タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
ちびっ子公道デビュー

この春、ピカピカの一年生になったばかりの上のお孫ちゃん。


今まで公園や埋立地で自転車の練習をしてきましたが、

随分慣れてきたので いよいよ公道デビューです。




先週末の土曜日。

午前中から下蒲刈へ。



DSCF0982.jpg



いつもイベントの集合場所でお世話になる駐車場にデポ。

島を反時計回りに走りだします。



  DSCF0983.jpg



道路に出るのは初めての孫。 それでも平地ばかりのキレイな道、

車もほとんど来ないので公道デビューには最適。



こういう環境がすぐ近所にあるという幸せ、本当に恵まれてますね。(^^)



DSCF0994.jpg



しかし子供用自転車とはいえ、私の自転車より重いという・・。^^;

大人が50ccバイクを取回すのと同じような感じでしょう。



  DSCF1003.jpg



おまけに島一周なんて距離を走るのも当然初めて。

小さな下蒲刈も、彼女にとっては大冒険の舞台です。



DSCF1008.jpg



「ももへの手紙みたいな ところだね~♪」

正確には御手洗だけど、雰囲気は共通するものがあります。



DSCF1015.jpg



無料で休める庭園、松風園。

ポタリングの休憩には最適です。



DSCF1031.jpg



鯉もたくさんいます。

池の向こうに海というロケーション。



DSCF1030.jpg



行きがけのコンビニで補給食として彼女が選んだのはコレ。

渋すぎるぜ・・。^^;



DSCF1028.jpg



「これがたまらんのよ。(^^)」


小学一年生とは思えんコメントに、将来は酒飲み決定ですか?(苦笑)



DSCF1029.jpg



本日のお昼ごはんは梶ヶ浜のお月さん。



DSCF1036.jpg



彼女にとっては初めて経験する遠乗りといえます。

私と同じ量をぺろりと平らげました。^^;



DSCF1032.jpg



時速10km/hくらいのペースなので、小さいはずの下蒲刈がとっても広く感じます。(笑)



DSCF1042.jpg



こうするとミニベロ2台って感じ。( ´艸`)ププッ



DSCF1052.jpg



遊歩道は比較的に安心出来ますね。



DSCF1055.jpg



公園で遊んだり、とにかく子供のペースに合わせるのが大事。

下蒲刈だけでも1日遊べます。



DSCF1057.jpg



下蒲刈一周するのに2時間かかるという・・。^^;

今後小さな子供を対象としたイベントも考えてるんですが、いい経験になりました。



DSCF1060.jpg



島サイクリングがすっかり気に入った孫。

今度は御手洗周辺と岡村島へ連れて行ってやろうかな~。



DSCF1061.jpg





スポンサーサイト
江の川~三瓶絶景ツーリング
ここのところ一日まともにサイクリングなどしていない私。

ふと思い立って春の江の川に走りに行く事にしました。


他にも色々とやらなければいけない事が山積してるのですが、

まずは息抜きサイクリングでお気楽に。




この時期の三瓶は季節の花々が咲き乱れ、最高のロケーション。

嫁を連れての妻クリングですが、どうせなら二人より賑やかな方がいい。


そこで呉ポタのトピックで呼びかけたところ、数人の道連れが出来ました。(^^)





コースはJR三江線の式敷駅から江の川沿いに北上し、

三瓶周回路を巡って折り返すというもの。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c89681ec31d79c16f46b4837e2f8753a



私は貧脚鈍行の嫁がへばった時に対処する為、

コース途中のJR潮駅にデポして輪行で式敷駅へ移動します。


DSCF1063.jpg



電車に乗り込むと、ひとり輪行している男性がおられました。

この方 三江線沿線の情報に非常に詳しく、色々と為になるお話を伺いましたよ。



中でも三江線は20人以上で貸切臨時列車を運行してくれる事。

使い方によっては色んな特典もあるとか。


これは今後の自転車活動において非常に有益な情報であり、

この一点だけでも輪行して良かった。(^^)



他にも自転車談義で盛り上がり、あっという間に式敷駅に到着。(笑)

朝から素敵な出会いに恵まれテンションが上がります。



DSCF1065.jpg



恵まれたと言えば当日の天気。

当初週間予報では雨模様だったものが、ウソのようなドピーカンです。


やっぱり私、持ってるんですね~。(笑)




・・・こうなると、もうひとつ持ってるものが心配な訳ですが、

 恐れて誰もそのことに触れません。^^;



DSCF1066.jpg



参加者は 街の電気屋さん、白洲次郎さん、くろすけさん、しょうじさん、toragokkoさん、

そしてドタ参のgorikinさんと私ら夫婦の 8名。


皆さん、嫁の鈍足に付き合ってもらってのんびり走行です。



  DSCF1072.jpg



江の川の西側は趣のある風光明媚なルート。

ちょっと路面が悪いところは御愛嬌。



DSCF1073.jpg



気温も爽やかで絶好のロケーション。

晴れて良かった。



DSCF1074.jpg



車なんか、ほとんど通りません。

おしゃべりしながらマッタリサイクリング♪



DSCF1078.jpg



すぐ横には、さっき私らが乗ってきた三江線の線路が。

しかし朝二本、夕方二本しか便が無い為、この時間 電車に会う事は皆無です。



DSCF1077.jpg



JR宇都井駅。

日本で一番高い場所にある高架駅で、地上30m 6階建ての建物に相当します。



DSCF1093.jpg



駅存続の為、地元の方が毎日清掃し、駅もトイレも清潔に保たれています。

が、日本一輪行したくない駅ですね。(笑)



DSCF1096.jpg



ところがここで事件発生!

嫁の自転車が倒れて私の自転車が将棋倒しに。Σ(゚Д゚;


サドルにつけていたドリンクホルダーがポッキリ折れてしまいました。( ´Д‘)



DSCF1097.jpg



バックポケットに入れたツール缶の重みで、若干首がしまりながら走行再開。(苦笑)

でも絶好のロケーションに救われ、テンションあげあげです。



DSCF1101.jpg



終始アクティブモードの くろすけ軍曹。

普段、こんなゆっくり走る事なんて無いですよね?(笑)



DSCF1102.jpg



このコースのひとつの魅力に、川にかかる数々の橋があります。

どれも色も形も違っていて個性的。



  DSCF1108.jpg



道の駅グリーンロード大和で休憩。

貴重なトイレ&補給ポイントです。



DSCF1110.jpg



芝桜がキレイ。

もう二週間早かったら桜が満開だったでしょうね~。



DSCF1112.jpg



自分&橋・・ ing的。



DSCF1114.jpg



コントラスト・・ ステキ橋。



  DSCF1126改



東側の国道375号線は走りやすい快走路です。

川下に下るにつれ、川の表情が変化していくのも楽しみのひとつ。



DSCF1134.jpg



路面状況に合わせて川の西側と東側をスイッチしながら走行。

そう、まさに美味しいとこ取りのコースレイアウトなのです。



  DSCF1139.jpg



ひたすらのどかな田舎情緒あふれる道。

自転車的には最高のコース♪



DSCF1143.jpg



ビューポイント浜原ダム。

これからあの三瓶に上るといふ具合です。



DSCF1145.jpg



今回は静かでしたが、

放水区画がたくさん開いている時は、地鳴りがするほどの迫力ですよ。



DSCF1146.jpg



ウチの嫁のせいで、アップダウンのたびに後続が遅れ気味に。

ペースを合わせてもらってスミマセン。^^;



DSCF1153.jpg



粕淵の町並みが見えてきました。

ここからいよいよ三瓶に向けて登坂です。



DSCF1154.jpg



皆さんには三瓶周回路手前で待ち合わせることにして先行してもらい、

私は嫁と一緒にトロトロ上ります。



20.jpg



ほとんど背中を押しながら、なんとか皆さんと合流。

少し休憩して登坂再開。



DSCF1156.jpg



ここからしばらく10%くらいの坂が断続的に続きます。

またまた皆さんには先行してもらい、嫁の背中を押します。


嫁の背中と私の手のひらに ビィンディングシステムが欲しい・・。(苦笑)



  DSCF1157.jpg



亀の歩みで東の原に到達。

すると眼前に広がる一面の菜の花畑♪



DSCF1161改



数年前にも見た、この景色が見たくてこの企画をしたんです。

嫁も自分の足で上って見るこの風景は一段と格別なハズ。



・・・背中押してもらってだけど。^^;



DSCF1163.jpg



ここまでくれば本日の苦行は ほぼ終わり。

あとは少しのアップダウンを乗り越えればランチタイムです。



DSCF1168.jpg



そして三瓶バーガーに到着~。

お疲れ様、よく頑張りました。(^^)



DSCF1170.jpg



御当地グルメ、三瓶バーガー♪

島根和牛と野菜などをふんだんに盛り込んだ山賊むすび的バーガー。(๑´ڡ`๑)



DSCF1171.jpg



先に着いた街の電気屋さんに注文してもらった為、

皆さんと一緒に食事出来ました。


ありがとうございま~す。(^^)



DSCF1172.jpg



標高が高いので桜がまだ満開だったりします。

下りに備えて重ね着を準備。



  DSCF1174.jpg



上ってきたのだから、周回すれば当然下り。

ダイナミックな快走路を鼻歌まじりに走ります。



  DSCF1177.jpg



三瓶一番の絶景ポイント、西の原に到着~。

いつ来ても爽快です。



DSCF1182.jpg



ユルい走りで足が余りまくっている くろすけ軍曹、

勝手にシクロスタートです。(笑)



DSCF1183.jpg



おいおい、どこまで行くんだ。(爆)



DSCF1186.jpg



人様の冷たい視線も何のその。( ´艸`)ププッ



DSCF1187.jpg



現代のロードバイクはラリーカーです。(嘘)



DSCF1189.jpg


すっかり堪能されたようなのでスタート。(笑)

壮大な景観ともお別れです。



DSCF1194.jpg



周回路から下り始めるところにある三瓶温泉。

ここには足湯があるんですよ~。



DSCF1197.jpg



三瓶温泉を出てすぐtoragokkoさんが迷子に。

そして浜原駅周辺で嫁と街の電気屋さんが迷子になるという珍事がありましたが、


全員無事に合流。



午後の光を受けて川面が光ってます。



DSCF1201.jpg



潮温泉にデポしている私ら夫婦はここで皆さんとお別れ。

嫁の鈍行列車に付き合って頂いてありがとうございました。m(_ _)m


是非また御一緒いたしましょう~。



DSCF1202.jpg



さて、そのあと私と嫁は温泉タ~イム♨

潮温泉大和荘へ。



036.jpg



ここの湯は濁り湯で疲労回復にいいんですよ。

質素だけど好きな温泉です。



032.jpg



ゆっくり温泉に浸かって帰宅。

天気もよく、最高の一日でした。(^^)



・・そういえば天気が良かったのにパンクがゼロだなんて、

 これってタイロンイベント的には稀有な事なんじゃなかろ~か。






あ! ボトルケージ粉砕したわ!(爆)



DSCF1181.jpg



車載中、サイコンリセットしたらしく走行距離のみ。 92.4km




スッキリ!ワイヤー取り回し

私が今回注文して手に入れたモノ。

それは 「ケーブルガイド」 です。



電動システムを除き、ギヤの変速はワイヤーによって行われますが、

フレームのちょうどBBの下でワイヤーを受けているアレです。


DSCF7217.jpg



別に壊れたりして交換する訳ではありません。

これには訳がありまして・・



まずコレが必要になった訳から説明いたしましょう。



普通、ほとんどのスポーツ自転車のワイヤーはこの様な取り回しになっております。



  DSCF0430改



ちょっとわかりにくいかもしれませんが、


前ブレーキのワイヤーは、右手側から出てにあるブレーキの受けへ、

後ろブレーキのワイヤーは、左手側から出てフレームの左側に沿って這わせてあります。


同じ要領で、フロントシフターのワイヤーは、左手側から出てフレームの左側へ、

リアシフターのワイヤーは、右手側から出てフレームの右側へ・・




要するに、取り回しが窮屈 なのです。



窮屈だから抵抗が増え、ワイヤーの引きが重くなり寿命も縮まります。

ヘッド回りのフレームとも干渉しやすく、こすれたり汚れたりしてる人がほとんどじゃないでしょうか。



思えば、私の自転車がノーマルなワイヤー取り回しの状態で写真撮っておくべきでした。

適当な画像が無くてゴメンナサイ。^^;







で、この の窮屈な取り回しを

とする事で、スマートかつスッキリした状態に改善しょうというもの。




まずブレーキですが、

これはノーマルが右手 → 前ブレーキ、左手 → 後ろブレーキであるものを

右手 → 後ろブレーキ、左手 → 前ブレーキとする事で解決します。


この取り回し方法は、ヨーロッパ式と言います。



ヨーロッパ式の利点は、取り回しを自然にするのが目的ですが、

前ブレーキをかけながらリアのシフトチェンジが出来る、という恩恵もあります。


つまりブレーキかけながら、シフトダウンが出来るのです。

これはちょっとした事ですが、なかなか使えます。




デメリットとしては、慣れないと危ないって事でしょうか。


例えば、うちの嫁は原付にも乗るので、前後のブレーキを間違えると危険な為、

ヨーロッパ式にしておりません。





下はブレーキの取り回しのみヨーロッパ式に改造した写真。


右手から出たワイヤーは後ろブレーキへ、

左手から出たワイヤーは前ブレーキへ。


取り回しが自然で、見た目にもスッキリしたのがおわかりでしょう。



DSCF0928.jpg



ハンドルを下げたのに、アウターケーブル調整カットしてないので、

若干長さが持て余してる状態なのは御愛嬌。(苦笑)


さて、上の写真でもわかる通り、シフターワイヤーがシャネルのマークみたいにクロスしています。

これを改善した写真がコチラ。



DSCF0938.jpg


ブレーキもシフターも、左から出たものは右へ、右から出たものは左へ、

自然な流れで抵抗が少なくなっています。


そしてフレームには全然触れていません。

アウターケーブルが長いのは、次回ワイヤー交換する時に改善します。




・・で、このようなシフトケーブルの取り回しをすると、

当然フレーム下のワイヤーはビフォー・・



DSCF0929.jpg



アフター・・ となる訳です。



DSCF0936.jpg



今回は今だかつてない わかりにくい内容となっておりますが・・



みんな着いてきてる?(爆)




さて、気にせずまいりましょう。( ´艸`)ププッ



シフターは前後で構造が違う為、ブレーキのように左右のワイヤーを入れ替えればいい、

という訳にはいきません。


なので今回のような改造をすると、前側の受けが左右逆になる為、

そこからケーブルガイドまでの間でワイヤーがクロスする事になります。

それがアフターの写真ですね。




で、この時問題になるのが、二本のワイヤーがクロスするところで干渉してしまうという事。


金属製のワイヤーなので、大した事では無いとは思いますが、

稼働部分が干渉し合うというのは、単純に気持ちいいものではありません。






そこでやっと登場するのが今回購入したケーブルガイド。


左が新調したモノで、右が純正。



DSCF0932.jpg



もう、おわかりですね。(笑)

この段差の違いが、ワイヤーがクロスする部分のクリアランスを作り出してくれるんです。


これでクロスしたワイヤー同士が干渉する事はありません。



DSCF0935.jpg



ダメ押しの完成画像。

フレームと擦れる事も無く、どこから見てもスッキリ。(笑)



DSCF0939.jpg



ちなみにこのケーブルガイドは、GIANTのクロスバイク ESCAPEに採用されているもの。


東広島のGIANTショップに立ち寄った際に聞いてみたところ、

在庫が無かった為、わざわざ取り寄せてくれたものです。



たかだか200円程度の部品で出来るスッキリ改造。

皆さんもいかがですか?






東広島、桜道中
月曜日、頼んでいたブツが届いたというので午後から東広島へ。


神山峠を超えて郷原インター付近へ差し掛かると、芝桜がもう咲いていました。

桜と芝桜のコラボがステキ・・。



DSCF0892.jpg



いつもこの区間は危険な国道375号線を避けて、黒瀬川沿いを縫うように走るのですが、

ここもいたるところに桜が咲き乱れ・・的。



DSCF0897.jpg



東広島運動公園の歩道の仕切り、何かいいね。(^^)



DSCF0904.jpg



で、その仕切りの内側。

写真の部分だけ見ると、まるで別世界ですね。



DSCF0905.jpg



追い風も手伝って、あっという間に目的地に到着~。

秘密の部品を手に入れ、帰路へ。


何を買ったかは次のブログにて。(笑)



  DSCF0371.jpg



サイウン・・ って知ってます?

太陽の光が雲に反射して虹色に輝く現象。


吉兆の現れとも言われて喜ばれるそうで、彩雲と書きます。



これまで何度か見た事がありますが、こんなにハッキリとしたのは初めて。

写真では伝わりにくいですが、なんかいい事ありそう?(笑)



DSCF0917.jpg



行きが追い風だったって事は、当然帰りは向かい風。

でも何故か全然気になりません。



  DSCF0919.jpg



中山塾で習った登坂のイロハ、ずっと復習してます。

おかげで以前と疲れ方がまったく違う。


まるで調子があがったみたいで楽しい。



DSCF0921.jpg



帰りの神山峠にさしかかるところにも、大きな桜があります。

せっかくなので足を止めて堪能。



  DSCF0922.jpg



そして灰ヶ峰登山道入り口付近に、この時期だけの絶景が。

まるで桃源郷の様です。



DSCF0923改



写真撮る他は一切停まらず、往復二時間半で帰着。

明らかに以前より効率よくなってて嬉しい。(^^)



で、仕事から帰って来た嫁が、今年は全然桜見てない。

見る時間も無いって嘆いてたので、ちょこっと夜桜見物に。



DSCF0943.jpg


呉の二河峡公園の桜は、街灯に照らされてなかなか風流。

そのまま桜を愛でながら川下へ。


武術仲間とよく練習していた公園まで来ました。

街の明かりと相まっていい感じ。



DSCF0969.jpg



で、ここまでで終われば春らしい記事で締めくくれるんですが、

帰り道に立ち寄ったコンビニで、あるモノを衝動買いしてしまいました。



進撃の巨人、台詞バッジ付きラムネ。(爆)


DSCF0971.jpg



もちろん、台詞バッジが目当てなんですが、

これが10種類あってランダムに入ってるらしい。



DSCF0979.jpg



で、今回引き当てたのはコレ。

やっぱコレをつけて、後ろからゴボウ抜きするのが正しい使い方か?(爆)



DSCF0980.jpg



完全に踊らされてますが、買ったのはこれだけではありません。

壁ジオラマ付きチョコフレイク。


くそ~、やるな森永・・。^^;



DSCF0973.jpg



裏側はこう。


いそいそと組み立てて喜んでる自分が悲しい。(苦笑)



「また、つまらんモノを買ってしまった・・」 (五右衛門風w)



DSCF0976.jpg



セブンイレブンで絶賛発売中です。

お好きな方はどうぞ。



そして森永さん、何か下さい。(爆)





本日の走行時間 2:29 走行距離 64.9km 平均速度 26.0km/h 積算距離 14082km



春風ツーキング

桜舞い散る絶好のポタリングシーズン。


毎年この時期は時間を見つけて桜ポタリングとシャレ込んでいるのですが、

今年は新団体の立ち上げその他で忙殺。


ノートパソコンを背負ってジテ通もイヤなので、もっぱら自家用で通勤する毎日。

天気も微妙でなかなか走る時間がとれません。




そんな中、先週は唯一 月曜から火曜にかけてジテ通しました。

復路で桜の名所の黄金山に寄り道。


短い登坂ですが、先日の中山塾の復習には最適。


  DSCF0862.jpg



山頂はちょうど満開の桜。



  DSCF0863.jpg



やわらかな光の中、この時期限定の風景を堪能します。



DSCF0865.jpg



丹那の裏道を通って黄金山橋で海田へ。

陸上自衛隊前も満開の桜並木です。



DSCF0868.jpg



31号、坂のフジグラン向かいの裏道。

ここも桜並木。



DSCF0871.jpg



すぐ先から坂の鯛尾に向かう海岸線へ寄り道。


新しく出来たばかりの遊具がいっぱいの公園。

ここは自転車乗り入れ禁止になっています。



で、何を狙ったのか、その前に自転車ラックがあります。(笑)



DSCF0877.jpg



ちゃんと使えますよ。 

なかなかオシャレです。


でもスポーツ自転車でここに来る意味って・・ ^^;



DSCF0875.jpg



その先の出島(?)も何度も撮った絵になる場所。



DSCF0878改



ここの海岸線は、短いけど瀬戸内の島情緒が味わえます。

対岸の市街地とのミスマッチも、この場所ならではの風流。


さっき上った黄金山が見えます。



DSCF0883改



広島大橋下あたりにある個人宅の立派な桜。

毎年この時期来るのが楽しみな場所のひとつ。



  DSCF0885.jpg



金輪島を対岸に臨むこの場所は、牡蠣いかだを間近に見れるところでもあります。

夜は夜景がキレイでまた違った味わい。



DSCF0887改



天応からは山越えで帰路へ。



前回、中山塾で習ったシッティング時の要領、

実は同じ事がダンシングにも応用出来る事に気づいてウハウハ。(笑)


メチャメチャ速くなった訳じゃないけど、コツの糸口を見つけた感じ。

あとは己を知った適切なペース配分を研究しなくちゃですね。



色々出来るジテ通。

そしてそれが出来る環境に感謝です。(^^)



活動開始

自転車を媒体に地域活性化を目指す新団体、


「瀬戸内サイクルメディア」

いよいよ活動開始の運びとなりました。


http://taironkhsf20.wix.com/setouti







まずは ここに至るまで様々な形で御指導御鞭撻を頂いた、

全ての皆さんに感謝申し上げたいと思います。




私の事をよく知る皆さんにとって耳にタコな話でしょうが、

事ここに至った経緯は、コミュニケーションツールとしての自転車の可能性を強く感じ、

これを活かして地域活性化につなげたいという思いに発展した事。



ぶっちゃけ、自転車を楽しむという事に関して本音を言えば、

数人の気の知れた仲間で気楽に走るのが一番だと思います。




しかし呉ポタコミュを運営した経験は、私にとってかけがえのない財産となりました。


自転車、そして自転車仲間、

瀬戸内という素晴らしいステージ。



これら稀有なる縁に感謝し、恩返しも兼ねて何か出来ないか。


そんな思いが徐々に強まり、新団体設立に至りました。





まだまだ始まったばかりで至らない事もたくさんあるかもしれませんが、

参加される皆さんとともに少しずつ作り上げていけたらと思います。






そして多くの方が、呉ポタはどうなるのか?

という疑問をいだかれると思います。




答えからいうと、呉ポタは今まで通り存在します。



瀬戸内サイクルメディアは確固たる目的を持った団体であり、

現時点で細かな規約を定め、フォーマルな存在を目指しております。



例えば新しいアイディアが浮かんでも、役員会で協議の上 活動に反映する事になります。


なので、思いつきでイベントを組んだり、というのは今後も呉ポタでやっていくつもりです。



もちろん、今まで通りサイクリストのリビングとして気軽に走り仲間を募ったり、

様々なトピックを利用して交流の場として活用して頂ければと思います。




瀬戸内サイクルメディアでは目的を持って活動する事を主眼とし、


呉ポタは気楽な交流の場である事。




それぞれ住み分けはありますが、

どちらも 「楽しむ」 という一点においてテーマは共通しております。



様々な形で参加される方に喜んで頂けるように努力していきますので、

引き続き御指導御鞭撻を頂ければ幸いです。



皆様、今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m







プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR