タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集まれ!けんぐぅジャージ☆
自転車仲間であり、様々なチームジャージなどのデザインでお世話になっている けんぐぅさん。

そんな彼がある日ポツリと言いました。




「ボク、一度でいいから自分がデザインした全てのジャージを集めてサイクリングしたいんですよね~。」





ならばやりましょう! というのが今回の企画。(笑)


お仲間を集めてのお気楽イベントなので、呉ポタリング倶楽部で呼びかけました。





DSCF3489.jpg





呉ポタリング倶楽部には、メインに所属するチームやショップの垣根を越え、

様々なお仲間が集っています。


けんぐぅさんがデザインしてきたジャージのチームは全て在籍されているという具合です。








ステージは広島近隣のサイクリストが集まりやすい江田島。


当初都合がつかない人続出で延期も危ぶまれたのですが、

フタを開けてみれば、20人の参加者が集まりました。(^^)




DSCF3475.jpg




天気にも恵まれ、小春日和で絶好のサイクリングコンディション♪




DSCF3481.jpg




何故か今回もバイクサポートの ぐんじさん。

こういう参加の仕方もありです。(笑)




DSCF3477.jpg




一同、軽快に走って しびれ峠へ。

けんぐぅさん念願のオリジナルジャージ大集合の巻。(^^)




DSCF3504.jpg




まずは彼が役員を務める「TEAM KABA」ジャージ。

レーシングチームらしく、赤を基調とした攻撃的なデザインです。


ひとチームの中のバリエーションは、最も多いんですよ。




  DSCF3505.jpg




お次は大門のヘンタイ、川中さんが率いる 「ゆるサイクリング」ジャージ。


本人は ユルいサイクリングをするポタ派サークルと言ってますが、

実際には ゆっくり走るのを ゆるさない サークルだという噂も・・。 ( ´艸`)ププッ




  DSCF3508.jpg




そして今は管理者不在につき、幻のサークルとなってしまった nemui de Gas! ジャージ。


呉ポタより古くから存在し、そのほとんどが現在 呉ポタのメンバーでもあります。




  DSCF3506.jpg




そして御存知 「呉ポタ」ジャージ。

冬用ウィンドブレイクジャケットを着て来てくれた皆さん、さぞかし暑かったことでしょう。(笑)




DSCF3509.jpg




チームなど関係なく、個人的でオシャレに着こなすための 「Happy Life」 ジャージ。

女性にも好評で、 夫婦や家族でのサイクリングにも最適な一品です。




  DSCF3507.jpg




けんぐぅデザインはジャージだけではありません。

呉ポタや広島サイクリストTシャツなど、数種を手掛けます。




  DSCF3499.jpg




そしてこれらは・・・

けんぐぅデザインでは無い、アナザージャージ衆。(笑)


自転車乗りはみんな仲間です。(^^)




DSCF3511.jpg




それぞれのジャージには、それぞれの想いが込められ、

ひとつひとつ開発秘話があります。


各ジャージに袖を通す時、チームコンセプトや連帯感を感じるのはそのためです。

そして少しばかりの責任感も忘れずに。(^^)




DSCF3512.jpg




昼食はお馴染み合正ガーデン。

すでにクリスマスバージョンとなっておりました。(笑)




  DSCF3520.jpg




やはり名物あなご丼が一番人気。

フタなど全く意味の無いこのボリューム(笑)




10730816_775695715800416_7416209203656206535_n.jpg




このテーブルは全部あなご丼コーナー。


食べきれない人のためにハーフサイズもあります。

それでもスゴイボリュームですが。^^;




64272_775695649133756_6870376788416668976_n.jpg




食後は大門のヘンタイの登坂ショー。


合正ガーデンは激坂にあります。

ここを無意味に上まで上る人はそういません。(笑)




DSCF3532.jpg




「おばあちゃん、あの人ナニ?」

「シッ! 目を合わせちゃいけません!」 (爆)




  DSCF3534.jpg




まぁ、マジな話、上ればこの展望です。

上った人だけが見れる景色なんですよ。




DSCF3535.jpg




路面が濡れて危ないので、下りはソッと歩いて降ります。

上から見ると、まるでスキージャンプ台の様。^^;




DSCF3536.jpg




余興で盛り上がった(笑)あとは沖美方面へ。

この時期にしてはポカポカ陽気で本当に気持ちイイ!(~o~)




DSCF3538.jpg




向こうには宮島を望みます。

遠くには潜水艦も。




DSCF3540.jpg




サンビーチ沖美でマッタリ休憩。

暖かな気候に根が生えます。(笑)




DSCF3542.jpg




ここ数年、忙しすぎて自転車に乗れてない けんぐぅさん。

今年のこれまでの年間走行距離は400kmだとか。 ^^;


すっかりお疲れモードです。(苦笑)




DSCF3543.jpg




なのに何故か気がつくと集団の先頭を曳いているという・・ 

妙なスパイラルにハマってる姿に激萌えしつつサイクリング続行。(笑)




DSCF3548.jpg




撮る人を撮るシリーズ。(笑)




DSCF3544.jpg




岡大王の船の墓場のあたりで、omotyan、Harapekoさんの極悪トレインに遭遇。

お久しぶりサプライズを喜ぶ間もなく、すぐに見えなくなってしまいました。(笑)




DSCF3551.jpg




中町港で休憩を挟んだあと、再び術科学校の塀沿いを通って帰路へ。

今日は自由走行なので、前に後ろに移動しながら撮影・・ 的。




DSCF3555.jpg




青少年の家で最後の休憩。

バテバテの けんぐぅさんと、楽しく談笑する皆さんの温度差に萌えます。(笑)




DSCF3560.jpg




行きも通った大須海岸は、江田島でも一二を争うロケーションの良さです。

心地よい午後の日差しを受けながらのんびり快走。




DSCF3561.jpg




このメンバーで先頭をマッタリ流してたんですが、


大門のヘンタイが単身追い上げてきてるのが見えたので

コズミックさんとエマージェンシートレインを組んで切串港まで逃げ切り。(笑)



呉ポタらしいお遊びもありつつ楽しくゴール。

あ、飛ばしても当然、サインやマナーは忘れませんよ。




DSCF3569.jpg




そしてまたもや広島行きのフェリーが目の前にいるという・・ (苦笑)

広島組とはあわただしくお別れ。







ちなみに安佐南区在住、絶対安心しんがり班長のブラエムさんは、 


 「まだ早いから・・」

という訳のわからない理由で陸路で帰路へ。


ここからまだ少なくとも、120kmはあるんですケド・・。(爆)




DSCF3486.jpg




一方、船便の違う呉ポー組とは楽しく語らいながら天応へ。

皆さんとお別れし、満身創痍の けんぐぅさんを曳いて呉へ帰ります。






実は久しぶりの自転車でお疲れの様子だったので、

無理をしないで距離の短い小用~呉フェリーで帰宅することを提案していた私。


それでも自分をネタにしたイベントで、本人が抜けるわけにいかないと

最後まで走りきった けんぐぅさん。


こういうところが几帳面で義理堅い彼の性格を物語っています。






でも、さすがに港までは車載で来れば良かったと後悔しながらの帰路。(苦笑)

沖美でも見た潜水艦が目の前を行く美しい夕焼けに足を止めます。




  DSCF3577.jpg




更にその先で BioGaiaレッスンを終えた帰りの あきちゃんと遭遇。

実は私は行きもすれ違ってました。


嬉しい出会いにしばし談笑。




DSCF3580.jpg




ひとりのデザイナーを軸にたくさんの仲間が集い、出会い、

それぞれのチーム、サークルの広がりと関わりを改めて感じた一日でした。


今回都合が悪くて来れなかった人も、とても参加したかったと思います。



また機会があったら是非やりたいテーマですね。(^^)





けんぐぅさん、 参加された皆さん、お疲れ様でした。

またお会いしましょう~♪ \(^o^)/







スポンサーサイト
飲酒運転ゼロプロジェクトサイクリングinかきしま☆彡

土曜日。

SCM主催、飲酒運転ゼロプロジェクトサイクリングを開催しました。


舞台はかきしま海道。 江田島 切串港スタートです。




  IMG_1082.jpg




飲酒運転による悲しい事故が無くなるように・・

我々サイクリストも何か出来ないか。


そんな思いからスタートした企画。




同じ啓発活動をするなら、サイクリストらしくサイクリングを通じて楽しくアピールしたい。

それが今回のイベントコンセプトです。




10810_627156664055708_2988704636324254429_n.jpg




中国新聞さん制作の 「誓いのリストバンド」 を参加者の皆さんに配布。

今日一日これをつけて心をひとつにサイクリングします。



当日はイベント主旨に共感いただいた40人の方に参加して頂き、

サイクリング前のセレモニーでは中国新聞、そして飲酒運転ゼロprojectのきっかけになった

故・三浦伊織君のお母さんの三浦由美子さんから頂いたメッセージを読み上げ、

参加者一同、誓いを新たにしました。





DSCF3370.jpg




さて、テーマは重いですが、 サイクリングは楽しく軽やかにスタートです。

切串港から島を時計回りに走行して しびれ峠へ。


ここでお約束の集合写真。

今日は逆光を避けたアングルです。




DSCF3376.jpg




今回一番珍しかった自転車がコレ。


マツダコラボの凪なんて初めて見ました。

是非来年のミニベロミーティングに来て頂きたいですね。(^^)




DSCF3372.jpg




初めての方が多かった割にはスムーズに進行。

タイムスケジュール的にも余裕が生まれます。




DSCF3377.jpg




スタッフのポイントマンを兼ねた伴走は、うちのイベント独自の工夫。


今回はサポートカーとサポートバイクも伴走しているので、

安心感が大きいのです。




DSCF3378.jpg




第二音戸大橋パーキングの 「ひまねきテラス」 で食事休憩。

サイクリストジャック状態です。(笑)




110.jpg




二階のテラスからの展望は最高♪

けっこうな人数も入れますよ。(^^)




DSCF3381.jpg

DSCF3382.jpg




ここの名物は音戸ちりめんを使った 「じゃこ飯丼」。

今回は釜揚げじゃこ丼を頂きます♪




DSCF3379.jpg




サイクリングイベントで音戸周辺を昼食場所にする事ってあまりないと思うんです。

でもここの他にもいくつか食事ポイントがありますし、

特に広島方面の方は来る機会が少ないポイントでもあります。


なので是非イベントで紹介したかったんですね。




DSCF3386.jpg




食後は第二音戸大橋を渡り、 いったん本土側へ。




  DSCF3388.jpg




日本一短い定期航路、「音戸渡船」へ御案内。




DSCF3390.jpg




自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信するのがSCMの本髄。

存続が危ぶまれているこのステキ航路も応援しています。




DSCF3391.jpg




サイクリングの足休めにも丁度いいんです。

お立ち寄りの際は是非御利用下さい。




DSCF3392.jpg




続いて音戸の古い町並みを案内します。


海沿いの県道を通過するのもいいんですが、

時にはこんな情緒ある寄り道はいかがでしょう。


実は工事中の表道路をうまく迂回出来て一石二鳥だったり。(*´艸`*)




  DSCF3393.jpg




波多見~先奥と海岸線を走行して藤脇の「住田屋」さんへ。

ここの和菓子は絶品ですよ。


色んな種類があるので、来るたびに違うモノをお試しあれ。




DSCF3397.jpg




その後は再び江田島に戻り、ショートカット組と本隊、二手に別れて走行します。




DSCF3399.jpg




スタッフの尽力、そして参加者の皆さんもマナーよく走行頂いたので、 

本当にスムースに進んで気持ちがいい。




DSCF3402.jpg




ロケーションのいい大須海岸をまわれば、

ゴールの切串港はあとわずかです。




  DSCF3407.jpg




ところがここで珍事が。


スムースに進行しすぎて、予定より速く港に到着。

そして広島行きのフェリーが目の前にいるという・・ (苦笑)



最後にイベント終了挨拶、そして集合写真など考えておりましたが、

この便を逃せば、広島港行きは1時間以上先になるので乗って頂くことに。





仕方なく広島便に乗船したスタッフ堀さんに挨拶の代役をお願いし、

呉ポートピア組も船待ち引上げと相成りました。





DSCF3412.jpg




というわけでイベントに参加された皆さん、挨拶も出来ず尻切れとんぼになってしまいましたが、

お疲れ様でした。 そして参加して頂きありがとうございました。


きっと伊織君も我々と一緒にサイクリングを楽しんでくれたことでしょう。



今後、誓いのリングは常につけて下さいとは言いません。

気持ちが向いた時につけて下さい。


少しずつムリなく意識が浸透していくお役に立てればというのが我々の願いです。



そして今日初めて出会った道や景色があれば、是非広めて下さい。

集団走行のノウハウも、新たな出会いとともに広がっていけばと思います。



全てを楽しみのうちに、ムリなく・・

これが瀬戸内サイクルメディアのスタンスです。


今後も色んな企画をしていきますので、機会があれば是非楽しんで下さいね。





そして企画運営全てにおいてお世話になったボランティアスタッフの皆さん。

今回もありがとうございました。


今後も企画が次々とありますが、引き続きよろしくお願いします。

我々も楽しんでまいりましょう~。ヽ(´▽`)/




DSCF3414.jpg




イベント直前、江田島試走

木曜日。

10日後に迫った 「飲酒運転ゼロプロジェクトサイクリングinかきしま☆彡」 の試走をしてきました。




舞台は江田島・倉橋島。

私が企画する走行イベントは、必ず直前に試走を行います。



当日のタイムスケジュールの確認はもとより、 

予定コース上の工事や通行止めなど、


勝手知ったる庭のような場所でも、思わぬ状況変化があったりするからです。





前日からジテ通していた私は、勤務明けと同時に宇品港へ移動します。




と、ここで早速試走が役に立つことに。



勝手知ったる江田島航路。

時刻表など見なくても、勤務明けの船便は把握している私。



しかしこのことが裏目に出て、いくつかの便が乗り物を運べない旅客船に変更されていることを知りませんでした。



やはり試走、そして確認は大切です。




  DSCF3341.jpg




試走に同行してくれたのは、SCM会員で役員の堀さん。

中山塾への参加と持ち前の勉強熱心さで成長著しいホットスタッフです。




DSCF3346.jpg



今回は過去のイベントであまり使ってないコースを多く含んでいます。

以前は路面状況が良くなかったところも、だいぶ改善されて使用可能に。


コース上の見所や景観も確認しながら進みます。




DSCF3344.jpg




試走とはいえ、楽しみも忘れません。

イベント当日は大人数なので立ち寄れないオススメスポットを堀さんに紹介。


まずは知る人ぞ知る花月堂のロールケーキの耳。




DSCF3347.jpg




場所もロケーションもいい、大君セブンイレブンで頂きます。

ここはイベント当日も利用する休憩ポイント。




DSCF3349.jpg




坂がネックなため、イベント当日は通らない稜線の道も紹介。

上ってしまえば早瀬大橋を上から見る雰囲気のいい道です。




DSCF3352.jpg




渡子の旧道にあるカフェ、SILK。

ここもイベントでは利用出来ませんが、前から気になっていたので立ち寄り。




DSCF3353.jpg




美味しそうなランチやケーキセットが魅力的ですが、

先ほど食べたロールケーキがまだ消費出来てない我々はコーヒーを注文。



奥さんにオススメを頼んだところ、ARK COFFEEというのを出してくれました。




ARK COFFEEとは、ニュージーランド産で、

日本人ロースターのNakama Ulalaさんが焙煎するコーヒーだそうです。


酸味と苦味が強調されつつも、飲み口はサッパリという印象。



そして日本でこのコーヒーが飲めるのは何とここだけだそうです。

カップもファイアーキングというブランド食器だと後で知ることに。^^;




DSCF3355.jpg




しかし呉近辺には特徴ある珈琲屋さんが点在してますね。

通でなくてもこれは嬉しいことです。(^^)



雰囲気がとってもよくて、3台くらいなら駐車場もあります。

営業時間も11:00~18:00と立ち寄りやすい時間帯。


ただし、月、火、第1・3日曜はお休みなので要注意です。

http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34016712/






さて、お次は第二音戸大橋です。

ここでは休憩&昼食を予定しています。


新しく出来た ひまねきテラスを始め、汐音、グリル音戸大橋、かつら、大吉、だし道楽などなど・・

音戸大橋周辺には意外とお食事処があるんですよ。


土曜日の昼前に到着予定ですから、少々の人数でも大丈夫。




DSCF3356.jpg




特に広島方面の方は、なかなか音戸周辺を散策される機会が少ないのではないでしょうか。

ここは第二音戸大橋と歩道橋を含めると、三つの赤い橋が楽しめるビューポイントに生まれ変わってます。


私らはこの歩道橋のことを、「第三音戸小橋」なんて愛称で呼んでたりしますが。(笑)




  DSCF3359.jpg




日本一短い定期航路、「音戸渡船」ももちろん利用します。

味わいのある渡船なので、いつまでも存続して欲しいですね。




DSCF3365.jpg




更にイベント当日は音戸の古い町並みも通ります。

案内されないとなかなか足を踏み入れない場所のひとつです。




  DSCF7377.jpg




今回通る倉橋島のコースは、橋のとりつきを除けば ほとんど平坦路。

補給場所も点在してますので安心です。





再び早瀬大橋を渡って江田島へ。

大垣の さくらで遅い昼食を頂きます。


全部のせとも言える スペシャルうどん、 これで600円。(^^)




DSCF3366.jpg




そのあとも順調に下見を行い、滞りなく試走終了しました。

これで安心してイベントを開催することが出来ます。


同行してくれた堀さん、本当にありがとうございました。

当日もスタッフとして よろしくお願いします。(^^)




DSCF3367.jpg




宇品へ帰る堀さんと別れ、私は呉ポートピア行きの船に乗ります。

イベント当日も今日のように爽やかな秋晴れでありますように。




  DSCF3368.jpg




さて、当日はサイクリング前にオープニングセレモニーを行います。


セレモニーでは、中国新聞制作の 「誓いのブルーリング」 を無料配布します。

このリングをつけて、心をひとつにサイクリングしようというのがイベントの主旨であります。




既にリングをお持ちの方は是非つけて来て頂きたいし、

イベントに参加出来ない方もお持ちであれば、つけて一日を過ごして頂きたいと思います。


そうすることによって、みんなが気持ちをシェア出来ると思います。






まったくの初心者やお子様連れなど、走行距離や集団走行に不安のある方でも、

セレモニーだけの参加も大歓迎ですので、是非お気軽にお越し下さい。





それでは多くの皆さんとお会い出来るのを楽しみにしております。(^^)


イベントURL ↓↓↓

http://kokucheese.com/event/index/226295/





プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。