タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
しまなみサイクリングブリッジ、ファーストライド

しまなみ海道を行き交うサイクリストを招致し、地域活性化を目指す団体、

「しまなみサイクリングブリッジ」 の初イベントが開催されました。



今回はファーストライドという事で、主に会のメンバーさんを対象に、

初心者や集団走行に慣れていない方へのエスコートライドという名目で行われるもの。



そこで安全啓発のブリーフィングとイベントの伴走を

瀬戸内サイクルメディアでお世話させて頂く事になりました。






イベント自体は午後からなので、 またもや自走で現地入り。


同行してくれるのはサカイさん。

イベントの伴走スタッフもお願いしています。




DSC01442.jpg




例によって、とびしまなど一瞬で通過といふ始末・・。^^;

岡村港からフェリーで大三島へ渡ります。




DSC01447.jpg




フェリーで同じくイベント伴走をお願いしている ぐんじさんと合流。

三人で因島を目指します。




DSC01448.jpg




大山祇神社前の和菓子屋で糖分補給。

個人的にもはや定番となりつつあります。(笑)




DSC01449.jpg




不安定だった天気予報がウソのように回復した事は、

もはや説明不要でしょうか?(笑)




DSC01451.jpg




道中、定番のグルメなどもしっかり楽しみながら大山神社に到着。

しまなみサイクリングブリッジの発起人はここの宮司さんです。




000000.jpg




ブリーフィングの後、宮司さんの太鼓でサイクリングスタート。

もちろん宮司さんも一緒に走ります。




DSC01457.jpg




初心者も安心して参加してもらうという事で、

今回のイベントは生口島を一周するだけのシンプルなもの。


速度も20kmそこそこのスローペースで、走りなれた人には少々拷問的。(笑)




  DSC01458.jpg




輪空さんで最初の休憩。


相変わらず最高のロケーション。

自販機にはノンアルコールビールもあるんですよ。(^^)




DSC01459.jpg




初心者をいたわりながらノンビリ走行。

ハンドサインや声掛けも徹底して行います。




DSC01462.jpg




撮る人を撮る。

基本なんですよ。(笑)




DSC01463.jpg




サンセットビーチで二度目の休憩。

行儀よく整然とした隊列ですね。(^^)




11653241_726666187438088_1074978210_n.jpg




サイクリングターミナルとして整備の進んだサンセットピーチ。

施設の充実ぶりはホントに素晴らしいです。




  unnamed1.jpg




サカイさん、水着のお姉ちゃんはまだいませんよ。(爆)




DSC01466.jpg




瀬戸田と言えばドルチェです。

本日のメインイベント的。(笑)




DSC01471.jpg




海沿いのベンチでくつろぐタイチーさん。

新しいユルキャラにしか見えないんですけど。(笑)




DSC01470.jpg




店長さんも一緒に記念撮影。

いつも美味しいジェラードをありがとうございます。




DSC01472.jpg




そんなこんなでイベントは無事終了~。

お手伝い頂いたスタッフの皆さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。


おかげさまで天気にも恵まれ、良いファーストライドになりました。

是非また御一緒いたしましょう。




DSC01455.jpg




さて、皆さんとお別れして帰路へ。

本日の伴走スタッフは全員 生口島から須波へフェリー移動です。




神社を出てすぐ、西方面に不穏な雨雲が。

途中パラパラときますが、ほとんど濡れずに乗船。


下船しても路面はドライで空も明るいので、予定どおり自走。

車載、輪行の皆さんと別れ、サカイさんと二人旅です。






一瞬で帰宅出来たのは言うまでもありません。^^;




IMG_0347.jpg






スポンサーサイト
未来へのメッセージ ~フォト・ペーパークラフト展~

広島市中区にある旧日本銀行で、

こんな展示が行われているのをご存じですか?




  1610934_442776099233289_7698203393839227375_n.jpg




今年は太平洋戦争終戦、そして原爆投下からちょうど70年目。


大きな節目に様々な企画や催しが行われるようですが、

この展示は旧日銀地下で静かに行われています。




IMG_0267.jpg




段ボールで製作された原爆ドームのペーパークラフト。

そのまわりをギッシリと埋め尽くす、たくさんの折り鶴の箱。




IMG_0270.jpg




この箱の原料は、何と全世界から寄せられた折り鶴の再生紙なんです。




  IMG_0297.jpg




広島には今も全世界から平和を祈る折り鶴が絶えることなく送られ続け、

その量は年間10tにも及ぶそうです。
 http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1110438305305/




この折り鶴の再生紙で出来た折り鶴の箱は、原爆資料館で販売されており、

小学校の平和教育などにも活用されています。




  IMG_0317.jpg




この折り鶴の箱に幟町小学校の児童の皆さんが

平和へのメッセージを書いたものが会場いっばいに展示されています。



平和への祈りとして送られた折り鶴。

それが姿を変えて、また世界に広がっていく・・。



想いが一方通行で終わらない、素晴らしいアイデアですね。




IMG_0272.jpg




そして会場には被爆した地蔵の写真も多く展示されています。

これらは今春急逝された写真家の清水顕さんの作品。




IMG_0282.jpg




顔が崩れ、変色し、 中には粉砕されているものも。

物言わぬ地蔵は、静かに何かを語りかけてくるようです。




IMG_0276.jpg




祈りを形にした折り鶴たちと、地蔵の語りかけるメッセージ。

静かに穏やかに、ずっしりと心に響いてきます。




IMG_0298.jpg




清水さんの被爆地蔵の写真は一冊にまとめられ、

書店で販売されています。




IMG_0280.jpg




清水さんと共同でこの企画を進められたデザイナーの徳永さん。


段ボールでの原爆ドームを忠実な縮尺を元に製作され、

その製作秘話からは大きな情熱を感じます。




IMG_0306.jpg




会場には様々な人がひっきりなしに訪れ、

小学生の団体には折り鶴や箱の作り方のレクチャーもされます。




IMG_0286.jpg




平和の大切さを言葉だけでなく、形として学べる機会の提案。

子供にはその方が大切で、何より興味がわきますね。




IMG_0287.jpg




清水さんの意思をついで今回の企画を実現された徳永さん。

それがきっかけとなってまた新たな出会いも生まれたのだとか。



実は徳永さんと私の出会いも清水さんを通じてのものでした。

ご縁というのは本当に不思議なものです




IMG_0316.jpg




未来へのメッセージ ~フォト・ペーパークラフト展~

6月13日までの開催です。




  IMG_0318.jpg






四国カルスト 天空サイクリング


自転車仲間の皆さんが口を揃えて称える四国カルストの絶景。


行きたいと思いつつも なかなか都合がつかなかったのですが、

この度、やっと願いを叶える機会に恵まれました。





この計画を話したところ、 M☆ta-kaさんとスポックさんが同行してくれる事に。

どうせなら松山に前泊しようと道後温泉へ。




451.jpg




男三人、マッタリ道後ナイトを堪能。 (^^)




  IMG_0253.jpg




翌日は早朝から移動し、道の駅みかわにデポ。

まずは国道33号線を南下します。




DSC01289.jpg




面河川ぞいは下り基調で快適。

四国らしい大き目の奇岩が眼を楽しませてくれます。





DSC01304.jpg




吊り橋あったら渡るのが自転車乗りの性。(笑)




DSC01297.jpg




序盤からなかなか先に進めません。^^;




DSC01299.jpg




国道440号線への分岐は、先に長いトンネルがあるのでパス。

あえて直進します。




DSC01305.jpg




トンネルを迂回する生活道からアクセス。

これが緩やかで景観のいいステキ道。




DSC01306.jpg




440号の途中には湧水も。




DSC01307.jpg




柳谷ダム付近には受験生が喜びそうなバス停が。

ちなみに漢字で書いても 「合格」 そのまま。(笑)




DSC01308.jpg




地芳トンネルの手前から旧国道へ。

車もほとんど通らず、木漏れ日の降り注ぐ気持ちのいい道。




  DSC01310.jpg




上に行くにつれて斜度が緩まり、

時おり視界が開けると、かなりの高度であることがわかります。




DSC01313.jpg




ここまでもダラダラとけっこう登ってきましたが、

この地芳峠からが本格的な上りらしい。




  DSC01315.jpg




激坂では無いものの、これまでの上りに比べて一気に斜度が上がります。

覚悟して登坂。



しかし1kmほど上ると、突然視界が開けて絶景が広がります。

思わず感嘆の声があがる。




DSC01317.jpg




念願の場所に到達し、感無量。

まずは記念写真。(^^)




DSC01318.jpg




姫鶴平でちょっぴり早めの昼食。

ずっと上ってきたので腹ペコです。




DSC01321.jpg




レストラン裏手からは、

晴れてれば太平洋まで望めるそうです。




DSC01325.jpg




そして建物の敷地内が 愛媛県と高知県の県境という・・。

権利書や納税がどうなるのか、ちょっぴり興味がありますね。(笑)




  DSC01323.jpg




食後はメイン道路を離れ、牧場用道路を散策。




DSC01326.jpg




こちらは愛媛県側。

この高度感が最高です。




DSC01342.jpg




あいにくの曇天ですが、 それでも感動出来るレベル。

てか、またもやさりげなく 雨予報をかわしているという具合。( ´艸`)




DSC01344.jpg




牧場をグルリと巡っている道を網羅。

車載で来ると時間を気にせず楽しめます。




DSC01351.jpg




メイン通りに戻って先へ。

雄大な景色の中を進みます。




DSC01356改




四国カルスト最高点の五段城へは、もう少し上ります。




DSC01361改




途中で振り返ると、見惚れるほどの絶景が。

こんなに素晴らしい景色ですが、晴れるともっといいんでしょうね。




DSC01372.jpg




まさに天空のサイクリング。

高度と共に、気持ちも高揚します。




DSC01375.jpg




雲が・・ 下に見えます。 

そしてスゴイ勢いで流れていく。




DSC01376.jpg




道は下りになり、 しばらく行くと天狗高原に到着。




DSC01382.jpg




高知側を見下ろしながら、

ねぇ、これから あそこまで下るって言ったら怒る? ( ´艸`)ププッ




DSC01381.jpg




とりあえず、おいしいと評判のソフト食べようや♪ ( ´ ▽ ` )ノ


















・・・・・ 何だ・・と? ∑(゚Д゚)



  DSC01383.jpg




傷心のオッサン三人、休憩ちう。 (苦笑)




DSC01384.jpg




高知側へ下るプランで口説きたおし、

外に出てみると視界ゼロ。 (笑)


下から雲が吹き上げてきます。^^;




DSC01385.jpg




出発前に、ここにもある お約束の県境で記念撮影・・的。(^^)




DSC01386.jpg




ここから約1000mのダウンヒル、

意を決して一気に駆け下ります。




DSC01388.jpg




延々10kmほど 狭い急こう配の道を下って出たのは国道439号線。

あれ? 予定では197号線に出るハズだったのに、どこで間違えたのでしょう?




てか、10kmで1000mの高低差って・・ 

平均斜度とか、絶対考えたくないレベル。 (((( ;゚Д゚)))






ちょっと遠回りになったけど、439号から197号へ迂回。

自転車で走っても特に面白みの無い道なので、サッサと通り抜けます。




途中、日本の棚田100選の千枚田が正面に見えたハズだけど、

とっとと休憩ポイントに着きたかった我々は全く気付かず・・。



こんなのがあったらしい。 ^^;




001938454-1_im.jpg




んで、到着した休憩ポイントというのは、

宿泊施設や温泉、プールまである、道の駅ゆすはら。




DSC01389.jpg




天狗高原で食べそこねたソフトの代わりに、

高知では定番の、昔懐かしいアイスクリンをいただきます。




DSC01393.jpg




水車小屋の横にある茶房では、

気のいいおばちゃんがお茶とおつまみを振舞ってくれます。




DSC01397.jpg




実は高知側に下ったわけは、 檮原にある 「維新の門」 を見るため。

坂本竜馬ら、高知出身志士たちの銅像群です。




DSC01400.jpg




みな檮原にゆかりのある人ばかり。

今にも動き出しそうな躍動感です。




DSC01401.jpg




これらの志士たちは、全て明治維新を見る事なく亡くなりましたが、

その生き様は今も多くの人を惹きつけています。



それにしても デカい! ^^;

写真で見て等身大くらいかと思ってたら、 まるで巨人です。




DSC01402.jpg




今まで何人の観光客が同じことをしたでしょう? (笑)




DSC01404.jpg




檮原の案内は、那須俊平がしてくれます。

にくい演出ですね。(^^)




DSC01408.jpg




道の駅のおばちゃんに教えてもらった、

珍しい屋根つきの御幸橋。




DSC01418.jpg




橋自体が対岸にある三嶋神社に続く参道になっています。




DSC01411.jpg




神社の脇には、「坂本竜馬脱藩の道」の看板が。




DSC01414.jpg




多くの人と時代に導かれ、 この奥に歩を進めたのでしょうね。




  DSC01415.jpg




帰りは国道440号線で。

再び四国カルスト方面へ上ります。




  DSC01420.jpg




沈下橋を見ると、高知県にいる事を実感しますね。




DSC01421.jpg




豪快に下ってきたのでキツイ坂を覚悟してましたが、

予想に反して淡々とした坂。


時間があれば地芳峠への別れに続くつづら折りの林道を通りたかったのですが、

このままトンネルを越えて最短ルートで帰ります。




DSC01423.jpg




面河川へのアプローチは、

行きと同じくトンネル迂回ルートで。




DSC01424.jpg




順調に走ってデポ地へ帰還。

お疲れ様でした~。




DSC01425.jpg




帰り道、再び坊ちゃん湯へ。

ツーリングの〆は やはり温泉が最高ですね♪




IMG_0259.jpg




四国カルスト、曇天にも関わらず、 想像以上の絶景でした。


今回、色々リサーチ不足だったところも含めて、是非また訪れたいですね。




同行してくれた二人にも感謝です。 (^^)




IMG_0256.jpg





今回のコース(迷い道含む) 約110km。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=25082da96d9ff7a1da8268cf32a5239c






中山卓士選手と走ろう!with SCM

5月30日、「中山卓士選手と走ろう!with SCM」 を開催しました。




中山選手といえば、広島初のプロロードレースチーム、ヴィクトワール広島 のメンバーで、

ゼネラルマネージャーを務める選手です。
http://victoirehiroshima.com/




選手としてだけでなく、国内外でのレース経験を活かして、

広島でサイクルレッスンも行っています。


ちなみに、SCMの名誉会員にもなってもらってます。




  11024214_777366529016014_1688036067037985107_n.jpg




そんな彼のレッスンを幅広い層の方に体験していただくのが今回のイベント。

ステージは風光明媚で走りやすい とびしま海道。


あいにくの曇り空ですが、たくさんの参加者で賑わいます。




11351413_489906767826799_2544224815912060303_n.jpg




念入りにブリーフィングをしたのち、 班分けをして出発。




DSC01252.jpg




各班の先頭には、SCMスタッフやTeam BioGaia bikeの面々が班長として伴走します。

伴走スタッフとしては、これ以上無い心強いメンバー。(^^)




DSC01253.jpg




中山選手がひとりひとりの状態を見ながら、

必要に応じてワンポイントアドバイスをしていきます。




  unnamed6.jpg




休憩ポイントでは気になるところをまとめてレクチャー。

参加者同士の交流の深まりもあって和気あいあい。




DSC01256.jpg




トップ選手のレッスン体験というと、高強度な内容を想像されるかもしれませんが、

スピードは20~25km/h程度のゆっくりペース。



新しいことを習う時は、ゆっくりでないとダメだからです。




DSC01261.jpg




実際に彼の行う初級・中級レッスンは、訓練的なものはほとんど無く、

驚くほど低負荷で、ゆっくりとしたペースで行われます。


時間をかけ、何度も反復することで理解と習得に努める内容です。




DSC01264.jpg




レースなどの競技に関係ない人でも、プロ選手のテクニックはとても役に立ちます。


体の使い方や意識を学ぶことによって、

サイクリングをより安全に楽に楽しめるようになります。


レーシングカーのテクノロジーが、一般車にフィードバックされるのと同じですね。





11393235_820498554702811_5420342289146229109_n.jpg




昼食は県民の浜。


瀬戸内という自転車にとって最高のステージに、

トップ選手のレッスンも受けられるという素晴らしい環境。


広島に住んでいる事に感謝ぁ以外ありえんのですよ。(^^)




11257571_1577877602477923_7489635759009017737_n.jpg




食後はお約束の集合写真。

遠く県外から駆けつけて頂いた方もいらっしゃいました。(^^)




DSC01267改




そのあとは総括ともいえる質疑応答コーナー。

実演を含めて丁寧にレクチャーする中山選手。




DSC01273.jpg





参加者の中から多くあがった質問は、坂を楽に上りたいというもの。


自転車乗りなら誰もがかかえる問題に答え、

広い歩道を使って登坂レクチャー。


もちろん歩道通行可であり、他の交通に配慮するためです。




DSC01274.jpg




何と最後の最後で雨が降ってきましたが、

何とかあまり濡れずにイベント終了。



私の晴れパワーは私が外を自転車で走って無ければ無効という・・ (苦笑)

車載でホンマ、スミマセン。 m(_ _)m



自走で帰られた皆さん、風邪などひかれてなければいいんですけど・・。




DSC01276.jpg




ともあれ、イベントは参加された皆さんに好評いただいて無事終了。

解散後、サポートしてくれた伴走スタッフで記念撮影。



まずは中山選手のケルメスレッスンのロゴである、ライオン(?)マークのポーズ。(笑)




DSC01278.jpg




SCMポーズは無いのか? と聞かれてローマ字のS、C、M を人文字で。

はい、どうでもいいですね。(爆)



ともあれ頼もしいスタッフに感謝。 お疲れ様でした。




DSC01282.jpg





彼のレッスンは少人数でじっくりと行うのが通常のスタイル。

今回は20名以上の方が対象だったので、本当にお試しレッスンだったわけですが、


それでもそれぞれ何かキッカケを感じられた事と思います。




今後、日々のサイクリングや練習で活かして下さいね。

また、もっと詳しく教わりたい方は是非レッスンを受講下さい。


中山卓士 kermise lesson
https://www.facebook.com/kermisKros





11393051_1577876749144675_7429307252506092537_n.jpg







プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR