タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
自転車三昧の週末

間違いなく今後、瀬戸内サイクルメディアの看板イベントになる 春吉ライド

その準備もいよいよ大詰めになっています。




先週金曜日は とびしまケーブルTVの取材を受ける為、御手洗へ。


とは言っても春吉コスプレは無し。

ハンドルを変えてノリノリのミニベロKHSの試乗を兼ねて出陣です。




DSC00703改




翌土曜日は孫たちを連れて下蒲刈へ。




DSC00718.jpg




ようこそ、時速6~10kmの世界へ。(爆)




DSC00719.jpg




春吉ライドのチェックポイントにもなっている、下蒲刈の海駅三之関。


ここには名物じゃこ天のほか、ここにしか無いイチジクラムネなどがあります。

どれもおいしい名産ですよ。(^^)




DSC00714.jpg




ちなみに とびしま海道には安芸灘大橋の車での通行料金を半額にする助成制度があります。


指定された施設で1000円以上飲食や買い物をすると、

帰りの橋代がタダになるというもの。



春吉ライドに車載で来られる方全員に、この助成パンフを差し上げます。

是非活用して下さいね。(^_-)-☆






さて、亀の歩みで下蒲刈一周するのに2時間以上かかるという・・ ^^;

その間、訓練中のTeamBioGaiaの面々とスライド。


一瞬の出来事でカメラ出す暇も無し。(苦笑)




DSC00726改




飛んで帰って夜は土ころびさん、ヒイ_さんと居酒屋へ。

何の趣旨も意味もなく、旧知の仲間で旬の肴と酒に舌鼓。


こういうのホントに久しぶりで楽しかったですわ~。

あ、写真忘れた。^^;







んで楽しすぎて翌日曜に目覚めたのは11時過ぎ。(苦笑)


この日は廿日市のvelo cafe VOYAGEのグランドオープン。

それを記念して あきちゃんのライブもあるというスペシャルイベント。




午前中雨という天気予報に翻弄され、惰眠をむさぼってホンマ生きててスイマセン。(爆)

そそくさと準備してロードで出発。



到着してみると既に自転車仲間で大賑わい。




DSC00748.jpg




DSC00759.jpg




DSC00755.jpg





受付もJKアイドルががが!Σ(゚Д゚;




  DSC00750.jpg




・・・・・クレームはJAROまでお願いします。(爆)




DSC00743.jpg




如水産で海鮮丼を頂いているうちにライブ開始。




DSC00758.jpg




かぶりつきの特等席でピアノまで1mという距離で堪能。(笑)




  DSC00770改




何故かgancyakuさんに迫る あきちゃん。(笑)




DSC00768.jpg





来れなかった人の為に、一曲だけ動画を。(^^)










ライブ後はVOYAGIの設立者、堀さんと如水産の社長、白木さんもご挨拶。




DSC00772.jpg




そしてTeamBioGaiaからオープン記念の贈答品授与。(^^)




DSC00776.jpg




素晴らしい瞬間を 素晴らしい仲間と過ごせて幸せ。(^^)




DSC00778.jpg




そんなこんなで慌ただしくも色々あって楽しい週末でした。

さぁ、春吉イベントまであと二週間。 公私ともに頑張っていきましょう!




DSC00780改





【オマケ】

如水産のかわいいフグ。(笑)




DSC00762.jpg






スポンサーサイト
理想のまちづくりを目指して

メッチャ久しぶりにジテ通したら、世間はすっかり春になっていたという・・。^^;

夜勤明け、野暮用がてら廿日市のvelo cafe VOYAGIへ。




DSC00617改




TOPEAKのトップチューブにつけるポーチ、見た目は何ですが、

なかなか使用感がいいです。 ダンシングしても思ったより存在が気にならない。




  DSC00621改




東急ハンズで滝川師匠のマシンガントークに蜂の巣にされ、帰路へ。(笑)

吉浦の海岸にも こんなナイススポットが。




DSC00625.jpg




お気に入りの大平橋。 

呉には他にもいくつかレトロな橋が残ってます。




DSC00628改




やっぱり自転車はいい。 ただの通勤もこんなに楽しくしてくれます。(^^)




さて、今回は遅まきながら先々週行われた第三回自転車シンポジウムの話題など。


自転車活用推進研究会の小林理事長を講師にお迎えして、

自転車文化の創造について大いに語って頂きました。




IMG_1318.jpg




パネリストの他にも、会場には広島の自転車関連で活躍されている様々な方が参加。

多くの方に興味を持って頂き、会場はほぼ満席でした。


それもこれも代表の小路さん始め、輪輪プロジェクトのメンバーが努力されてきた証だと思います。




IMG_1319.jpg




シンポジウムの内容は、世界や日本の様々なまちづくりの取り組みを紹介しながら、

今後の広島のあり方を考えようというもの。



結果からいうと、自転車乗りが自転車のことだけを考えていてもダメなんですよ。

他の様々な交通機関においてもそれは同じ。



「共調」 このひと言につきると思うんです。



立場の違う者同士が、お互いの主張をしているだけでは、

いつまでたっても平行線なままです。



我々が自転車を快適に利用できる環境改善をしていくには、

自転車に乗らない、自転車が無くてもいい人からも、


「自転車って、いいものだな」 と思ってもらえる世の中にしていく努力が必須なのではないでしょうか。




そんなことを改めて考えさせてくれるシンポジウムでした。






さて、ここからはSさんが撮ってくれた当日の動画をご紹介しますが、

見どころは各国のまちづくりの成功例です。



私は何をかくそう、自動車に依存しまくりのマイカー人間のひとりですが、

日本もそろそろ車中心の社会から脱却を考えなくてはならないのではないでしょうか。



昨今話題になってきている「ゾーン30」などは車の運転者からすれば煩わしいことですが、

車の使い方を根本から変えていけば、全ての交通がもっと便利に、

もっと快適に利用出来、 エコで交通摩擦が軽減出来るだけでなく、


経済活性化まで期待できるという、いいことづくめのヒントがここにあります。

そして広島は、それを具現化出来る要素をふんだんに含んでることに気づかれるハズです。


少々長いですが、興味のある方は是非。









そして以前のブログでもご紹介させて頂いた、金沢での成功例。

行動を起こしたのは主婦です。


地域の学生や行政とうまく連携をとりながら、 押し付けるのではなく、

“見せる”道路標示などの取り組みが画期的です。









最後にこれまた以前のブログで紹介させて頂いた、疋田さんの因島での講演。

ここでのポイントは、ドイツのミュンスターでのまちづくり。


電車、バス、車、自転車、歩行者、 それぞれの役割と特徴をよく理解した上で、

とても素晴らしい住み分けがおこなわれています。


眼からウロコの取組とは?

是非ご覧下さい。












プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR