タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀輪パラダイス伴走記

10月25日、銀輪パラダイス尾道大会2015が開催されました。



今回縁あって伴走スタッフとして参加させてもらう事になった私。

前日のブリーフィングに参加すべく、土曜日に車載で出発。





ついでにプレイベント会場にも立ち寄ろうという魂胆。


しかし今年は会場が向島運動公園になっている事を知らず、

誰もいない尾道U2に行ったのは秘密です。(爆)







気を取り直して会場に移動。(笑)


ヴィクトワール広島の中山選手や宮口選手をはじめ、

先日のミニベロミーティングでお世話になったTyrellブースや凪など、


その他たくさんのお仲間と交流。(^^)




DSC02159.jpg




例年このプレイベントでは、高級パーツが格安で売られていたり、

掘り出し物が買えるのも楽しみなんですよ。




DSC02160.jpg




で、自転車を車から降ろしてデッパツ。

一瞬でドルチェという具合。(笑)




  DSC02164.jpg




出来立てほやほやのドルチェジャージを受け取りに来たのでした。


爽やかなイメージが私にピッタリでしょ?(笑)




  DSC02165.jpg




ポーズはもちろんドルチェポーズで。(笑)

翌日の伴走もこれで走ります。(^^)




  DSC02167.jpg




帰りは因島の大山神社へ参拝。


あいにく宮司さんはいらっしゃいませんでしたが、

巫女さんと楽しく交流。(笑)




12105757_841685465929912_9193364963051982533_n.jpg




時間に余裕があったので、帰りは水軍スカイラインで。


アップダウンはありますが、車が少なく景色が最高なんです。

何より静か。(^^)




DSC02173.jpg




そして夕方からスタッフミーティングに参加し、

養老温泉につかって会場に戻り、そのまま車中泊。



翌朝のスタッフ集合時間は6時。

車中泊のおかげで、ギリギリまで寝坊出来ました。(^^)




DSC02174.jpg




参加者が来場し始め、今回から始まった車検のお手伝い。



全ての参加者に実地されるので大変ですが、

大会終了後に聞いたところによると、このおかげでメカトラブルがほとんど無かったのだとか。




それにしても ライト、リフレクター、ベル など、

大会規定にも明記してある 装備をしていない方が何と多いことか!



ヘッドやBBのガタも多く見られ、即座にメカニックが対応されてました。





自分の安全だけでなく、 自分の不備が他人や一緒に走る仲間に迷惑をかけることがあるという事。

自転車乗りのモラルとレベルが対外的に見られているという事。



日ごろの走行でも必要なこれらの事に、この機会に意識を持っていただきたいですね。




DSC02176.jpg




そんなこんなでバタバタしている間に受付も終わり、

いよいよスタートの時間になりました。




DSC02177.jpg




私は今回70kmコースで、 チームパンタカのアスリートたちを伴走します。



パンタカはスペシャルオリンピックス広島の自転車チームで、

知的発達障害のある人たちにサイクリングやレースを楽しんでもらうサポートをしています。



スペシャルオリンピックスについて以前書いたブログはこちら。
http://tairon737.blog.fc2.com/blog-entry-122.html




DSC02179.jpg




今回は走行中の写真はありません。


というのも、そもそも伴走スタッフであること。 

また私が走行中にカメラを向けることで、アスリートたちに様々な悪影響を与える恐れがあるからです。



サインもいつも以上にゆっくり、大きく、

必要最小限にとどめます。




DSC02180.jpg




正直、予想外の行動や、うまく指示に従ってくれないことを想定していたのですが、

アスリートたちは実に素直で、私の出した指示に的確に従ってくれます。


もちろん間々に入っているコーチの方々のサポートのおかげなのですが、

日ごろの練習とコーチのみなさんの努力の賜物ですね。



そして何よりアスリートたちの前向きな姿勢が素晴らしかったです。(^^)




DSC02182.jpg




エイドステーションではありませんが、ドルチェに立ち寄り。

アスリートたちからのリクエストです。(^^)




DSC02184.jpg




二日連続でドルチェという贅沢。(^^)

伴走者ベストでドルチェジャージが見えにくいのが唯一の難点。(苦笑)




DSC02183.jpg




そんなこんなで大きなトラブルも無く、全員無事完走。

120kmコースに参加した仲間を待って、記念撮影。



なかなかお手伝いに加われなかったスペシャルオリンピックスの伴走ですが、

やっと参加出来てよかった。



また機会が合えばよろしくお願いします。(^^)




DSC02185.jpg




さて、銀パラ名物(?)の最終ランナーのお出迎えですが、

今回は小学1年生と4年生の姉妹とお父さんお母さんのご一家。




少し時間オーバーですが、無事に70kmを走り切りました。


感動のゴール。(^^)




DSC02187.jpg




そして最後まで大会をサポートした最終伴走スタッフとバイクスタッフ、メンテナンスカー。

本当にお疲れ様でした。m(_ _)m



この感動のゴールシーンを見て、

次回孫たちと参加してラストを狙おうと考えたのは秘密です。( ´艸`)ププッ




DSC02189.jpg




最後はOCAスタッフ全員で記念撮影。

皆さん本当にありがとうございました。 そしてお疲れ様でした。



また機会があれば、よろしくお願いします。m(_ _)m




11061719_891569610928126_8564204008698941631_n.jpg






・・・・  で、

上の写真の中央にいる人にご注目下さい。




あの ハラっさんですよ!






何に驚いているかというと、 知り合って5年くらいになりますが、

今まで何をやっても決して痩せることのなかった彼が、



痩せてたんです!(爆)




DSC02178.jpg




 以前はコレ↓ 




DSCF0644.jpg




そしてコレ↓ まさに劇的ビフォー・アフター!(笑)

平地のスゴク速いハラっさんですが、これで上りも速くなったのでは?




  DSCF0632.jpg




いや~、私的に今回一番の事件でした。(爆)




DSCF7085.jpg





スポンサーサイト
今度は月やん倶楽部

先週の元祖火曜倶楽部の記事を見て、

fujiyanさんから案内してほしいとオファーが。



月曜定休の彼に合わせて、ご案内サイクリングに行ってきました。






呉の二河峡で待ち合わせし、鍋土峠からスタート。

展望はほとんどありませんが、交通量の多い県道31号を迂回出来ます。




c20733ff.jpg




焼山を通り抜け、苗代の大原製菓へ。

ここの和菓子はどれも絶品ですよ。




DSC02043.jpg




苗代から郷原へ豪快なダウンヒル。

そして黒瀬川沿いのステキ道へ。




DSC02051.jpg




いい写真が撮れそうな場所をピックアップしては撮影タイム。

色々試して全然先に進めません。(笑)




  DSC02054改




黒瀨川沿いを一筆書きに走行するには工夫が必要ですが、

国道や市街地走行をほとんどせずに西条へ行く事が出来ます。




DSC02048.jpg




知らない人は国道375号をずっと走ってしまうところですが、

裏道はこんなに楽しくて快適。




DSC02059.jpg




昼食をとるための脱線ルートには、レトロな看板だらけの建物が。

正体は骨董屋さん。




DSC02066.jpg




そのナナメ向いにある、源五郎

ミシュランガイドにも載っているお蕎麦屋さんです。




DSC02070.jpg




味もだけど、喉ごしの良さが絶品!

天ぷらやセルフで擦るわさびなどのメニューも美味しいですよ。




  DSC02069.jpg




近くにはこれまたミシュランガイドに載っているカレー屋さんもあるのですが、

お腹いっぱいなので、それはまた次回。




DSC02072.jpg




下三永から東広島駅へ向かう途中で、コスモス畑を見つけました。

キャッキャとハシャぐオッサン二人。(笑)




DSC02075改




奥にはもっと広い畑があったので、迷わず立ち寄ります。

季節によって様々な景色に出会えるのがサイクリングの醍醐味ですね。




DSC02082改




先週kuro96さんとも走った川沿いの裏道。

その気になって調べないと、なかなか発見出来ない道です。




DSC02085.jpg




先週は仁賀ダム方面へ下りましたが、

今回は旧山陽道をチョイス。



ひなびた山間の風景や、大名行列に思いを馳せるステキ道。

史跡も点在し、国道2号線を完全に迂回できます。




DSC02087.jpg




途中には知る人ぞ知る名スポットも。(笑)

ホントに思ったとおり読んでもいいんでしょうか? ^^;




DSC02086.jpg




そのまま裏道をつないで竹原へ。

先週の探索が早くも役立ちます。(^^)




DSC02093.jpg




先週は迂回したダートを走ってみます。

これくらいなら我々にとっては想定内。




  DSC02099.jpg




で、しつこいようですが、竹原に来たら太華園です。(笑)

fujiyanさん、念願叶ってお初だそうな。




DSC02103.jpg




今日は麺'sデーですな。(笑)

少々食い過ぎか。^^;




  DSC02102.jpg




そのあとは海岸ルートをリクエストされたのでご案内。

たまゆらのエンディングでも使われた場所ですな。




DSC02105.jpg




さざなみ海道の脱線ルートである竹原~安芸津間の海岸線。

これも一筆書きにするには何度もトライ&エラーを繰り返しました。




  DSC02106改




対岸には大崎上島を望む絶好のロケーション。

車もほとんど通りません。




DSC02114.jpg




途中には煉瓦工場が。

景色にも変化があって楽しいルートです。




DSC02110.jpg




多少のアップダウンがありますが、 初心者でも大丈夫なレベル。

小高い丘から見る風景は、地中海を連想させます。



・・・・私、地中海 行ったこと無いんですけどね。(爆)




DSC02120.jpg




このあたりは安芸津の名産、丸赤じゃがいもの産地。

肥沃な赤土で育つじゃがいもは、甘味が多くて濃厚な味わいです。




DSC02122.jpg




じゃがいも畑を越えると、再び開放的な海岸へ。

これぞ瀬戸内! といった風景が続きます。




DSC02123.jpg




安芸津でさざなみ海道に合流し、大芝島をすぎて例の農道へ。

これもfujiyanさんのリクエスト。




DSC02142.jpg




高度感、そして瀬戸内らしい風景が絶妙なロケーションです。

太陽の方角を考えると、午後がおススメ。




DSC02138.jpg




先週よりも低速区間が多いのと、写真撮影に時間をとったため、

けっこう陽が傾いてますが、やはりいい感じです。




DSC02146.jpg




安浦漁港に鎮座するコンクリート船、武智丸



太平洋戦争末期に建造された世にも珍しい鉄筋コンクリート船。

軍の輸送船として使われていたものを、戦後になって安浦町が払い下げたもの。


目的は防波堤としての使用で、現在も港を守っています。




DSC02148.jpg




旧道とバイパスの間の川沿いの道。

自転車向きのステキ道は、とことん紹介します。(^^)




DSC02149.jpg




あとは さざなみ海道を帰るだけ。

先週が新幹線なら、今回は あずさ2号といったところです。 ^^;


小坪海岸では写真を撮る余裕も。(笑)




DSC02154.jpg




日没と共にfujiyanさんとお別れ。

お疲れ様でした~。



似たようなルートでも、ご一緒する人に合わせて道や立ち寄りポイントをチョイス。

これもまたご案内サイクリングの醍醐味なんです。(^^)




DSC02157改



















元祖火曜倶楽部

火曜定休のkuro96さん主催の火曜倶楽部。




数年前は私も隔週で休みが合ったので、

ほぼ二人で走り回ってました。



その頃は火曜倶楽部なんて名前は無く、

気ままな探索ライドがメイン。




そして私の勤務体系が変わり、 ほとんど一緒に走れなくなった頃

彗星のように あきちゃんが現れ、 ダート上等、高強度訓練ライドに。(笑)



そんな火曜倶楽部も、それぞれの活動の変化に伴いままならなくなってたのですが、

今回ホント久しぶりにkuro96さんからコールが。




私が勤務明けでスロースタートなため、近場をウロウロすることに。

まずは神山峠で合流し、東広島へ向かいます。




DSC02015.jpg




せっかくなのでkuro96さんが行ったことの無いところをからめながら。

久しぶりに一緒に走れるだけで嬉しくなります。




DSC02016.jpg




一瞬で東広島という具合。 まるで新幹線です。^^;

前から気になっていたカフェレストランに立ち寄り。
http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340403/34005835/




DSC02018.jpg




店内はアンティークなギャラリー兼レストランといった感じ。

お客さんも奥様方ばかりで、完全に場違いな私らです。(笑)


ちょっとオシャレなウェアでカップルで来るといい感じ。




  DSC02017.jpg




もちろん自転車向きな裏道駆使して進行します。

天気も良くて気持ちいい。




  DSC02019.jpg




東広島では有名なパン屋さん、ラパンに到着。

個人的には最近よく来ている場所です。(笑)




DSC02022.jpg




昼食にケーキセットまで食べたのに、

まだパンを食べるkuro96さん。(笑)




DSC02023.jpg




で、今日の第一目標、ミニベロ専門店PALMさんに到着。

先日のミニベロミーティングでもお世話になりました。




IMG_0411.jpg




kuro96さんも私も店長の向井さんも、ミニベロから自転車ライフが始まった同士。

当然ミニベロ談義に花が咲きます。



・・・・話に夢中でこの日の写真を一枚も撮ってなかったので、

ここでの写真は以前のモノを使っています。^^;




IMG_0409.jpg




さんざんお店をひやかして出発。(笑)

西条の酒蔵通りで名水を汲むのも忘れません。




IMG_0405.jpg




PALMさんに来る他は、全くのノープラン。

裏道使いながら、竹原にでも行ってみますか。




DSC02025.jpg




幹線道路は車でいっぱいですが、裏道をうまく使えば快適に移動出来ます。

未知の道も探索しながらステキ道開拓。




  DSC02026.jpg




kuro96さんの知らない道も紹介しながら、探索も行う。

これぞ元祖火曜倶楽部のライドスタイル。




DSC02029.jpg




旧山陽道は二人とも知っているので、 kuro96さんの通ったことの無い仁賀ダムルートへ。

下りの快走路・・  二両編成の新幹線。(笑)




DSC02030.jpg




2号線から竹原への裏道も、未開拓部分を徹底調査。

トライ&エラーも楽しみのうちです。




DSC02031.jpg




竹原に来たら、太華苑しかありえんのですよ。

この一杯で呉まで帰れます。(笑)




DSC02032.jpg




一瞬で大芝大橋にワープ。^^;

写真撮ろうって声かけなきゃ、呉までノンストップだったのは秘密です。(笑) 





DSC02033.jpg




この先を通る時、いつも気になっていた上の農道。

二人とも通ったことが無いので探索開始。




DSC02034.jpg




思った通りの高度と展望です。

島と違って路面状況もとてもいい。




nourou.jpg




さざなみ海道って日ごろ一気に通過してしまいがちですが、

この農道でペースもロケーション的にもアクセントをつけることが出来ます。



ちょうど下って再びさざなみ海道と合流する地点が、

ジェラートの萌木野入口というのもナイス。(この日は休業でしたが ^^;)




unnamed5.jpg




そのあとも さざなみどころか風切音しか聞けない新幹線乗車。

一瞬・・ という言葉意外ありえんのですよ。(笑)




DSC02038.jpg




小坪海岸もこの写真を撮るのが精いっぱい。

何度か千切れかけて手加減してもらう始末。^^;




DSC02039.jpg




やはりkuro96さんと走るのは楽しい。

走力に差がついたとはいえ、息ぴったりのライドは変わりません。


またちょくちょく走れるといいなぁ~。






コースはコレです。 裏道が気になる人へ。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=12dac111c6f9ed465bb7c5859b2d55e5




ミニベロミーティング2015

10月11日、 ミニベロミーティング2015を開催しました。



ミニベロとはタイヤの小さな自転車の総称で、

スタイルの多様性が特徴です。




minibero.jpg




参加者が持ち寄ったミニベロを展示・試乗するのがミニベロミーティング。

今回もたくさんの車種が集まりました。(^^)



会場は上蒲刈島、県民の浜。




DSC02000.jpg




走行性能の高いモノから、

便利な折りたたみモデルまで・・。




taireru.jpg




もちろん変わり種も多く存在します。

これがミニベロの楽しさ。




imgP9YHDE7W.jpg




そんなイベントなのですが、 開催直前にまさかの通り雨。

設営準備にまさに水をさされるカッコウになりました。(苦笑)



雨はすぐにやみ、 開催時間には路面も乾いたものの、

この季節には珍しい強風が吹き荒れます。




ブースのテントは風にあおられ、自転車も倒れまくるという修羅場に。

受付作業や進行にも影響が出る始末。(-"-)





そんな波乱の開催でしたが、

今回は有名メーカーや専門店のブース出展も大幅に増えて賑やかにスタート。




DSC01999.jpg




まずはお馴染み、尾道メイドの 凪シリーズ で有名な アンデックスブース

昨年に続いて出展いただきました。
http://www.andex.co.jp/nagi/index.html



ロードレーサーと同じ使い方が出来る” をコンセプトに開発される同シリーズ。

BOMAホイールを履いた限定モデルが、あと5台との恐ろしいアナウンスも。(笑)




DSC02002.jpg




走行性能を高めるホイールカバーを製作されている ミヤノサイクルワークス さん。

京都からわざわざご参加いただきました。
http://mcw.main.jp/




DSC02003.jpg




ミニベロで走りを追求する時、最大の弱点である 慣性力 の少なさ。


ジャイロ効果が小さく、コギ続けないと失速してしまうという欠点を

専用ホイールカバーによって補おうというチャレンジをされています。



その開発と研究はレースに勝つことを主眼に行われ、

あくなき探究心の根底には、大きなミニベロ愛が感じられます。




DSC02011.jpg




日本の誇る香川のメーカー、Tyrell(タイレル) さんも初出展。
http://www.tyrellbike.com/



ミニベロフリークにとって憧れのビックネームの参加に、

オファーをいただいた時は本当に興奮しました。(^^)




DSC02004.jpg




近日発売予定の世界限定50台、電動デュラ、GOKISOハブ仕様のXF

お値段何と、125万円! (@_@;)



走るミニベロの代名詞のようなTyrellさんですが、

その持てるノウハウを惜しみなくつぎ込んだ結果、このような価格になったのだとか。


熱く語られる開発秘話に、こだわりとスピリッツを感じました。

まさにTyrell集大成と言える珠玉の1台。



こんな超レアな高級車も試乗可能だなんて、何と太っ腹!\(~o~)/




DSC02014.jpg




福山のメーカー、サイクルハート さん。

こちらも昨年に続いて出展いただきました。
http://cycleheart.jp/



フルカーボンフレームが特徴で、レーシーなスペックを追求されつつも、

のんびりツーリングや街乗りでも快適なミニベロを製作されてます。



楕円チェーンリング搭載モデルなど、様々な試乗車を持ち込んでいただきました。



走ることが楽しくなる・・  

そんな言葉がピッタリの品々ですよ。(^^)




DSC02005.jpg




東広島の ミニベロ専門店PALM さんも初出展いただきました。
http://palmcycle.com/index.html


西条駅のすぐそばというアクセスの良さ。

取扱い車種も増えていくそうで、今後が楽しみなお店です。



今回は3台のモールトンを持ち込んでいただきました。

ミニベロLOVEな店長のこだわりが感じられるラインナップです。



是非お店にも足を運んでみて下さいね。




2.jpg




一般参加者のミニベロも個性豊かなモノばかり。

こだわりのカスタム車から面白自転車まで、まさに博覧会です。




12079468_738617652936426_1310237074840871685_n.jpg




オーナーによる折りたたみ実演も行いました。

特徴や注意点を合わせて紹介してもらえます。




oritatami.jpg




乗りこなすことが目的の面白自転車、パナソニック・ロデオ。

“乗れるものなら乗って見ろ!” が売り文句です。



ヘッドの角度があまりに寝ているため、 通常の感覚で乗ることが出来ません。

例えるなら、初めて自転車にまたがった時に似ています。



試乗車はHILLCLIMBさんに提供いただきました~。m(_ _)m




  12096503_1640419549540237_4930931742097908541_n.jpg




多くの人がチャレンジしては撃沈しますが、

上級者はこの余裕。(笑)




imgW4JERHDI.jpg




ロデオに挑戦ゲームも行い、優秀者には景品を進呈しました。

その他ベストミニベロ賞の授与など、大いに盛り上がりましたよ。(^^)




  keihin.jpg




わずかではありますが、スタッフ伴走による場外の試走も。

広々とした道路で気持ちよく試乗していただきました。




DSC02010.jpg




午前中は強風に悩まされましたが、 午後からは風もやんでいいお天気に。

多くの方に楽しんでいただけました。



レアな試乗体験のみならず、メーカーこだわりの開発秘話を聞けたのも大きな収穫で、

これこそミニベロミーティングならではの醍醐味と言えます。




DSC02001.jpg




自転車に乗らない人をもひきつけるミニベロ。

今後もその魅力を伝えるために、ミニベロミーティングを開催したいですね。



参加された皆さん、ブース出展者の皆さんとスタッフ。

そして様々な立場で協力していただいた方々・・


本当にありがとうございました。m(_ _)m





プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。