タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
ミニベロミーティング2014

日曜日。 ミニベロミーティングを開催しました。




毎年 呉ポタで行ってきた恒例の名物イベントですが、 

今回から瀬戸内サイクルメディアの公式イベントとしてシリーズ化するものです。



これまでの経験を活かして楽しさはそのままに、フォーマルなイベントとしてステップアップ。

関係各位と調整を重ね、ちゃんと県の許可も頂いております。





当日の天気は抜けるような秋晴れ。

この時点でイベント的には90%成功といえます。(笑)




DSCF2538改




午前中はサイクリング。

下蒲刈の集合場所には徐々に参加者の皆さんが集まってきました。




111.jpg



初心者や女性も含む大集団。

各所にスタッフを配置して のんびりゆったりサイクリングします。




DSCF2526.jpg




途中休憩を挟みながら、一年中で一番いい気候を楽しみます。




DSCF2554.jpg




たっぷりと時間をかけて県民の浜へ到着。

昼食時間を挟んで いよいよミニベロ試乗展示会の開催です。




DSCF2568.jpg




ミニベロとはタイヤの小さな小径車の総称。

そのスタイルの多様性は他のカテゴリーには無いものです。


そんな魅力あふれるミニベロを参加者の皆さんが持ち寄り、

展示だけでなく試乗まで出来てしまう夢のようなイベント。


民間主体のイベントで、このような内容は全国的にも珍しいと思います。




DSCF2579.jpg




今回は更に尾道メイドの凪シリーズで有名なアンデックスブース と、

福山メイドのオリジナル・フルカーボンフレームが特徴のサイクルハートブース も参加!



瀬戸内の誇る二台メーカーに参加頂き、イベントが一層華やかに。(^^)





DSCF2567.jpg




おなじみ私のミニベロうんちくコーナーに加え、 各メーカーの貴重な説明も。

ここでしか聞けない開発秘話などで盛り上がります。




DSCF2571.jpg




その後は いよいよ試乗スタート。

皆さん思い思いのミニベロを堪能されます。




DSCF2573.jpg




会場である県民の浜駐車場は この時期閑散としており、ほぼ貸切状態。

試乗するには十分な広さがあります。




DSCF2585.jpg




外に出て道路を走る時は、ヘルメットなどキチンと装備してスタッフが伴走します。




DSCF2589.jpg




少しの距離ですが、 狭い駐車場内とはまた違った感触が得られます。




  DSCF2592.jpg




ミニベロに限らず自転車って、乗ってみないとわからない魅力や特徴があります。

普段は乗る機会すらない、こんな面白自転車や・・




DSCF2598.jpg




珍しいリカンベントまで・・




DSCF2594.jpg




タイヤよりチェーンリングが大きい自転車。

更に大きい乗り手。(笑)




DSCF2593.jpg




ほほえましい光景や珍風景に あちこちで笑いが絶えません。

まるでテーマパークです。(^^)




DSCF2596.jpg




途中、参加者の他に様々な方が遊びに来てくれましたが、

中でも一番ネタになったのがgancyakuさん。




私のいるところ高確率で晴れるかわりに、パンクや機材トラブルが絶えないという都市伝説があります。(笑)


前日facebookで彼がこのあたりを走るという書き込みを見て、

「近くに来たら破壊光線をお見舞いするわ。」 とコメントしたんですが・・





彼のお連れの自転車が本当にぶっ壊れました!(爆)









変速機が千切れてスポークに干渉、 走行不能になった模様。


しかしイベント中のトラブルに対応する為、最低限の工具は揃ってます。

千切れた変速機はどうにもなりませんが、チェーンを切りつないで適当なギヤに固定。


White Noiseさんと協力してスポーク調整でホイールの振れを最小限に調節し、

なんとか走行可能な状態に修理しました。




破壊 のち ケア。

破壊神は癒しも忘れません。(爆)




10484751_711735342239982_1137558624_n.jpg




そんな感じで大盛況のうちに終了したミニベロミーティング。

50人以上の参加者と過去最高のミニベロ台数で賑わい、無事終了しました。




ミニベロミーティングは展示試乗車を提供して下さる方のミニベロ愛とご好意で成り立っております。

ずっとこのステキなイベントを続けていく為にもマナーを守り、安全第一でいきたいですね。





最後に・・



終始ボランティア精神で働いてくれたSCMスタッフの皆さん。

アンデックス、サイクルハートの各ブースを出して下さった高橋さん、佐藤さん。


影に日向に様々な場面で お気遣い頂いた全ての参加者の皆さん。

遠方からわざわざ駆けつけてくれたお仲間・・。


そしてイベント開催に御尽力頂いた全ての皆さん。




本当にありがとうございました。m(_ _)m







SCMのイベントは常に進化していきます。

今後の運営にご期待下さい。




DSCF2600.jpg





続きを読む
スポンサーサイト
サイクリスト写真展開催中!

AKIMOV展、絶賛開催中な具合なんですよ。




    10670205_10152261897745997_3167948000440995138_n.jpg




AKIMOV’とは、愛すべき自転車仲間の あきちゃんの事です。


去年、彼が言いだしっぺで始めた自転車写真展、

好評につき今年も開催・・ 的。



笑顔でピースしてるのは京都からわざわざ来てくれた自転車仲間、SAMちゃん。

はるばるありがとうございます。 (^^)




IMG_0919.jpg




自転車に乗っている刹那を切り取った写真の数々・・


自転車に乗っているからこそ撮れたフォトグラフ。

自転車に乗っている仲間がいるからこそ分かち合える瞬間・・





そんな宝物のような写真を 我らサイクリストはたくさん持っており、

また、日々そんな宝物を求めてシャッターを押しているのです。



AKIMOV展では、愛すべき自転車仲間が持ち寄った写真を

それぞれ自費で、プロに協力してもらってパネル展示しています。



会場では作品を出展しているスタッフが、毎日交代で在廟。

素敵な笑顔と美味しいコーヒーでもてなしてくれます。



スタッフによっては少々の生演奏も。(^^)




IMG_0920.jpg




今回は仲間が撮った自転車的動画上映も。

これまたプロが編集してるので必見ですよ。(^^)




IMG_0923.jpg




とりあえずあるものから出した去年とは違って、

出展者全員、写真展を意識してこの一年撮りまくってました。


みんなカメラも腕も格段にアップしてます。^^;

それに加えてパソコン上で見るより、プリントしたものはやはり格別。


気に入った作品は早い者勝ちで購入する事もできるんですよ。

あと会場にあるフォトブックの予約も・・。




IMG_0924.jpg




私も出展してますが、 ちゃっかり宣伝も。( ´艸`)ププッ




  IMG_0921.jpg




イベント案内を置いてきましたので、欲しい方はどうぞ。(笑)




IMG_0927.jpg




さて、写真展は来週水曜まで。

是非見に行ってみて下さいね。




     10389411_690116034406612_9161782016072322988_n.jpg





Guda Guda ・・ パン妻クリング

月曜日のこと。

嫁と一緒に東広島にある美味しいパン屋さんまでサイクリングする事に。



前日まで胃腸の調子が悪かった嫁ですが、

朝には復活するという・・


おそるべし、美味しいパンの魅力。(笑)




DSCF2507.jpg




とはいえ、最近ほとんど自転車に乗って無い嫁の為に、

黒瀬まで車載で行きます。


グリーンヒル郷原に駐車しようと思ってましたが、なんと休園日。( ´Д`)

仕方なく二級峡トンネルの少し上の空き地(元道路)にデポ。


思えばこれがケチの付き始めでありました。(苦笑)




いそいそと車から自転車をおろして展開。

準備万端、さぁ出発・・  という段になって、ヘルメットを忘れた ことに気づきます。orz...



普通ならこの時点で取りに帰るか中止にするところですが、

幸い本日のコースは ほとんど田んぼのあぜ道や河川敷ばかり。


手拭いをバンダナ代わりに頭に巻き、 車で使っているサングラスを嫁に提供します。

ウェアは揃いの旧呉ポタジャージで決めてるのに・・。(苦笑)




DSCF2486.jpg




ヘルメットを忘れたという事は、いつもセットにしているサングラスとグローブも忘れたわけです。


車にいつも乗せている軍手をグローブ代わりに装着。

・・妙に呉ポタジャージとカラーがマッチしているのが腹立たしい。(爆)


嫁は ちゃっかりグローブだけ持ってきてます。《゚Д゚》




DSCF2485.jpg




昼過ぎの遅いスタートですが、 爽やかな秋空のロケーションに癒されます。

メットが無いので、ママチャリペースでポタポタ。




DSCF2482.jpg




稲穂も実っていい香りが漂います。

春先に多い羽虫もいなくて快適。




DSCF2490.jpg




道を知らない人は、路肩が狭く交通量の多い国道375号線を延々走ってしまうこのコース。

裏道を駆使すれば、こんなのどかな道だけで東広島まで行けるんです。




DSCF2492.jpg




コスモスや彼岸花が目にも優しい田舎道。

途中には ゆめタウンやショージなどのスーパーもあり、補給やトイレもバッチリです。




DSCF2493.jpg




途中、何度か国道をまたぎますが、 車も少なくほとんど平坦路。

まさにサイクリングする為に用意されたような道。(^^)




DSCF2496.jpg




広大そばの道は広い歩道に自転車レーンが切ってあり、ノーヘルでも問題なし。

ここまで来れば目的地まであとわずか。




DSCF2499.jpg




というわけで到着しました~。ヽ(´▽`)/

美味しいと評判のラパン。  いやがおうにもテンション上がります♫




DSCF2500.jpg











 ・・ところが!










DSCF2501.jpg








    ・・・・・・・

       ・・・・・・・・





ガックリとうなだれる嫁。 (苦笑)


 ・・いや、私もなんですけど。 (=_=)




DSCF2502.jpg




仕方なく帰路へ。


すぐ近くのGIANTショップに立ち寄り、しばし談笑。

その後、前から気になっていたパスタとcafeのお店へ。





DSCF2505.jpg




グッドスピードの ゆめタウン寄りにあるパスタ・アマーレ。

スウィーツセットでご機嫌を取り戻す夫婦。(笑)




DSCF2504.jpg




帰りはゆるい下り基調に加え、 往路はいなかった羽虫に悩まされてペースアップ! ^^;

日没までに無事デポ地に帰還しました。




DSCF2508.jpg




まさかの休園でデポ地変更、 ヘルメットを忘れ、 お目当てのパン屋は休み・・ 

帰りは羽虫と花粉症にやられて、 まさにグダグダのサイクリング・・ ( ´Д`)


それでも何か楽しかった。 そんな一日。





おいしいパンでシチューを食べるつもりだった嫁。

あきらめきれずに晩飯はシチューでした。(爆)



似島探索

晴れ、ジテ通帰り道。

前から気になっていた似島へ行ってきました。



似島は広島湾に浮かぶ島で、宇品港からフェリーで20分という近場にありますが、

臨海学校などの行事に使われる他は、釣り人しか来ないような、

ハッキリ言って何もない島です。



私も家族と海水プールに来た事がある他は訪れた事も無く、

一度一周してみたいと思っていました。




フェリーにゆられ、到着したのは学園前桟橋。

似島の港は西側の似島港がメインですが、一日数便 東側の学園前桟橋にも停泊します。


今回はあえてこちらから上陸。




IMG_0802.jpg




というのも、島を東から西へと横断する通学路があるんですが、

これを探索してから島を一周しようという魂胆。


少年自然の家の先から右折して山道に入ります。




  IMG_0791.jpg




↑御覧の通りの車は通れない人道。 おまけに急斜面です。

とはいえ、100mほど上るとすぐに下りに。


いちいち案内看板が出ているので迷う事はありませんが、

あくまで東西の近道って感じで、サイクリング向けの道ではないです。^^;




  IMG_0792.jpg




島の西側に出たら似島港。

そこから時計回りに島を周回します。




IMG_0793.jpg




すぐに車は通行困難になり、 先は通行止めになっています。

自転車と歩行者はOK。




IMG_0794.jpg




対岸は広島市。

ここも広島市南区ですが、アウェー感が素晴らしいです。




IMG_0797改




路面はお世辞にも良いとは言えず、 段差や浮砂などが多い上、

ところどころガードレールの無い場所もあります。



でも親子でサイクリングするにはとてもいい環境。

悪い路面は逆にサインや安全啓発の習得機会になりますし、

何といっても車がほとんど来ないのが最高です。




IMG_0800.jpg




島の北側を半周して、最初に降り立った学園前桟橋を再び通りすぎると、

少年自然の家があります。


ここは子供向けの流れるプールが夏でも込み合わない穴場なんです。



しかもグラウンドをグルッとまわる広い舗装路があるので、

まだ自転車に慣れてないお子さんのトレーニングには持って来い。




IMG_0813.jpg




自販機やトイレ、 自転車に飽きたらアスレチックで遊べます。

まだ自転車に慣れてないお子さんは、学園前桟橋発着でここを利用するのもいいですね。




IMG_0811.jpg




さて、続いて島を時計回りに南側を探索します。

防波堤の継ぎ目から見えた 味のある係留地にちょっと寄り道。




IMG_0816改




似島といえば、日清戦争以降 軍事目的で利用された経緯があり、

原爆投下後は被爆者の介護地として使用され、

おびただしい数の亡骸を火葬または土葬したという暗い歴史の側面があります。




IMG_0819.jpg




平成に入ってからも多数の無縁仏が発掘されたり、

幼い頃から当たり前のように原爆教育を受けて来た広島県人としては、


気持ちとして何となく足が遠のく・・

それが似島を広島から近くて遠い島にしている所以でもあります。



同じ様に軍事目的で使用され、現在はウサギの楽園となっているリゾートアイランド大久野島と、

島の規模といい、 どこかかぶる印象がありますね。




IMG_0820.jpg




でも実際に走ってみると、実にいい雰囲気です。


大久野島、 三原の佐木島と規模が同じくらいで、 どこか共通点もあるのですが、

ひとつの島でこれだけ表情が変わるのも珍しい感じです。




IMG_0821改




アップダウンも多少ありますが、 子供でも十分に走破出来るレベル。

別に押して歩いたっていいと思います。




IMG_0829.jpg




注意しなければならないのは、 補給とトイレが出来るのは似島港と少年自然の家近辺のみという事。

簡単なキズ薬やパンク対策はしっかりとして行く事です。


主なレスキュー施設は似島港近辺の消防署や商店しかありませんので、

何が利用出来るのか調べておく事も重要です。




  IMG_0832.jpg





徒歩での安芸小富士登頂や、謎のトンネルとか興味が尽きないスポットも点在。

是非、親子で一日かけて楽しんで頂きたいと思います。




IMG_0831.jpg




実は今回の探索目的は、 広島市在住の親子で楽しめるサイクリングステージの開発がひとつ。

もうひとつはSCMで進めている秘密の企画の下調べです。


似島。 どちらにとっても思っていた以上のステージでした。

今度は実際にうちの家族を連れて行ってみようと思います。



下蒲刈も、八木の河川敷も遠いと思われている広島在住の小さなお子さんをお持ちの皆さん。

似島、是非おススメですよ♪




IMG_0837.jpg






最後にオマケ。

似島港にいるネコちゃんたちと、 特徴ある喫茶店。(笑)




IMG_0834.jpg

IMG_0836.jpg



参考サイト

http://www.ninoshimakisen.jp/modules/contents/index.php/cycling.html






ZERO, しまなみチャリティーライド

一日という区切りはあるけれども、 本当は時間の流れって脈々と続いている訳で・・

日々これ色々ある訳で・・



そんな色々、諸々、様々・・  こなしつつ怒涛の週末に突入・・ 的。 (笑)





土曜日は恒例の ひろしまサイクリスト大納涼会


今回もたくさんの自転車仲間とともに楽しい語らいの時を過ごし、

有意義な情報交換も含め、大いに交流させて頂きましたよ~。


毎年このような会が持てるのは、とりまとめの土ころびさん始め、

協力して下さる自転車仲間の皆さんのおかげなのです。




10359542_1462423447375781_602755640571538309_n.jpg




もちろん、滝川師匠による 魁男塾 も熱烈開催。(笑)

毎度の事ながら圧倒されてきました。(爆)




takki.jpg




参加された皆さん、熱く、楽しいひと時をありがとうございます。

またよろしくお願いします。m(__)m







そんな充実した納涼会ですが、 ビールを飲んだのは三杯だけ。

あとはずっとノンアルコールで自粛しておりました。



理由は やまもも兄ィから 「翌朝6:50岡村港から乗船!」 の詔が発令された為。(笑)

暗いうちから車載で出発し、仁方駅にデポして走り出します。



仁方駅はホームから降りたらすぐに車。

天気予報が微妙だったので、ヤバくなったらフェリー&輪行でエスケープする作戦です。




DSCF2367.jpg




白々と明け始めた とびしま海道をのんびり走ります。


実は、8月の月間走行距離は何と160km! 7月も300kmちょっとという、

自転車人生始まって以来の最短記録更新という始末。


走力の衰えっぷりは想像以上です。^^;




DSCF2368.jpg




でもこんな時がむしゃらにペダルを回しても、 現状通りの結果しか出ないのです。

焦っても楽しくないばかりでなく、悪くすればケガや故障に繋がります。


体と頭は一番好調な時を覚えていますから、無意識に負荷をかけそうになります。

ここはリハビリライドと割り切ってのんびりサイクリングする事に。




DSCF2383.jpg




岡村港に到着して切符を買っていると、やまもも兄ィ登場。




DSCF2384.jpg




何か装備が色々あって、サイボーグ的。

多分、相手の戦闘力がわかったりするんですよ。(笑)




  DSCF2386.jpg




あっという間に今治へ。

このあとこの橋を渡るという具合。




DSCF2396.jpg




これから私らが走る方向は微妙ながら青空も広がってるんですが、

四国側はヤバい雲が広がってます。


石鎚山ヒルクライムに参加してる たけっちさん、

あの雲の下にいるのかぁ~。  



南無阿弥陀仏・・ といふしかないだろ。(爆)




  DSCF2404.jpg




こちらはスッキリしない天気ではありますが、雨の心配は無さそう。

夏はどこへ? すっかり爽やかな秋ですね。




DSCF2409.jpg




いつもスロースターターな やまもも兄ィ。

序盤のゆるゆるペースに安心してると、後半引きずり回しの刑に合うんですよ。(苦笑)


it,s やまもも対策 その1 (笑)




  DSCF2411.jpg




「あそこにある灯台がいい感じでね~、

 灯台マニアにはたまらんのですよ~。」


 へぇ~。 でも道が見えませんケド?




DSCF2412.jpg




という訳で馬島へ。




DSCF2414.jpg




来島海峡大橋の真ん中にある馬島は、橋からエレベーターで降りられます。

オートバイも乗れるんですよ。




DSCF2417.jpg




おお~、初めて降りた。(^^)




DSCF2421.jpg




まずは上る道があったのでとりあえず登頂。

でもこれは高速道への車道でした。




DSCF2422.jpg




行き止まりの先に灯台が見えますね。

でも今回ここはお目当てでは無い模様。(笑)




DSCF2427.jpg




under the bridge・・ という具合。




  DSCF2428.jpg




トンネル・・ ing




DSCF2430.jpg




舗装路は全て探索しました。 舗装路は。





おもむろに 「ちょっと見て来る」 とやまもも兄ィ。

けもの道へ躊躇無く突入・・ 的。




DSCF2448.jpg




やまもも兄ィとツーリングするなら、クリートカバーは必須アイテムです。

it,s やまもも対策 その2 (笑)




DSCF2452.jpg




少々の担ぎは当たり前。^^;




  a0178.jpg




現代のロードバイクはラリーカーなんですよ、実際。(笑)




    a0163.jpg




着きました。 ひとりでは・・

いや、他の誰とも絶対来ない場所へ。(爆)




  DSCF2444.jpg




「ここに自転車で来るヤツは、そうおらん(メッタにいない)でぇ~。(^^)」

メッチャ嬉しそうです。(笑)




DSCF2435.jpg




「お、自転車ラックもあるじゃん♪」


  ・・・ ・・・ シュールだ。 ^^;




DSCF2440改




小さな小さな馬島に、一時間以上滞在。

やまももワールドを存分に堪能します。(^^)



ちなみにハンドルにつけているのは輪行袋です。

変幻自在な自転車旅を得意とする やまもも兄ィと同行するなら、これもまた必需品。




it,s やまもも対策 その3 (笑)




DSCF2451.jpg




大島西岸を快走。 曇り予報に反してメッチャ晴れてきました。(^^)




DSCF2454.jpg




すっかり脚が弱まりきっている私。

やまもも兄ィも長雨で走れて無いらしく、優しい走りで命拾い。^^;




  DSCF2455.jpg




で、到着したのは多々羅しまなみ公園。


本日は冒険クラブZEROのチャリティーライド、

たくさんのお仲間が集まっています。




DSCF2458.jpg




主催者のkomaさん、ラジボーさん夫妻が募金箱を手に、

東北震災その他の災害に対する復興支援募金を募るイベントなんです。




DSCF2457.jpg




募金をした人には、ラジボーさんお手製のリストバンドを頂けます。

こういう心遣い、絆が強まっていいですね。(^^)




DSCF2456.jpg




それにしても、本日の我がイデタチはKABAジャージ。

ほとんどの人が最初 私と気づかん具合に・・


南無阿弥陀仏・・  といふしかないだろ。(笑)




c0301238_23103778.jpg




で、お約束の集合写真。 (^^)




DSCF2461.jpg




そのあとはみんなで大山祇神社方面に移動。

分散して食事という恒例のパターン。




DSCF2462.jpg




楽しいんだけど、久しぶりのロング。

この時点で実は けっこうお腹一杯だった私。


しかしそのまま大三島一周する本隊に何故か同行する事に。


ノーと言えない日本人、タイロン・・ ^^;





まぁ、結果は当然ボロボロ。 

ヒィヒィ言いながら走行したあげく、リモーネでたくさんのフレンドさんと合流したにもかかわらず、

写真が全く無いという・・。(苦笑)









た、体力の限界っ!(>_<)

それを補う気力も尽きっ・・ (☍д⁰)
ブワッ!





と、komaさんに訴えて、すぐ近くの盛港からフェリーで離脱宣言。^^;










やまもも兄ィにも同様に離脱の旨を伝えたところ・・





  get_image[1]







・・ハイ、 ノーと言えない日本人、タイロンです。(爆)




本隊について尾道方面に向かいますが、 

参加者の皆さんにドンドン追い越される始末。 orz...



スンマセン、 ホント生きててスンマセン。 ^^;




DSCF2465.jpg




途中、ドルチェでジェラードなんかも食べたんですが、写真などねぇです。

そして足の終わった私が何故か集団を曳くという。 ^^;




  DSCF2467.jpg




しかし、ちょっとした上りで足攣って終了~♪ \(;o;)/オワタ!

何とかだましだまし走りつづけたものの、 皆さん足引っ張ってスンマセン。


ホント、生きててスンマセン。(爆)




DSCF2470.jpg




何とか尾道まで生還。

体力は全然残っているのに、足が残って無いという、複雑なフィニッシュ。(苦笑)




やまもも兄ィ おすすめのお店で美味しいカレーを頂きリフレッシュしたのち、

私のリクエストで超レアな場所に連れて行ってもらいました。




DSCF2471.jpg




教えられないと絶対わからないであろう場所にある寿湯。

やまもも兄ィのブログで見てから、是非来たかったんですよね~。




DSCF2473.jpg




昭和な香りのプンプンする銭湯、 いや、渋いわ。(^^)



レトロな雰囲気を大喜びしてる私らを見て嬉しくなった親父さん、

シャンプー・リンス・ボディソープを無料で貸してくれ、

おまけにカフェオレとミカンまでサービスしてくれました。



絶対400円じゃ割に合わんぞ。^^;




DSCF2474.jpg




いつの間にかチャッカリ着替えを用意していた やまもも兄ィ。

向島まで車で来てた い~さんに預けてたんですって。


it,s やまもも対策 その4が必要だったとわ! ^^;




  DSCF2476.jpg




ハッキリ言って待ち時間や乗換を考えると、自走しても大して時間が変わらない輪行。

しかし今日の私には、とても心強い味方となりました。 ^^;



思えば丸一日 自転車に乗ったのは何と久しぶりでしょう。

やまももさん、御一緒した皆さん、ありがとうございました。




DSCF2479.jpg




本日の走行時間 6:22 走行距離 146.6km 平均速度 22.9km/h 積算距離 15737km




やまももさん撮影の動画






プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR