タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋晴れパンサイクリング

日曜日、SCMイベント 「秋の川辺とパンサイクリング」 を開催しました。



これはSCM会員やそのお仲間を対象としたミニイベントですが、

諸々の都合で発表出来たのが数日前という、ゲリラ的開催になってしまいました。^^;



なので参加者は5名と少なく、イベントというよりは仲間内サイクリング的。(笑)


しかし内容はまさにイベント的ロケーションとグルメ、

押さえるところはしっかり押さえた行程です。





スタート地点はJR芸備線の玖村駅。

輪行や車載でもアクセス出来る便利な場所です。




DSC01933.jpg




ここから三篠川沿いに土手上の遊歩道を利用して進みます。

交通量の多い県道とは まるで別世界。




DSC01940.jpg




途中にはこんな担ぎも入ります。(笑)

迂回路もあるんですが、こっちの方が雰囲気がいいので。




DSC01941.jpg




景色は良くても、分岐や行き止まりが多いのが玉にキズ。

私はこれを研究し、ストレスの無い一筆書きのコースとして確立しています。




DSC01945.jpg




コース途中には自転車仲間のムッシュさんのご自宅があるんですが、

2年前から音信不通で心配しておりました。



そんな事を話していたら、何とムッシュさんとバッタリ!

嬉しいサプライズです。




12072703_1503137186675725_1607732697932838104_n.jpg




連絡が無かった間、体調を崩されていたそうですが、

何だか以前より逞しく元気そうで何より。(^^)



本日は用事の合間を縫って途中まで同行するために、

コースを逆走して来てくれたとのこと。


嬉しい出会いに気持ちも更に高揚します。




DSC01949.jpg




志和口で午後から用事がある おっき~さんとお別れ。

その後も裏道を駆使して進みます。


昔は抜け道で車の往来が多かったところも、

今や自転車向きなステキ道に。




DSC01952.jpg




広大な田園風景の中を進む平坦路。

開放感に満ち溢れた道。




DSC01958.jpg




ムッシュさん情報で、八本松近辺の線路沿いのステキ道へ。

ここ、ちょっと前まで未舗装路の裏路地だったんです。




DSC01961.jpg




これはノーマークでした。

今度からこっち走ろう。(笑)




DSC01968.jpg




本日の第一目標、「ラパン」 に到着。
http://www5.pf-x.net/~wildcat1998/lapain/lapain.html

西条では評判のパン屋さんです。




DSC01970.jpg




以前は日曜お休みだったんですが、最近は営業されるようになりました。

我々がいる間にも、ひっきりなしにお客さんがやって来ます。




DSC01969.jpg




先を考えてここでは一個だけ食べます。

あとはお土産としてリュックへ。(笑)




DSC01971.jpg




ここでムッシュさんとお別れ。 元気そうな姿を見て、また一緒に走れて嬉しかったです。


そして一行は賀茂大地を抜けて阿戸を目指します。




DSC01972.jpg




次なる目的地までは、800mほど激坂を上らなくてはなりません。

でも本日頑張らなければならないのはココだけ。




DSC01973.jpg




到着しました~、「山のパン屋」

本日のランチポイントです。
http://www.yamapan.net/




DSC01975.jpg




ポークステーキ、うまうま♪ 

森林浴とともにいただきます。(๑´ڡ`๑)




DSC01977.jpg




ピザも濃厚でとっても美味しい♪ 一枚でお腹一杯になりますよ。




ただし、こんなわかりにくい山の中にあるのに常に満席。

少人数で対応されてるので時間もかかります。


ランチは時間に余裕をもって行かれる事をおススメします。




DSC01976.jpg




リュックにお土産のパンをつめて退散。

さぁ、ここからゴールまでは ほぼ下りしかありません。(^^)




豪快に下ったあとは、またもや裏道を駆使して走行。

マニアックなコースで参加者を魅了(?)します。(笑)




DSC01978.jpg




国道2号線を一度も通ることなく、ゴールの海田駅へ。

河川敷の遊歩道は土手上の喧噪とは無縁です。(^^)




DSC01981.jpg




こうしてイベントは終了~。 今回も楽しく開催させていただきました。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。



このコース、ホントに素晴らしいので、行けなかった人もまたご案内しますね。(^_-)-☆





さて、帰りは久しぶりにパンクしましたが、スローパンクだったのでそのまま帰宅しました。

やっぱチューブレスは最高ですね。(^^)




DSC01983改




今回のコース
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=7956d83e83c0e1ed11df9193212ddd57





スポンサーサイト
中山卓士選手と走ろう!vol.2

9月19日、 「中山卓士選手と走ろう!with SCM vol.2」 を開催しました。



広島で活躍するプロライダー、「中山卓士選手」 と交流し、

彼の行うサイクルレッスンの体験も出来るという、コラボイベント第二弾です。




DSC01909.jpg





好評だった第一弾の模様はコチラ。 ↓↓↓

http://tairon737.blog.fc2.com/blog-entry-126.html




今回のステージは広島空港そばの中央森林公園サイクリングコース。

プロツアーのロードレースも行われる本格的なコースです。




DSC01911.jpg




一般公道から隔離された完全なクローズドコースなので、

普段はなかなか出来ない並走を使ったレクチャーがメイン。



レースでの集団走行を前提にしたトレーニング方法ですが、

ここで培った感覚は、そのまま普段のサイクリングにも活かされます。




DSC01918.jpg




短い時間の中でも、出来るだけ個別にアドバイスしてくれます。

より詳しく学びたい人は是非レッスンに参加してみて下さい。




DSC01913.jpg




昼食は公園内のバーベキューサイトで焼肉パーティーです。



ところが いざ火を起こそうとしたら、ライターなど着火するものが無い・・。

すかさず M☆ta-kaさんがお隣の方からマッチを借りて来てくれました。




「王だけど。」



この一言で全て解決、 サスガです。(笑)




12032095_874446169308049_3375136094608709582_n.jpg




中山選手がおススメのお肉屋さんで調達してきた肉・肉・肉!

おススメだけあって、とても美味しい。(๑´ڡ`๑)




DSC01926.jpg




三本ローラーの逆乗り大会が自然発生。


これ、メチャメチャむずかしいんですよ。

ちなみに私はチャレンジすらしたこと無いです。^^;




12047034_874447729307893_1255515768113177845_n.jpg




デザートはカップについだティラミスで乾杯。(笑)




12027531_874446255974707_6016871522692634192_n.jpg




楽しい時間はあっという間に終わり、終了時間となりました。



参加者の皆さん、お疲れ様でした。

スタッフとして参加してくれた kermise closs のメンバーにも感謝です。




DSC01930改




このイベントは不定期ですが、都合がつけばまた行う予定です。

次回開催をお楽しみに。(^^)




DSC01927.jpg






中山卓士 kermise lesson
https://www.facebook.com/kermisKros

ヴィクトワール広島
http://victoirehiroshima.com/




松山観光ポタリング

前日、自身初の143kmを走り切った嫁のために、

最終フェリーを蹴って松山に一泊した私ら夫婦。



道後温泉と私のマッサージ効果で嫁のダメージも軽い模様。

微妙だった天気も、すがすがしい秋晴れに。




せっかく一泊したので、前から気になっていたポイントを観光ポタリングすることに。




  DSC01829.jpg




松山市内はお世辞にも自転車で走りやすいとは言えませんが、

勝山通りの一部など、自転車レーンが整備されつつあります。


これだけで、とても心強いものがありますね。




  DSC01827.jpg




松山城のロープウェイ通りは一方通行ですが、 自転車レーンは相互に引いてあります。

その甲斐あって、利用者のほとんどがちゃんと左側通行していました。




  DSC01828.jpg




松山城は132mの山の上に建っており、 徒歩かロープウェイで上ります。

自転車は監視員つきの駐輪場で安心。


スタンドの無い自転車用の設備はありませんが、

壁や柱の近くを空けて配慮してくれます。




ロープウェイとリフトが併設されていて料金も同じ。

迷わず待たずに乗れるリフトを選択。




  DSC01831.jpg




スキー場でしかリフトに乗った事が無いので、 寒くないリフトは初めて。(笑)

足下の保護ネットに、松山弁で色んな言葉が書かれていて、たいくつしません。(^^)




DSC01832.jpg




リフトを降りて城内へ。

さすがは姫路城、和歌山城と並んで日本三大連立式平山城と呼ばれるだけあって広大!




  DSC01835.jpg




登城途中で既にこの絶景!(@_@;)




DSC01837.jpg




天守をバックにビューポイントで。

通りかかりの観光客と相互撮影・・的。(^^)




DSC01839.jpg




圧巻のスケールに感動しつつ、いよいよ天守閣へ。




  DSC01843.jpg




城への導線は元より、防御を考え抜いて造られています。




DSC01846.jpg




そして天守からは松山市内が360°見渡せます。\(^o^)/




DSC01853.jpg




天守閣を出て、ご当地ソフトに舌鼓。

いよかんゼリーが絶品。(^^)




DSC01865.jpg




降りる時はロープウェイで。

こちらは添乗員の観光案内が聞けます。




DSC01866.jpg




松山城を後にして、再び松山市内を移動します。


自転車レーンを引くスペースが無いところは、

このように矢羽的に自転車のイラストが。



これだけでも車には自転車が通ることが意識され、

サイクリストも心にゆとりが。(^^)



これは是非、全国に広げて欲しいですね。




  DSC01868.jpg




松山も広島と同じく路面電車が走ってますが、

こんなSL風の“坊ちゃん電車’が運行してます。


出発時にはちゃんと汽笛も鳴るんですよ。(^^)




DSC01867.jpg




JR伊予鉄道高浜線では、土日限定のサイクルトレインが試験運行されています。

市電と郊外線の交通の要所、松山市駅からこれを利用。




切符を買って、改札通過時に自転車の追加料金100円を支払います。



改札は自転車を押して通れる十分な広さが確保されており、

輪行袋に詰めることなく、そのまま押して乗車出来ます。



ただしエレベーターの利用は不可で、階段を担ぐ必要があります。




DSC01869.jpg




土日の全ての便で利用出来ますが、 先頭車両の指定された前部分のみというルール。

また、混雑時はもちろん一般客が優先です。


利用は時間に余裕を持っていた方がいいでしょう。




DSC01870.jpg




で、目指すのは呉へ帰るフェリーが出る、松山観光港なのですが、

終点の高浜駅までは乗らず、 あえて3つ手前の三津駅で降車。




  DSC01872.jpg




理由はこの “三津の渡し’ に乗るため。


約500年続く渡し船で、わずか80mの海路を結びます。

正式名称は「松山市道高浜2号線」。  


年中無休、無料! もちろん自転車積載可。




DSC01875.jpg




無料の渡し舟と言えば、萩の鶴江の渡しを思い出します。

あちらは舟頭さんによる櫓漕ぎですが、こちらはディーゼル舟なので遠慮がありません。^^;


観光ポタリングには是非立ち寄りたいポイント。




DSC01877.jpg




渡った先からすぐに、先ほど乗っていた伊予鉄道高浜線と並走する海岸線に出ます。

そのまま進むと、1990年代に一世を風靡した 「東京ラブストーリー」 のロケ地、梅津寺駅へ。



カンチとリカの別れのシーンが撮られたところ。

今にも小田和正の主題歌が流れてきそうです。(笑)




DSC01882.jpg




次のフェリーまで約2時間もあるので、 いったん港を通り過ぎて海岸散歩。

こちらの方が よほど はまかぜ海道的です。(苦笑)




DSC01884.jpg




実は松山市駅で電車に乗る前、 知人から教えてもらった松山名物を買ってました。

“ビアホール・みゅんへん’ のから揚げ。 (๑´ڡ`๑)
http://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38000170/




  IMG_0755.jpg




一人前650円で、こんな塊が4個も入っています。^^;

味も良くて大ボリューム! もちろん一人前を二人で分けましたよ。




  IMG_0757.jpg




デザートは “HIKIRI焼き’。

松山風、二重焼きといった感じです。




  IMG_0762.jpg




マッタリ海を見ながらいただきます。

至福のひととき。(^^)




IMG_0761.jpg




これらを運ぶのに重宝したのが 「オーストリッチ・バックパックライト5.5」


畳めばバックポケットに入るほど小さくなり、

内容量5.5ℓをほこるスグレモノです。


これのおかげで出先で不意の買い物が生じても安心。




しかもコレ、背負った状態でジャージのバックポケットが使えるんです。(^^)


これでもか!と装備されている反射材で夜間も安全。

装着感も見た目によらず、バツグン。



おススメですよ。(^_-)-☆




  DSC01874.jpg




食後は更に海岸を進んでみます。

すると海辺に神社と奇岩を発見。




  DSC01885.jpg




自然に重なったのか、人為的なモノなのか。

不思議な光景です。




DSC01889.jpg




こちらは明らかに積まれた感じ。

見ごたえのある景観に、しばしシャッターを押しまくります。




DSC01891改




最高の秋晴れの中、 のんびり時を忘れてポタポタ。




DSC01900.jpg




乗船まであと1時間となり、 余裕を持ってフェリー乗場へ。

四国とも間もなくお別れです。




  IMG_0763.jpg




呉まで2時間の船旅。

サイクリングに船旅を組み込めるのは、瀬戸内の特権ですね。(^^)




IMG_0777.jpg




いつも陸から見ている景色を船上から。



この船内で 「タイロンさんですか?」 と声をかけられ、

聞けばお友達の多い広町.comのお仲間でした。(^^)


さっそくfacebookで友達申請。




実は昨日のフェリーでも広町のメンバーに声かけられたという・・。(笑)

世間は狭い、というか・・   悪いことできんな俺。(爆)




IMG_0781.jpg




そんなこんなで呉港に到着。


色々と予定外の珍道中となりましたが、一泊したおかげで収穫の多い調査となりました。



はまかぜ海道を本州側からも 身近に感じるプランのイメージも出来たし、

嫁にとっては初100km越え、初しまなみ制覇(分割だけどw)、


そして初の自宅からの完全自走発着ツーリングと、

初々だらけの記念すべきライドになりました。(^^)








ただ、そんな喜びも束の間、 何かを思い出した嫁。





「ハッ!まだ神山峠上らんといけんじゃん!Σ(゚Д゚;」





IMG_0790.jpg







サッチー、お疲れ様!(笑)













四国 “はまかぜ海道’へ

土曜日、はまかぜ海道へ行って来ました。





はまかぜ海道は 今治~松山間の海岸線を結ぶサイクリングコースで、


しまなみ海道の愛媛側の起点、糸山サイクリングターミナルから

 松山 道後温泉までの約62kmの行程です。





瀬戸内サイクルメディアでは、瀬戸内の各海道沿線の魅力を引き出す

あるプロジェクトを進めており、今回はその調査が目的という具合です。





計画の参考にしたのはCYCLE SPORTS5月号の特集、「海道をゆく vol.6」

最も新しい情報が紹介されています。




DSC01905.jpg




予定は自宅から とびしま海道経由で岡村島から今治へフェリーで渡り、

はまかぜ海道を走って道後温泉につかり、松山~呉フェリーで帰宅という日帰りプラン。



走行距離100kmくらいなので、ツーリングルートとしてもモデルコースになります。






この調査ツーリングの話をすると、「私も行く!」 と嫁。



え・・ 行くの?  お前が来ると行動範囲が・・   

ま、まぁ、いっか。  最終のフェリーに間に合えばいいし。 ^^;





出発にもたついて予定時刻を15分ほどオーバー。

一抹の不安がよぎります。^^;




DSC01744.jpg




駆け抜けるだけなら一瞬のハズの とびしまエリアも、

嫁が一緒だと倍時間がかかるという具合。(-_-;)


大幅に余裕をもっていたにもかかわらず、この時点でフェリー乗り遅れ決定。(苦笑)




DSC01748.jpg




実はこの一本前のフェリーで今治へ渡っていたという ぐんじさんから連絡が。

私らが乗るハズだったフェリーを見越して、待ち伏せされていた模様。



しかし次のフェリーは3時間半も先です。^^;

なので予定を変更して大三島へ渡り、しまなみ経由で今治入りする事に。



すると ぐんじさんも周辺調査しながら待ってますとの事。

え、マジですか? スマンですのぉ。^^;






当初の予定はこの航路。




tousyo.png




で、予定変更後はこのコース。

しまなみ区間の自走約40km(青字)が追加されます。^^;




hennkou.png




フェリーで爆睡する嫁。

追加で走ることは伝えましたが、 距離の事は言わずにおきました。 ^^;




IMG_0753.jpg




フェリーで休めて、キレイな景色や名所案内で気を良くした嫁ですが・・




DSC01749.jpg




5分後に絶望・・ 的。 ^^;

メインルート外れた しまなみを なめちゃいけません。(笑)




DSC01751.jpg




伯方島に渡るまでは何もないよ~、という私の言葉に憔悴しきっていた嫁。

そんな彼女に天からの贈り物が。




DSC01754.jpg




お店の名前は「ピットイン」 
 <場所はコチラ>


こんな場所にお店が出来てたなんて知りませんでした。 

まさにピットイン。^^;




IMG_0754.jpg




オーナー女史は、還暦すぎてから古民家を改造し、営業されているそう。

食材は全て手作りだそうで、そのため営業は土日のみです。


野菜中心のヘルシーなランチですが、見た目以上にボリュームたっぷり!

デザートもついて大満足。(๑´ڡ`๑)




DSC01755.jpg




遠回りしたおかげで、ステキなお店を見つける事が出来ました。

嫁も生き返ってラッキー♪




  DSC01766.jpg




マリンオアシス伯方で塩ソフト。

休憩は効率的に、でも最低限のポイントは押さえます。(^^)




DSC01770.jpg




伯方島へ入るところで ぐんじさんから電話。



 「もしかして大三島から自走で来てます?」


   はい、自走ですが何か?



 「大三島の宗方港でフェリー降りてそのまま待ってたら、
 
  大崎上島の木江港から今治港へ行く船が、そこへ着いたのに。」




   マジですか!? ((((;゚Д゚))))





   しし、知らんかった・・ ^^;

   すまん、嫁。(苦笑)





と、ともあれ、そんな航路もあるということがわかったのも収穫・・・

と思いたい。(爆)




DSC01774.jpg




坂をパスする裏道を駆使したり、 走りながら観光案内したり、

背中押したりしながら やっと来島海峡大橋が見えてホッとする。




DSC01775.jpg




この橋渡ったら今治だから。

もう少し、がんばろー。( ´ ▽ ` )ノ




DSC01776.jpg




嫁 「長げ~~~よ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/」(爆)




DSC01778.jpg




そんなこんなでサイクリングターミナル糸山に到着。



遠回りしてよかったこと、その2。

何回かに分けてだけど、これで嫁も しまなみ全線走破したことになります。



達成感~♪



   「うるせぇ!o(`ω´ )o」 




DSC01782.jpg




私らが到着する間に、ぐんじさんがシクロしまなみの家で配布されている

「はまかぜ海道マップ」をゲットしてくれてました。 感謝ぁ。


そしてお待たせして申し訳ない。^^;




DSC01902.jpg




さっそくマップで要点を確認して出発。

ちなみにやっと本日の目的スタートです。(苦笑)




DSC01785.jpg




ネットで興味をひかれた藤山健康文化公園へ。

うしろに見える水道橋の上を歩くことも出来ます。




DSC01787.jpg




しかしこの銅像、

公園の名のとおり、健康そうではあるが・・ (笑)




DSC01788.jpg




はまかぜ海道は交通量の多い国道196号線を走ります。

コースの6割はたいした展望も無く、路肩も狭く窮屈な印象。


道路事情は さざなみ海道と同じような感じです。

とても初心者や家族連れにはおススメ出来ません。



ただしこれだけの距離がほとんど平地なのはスゴイです。




DSC01797.jpg




太陽石油菊間製油所の工場萌え~。

夜景はまるで不夜城のようだそうですよ。




DSC01796.jpg




広島側の平地からは四国ってあまり見えないんですが、

四国側からは本州側がハッキリ見える不思議。


野呂山と灰ヶ峰もすぐに見つかります。




DSC01804.jpg




道の駅 「風早の里 風和里(ふわり)」 に到着。

サイクルステーションとしての設備も整っていて、大いに賑わっています。




DSC01807.jpg




特に粋だったのはこのベンチ。

「愛車と一緒に座れます♡」がキャッチフレーズ。(^^)




DSC01809.jpg




はまかぜ海道のハズなのに、 まるで夕焼け小焼けラインだよ~。(笑)

と ぐんじさん。  いや、ホンマすんません。 ^^;




DSC01812.jpg




ここから道後温泉までは196号線バイパスの歩道が正規ルートになってます。

が、それは地味なアップダウンとトンネルが繰り返されるだけの道。


ぐんじさんはいつも海岸寄りの旧道を行くそうですが、

いただいたマップには山側におススメコースがひいてあります。



シクロツーリズムの案内人、宇都宮さんがおススメする道。

よくないわけがありません。




DSC01817.jpg




のどかな田園風景の中を行く平坦路。

信号も少なく、補給箇所やトイレが無い他は全く自転車向きなステキ道です。


見晴らしも含め、この区間はやはりここが最高のようですね。(^^)




DSC01822.jpg




マップのおススメ案内に導かれるまま、海岸線へスイッチ。

いよいよ松山市街へ入ります。




DSC01824.jpg




本日の〆は道後温泉と決めていましたが、 それでは最終のフェリーに間に合いません。

なので私らは松山に一泊することに。



ぐんじさんと別れ、道後温泉へ。

ぐんじさん、お付き合いいただき、ありがとうございました。




img2.jpg




そして嫁は初の100km越えを果たし、 総距離143kmを走破。

よく頑張った。お疲れ様。


ゆっくり湯につかり、ご飯食べて、翌日は松山観光です。(^^)




DSC01825.jpg











オマケ・・




「ところでそのスポーツタオル、なんで持って来たの?」


「だってシャンプーも石鹸も置いてないって言ったじゃん。」



「いや、60円でタオル借りられるんだけど。」


「早く言えよ!(−_−#)」(爆)






               つづく・・。(笑)








山のパン屋さんに行って来た

ジテ通帰り道、VOYAGEへ。



ん? 家と反対側じゃないかって?

細かいことは気にしない。(笑)




  DSC00747改




あきちゃんに宮島バックで撮ってもらった。

久々の旧呉ポタジャージ。(^^)




IMG_0743.jpg




コーヒー飲んでマッタリしたあとは遠回りして瀬野川上り。

季節はすっかり秋。 最高に気持ちいい♪




DSCF2612.jpg




川向うの国道2号線の喧噪とはまるで別世界。

こんな沈下橋もあります。




DSCF1205.jpg





国道2号線を一切走らず熊野方面へ抜けられるお気に入りの道。

いつ通っても実に風流です。




DSCF2614.jpg




で、今日はここに立ち寄り。

ぐんじさんに教えてもらった山のパン屋さんへ。




IMG_0752.jpg




まずまずの坂道を800mほど上るとありました!

こんな山中でもけっこうお客さんがいます。




IMG_0751.jpg




雰囲気のいいお店。 御夫婦で経営されてます。

パンを家族へのお土産に購入。




IMG_0748.jpg




気持ちのいいテラスでランチ営業もされてます。

予約すれば20人くらいは大丈夫だとか。



これは是非イベントを組みたいですね。

西条や熊野に点在する話題のパン屋さんを巡るツアー。



是非いかがですか?(^^)












プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。