タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
坂塾入門
元 宇都宮ブリッツェンプロレーシングチーム所属、

ベルギーでも活躍していた中山卓士選手。


今年はロジャースレーシングチームの一員として、

Jプロツアーを中心に戦う事も決定している彼が行う自転車道場、


BioGaiaBikeサイクルレッスン に初めて参加してきました。




受講者のレベルに合わせた、優しくも的確な指導で多くのリピーターを呼んでいるこのレッスン。


世界を走ってきたプロからこの広島で直接教えてもらえるなんて素晴らしすぎる環境です。




今回のステージは江田島。


集合場所の切串港でブリーフィングを受ける参加者たち。

先生、今日もイケメンです。(笑)



DSCF0839.jpg



まずはスローペースで移動。

そう、何かを学ぶ時、ゆっくりでやるのが一番いいのです。




DSCF0843.jpg



本日のテーマは、ズバリ 「坂塾」

登坂訓練とも言います。(笑)



10003531_560773157363939_930723587_n1.jpg



実は私、坂がニガテです。


どんな坂も一応上れますが、それはペースを考えなければって事。

速い人と走ると、坂の度に遅れるんです。



別に競技志向では無いので気にする事は無いのですが、

より速く楽に坂が上れるようになるにこした事は無いですよね。



DSCF0845.jpg



今回は坂塾の3回目という事で、キツイという前振りでした。


なので高強度でヘロヘロになるまで練習するのかと思ってましたが、

基本スローペースです。



それぞれ指示されたテーマにそって、じっくりと身体と対話しながらのレッスン。

大須林道を何度も上っては降りを繰り返します。


写真は4回目の登頂。(笑)




1977168_602524219833580_1290761237_n.jpg



同じ峠を何度も上るなんて初めての経験ですし、

ツーリスト&ポタリストである私には考えられない事ですが、



中山選手の的確な指導のもと、段階的に成果がわかるのが楽しくて苦になりません。

上るのが単なる苦行ではなく、明らかに楽しいと思える不思議。




DSCF0846.jpg



先生は上りでもこの通り。

力強く、そして美しいです。(^^)



DSCF0850.jpg



結局5回登頂。

もはやただ上るのが楽と思える始末。(苦笑)



1660351_602559516496717_1993919890_n2.jpg



中山道場、ホント想像以上に為になります。


初心者からレース志向の人まで、段階的なカリキュラムが用意され、

様々なニーズに対応されてます。



ポタリングにだって、トップ選手の技術は活かされます。

乗用車の技術だって、ほとんどレーシングカーからのフィードバックですよね。



せっかく広島でこんなレッスンが開催されているので、

是非一度は受けてみられるのをおススメしますよ。


http://ameblo.jp/biogaiabike/




DSCF0853.jpg





さて、帰宅後は孫たちの自転車練習に付き合い~。

いつもの阿賀マリノへ。



DSCF0855.jpg




このキャップは宇都宮ブリッツェンの非売品。

中山選手が現役時代に使ってたモノです。


特別にもらっちゃいました。(^^)


・・しかし、私がかぶると悪そうなおっさんにしか見えんな。(-_-;)



DSCF0854.jpg



お姉ちゃんは新しいタイヤでスピードアップ。



DSCF0856.jpg



妹は補助輪を外して初めての練習。

実は付き添う大人の方が大変。(苦笑)



DSCF0857.jpg



お姉ちゃんはピュー♪



DSCF0858.jpg



どうですか、このドヤ顔。(笑)



DSCF0859.jpg



坂塾でサイクルレッスンを受け、

チビたちにサイクルレッスンをし、



自転車三昧な一日でした~。(^^)




スポンサーサイト
火曜な訓練ライド

火曜日と言えば、火曜倶楽部。


自称、「高強度ツーリスト」の集まりである。




先ごろ、「Tiam Bio Gaia Bike」 といふ実業団チームに、

倶楽部の首謀者、kuro96さんと あきちゃんが選手として登録されるといふ始末。



彼らのレベルアップ具合は底無しなのです。



勤務の関係上、なかなか彼らと走る機会が少ないのですが、

いつも予定はチェックしてますよ。




そんなこの火曜日。

天気が微妙なので、午前中だけ倉橋走るという事に。



それなら夜勤前に走っても、午後に仮眠する時間がとれるという具合。




恐る恐る 待ち合わせの大和ミュージアムへ行くと、kuro96さんのみ。

あきちゃんは深酒でDNSといふ始末。(苦笑)



DSCF0815.jpg



kuro96さんと二人で走るのは、実に二年ぶりくらい。

その前は休みがよく重なってたので、一緒に走る事が多かったんですよ。



  DSCF0818.jpg



火曜倶楽部だから、音戸大橋へ駆け上がるかな?

と想定してましたが、普通に渡船利用。



ちょっと安心したのは秘密です。(笑)



DSCF0819.jpg



心配された雨も一向に降る気配はナシ。

風も無く快適です。



DSCF0820.jpg



kuro96さん、ペダリングめっちゃキレイになった。

素人目に見てもハッキリわかります。



DSCF0821.jpg



「見せてもらおうか、実業団の実力とやらを。」 (爆)



DSCF0822.jpg



「ちいっ!連邦のモビルスーツは化け物かっ!」 (苦笑)



DSCF0823.jpg



何はともあれ、kuro96さんと走るのは楽しい。

出来の悪い兄と、出来のいい弟って感じ。(笑)



DSCF0825.jpg



「今日はサイクリングペースで行きます。」 と言うて下さる。



でも・・ 時折 見えるメーターの数値(上の方)が50km/hに迫り・・

我、怒りで身体が震え・・ ((((;゚Д゚))))



DSCF0826.jpg



倉橋など一瞬で終わるといふ具合よ~。^^;



DSCF0830.jpg



でも会話する時は20km/hくらいになったりして、

メリハリと言うには極端な具合に、


すっかり脚を削られる始末ぅ~。(苦笑)



  DSCF0832.jpg



音戸温泉、「汐音」のレストランで昼食。

細うどんにじゃこ天が普通に美味かったです。



DSCF0833.jpg



オシャレなランチにガッつくkuro96さん。(笑)

1500円でバイキングもありましたよ~。



DSCF0834.jpg



帰りは お気に入りの宮原 稜線の道で。

ここのロケーションは最高。



DSCF0836.jpg



kuro96さんと別れ、神山峠で帰宅~。


久しぶりにkuro96さんと走れて幸せ。

雨でジテ通出来ないので、いいトレーニングになりました。


時間のある時にまたもんで下さいね。(^^)



本日の走行時間 3:15 走行距離 78.1km 平均速度 23.9km/h 積算距離 13907km





広島高速3号線沿い新ルート

23日、広島高速3号線 吉島~商工センター間が開通しました。



これに伴い、高速下の一般道も開通し、


これまで広島市内で一番南側の幹線道路であった霞庚午腺よりも

更に南側に東西を結ぶ道路が完成した事になります。




新しい道路が完成し、ルートの選択肢が増え、

更に交通の分散化も図れるというのは大変喜ばしい事です。





で、次に思いが及ぶのは、歩行者&自転車の導線はどうなっているか? です。


そんな訳で本日、ジテ通の復路がてら調査してきました。




まずは一番西側、商工センター側に移動します。



DSCF0794.jpg



自転車&歩行者は土手から専用歩道へ入ります。



DSCF0795.jpg



商工センターから吉島までは 3本の橋がかかってますが、海が見えるのはこの橋のみ。


ロケーションもいいので、新名所になりそうですね。



DSCF0796.jpg



自歩道は南側のみですが、路面が良く幅も広いので概ね快適。



DSCF0797.jpg



こちらは西向き。 なかなかの景観です。(^^)



DSCF0798.jpg



橋を渡り切ると、土手に突き当たります。


スロープのような九十九折で土手下へ。



DSCF0792.jpg



この先をスムーズに進む為、トンネルをくぐって東向きの側道へアプローチ。



DSCF0799.jpg



まだ一部 工事中ですが、広く わかり易い導線です。



DSCF0800.jpg



観音側の交差点から商工センターを見るとこんな感じ。



DSCF0790.jpg



ちなみに車道は自動車専用道になっている為、 自転車は通行できません。



DSCF0789.jpg



新しい道路は広く気持ちよく、まず迷う事は無いでしょう。


歩道、自転車レーン、車道という棲み分けも完璧に出来てます。



DSCF0802.jpg




ただ・・ 自転車レーンが歩道思想に基づいているのは、時代に逆行していて非常にナンセンス。



新しい道路なのに残念で仕方ありません。

段差も当たり前のようにあり、せっかくの広さも台無し。orz...



DSCF0803.jpg



歩道よりに導線を引いた事で、当然こうなる訳です。


これが事故を誘発するって事が何故わからないのか。



自転車レーンが車道思想に基づいて設計されていれば、こうはならなかったハズ。



DSCF0804.jpg



ともかく走る側が気を付けるしかありません。 それ以外は概ね快適。



江波側は主要道路へのアクセスも全て良好でいい感じ。


ただし、東側の牡蠣打ち通りの景観は情緒が無くなってしまいましたが・・。



DSCF0806.jpg



ここの自歩道は まだ工事中。


完成すれば今より快適になるでしょう。



DSCF0809.jpg



そしてまたコレ・・。


おそらく設計した人は、何がいけないのかわからないでしょうね。(苦笑)



DSCF0810.jpg



吉島へ渡る橋の上で、どこかのTV局にインタビューされました。


カメラは回って無かったので、映らないとは思いますが、

せっかくなので自転車レーンの問題点を切々と訴えておきました。^^;



DSCF0811.jpg



吉島側へ降りて幹線道路は終了。


ここも・・ 歩行者だけならこれでもいいんですけどね。



DSCF0812.jpg



実は吉島から宇品へ向かう高速にも、途中まで自歩道が造られてるんですね。


予算的な問題なんでしょうが、将来造れるようにしてあるようです。



これが開通すれば、とても便利になる事うけあいなんですけど。



DSCF0814.jpg


あとは適当に走って霞庚午腺に出るんですが、


安全面とか考えると、霞線を通るより今回通った新しい道の方が断然オススメ。



私が通勤するには遠回りなのでアレですけど。^^;



参考基本ルートはこちら。


皆さんも是非御利用下さい。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=77ca2f7b5a5dde44d5b0d04786a622ca




初めてのスタンプ集め

土曜日。 しまなみ縦走に参加してきました。



しまなみを走ってスタンプを集めると、完走証と記念品がもらえるというこのイベント。


事前の申し込みも不要で完全無料という、夢のようなイベントなんです。




しかし私は一度もスタンプを集めた事がありません。

毎年開催されるにも関わらず、勤務の関係上 参加しにくい日程ばかりだったんです。


なので毎年スタンプは無視して、交流目的で自由に走ってプチ参加しておりました。



今年も状況は同じ・・。(-_-;)

でも、やっぱり一度はスタンプ集めしてみたいじゃないですか。




そこで今回は一人で強行策に。


勤務明けと同時に高速に飛び乗り、向島洋らんセンターにデポ。

いったん渡船で尾道へ戻ります。



DSCF0717.jpg



ここで大三島からスタンプ集めてきたというcanno13さんとバッタリ。

本日一人目の友達遭遇です。(^^)



DSCF0718.jpg



新しくオープンしたばかりの U2 が今回の受付。

GIANTショップやホテルもある自転車複合施設です。



DSCF0720.jpg



受付を済ませると、ありんくりんさんと遭遇。

これから縦走するという事で、早速道連れが出来ました。(^^)



DSCF0722.jpg



出発してすぐ、尾道駅前で てんちゃんとスライド。

お互い挨拶しましたが、急いでいたのか止まらずに行ってしまいました。^^;


再び渡船で向島へ。

ありんくりんさんと、大三島へ戻るcanno13さんと3台で走行。



軽い向かい風ですが、光と空気感が最高です。

しまなみには何度も来ていますが、中でも一二を争うロケーションの良さ。



DSCF0723.jpg



最初のチェックポイントで すだちサイダーをゲット。

柑橘系の爽やかな喉ごし。



DSCF0726.jpg



見慣れてる風景ですが、いつもに増して素晴らしいです。



  DSCF0728.jpg




DSCF0729.jpg



各チェックポイントでスタンプをもらいながら進みます。

しまなみのグルメや立ち寄りポイントは勝手知ったるという事で今回はムシ。



DSCF0736.jpg



チェックポイントの因島フラワーセンターでは、

地元の中学生が八朔を剥いてくれてます。



DSCF0737.jpg



途方もない作業でしょうに、頭が下がります。

剥いてない八朔は、持って帰ってもいいんですよ。



DSCF0738.jpg



生口橋を渡って生口島へ。



  DSCF0741.jpg



途中、canno13さん、ありんくりんさんとそれぞれ別目的で単独走に。


多々羅大橋へのアプローチ道で りょうちゃんとスライド。

お互いフルブレーキ。(笑) 



DSCF0743.jpg



りょうちゃんと別れ、ひとり多々羅大橋を渡ります。



  DSCF0745.jpg



多々羅道の駅入り口で かどさんと遭遇。

しまなみに来ると よく会いますね。(^^)


ハラっさんも近くにいるという事でしたが、結果的に会えませんでした。



DSCF0746.jpg



しまなみを代表する風景のひとつ。

ここに来たら、いつものアングルで。(笑)



DSCF0747改



そしてメンテブースの よーいちさんにも御挨拶。

これ基本ね。(笑)



DSCF0749.jpg



ここでサプライズ。

燻製のスペシャリスト、トシハルさんが、


「タイロンさんが来たら食べさせてあげて。」


と、スモークサンドセットを用意してくれてました。



DSCF0750.jpg



鴨、鯛、タコなどの燻製具材に、トッピングも充実♪

私が必ずここに来るという根拠の無い絶対的自信に、 我、感謝で身体が震え・・的。(笑)



DSCF0751.jpg



トシハルさん特性スモークサンドを堪能していると、

松吉さんが登場。



DSCF0752.jpg



続いて たいぞ~さんと仲間たちも登場。



DSCF0753.jpg



私分のスモークにハイエナが群がるの図。(爆)



DSCF0754.jpg



食事も終わった頃、川中さん、ナポ~リタン君、加賀さんの ゆるサイジャージ軍団が出現。



DSCF0757.jpg



続いてossyさん、ショーゴさん、TOMEさんが出没。

さすが正規ルートをなぞってると、知り合いに合う確率も倍増という具合です。(笑)



DSCF0758.jpg



こんなにたくさんの人に会うのに、みんな尾道向き。^^;

よーいちさんに御礼を行って出発。



食事と交流で、サイコンがスリープモードになるくらい停まっていたのは秘密です。(爆)





大三島橋を渡って伯方島へ降りている途中、トミ~さんとスライド。


トミ~さんのちょっと前をSHINさんが走ってたそうだけど、

すれ違いざまに手をあげたBMCジャージの人がそうだったのか。^^;



DSCF0760.jpg



トミ~さんと別れてスタートした直後、今度はトシハルさんとスライド。

少々お疲れの様子だったけど、スモークサンドの御礼が言えて本当に良かった。(^^)



DSCF0761.jpg



伯方島から大島へ。

今回のしまなみは本当にキレイで、もう 愛してるレベル。(笑)



DSCF0763改



いつも言ってる事だけど、こんな近所に住んでいる幸せを

心からかみしめてるという具合です。



DSCF0765改



大島もあっという間に走破。

眼前には来島海峡大橋。



DSCF0767改



こんなにスケールの大きい橋を

自転車や徒歩で渡れるって本当に素晴らしい事ですね。



DSCF0768改



いつも とびしま側から見ているこの橋から、

今日は逆に とびしまを望みます。



DSCF0771.jpg



橋を渡りきったらゴールのサンライズ糸山。

完走の受付をし、初の完走証を受け取ります。



DSCF0772.jpg



用意してきた折りたたみリュックに記念品を詰め込み、

ここから今治港を目指します。




帰りは今治から因島まで快速艇でラクラク移動するというのが今回のプラン。

ところが港に着いてみると、お客さんが多すぎて2便先になるそう。


待ち時間は実に 二時間強。

しかも乗船時間を含めると、因島へ到着するのは20時前・・。



自走しても変わらんじゃん。^^;





という訳で再びこの景色。(爆)



DSCF0773改



しまなみの橋々を渡る為のサイクリングチケットを購入してると、

ありんくりんさんと再会。


しばし談笑して今治に宿泊する ありんくりんさんとお別れ。

ああ、翌日仕事じゃなかったら絶対泊まってたな・・。(遠い目w)




で、出発しようとしたら今度はムーランさんとバッタリ。

いや~、今回は本当にたくさんの仲間と出会います。



DSCF0775.jpg



ムーランさんとミクシィの自転車仲間さんも今治に宿泊されるそうで、

ひとり帰路につきます。



DSCF0776.jpg



ああ・・ またこの景色を見るとは。^^;

でもムチャクチャ追い風でペースアップ。



DSCF0777.jpg



大島大橋の上から望む夕陽。

船だったら、この景色は見れなかったですね。



DSCF0779改



そういえば、トシハルさんのスモークサンド以外は何も食べてない事に気づき、

マリンオアシス伯方でラーメン食べる事に。


・・・って、閉まってるし。^^;

仕方なくムダに自転車ラック使用。(苦笑)



DSCF0781.jpg



多々羅道の駅も全て終了。

いざとなったらコンビニで補給する事にして先へ。



多々羅大橋を渡ったところで完全に日没。



DSCF0782改



結局、今治から因島のコンビニまで飲み物すら無補給・無休憩で移動。

その割に、そんなに疲れも無くいい感じです。


真っ暗な因島大橋は、昼間とは全然雰囲気違いますね。(苦笑)



DSCF0784.jpg



デポ地に着いたのは20時半。

本当に快速艇利用より早く着きました。(笑)



そのあとは尾道のスーパー銭湯にゆっくり浸かり、

尾道ラーメン食べて帰宅。




スタンプ台紙と完走証。

やっぱり嬉しいですね。



DSCF0786.jpg



そして記念品。

無料イベントなのに、ありがたいです。



DSCF0785.jpg



本日の走行時間 6:30 走行距離 158.5km 平均速度 24.3km/h 積算距離 13752km





おまけ。




今回は誰もパンクしなかったようですが、

私のボトルケージが逝ってました。(爆)



DSCF0787.jpg




自転車に優しい街づくり

日曜日、広島へ。 


久しぶりに足を止めては写真撮りながらボチボチ。



DSCF0666.jpg



いつもは一気に通り過ぎる国道31号ですが、

瀬戸内情緒たっぷりで止まり木も多く、ロケーションのいいルートです。



そのうち31号風物詩みたいな特集もやりたいと思いつつネタ集め。


DSCF0680.jpg




今回広島に来た理由は、ひろしま自転車研究会 改め、

輪輪プロジェクトの自転車環境走行調査に参加する為。


DSCF0683.jpg


私も試走用のビブスをお借りします。

こういうのを着用して調査を行えば、広く市民の皆さんの目にもとまりますね。(^^)


DSCF0684.jpg



自転車が快適に利用出来る街づくりを目指す同会では、

実際に市内を走行して実態調査を進めています。



DSCF0685.jpg



複雑で一貫性のない道路整備。

突然無くなる導線。



DSCF0686.jpg



横断歩道や地下道などで迂回、いざとなったら降りれば歩行者。

確かに柔軟に対応出来ますが、毎日同じ事を繰り返すとしたらどうでしょう?



DSCF0688.jpg



走行禁止で無い限り、道交法にのっとってひたすら車道を走る事も検証します。



DSCF0691.jpg



個人レベルでいえば、自転車向きな安全で快適な独自のルートを確立する事。

これが一番手っ取り早いし、創意工夫は楽しみのひとつでもあります。



ところが自転車は観光や遊びとしても使いますが、日常の足としての役割が一番多いのです。


なので河川敷などの走りやすいルート提唱をする傍ら、

全ての通行可能な車道で安全に走れる整備も進めていかなくてはなりません。



DSCF0707.jpg


同会では、こういった問題を様々な角度から検証し、

何からとりかかるのかを模索されています。


今後の活動に期待ですね。








さて、思いのほか遅くなったので、帰りは一気に最短ルートで。

途中、ベイサイドビーチでキレイな夕陽に思わず足止め。



DSCF0711.jpg


すると偶然通りかかったgancyakuさんとバッタリ。

で、即座に思いついたのがコレ。






かめはめ波~~~!(笑)


DSCF0712.jpg



元気玉~~~!(爆)


   DSCF0710.jpg



以前、誰かがやってたパクリですが、

いいおっさんがやる事とも思えん具合に萌えます。(苦笑)



おかげで日没までに帰宅出来るハズが、すっかり暗くなってました。^^;

さぁ、それでは今週も頑張っていきましょう~。


DSCF0715.jpg




ピスト、下蒲刈試走

ひょんな事からピストを手に入れた私。

元オーナーは高齢で心臓を患っており、格安で譲ってもらったモノです。



もっぱらローラー用として使用する事にしていますが、

せっかくなので下蒲刈で実走してみる事に。




午前中に所用を済ませ、車載で安芸灘大橋へ。

爽やかなブルーカラーが とびしまの風景に溶け込みます。


DSCF0615改


まずは下蒲刈を反時計回りに走行。



すっごい向かい風。

それよりも乗りなれないピストに慣れる事に集中します。





ピストのペダルは固定ギヤ。

普通の自転車のように足を止めて空回り・・ って事が出来ないんです。



つまり、カーブでも下りでも、ギャップを乗り越える時さえも、

常に足を止める事が出来ません。



少しでも動いている間はペダルは回りつづけるので、

意識してないと停まる事はおろか、発進すら出来ないんです。




走り出してしまえば普通の自転車と同じですが、

わかっていても時々足を止めかけてカクッとなったりします。^^;




頭の中で「脚は常に回して」と念仏のように唱えながら走行。(笑)






サイクルコンピューターもつけてないので、走行データは何もナシ。

とりあえず島をほぼ一周して、蒲刈大橋下のヤマザキショップで水分補給。



DSCF0620.jpg


ここの自販機はオール100円!

500mlのペットボトルさえも100円ポッキリです。


4月以降もこの値段のままなのか?

お店の人に聞いてみたら、現在考え中らしいです。


さすがにキビシイよね~。^^;



DSCF0619.jpg



さて、今度は時計回りに周回。

せっかくなので写真を撮りながら進みます。



  DSCF0621.jpg



そうそう、今日のイデタチはコレ。

ピストと言えば競輪、星マークのパンツも同じ元オーナーからもらったモノ。(^^)



DSCF0628.jpg



写真ポイントを探しながらマッタリ走ってると、

練習中のバイオガイアジャージトレインとスライド。


先頭は あきちゃんだったけど、私だと気付かなかったみたい。



どちらにしても速度が出ていて停まる気が無いのがわかったので、

そのまま走行。


DSCF0629改



固定ギヤに慣れてきたら、今度は車体を活かした走りを考えます。



少々クイックなハンドリングも、しなやかなクロモリフレームも、

乗り込むごとに血が通っていくようで楽しい。



DSCF0633.jpg


何と言っても変速機が無いシンプルな構造がもたらす効果は、

常にチェーンリングから後ろのギヤまで、チェーンが真っ直ぐって事。



トルクをかける時、ケイデンス(脚の回転)を上げる時、

力がダイレクトに伝わる感覚が素晴らしいです。



なで肩のハンドル形状も、下ハン持ってもがくのに丁度いい。




ピストならではの構造がもたらす走りのフィーリングを堪能するとともに、

競輪選手が公道で練習する意味をちょっぴり理解出来たような気がします。


まさに魂を磨くといった感じ。



あ、でもノーブレーキはダメですけどね。



DSCF0635改


安芸灘大橋下で写真撮ってると、

先ほどスライドした一行が追いついてきました。



申し合わせてないのに、こうして出会うのって嬉しいよね。



  DSCF0644.jpg



撮影・・的。


  DSCF0641改


撮影され・・ 的。(笑)


DSCF0647.jpg



私は そのまま帰るつもりだったけど、もう一回 反時計回りにみんなで走る事に。


マッタリ、サイクリングペースといふ具合なのですよ。



DSCF0649.jpg


虎 ・・ing


DSCF0652.jpg


コブラぁ ・・ing


DSCF0651.jpg


宇宙人 ・・ing


DSCF0650.jpg




あきちゃんのシートポストには、ビデオが設置。



DSCF0640.jpg





そして編集して送ってくれました。(^^)


https://www.youtube.com/watch?v=SSdiJmhagNw



みんなありがとう~。(^^)


DSCF0654.jpg




HP作成に悪戦苦闘 ^^;

自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発掘・発信し、

自転車振興と地域活性化を図る目的の新団体の発足に向け、日々いそしんでおります。



瀬戸内の素晴らしさを体験するのも 広くアピールするのも、

自転車が最適のツールだという認識から始まったこの活動。





言葉にすると固い感じになってしまいますが、


早い話、 自転車最高~♪

            瀬戸内最高~♪


という事を内外に発信しようという試みです。









その名も 「瀬戸内サイクルメディア」


自転車を媒体に、瀬戸内の魅力を発信するというコンセプトから命名しました。





サイクリストが自転車を楽しみ、瀬戸内を味わい、

その素晴らしさを共有し拡散することで、

瀬戸内地域の活性化につなげていくのが主な狙い。



そうする事で自転車への理解も深まり、

交通環境など様々な問題改善にも一役担ってしまおうというもの。


自転車教室やメンテ講習など、安全面からもアプローチしていきます。






4月から予定している活動開始に向け、

これまで有志で意見交換会を重ねてきました。



現在、会の骨子はほぼ完成し、最終調整をしているところです。


中でもキモとなるホームページの作成に全力をあげておりますが、

なにせ素人がヨチヨチとりくんでいる始末・・。^^;



作業は七転八倒といった感じですが、

それでも8割がた出来上がってきました。




IMG_0476.jpg




IMG_0477.jpg




来月からの稼働に向けてあと一歩という感じです。

近々公式に発表も出来るでしょう。


御期待下さい。(^^)



鹿島の段々畑を見に行こう~♪

日曜日、久しぶりに呉ポタイベントを行いました。

名付けて 「鹿島の段々畑を見に行こう~♪」




風光明媚ではあるものの、アップダウンが多く補給箇所が極端に少ない倉橋南岸。


加えてトラブル時のエスケープ手段がほとんど無いという事から、

これまでイベントとして企画した事は一度もありませんでした。




が、先般も紹介した第二音戸大橋が完成した事により、

隣接する無料駐車場の利用がとてもしやすくなりました。



その模様は先の妻クリング日記に書いているので、

読まれた方は御存知かと思います。




そう、今回のイベントコースは先日 妻クリングしたコースとほぼ同じ。


坂ダメ、喘息持ちの私の嫁でも走破出来たのですから、

全くの初心者でなければ大丈夫ィ。






当初、完璧雨予報だった天気も奇跡的な超回復。

久しぶりに晴男パワー炸裂か。(笑)



路面は多少濡れていますが、ルンルン気分で集合場所の音戸渡船口へ。


DSCF0532.jpg


参加者は、Bauerさん、toragokkoさん、TOMEさん、そしてテメキン部長。


人数は私を含めて5人という、呉ポタ史上 最も少人数イベントになりましたが、

少人数ならではの小回りを利かせる事が出来ます。


DSCF0533.jpg


まずは音戸の古い町並み散策でスタート。

海岸の国道から一本入るだけでこの雰囲気。


  DSCF0536.jpg


地下道をくぐると、旧音戸大橋のループ下に出ます。

ここは駐車場としてスペースを有効活用。 合理的ですね。


DSCF0537.jpg


昔はここが音戸のメインストリート。

時代を感じさせるモダンな建物もちらほら。


  DSCF0540.jpg


今日は真正ポタリストのテメキン部長が参加という事で、私もミニベロでの参加。

でもテメキン部長いわく、


「あんたが何で来ようが、ペースが違う事に変わりはない。^^;」



いやだなぁ、 心意気ですよ、心意気。(笑)


DSCF0542.jpg


先奥から県道へ入ると、アップダウンが続くローカルコースとなります。

ここは景色がコロコロ変わってホントに楽しい。


DSCF0545.jpg


       DSCF0543.jpg


DSCF0546.jpg


海もすっかり春の様相を帯びてきました。

時々ウグイスも鳴いてます。


DSCF0548改


ホントにいい天気。

冬装備で来たのを 軽く後悔するくらいに気温も上昇中。


DSCF0550.jpg


何度来ても飽きない空間。

ちょっと自転車に慣れてきた程度の人も、押してもいいから是非来て欲しいです。


      DSCF0551.jpg


そのかわり、県道に入ると自販機すら たまにしか無いので、

装備はしっかりと、補給も十分にして下さいね。


DSCF0553.jpg


室尾に抜けて南岸にスイッチ。

春霞かPM2.5なのか、わからん具合に萌えます。(苦笑)


DSCF0554.jpg


ビューポイント、鹿島大橋にて。

北側は雲があって爽やかじゃないですね。^^;


DSCF0558.jpg


橋を渡ると広島県最南端の島、鹿島です。


       DSCF0562.jpg


そして本日の目的地、鹿島の段々畑へ。


  DSCF0563.jpg


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これを積み上げた人たちの息吹が伝わってきますね。


DSCF0567.jpg


そして、記念撮影~ 的。(^^)


DSCF0568.jpg


ところが、いざ帰ろうとした時、私の後輪に神降臨。( ´Д`)

スローパンクの様なので、空気をつぎ足して様子見る事に。



空気ついでる間に、人懐こい猫たちが寄ってきました。

DSCF0572.jpg


犬派らしいけど、何故かモテモテなTOMEさん。(笑)


DSCF0574.jpg


向こうは倉橋島。 

霞んでるけど、光が差して爽快♪


DSCF0576.jpg


鹿島大橋を眼前に絶好のロケーション。


DSCF0578.jpg


再び鹿島大橋を渡って、鹿島に別れを告げます。

海がキレイ。


DSCF0580.jpg


ここから昼食場所の桂が浜までは一本道なので、各々好きなペースで走ってもらいます。

私はテメキン部長とランデブー。


DSCF0584.jpg


真正ポタリストな上に、約3ヶ月ぶりの自転車というテメキン部長。

のんびりペースでも修行モードらしい。^^;


ほら、さっき走った鹿島大橋が眼前に。

部長、景色楽しんでる?(爆)


DSCF0585.jpg


桂が浜に着くと、アレ?

コズミックさんと土ころび夫妻がサプライズ登場。


DSCF0586.jpg


本日の昼食予定場所だった お食事処かず。

何と臨時休業だそうで・・  少人数でヨカッター。(苦笑)


なので桂が浜温泉入口横の 「MATAHARY」 へ。


DSCF0590.jpg


人が多いので土ころび夫妻は遠慮して他へ行っちゃいました。

ありがとう~。一瞬でも来てくれて嬉しかったよ~。


残ったメンバーでワイワイ。


DSCF0588.jpg


レゲェが流れるログハウス風のオシャレな洋食屋さんですが、

海鮮料理も豊富です。


今回はチキンソテー。 中々良い感じです。(๑´ڡ`๑)


DSCF0587.jpg


食後はスローパンクの具合を確認すると、どうにもチューブ交換しなきゃならんらしい。( ´Д`)

タイヤレバーも折れ曲がる勢いの固い脱着に悶絶しながらも、わりと早めに作業終了。


そういえばテメキン部長も集合場所に向かう時に降臨したらしい。

晴れればパンクするという呉ポタジンクスは、人数少なくても有効なようです。^^;




さて、気を取り直して走行再開。


テメキン部長とtoragokkoさんは宇和木トンネルでショートカット。

本隊は南岸をグルっと時計回りに走る豪快なアップダウンコースへ。



こうなるとミニベロで来た事を激しく後悔。(苦笑)

坂に差し掛かる度に失速する感じはフラストレーションがたまります。




ですが途中、サイクリング集団に追いつきます。 中には呉ポタジャージの姿も。


ミクシィの自転車クラブでした。



おかぴょんさん、ムーランさん、ブラエムさんとお馴染みの顔に会えてテンションアップ。

よし@さんもおられたようです。(^^)


DSCF0591.jpg


あちらのメンバーは足並み多彩なようなので、お先に失礼させてもらいます。


が、最後はやはりコズミックさんに千切られ、 遅れついでに写真撮ったりして。(笑)


DSCF0594.jpg


ショートカット組との合流ポイント、和菓子の 「住田屋」へ。

このコースの定番スィーツポイントですね。(^^)


DSCF0596.jpg


今日はコレ。「梅どら」  (๑´ڡ`๑)


DSCF0597.jpg


すぐ横の路地の突き当りは海。

いつもの特等席で頂きます。

DSCF0598.jpg


ここでも猫にモテモテのTOMEさん。

モテ期 到来?(笑)


      DSCF0599.jpg


何か昼から午前中より冷えてきました。 おまけに強風も。

冬装備でよかった~。^^;


DSCF0602.jpg


勝手に通称、「第三音戸小橋」で記念撮影~。


DSCF0605.jpg


冬場は距離短めでも、早めの終了が吉ですね~。


    DSCF0608.jpg


もちろん秘密のビューポイントにも御案内。


ここで解散と相成りました。

皆さん、お疲れ様でした~。

DSCF0609.jpg


そのあと私は広のオカムラサイクルさんに寄りたかったので、

テメキン部長と大入回りで帰路へ。




途中、ポタリングペースで走行する私らの後ろから

一台のロードが追いついてきました。


ハンドサインで追い越しを促すと、何とgancyakuさんではありませんか。


    DSCF0611.jpg


何でも訓練中との事。

話してるうちに一緒にオカムラサイクルへ行く事に。



マリノ大橋手前でテメキン部長とお別れし、

向かい風の中、ミニベロでプチ拷問を受けながら到着。^^;



ちょうど車載で移動してきたTOMEさんとも合流し、

買い物して解散~。




大空山そばを越え、呉越え~神山峠できた~く。

なんだかんだいって色んな人に会えたいい一日でした。(^^)







プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR