タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
しまなみエスコートサイクリング

しまなみの南側に行った事の無いというNさんを御案内するサイクリングをしてきました。



待ち合わせは多々羅しまなみ公園。

あっちぃです。^^;



DSCF2259.jpg




まこ(♂)ちゃんの先導でポタポタ走行開始。




DSCF2265.jpg




御一緒するのはNさん、Sさん、Hさん、Aさん。

Aさんはタイヤがバーストして多々羅からレンタサイクルで参加。^^;

こういう事が可能なのも しまなみならではですね。




DSCF2263.jpg




あえていつもは通らない裏道をのんびり進みます。




DSCF2267.jpg




裏道をつないでリモーネに到着。

女性向きのお店とスウィーツは外せません。(笑)




DSCF2268.jpg




またまた裏道でショートカット。

トンネルが涼すぃ~。(^^)




  DSCF2269.jpg




橋の通行料金が7/19から無料になってます。

料金所でいちいち停まらなくていいのは本当に快適。




DSCF2270.jpg




大三島橋を通過して伯方島へ。




  DSCF2272.jpg




道の駅への裏道は、坂をひとつパス出来ます。

造船所のロケーションもグー。




  DSCF2277.jpg




マリンオアシスはかたへ到着。

ここで昼食、そして伯方塩ソフトも別腹でOK。(笑)




DSCF2281.jpg




ここのミスターも、ミニベロには全く役に立ちませんな。^^;




DSCF2280.jpg




南米ペルーの笛を持ち歩いているというAさん。

行く先々で吹いているそうです。 風流でいいですね。




DSCF2282.jpg




自転車のレスキューを奥様にお願いしたというAさんとお別れし、

一同、大島へ向かいます。




DSCF2284.jpg




Nさんの愛車はミケ凪。 うちの嫁さんと同じ。

んで、Sさんは私と同じKHS Fシリーズといふ具合。


何だか親近感わきまくりなんですよ。(^^)




  DSCF2290.jpg




ビューポイントも もちろん押さえていきます。

絶景と夏の雲がいい感じ。




DSCF2293.jpg




アザラシ発見。 (笑)




DSCF2294.jpg




のんびり、ひたすらマッタリと進みます。




DSCF2300.jpg




急流ポイントで まこ(♂)ちゃんのうんちくに耳を傾けるの図。

停まってしゃべったり食べたりしている時間の方が長い具合に激萌えなんですよ。(笑)

DSCF2306.jpg



坂という坂をパスしまくる まこ(♂)ちゃんガイド。

当然女性には大ウケです。(笑)




DSCF2309.jpg




で、本日唯一のヒルクライムで亀老山へ。

まこ(♂)ちゃんは逃走。(笑)




DSCF2310.jpg




亀老山は標高300m弱で、登坂距離も4km程度と手ごろ。

上ってる最中の景観も素晴らしく、山頂にはオシャレな展望台とトイレ、売店まであるのが最高なんです。



とはいえサイクリングの最長距離が70km程度で、ヒルクライムも初めてというNさん。

ムリせず休み休み、時には背中押しながらボチボチ。




DSCF2311.jpg




それでもアドバイスしたらコツを掴むのが早くて感心。

頑張れ、山頂までもう少し。(^^)




DSCF2314.jpg




そしてこの景観。 360度のパノラマ。

これを見せたくて頑張ってもらいました。(^^)


しまなみの橋をこんな角度から見たことないと喜ぶNさん。

当然、御褒美のアイスも忘れません。(笑)




DSCF2323改




ゆっくり気をつけて下山。


このあとNさんとSさんは、馬島からしまなみサイクルエクスプレスで多々羅道の駅までバス輪行。

しまなみサイクルエクスプレスは、輪行袋に入れるか、前輪を外すだけで輪行出来る高速バスなんです。
http://onomichibus.jp/cycle-exp/


で、ここから馬島バス停がある来島海峡大橋まではもう少しなんですが、

思いのほか時間が押して私が帰るフェリーの時間が怪しくなってきました。



来島海峡大橋までのエスコートをHさんに任せ、私はお先に失礼する事に。




忠海フェリーで大三島の盛港から走ってきた私。

来た道を単独引き返すわけですが、 休憩を含めた往路が約4時間半。

復路は約1時間という具合に、写真などある訳も無く・・ (爆)



で、頑張ったんですが、タッチの差でフェリー出航。 ( ´Д`)

次の最終まで1時間半あるので、多々羅しまなみ温泉まで引き換えして入浴タイム。


のんびり汗を流して、最終便で帰りましたとさ。




DSCF2326改



の~んびり。 そして時々頑張る。

これが自転車を長く楽しむコツだと思っています。


御一緒した皆さん、お疲れ様でした~。

そしてまた一緒に楽しみましょう~。(^^)



スポンサーサイト
ハニーキャンプinとびしま

はい、予定通り(?)梅雨明けです。(笑)

久々妻クリングで とびしま海道へ。



DSCF2184.jpg



所用のため大長に立ち寄り。

とってもいい雰囲気。



DSCF2187改



路地・・ と言うと地元の人に 「メイン通りだ」 と訂正されます。(苦笑)



  DSCF2190改



来月の花火大会の日、また訪れるという具合なんですよ。



DSCF2191改



さて、本日のメインゲストがやって来ました。



img50RFAL4I.jpg



滋賀県在住の自転車仲間、戦国ハニーさん。

とびしま海道でキャンプツーリングを楽しむためにいらっしゃいました。(^^)



imgC2BMA0Z1.jpg



大長でたくさんの呉ポタ仲間と一緒にお出迎えです。



DSCF2193.jpg



見どころや写真スポットを紹介しながら、のんびりポタリング。

快晴だけど、暑っちい。



DSCF2194.jpg



今回ハニーさんが使うのは、とびしま自転車愛好会のレンタサイクル。

御自慢のピクニックバックを搭載して軽快に進みます。



DSCF2199.jpg



ハニーさんの日記に度々登場するエコ坊も もちろん一緒です。(^^)



DSCF2200.jpg



今日のとびしま海道は、海面に湿気を多く含む幻想的ロケーション。

四季折々、天気によって表情を変える様を説明しながら、今日の風景を堪能してもらいます。



DSCF2206改



しまなみとはまた違う、とびしまならではの絶景に、エコ坊も満足?



DSCF2211.jpg



豊島大橋からちょっとメインルートを離れ、上蒲刈の農道へ寄り道します。



  DSCF2212.jpg



島の横顔ともいうべき景色を見るには、裏道に入るのが一番なんです。



DSCF2215.jpg



案内されないと出会えないステキ道といふ具合に、

ハニーさんも御満悦の様子。(^^)



DSCF2221改



海岸線に降りると、キャンプ場はもう目の前。



DSCF2228.jpg



本日の宿泊は恋が浜キャンプ場。

各々準備に取り掛かります。



DSCF2230.jpg


DSCF2232.jpg



作業を見守るエコ坊。(^^)



DSCF2231.jpg



いよいよ宴の始まり。

各々持ち寄った食材をシェアしながら、思い思いに楽しみます。



DSCF2235.jpg



日本史に詳しい戦国ハニーさんと土ころびの歴談コラボ。

そのまま歴史対談番組に使えそうな内容です。 いや、ホント。



DSCF2240.jpg



遅れて駆け付けた黄色いレモンさん夫妻によると、すぐ近くの安芸灘大橋は土砂降りだとか。

雨雲レーダーで確認すると、すぐ西側に大きな雨雲の塊が写ってます。


ところが、普通は西から東へ流れる雲が、徐々に西に移動しつつ、数時間後には消滅するという・・。

おそるべし晴れパワー。(笑)


星空こそ見られなかったものの、楽しく語らいながら夜がふけていくのでした。



DSCF2237.jpg



さて、翌朝は早起きして自転車で一旦本土へ。

呉名物メロンパンをハニーさん一行に食べてもらうために買い出しライドです。



DSCF2242改



みんな寝坊して、御一緒してくれたのは くろすけ軍曹のみ。(苦笑)



  DSCF2245.jpg



天気に恵まれた副作用か、久々にパンク。

スローパンクなので空気注ぎながらの走行。



DSCF2246.jpg



で、メロンパンに到着。

リュックに人数分のパンを買って帰還ミッションへ。


エネルギー補給に一個ずつ食べたのは秘密です。(笑)



DSCF2249.jpg



帰りは小坪海岸からのプレッシャーのち引きずり回しの刑に遭いながら、

ミニベロで来た事を軽く後悔する始末。^^;



DSCF2251.jpg



当然、写真などほとんど無い具合に、我、怒りで身体が震え・・ (爆)



DSCF2253.jpg



生還・・ 的。 (笑)



DSCF2255.jpg



さて、実はわたくし、このあと夜勤が待っております。

御手洗観光に向かうハニーさんとはここでお別れ。


是非また来て下さいね~。(^^)



DSCF2256.jpg



ダラダラと撤収作業していると、川中さんたち珍客の登場。

天気と仲間に恵まれた最高のキャンプでした。


このあと仕事が無ければ尚最高だったのに。(苦笑)



imgHQQVA0U8.jpg





とびしま地産グルメツアー♪

7/6 瀬戸内サイクルメディアの記念すべき第一回イベント、

「とびしま地産グルメツアー♪」を開催しました。



このイベントは大崎下島の久比に設けた会場へ 参加者が好きにサイクリングしながら集まり、

地元特産のグルメを堪能しながら、知られざる土地の魅力や環境問題などにも触れて頂こうというもの。




この日の為に関係各位の協力のもと、準備を進めてまいりました。

当日も早朝から会場入りし、お手伝いして下さるスタッフと一緒に作業にとりかかります。



そして私は現地までの案内サイクリングの為、ひとり自転車で下蒲刈へ。

あいにくの曇り空ですが、霞がかって何ともいい雰囲気。




DSCF2076.jpg




今回は各方面からの来場を考えて、 自由にサイクリング、もしくは車などで現地に来てもらうのが主旨ですが、

一緒に走って案内して欲しい参加者の為に、伴走サイクリングを実地しました。




DSCF2079.jpg




遠方から車載や自走で来られた方や、 初めてお会いする方もおられ、本当にありがたい事です。




DSCF2089.jpg




途中、練習中のお仲間と少々の遭遇も。(^^)




  DSCF2093改




天気が微妙なので現地まで直行コース。

大丈夫です。私が一緒の間は降りませんから。(笑)


DSCF2103.jpg




そんなこんなでスムーズに現地到着。

他方面からも続々と参加者が集まっています。




DSCF2112.jpg




今回はSCMの活動を色んな方に知って頂くため、一般参加も公募しました。




DSCF2113.jpg




おもてなしのメインはイノシシ料理です。

玄関先では イノシシの串焼きのいい匂いが来場者を魅了します。




10514979_655121161239433_276561504_n.jpg




地元ならではの特性タレにつけて焼き上げる串焼きは、やわらかく濃厚な味わい。

SCMスタッフは、この日のために予行演習までしたんですよ。




10531241_655121207906095_428405_n.jpg




全て地元の材料を使って作られた 、しし猟師汁。

何と、おかわり自由なんです。(๑´ڡ`๑)




10517019_655121501239399_2002605912_n.jpg   10531266_655121404572742_1997188263_n.jpg




そしてイノシシ肉のチャンチャン焼き風、鉄板焼き、

名付けて「ししチャン焼き」。




DSCF2117.jpg




以前のブログにも書きましたが、とびしまのシシ肉は脂肪分を豊富に含む甘味のある濃厚な味わい。

来場者の皆さんに大いに堪能して頂きます。(^^)




DSCF2110.jpg





今回のメインはイノシシ肉料理ですが、 実は肉に対する経費はかかっておりません。

イノシシ肉に限らず、食肉として販売するには厚生省の認可が必要です。


なので集まった皆さんには参加費を頂いたのですが、

その内わけはイベント開催に関わる諸々の経費と、レクレーション保険料になります。





10531201_655121351239414_1688712725_n.jpg




今回お世話になった 「とびしま自転車愛好会」 のメンバーで、地元猟銃会の土井さん。


材料となるイノシシの調達から解体、 保存から前日の解凍など、

大変な作業を全てひとりで やって頂きました。


土井さんから地元の抱えるイノシシ問題など、貴重なお話もして頂き、

熱心に耳を傾ける参加者の皆さん。




DSCF2119.jpg




そう、今回のイベントの目的は、 いつも自転車で訪れて楽しんでいる とびしま海道の

知られざる実態を知って頂くためだったのです。


こんなに素晴らしいグルメの素材がある事。

そして地域の抱える問題がある事。


良い面はドンドンシェアして頂いて、 困った事は時々思い出して考えて頂く。

たくさんの方がそうする事によって、いつか良い方向に進むかも知れません。


そんなキッカケになれば・・ と思うわけです。







そして当日は参加者の皆さんから色々と差し入れを頂いたりもしましたよ。


お馴染みトレーラーで運んだトシハルさんの燻製、 にいちゃんの寒天ゼリー、 

TITANさんのジュース、芋王さんのノンアルコールビール・・


そして さっちゃんの特大ケーキ!

皆さん、お心遣い本当にありがとうございます。(^◇^)




DSCF2122.jpg




お子ちゃまたちも大いに堪能ちう。  床もチョークでグチャグチャな具合に・・

それ、誰が片づけるか知ってるかい? (苦笑)




DSCF2123.jpg




当日の模様を黄色いレモンさんが動画にしてくれました。

いつもありがとうございます。(^^)










宴もたけなわ状態ですが、いつの間にか雨が降り始め、

参加者の皆さんも三々五々解散・・ 的。


天気がかんばしくない中、多くの方に集まって頂き、本当にありがとうございます。




DSCF2125.jpg




今回のイベント開催に際しては、 イノシシ肉を用意して頂いた土井さんの他、

料理の指導から、材料や機材の調達まで手伝って頂いた国実のお母さん、

普通は地元用で、外部に貸し出す目的で無い施設を会場として使用させて頂いた久比町の皆さん、


事前準備から当日、スタッフとして働いて頂いたSCMと とびしま愛好会のメンバー、



皆さんのありがたい御協力によって成し得たものであると、

心から感謝してやみません。


本当にありがとうございました!m(_ _)m




また、SCMはまだまだ活動を始めたばかりの団体です。

至らない点も多いかと思いますが、 今後もSCMならではの企画をしてまいりますので、

皆さん、どうかよろしくお願いします。




DSCF2126.jpg







プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR