h出てる。



や、奴ら、一体何km/hで走ってるんだ? ^^;




やや諦めモードで35km/hくらいまで落として走行。

写真? そんな余裕、ある訳ありません。(苦笑)





そうこうしてたら、岡村島へ渡る手前で くろすけ軍曹たちのトレインに吸収される。


ホッ・・ 助かった、後ろは楽~~。


DSCF9775.jpg


集団で復活した私を含め、4台で協調体制。

しかし岡村港は もう間近。 今更追いつけるハズもありません。



が、先頭はペースを落としていたらしく、ほぼ同じくらいにゴール。

はああああ、お疲れ様~。^^;





ほどなく次々と参加者が到着。

フェリー待合室をジャックする怪しい人の群れ。(笑)


DSCF9783.jpg



名古屋からわざわざ参加のアイルトンさん。

今年4月に岡村島の激坂、「ナガタニ展望台」で轟沈して以来、


リベンジを誓っておられたのでフェリーの待ち時間にDO?とお誘いしたんですが、

全力で辞退されました。(笑)


DSCF9779.jpg


かつて広島在住の折は、呉ポタのヘンタイ部門を引率する存在だったケイマンさん、halさん夫妻。

ケイマンさんもスゴイんですが、halさんの成長ぶりといったら天井知らず。


今回も並み居る男性陣を差し置いて、上位で到着。

恐ろしや・・。^^;


DSCF9778.jpg


ヘンタイライドに参加する女性と言えば、やっぱり超ド級のヘンタイな訳で・・

左から広町の女帝 ぎりすみさん、加古川の雌豹 halさん、鉄の京女 なんチャリ姉さん。


・・かわいいポーズが逆に恐怖を煽ります。(爆)


DSCF9791.jpg



王家瀬戸内海を統べる王こと、M☆ta-kaさんと 従者の たけっちさんもヘンタイライド初参戦。

ここのところメキメキと力をつけているダークホースです。


DSCF9784.jpg


他にも個性的かつ お馴染みのお仲間がたくさん参加されていたのですが、

全てを紹介すると膨大になってしまうので これくらいで御容赦いただきましょう。





待合室を居酒屋状態にする事30分強。

フェリーが到着し、乗船開始するヘンタイの群れ。


DSCF9794.jpg



いってらっしゃ~い、この後も気をつけて~♪


DSCF9802.jpg


さて、一気に静かになった港を後にして、ひとり寂しく帰路へ。

帰りは向かい風だった事もあり、ツーリングモードでマッタリ。


DSCF9803.jpg


豊島の南岸では、ちょっぴり浮島現象を観測。


海面の温度差で陽炎が立ち昇り、遠くの島が浮いているように見えるんですが、

もっとハッキリ見える日もありますよ。


冬の間だけの珍しい現象なので、機会があれば是非探してみて下さい。



DSCF9805.jpg


11:00には帰宅。 仮眠をとって何事も無かったかのように出勤。(笑)



本日の走行時間 3:41 走行距離 93.0km 平均速度 25.2km/h 積算距離 12203km


光の祭典
日曜日の事。


珍しく家族全員休みという事が 当日の朝に発覚するという始末に、

我・・ 怒りで身体が震え・・的。(苦笑)


嫁と娘夫婦の希望で庄原の備北丘陵公園にイルミネーションを見に行く事とあいなりました。


DSCF9717改



広い敷地内には年中様々な花が咲き乱れ、サイクリングロードもあって家族連れに最適。

大きな遊具を見つけて早速駆けだす お子ちゃま達。


人が多いので、見失わないようにするのが大変です。^^;


DSCF9576.jpg

  DSCF9581.jpg


日が暮れるまで散々堪能して頂いたあとは いよいよ本命のイルミネーションです。

今年は光る飴が売られていて、早速購入。


  DSCF9586.jpg


食べたあとはペンライトとして使用出来るという具合。

なかなかいい商品ですね。


DSCF9589.jpg


でも・・ 食べている様は とってもシュール。(笑)


  DSCF9590.jpg


ここのウィンターイルミネーションは何度か見に来た事があるんですが、

毎年規模が大きくなって飽きませんね。


DSCF9613改

DSCF9624改

DSCF9640.jpg


特に小高い丘ひとつ丸々イルミなのは圧巻。

光のシャワーの中を歩くのは とても幻想的。


DSCF9637.jpg

DSCF9628改


派手なセクションだけでなく、情緒ある詫び寂び空間も。


  DSCF9592.jpg

DSCF9599.jpg

DSCF9600.jpg


今年のテーマは 「LOVE」 だそうで、

よりカップルや家族連れが盛り上がる仕様となっております。(笑)


DSCF9644.jpg

DSCF9625.jpg

DSCF9635.jpg


数年前に来た時は入れなかったエリアもライトアップが施され、

最初の頃の4倍・・ ほぼ敷地内全てに規模が拡大されてます。


DSCF9606.jpg

DSCF9683.jpg


これは子供を連れて歩くだけで大変・・。

そんな時、あの人の声が聞こえます。



「鉄郎・・ 999に乗りなさい。」



DSCF9712改


これで機械の体がもらえるアンドロメダに行けるんだね。(笑)


DSCF9691.jpg


片道は頑張って歩いた子供達もこれで安心。

喜んでくれて一石二鳥です。(笑)


DSCF9703.jpg


闇夜を駆け抜ける様は、さながら銀河鉄道。

リアルな警笛もステキです。


車掌さんのガイドも面白く、園内の見どころも語ってくれます。

これは是非 最初に乗るのがオススメ。


DSCF9715.jpg


車掌さん情報で、サンタの家を訪問。

ちゃんと中にも入れます。


DSCF9732.jpg


  DSCF9672改


で、外から見るとサンタの顔になってるんですね~。

反対側に大きな窓があるので、みんなそっちに気を取られて気づきにくいのです。


DSCF9735.jpg


本日はホラー担当の娘。(笑)

こえーよ!((((;゚Д゚)))))))


  DSCF9677.jpg


ちょうどこの日は花火イベントの日だったようでラッキー♪


DSCF9666.jpg


休日とクリスマスは人が多いでしょうが、

カップルやご家族連れで出かけられてはいかがでしょうか?


寒いので雪山に行くくらいの気持ちで装備される事をオススメしますよ。


  DSCF9632.jpg

  http://www.bihoku-park.go.jp/



とびしま御案内ライド

水曜日に尾道のフレンドさん、kiyoさんが とびしま海道を走るという事で御案内してまいりました。


メンバーはkiyoさんとソラさん、そして初めましての新村さん。

                         ・・・・ありゃ、写真ボケてる。^^;



DSCF9498.jpg



下蒲刈の遊歩道を通ったり、

福島正則の雁木の説明をしたり・・


DSCF9500.jpg


大人数のイベントでは通らない風流な裏道を通ったり・・

少人数ならではの お・も・て・な・し サイクリング。(^^)


DSCF9502.jpg


新村さんはkiyoさんのラン仲間。

自転車は始めたばかりで・・ と言われますが、潜在能力は高そうです。


DSCF9504.jpg


お久しぶりのソラさん。

kiyoさんのライド告知を見て駆けつけてくれました。(^^)


DSCF9510.jpg


天気にも恵まれ、風も穏やか。

信号も無く車もほとんど来ず、自転車にとって天国のようなとびしま海道。


ダイナミックなしまなみ海道に比べて、素朴で海が近く感じるのが特徴です。


DSCF9505.jpg


おしゃべりしながらマッタリ、ルンルンサイクリング♪


  DSCF9514.jpg


唯一残念だったのは、水曜定休が多いのが とびしま海道。

豊島のコンビニも、マリちゃんもお休み。


適宜 休憩をはさみながら走行し、御手洗で昼食。

今日もお世話になります。脇坂屋さん。


DSCF9522.jpg


食後は御手洗の町を ちょっぴり観光案内。

狭い路地を自転車を押して歩きます。


DSCF9523.jpg


有名な新光時計店。

ここでしか直せない古い時計の修理依頼が、日本中から来るそうです。


現在は お店を継ぐ息子さんが誠意修行されてます。


DSCF9525.jpg


狭く入り組んだ御手洗の町並み。

住民の皆さんや他の観光客とのコミュニケーションが心地いいのです。


  DSCF9526.jpg


江戸時代のお茶屋さん、若胡子屋。

往時は100人近い遊女をかかえる大遊郭でした。


ここは怪談話でも有名で、いわくつきの逸話が残ってたりします。
http://www.como-japan.com/mitarai-01.html


DSCF9529.jpg


御手洗天満宮では、もみじが真っ赤に紅葉。


DSCF9531.jpg


ここには見どころがギュッと集結してるんですが、

何はともあれ、ひとつ願いをかなえてくれるという回廊をくぐるのがお約束。(笑)


  DSCF9532.jpg



散策のシメは、しぼりたて生ジュースで一息。(^^)


DSCF9534.jpg


そして皆さんを大長のミカン農道へ お;も・て・な・し 

坂におののく新村さんを 巧みにそそのかして登坂。( *´艸`)ププッ


DSCF9537.jpg


ゆる~い坂ですが、初心者の女性にとっては大冒険です。

あ、ちなみに前来た時、うちの嫁は逃げましたけどね。(苦笑)


DSCF9540.jpg


しかしそこには上らなければ見れない最高の景色が広がっている訳で。

感嘆の声をあげる新村さん。


またひとり、坂に魅入られた申し子を作ってしまったな・・。(笑)


DSCF9543.jpg


霞んでるけど、遠く今治まで見渡せます。


DSCF9544改


岡村島への三連橋は、まさに とびしま海道の名にふさわしい景観。


DSCF9545.jpg


そしてこのループ橋。


とびしまには全部で3つのループ橋があります。

どれも個性的で、周辺の景観も素晴らしいところばかり。


DSCF9546改


帰りも会話しながら和気藹々。

走りのレクチャーもしながらの~んびり。(^^)


DSCF9550.jpg


キラキラの海~♪


DSCF9559.jpg



風もそよそよ~♪


DSCF9562.jpg



坂の度にギャーギャー言う新村さんに爆笑しながらの走行。( *´艸`)ププッ


でもランやってるだけあって地力は素晴らしいです。

意地っ張りなのも好効果デスね。(笑)



DSCF9568.jpg


あとひとつ坂を上ればスウィーツだからね~。


・・そのあと安芸灘大橋への上りもあるケド。(爆)


DSCF9570.jpg


であいの館に到着~。


実はこのあと、孫たちの保育園お迎えミッションがある私。

ここで離脱させて頂くことに。


皆さん、お疲れ様でした~。☆


DSCF9573.jpg



久しぶりにkiyoさん、ソラさんと御一緒出来て嬉しかったです。

新村さんもランに自転車に、楽しんで下さいね。


皆さん、また走りましょう~。(^^)




そして無事にミッションコンプリート♪


DSCF9575.jpg



本日の走行距離 72.1km 走行時間 4:12 平均速度 17.1km/h 積算距離 12024km





プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。