タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
具体例のない人生の備忘録

人は誰でも何かしようと思った時、 また何かに行き詰った時、

先人の意見を参考にしようとします。



それは出来るだけムダや失敗を避け、

効率よく先に進みたいという、ごく自然な心理からです。







でも、どんなことであっても、結局 即効性のあるものなどありません。




よく何かを短期間で習得したり成就するためのコツはないか?

と誰もが問うのですが、



先人達がそんな時に口を揃えていう言葉は、



コツコツ地道にやる他に近道など無い。



  ということ。








人の意見や生き方は、 単なる道しるべでしかありません。


それを活かすも殺すも、その人次第なんですね。




どんなに精巧な地図があっても、


見方がわからなければ何にもならないのと同じ。






あとはモチベーションかな。


好きだから。  もしくは・・ やるべき理由がある。



そういう人は何でも続けられるんだと思います。








人生やり直せたら・・  もっとマシな生き方ができるのに。


私も以前はそう思ってました。




でもそれってホントに幸せなんでしょうか?






うまくいってないことも、愚かだったことも、

全部ひっくるめて今の自分の材料なんですよ。





私なんぞ世が世なら、真っ先に死んでしまうような他愛のない人間です。

運よく半世紀も生かされて、やっと色んなことに気づき始めています。




すでに遅いこともたくさんあるけども、 それも全てご縁。



過去は変えられないけど、未来はこれからの自分次第。

人生が続いている限り、 いつでもどこからでも始められる。




 “やるからには楽しむ。”

 “ひとりよがりではダメ。”

 “否定よりも肯定を。”





何をするにせよ、そうすることがいい流れを生むような気がします。






やるだけやってみて、たとえそれがウマくいかなくても、

行動したことに対する何かが、きっと得られるハズ。


それもまた自分次第。





人生を豊かにするのは他人頼みではなく、

自分の心持ち次第ってこと。



まぁ、よりよい人生を手っ取り早く過ごせるかは、

そのことに早く気付けるかどうかにかかっているんじゃないかと思います。





具体例が何もないけども、

ふと書き留めたかった人生の備忘録。






スポンサーサイト
しまなみ縦走2016 (後編)

自転車人生始まって以来、初めて2日間参加できた しまなみ縦走


初日の内容はこちら。
http://tairon737.blog.fc2.com/blog-entry-159.html




2日目のスタート前に 嫁と今治城見学へ。




DSC03122.jpg




今治城のスゴいところは、お城の境内はおろか、

城の入口まで自転車を持ち込めるところです。

(写真撮り忘れたけど、サイクルスタンドがあります)




DSC03125.jpg




ただ残念なのは、お城の内部が鉄筋コンクリートの学校さながらの内装。

天守にいたるまで、お城らしさが微塵もありません。


昭和55年頃の改装のようなので、雰囲気を残しつつ・・

という考えの無い時代だったから仕方ないとはいえ、残念。



海上交通を利用した海水を引き入れた三重のお堀だとか、

地盤を盤石にするための工夫だとか、せっかく特色あるお城なのに勿体ない。


藤堂高虎公も嘆かれてるのではないでしょうか。^^;




DSC03134.jpg




さてさて、ここで嫁と別行動。

しまなみ縦走の復路に出発です。


今治港から海岸線の裏道を駆使して糸山サイクリングターミナルへ。

この道知らない人は県道や国道を走ってるんでしょうね。 ( ´艸`)




DSC03138.jpg




糸山サイクリングターミナルで出走手続。

実は今年からアプリを使ったスタンプ集めも出来るようになってます。




DSC03144.jpg




アプリをダウンロードしたらイベントを選択するだけ。

位置情報をオンにしていると、友達と位置情報を共有することができ、

チェックポイントを通過しただけで、自動でスタンプを取得することも出来ます。



ただし電池の消耗が激しいので、位置情報はオフにしておくことをおススメします。

その場合は手動でスタンプを取得するのですが、

やり方は簡単。 チェックポイントで画面のボタンをタップするだけ。



実は昨日の往路も使ったんですが、 使用感はすこぶる良好です。




DSC03145.jpg 

IMG_1526.png




というわけで、本日も安定のスロースタート。

午後から天気が怪しいとのことなので、寄り道もそこそこにしなくちゃ。




DSC03146.jpg




全長4km以上を誇る長い長~い来島海峡大橋。


途中にある馬島、去年あの灯台に やまもも兄ィに連れられて行ったな~。

 ロードで。 (爆)




DSC03148.jpg




亀老山のふもとにある高龍寺。

ここには数年前に急逝された自転車仲間、メバル師さんのお墓があります。




DSC03153.jpg




メバル師さんは当時、ミニベロにしか興味が無かった私が、

ロードレーサーを持つキッカケになった張本人であります。


その頃 ミニベロでロードと一緒に走りまくる私に、

色んな人がロード買えと言ってました。




そんな中、「カンパコーラスの10速なら安くお譲りしますよ。(^^)」

とメバル師さんから悪魔のささやき。^^;



ちなみにカンパニョーロはイタリアの高級コンポメーカーで、

コンポとはブレーキ、ギヤ、クランク一式のことを指します。





で、その話をすぐ隣りで聞いていたkuro96さんが、

「カンパ専用のホイールなら、うちに転がってますよ。(^^)」





そんでもって、その話をネットでつぶやいたら、

余ってるハンドルやステム、サドルなどなど・・ 色んな部品を安く譲りますと、

様々なお仲間から ありがた~いお申し出を受け、


自分で持ってる部品を合わせると、あとはほぼ・・





フレームだけ買えばロードが出来てしまうという状況に!^^;






こうして あれよあれよと言う間に話は進み、


ロードレーサーのオーナーになったのでした。






メバル師さんが急逝されたのは、それから少したってのこと。


あれ以来、メバル師さんを忘れることはありません。

だって彼の形見となってしまったカンパコーラスが、いつも一緒なのですから。




  DSC03151.jpg




メバル師さんのお墓参りのあとは、亀老山に絶景を見に上るつもりでしたが、

あいにくの曇天では、ろくな写真も撮れないのでスルーすることに。



すると前方から黄色いレモンさんとgorikin(五輪金)さんがやって来ました。




DSC03155.jpg




メバル師さんのお墓参りの話をして、 かつての知り合いである二人にもおススメ。

場所を知らないレモンさんに説明し終わると、


「わし場所知っとるよ。」 by gorikin(五輪金)




「早く言ってよ!」 (爆)









そんなこんなで宮窪サイクリングターミナルへ。

スタンプもらってると、芋王さんや姫野さんと遭遇。



今からカレイ山上るんだけど、一緒に行かん?  と誘うと、



「ああ? 行かんよぉ!」 (-"-)


と即断されました。 無碍も無く。(苦笑)




DSC03156.jpg


DSC03157.jpg




実はカレイ山、上ったことの無い私。

いい機会なので初登頂。


最初Googleマップのナビに従って上ってると、

どうも様子がおかしい。



改めて航空写真とかと照らし合わせて目星をつけ、 無事に登頂。 





結局、全然的外れな農道からアプローチし、

余計に獲得標高を上げただけというね。(苦笑)



正規ルートの距離は2km程度と短めですが、

それなりにキツイ山です。




  DSC03158.jpg




展望台の一階にあるギャラリーでは、カレーも食べられるハズなんだけど、

あいにくの休業。


でも展望はバッチリ。




DSC03163.jpg




船折瀬戸から流れる激しい潮流も見て取れます。

まるで大河のよう。




DSC03160.jpg




いつも伯方・大島橋から見えるナゾの激坂。

その正体は採石場でした。



いつか怖いモノ見たさで上ってみようと思ってたけど、

関係者以外立入禁止。


てか、物理的に上れる気がしない。((((;゚Д゚))))




DSC03164.jpg




大三島橋のアプローチ道で、ぐんじさん、敏さんと遭遇。

私に会ってすぐにタイヤチェックする敏さん。 (爆)




DSC03165.jpg




そう、この二日間というもの、 パンク修理する人数知れず。(苦笑)


実は初日も、 尾道スタートして渡船にのり、

向島だけで 3回もパンク修理する人見ました。^^;



私のいるところ、 晴天 → 破壊 の図式は健在なのですよ。(笑)





あるチェックポイントでは、「スポーク折れたの初めてだよ~。」(T_T)

と言いつつ応急処置している御仁も・・。



南無阿弥陀仏・・  心で手を合わせながら通過。 (笑)







多々羅しまなみ公園でランチタイム♪

ここで ちゃりん娘他伴走の はなみっちゃんと遭遇。


私の顔を見て 顔が引きつったように見えたのは、

破壊を恐れてのことでしょうか?(笑)




DSC03166.jpg




多々羅しまなみ公園のメニューって、

道の駅としては かなりいい線いってると思うんですよ。




DSC03167.jpg




瀬戸田サンセットビーチでは、昨日と打って変わって、

ヴィクトワール広島も アンデックスもみんなコート着て震えてました。^^;


一見レモンに見える “はるか”のサービス。

見た目に反して、とっても甘くて美味しいんですよ。




DSC03168.jpg




元プロロードレーサーで、現在はTEAM MASSAの監督、三船雅彦さん。


ブルべでよく絡んでいるケイマン夫妻と友達であることを告げると、

とってもフレンドリーにシャッターに収まってくれました。(^^)




DSC03169.jpg




サンセットビーチを出てすぐの場所にある案山子たち。

前からこの写真撮りたかったんですよね~。(笑)




DSC03170.jpg




しかも偶然、この案山子たちをひとりで作ったというお母さんに、

レモンのはちみつ漬けを振舞っていただき、


この写真を撮ってくれた東京から来られたという自転車乗りの方と

一緒にいただきました~。(=´∀`)人(´∀`=)






昨日は寄らなかったドルチェ。

冬季限定のジェラートぜんざいをいただきます♪


寒い時は あったか冷たいコレが最高。 (๑´ڡ`๑)




DSC03175.jpg


DSC03174.jpg




天気は下り坂だし、高速バスで移動している嫁と合流することを考え、

正規ルートをまっすぐ進みます。




自分よりゆっくり走っている人を追い越す時は、

「右から抜きま~す。」 と声をかけるのがマナー。



特に初心者や家族連れなどは急にフラつくことが多いんです。

当然、後ろに注意してない人が多いので、

ビックリさせないように こちらの存在をアピールします。






なのですが、 抜いては知り合いと出会って停車。


再スタートして また同じ人を声かけながら抜くの繰り返し。^^;



何回目かに抜く時は、 「たびたびスミマセ~ン。 ^^;」 という始末。(苦笑)




DSC03177.jpg




そうそう、しまなみの赤い彗星に出会うと幸せになれるそうですよ。

そう広めてくれって本人に言われました。(爆)




DSC03176.jpg




そんなこんなで縦走も渡船に乗ってフィナーレへ。


今回もたくさんのお仲間に会ったな~、 と感慨にふけってると、

同じ船に ぐぴさんが乗ってた。(笑)




DSC03178.jpg




うまそうなハンバーガー屋があるから一緒にDO?

と誘われたんだけど、嫁を待たせてるし天気も心配だしでお別れ。


ほんでもって完走。




  DSC03179.jpg




・・って、 んん?




  DSC03179改




超雨男の I さんジャマイカ! (((( ;゚Д゚)))

その瞬間、ポツポツと降り出す始末。


おそるべし威力!(笑)



大急ぎで車へ戻り、 自転車を積んで

車に乗り込んだ瞬間、 ばしゃー!




IMG_1537.jpg




あ、危なかったー。 ε-(´∀`; )


というわけで二日間の縦走は終了しました。

完走賞のタオルは、一枚嫁のものとなりましたとさ。(笑)




  DSC03183.jpg






しまなみ縦走2016(前編)

しまなみ縦走・・

徒歩、または自転車で10ヶ所のチェックポイントを巡るスタンプラリー。


毎年3月下旬の土日に開催され、

自転車イベントとしては日本一の人気と言われます。






その理由は・・


10ヶ所あるチェックポイントのどこからでも始められ、

事前参加申込不要!  しかも 参加費無料!


二日間でスタンプを集めればよく、

コンプリートすると参加証と景品がもらえます。 無料なのに



しかも開催されている二日間ならば、何度でも参加出来ます。

つまり自転車で健脚さんなら、フルで4回 (2往復)はいけますね。




何故このようなイベントが可能なのかというと、

本四連絡道が出資、主催しているからです。


本イベントでは直接の収入は無いのですが、

しまなみ海道全体の地域活性化につながり、

来訪者が増えれば、結果的に利益もあがるというわけです。








このような素晴らしいイベントなのですが、

私個人的には、毎年必ず二日間のどちらかが仕事という不幸が続いていました。


ところが今回初めて、 二日間参加出来る日程で開催され、

嫁と二人で今治に一泊して往復する計画を立てました。(=´∀`)人(´∀`=)






ところが ところが ところが、、、、、

直前に嫁が熱を出し、 前日には回復したものの、大事をとってDNSする事に。



でも宿はとってあるし、 今治ナイトは楽しみたいと嫁。

そこで私は自転車で往復し、嫁は高速バスで今治往復というプランに急きょ変更。



車載で尾道へ移動し、U2で受け付け。

嫁は高速バスの時間まで尾道散策へ。




DSC03070.jpg




駅前渡船の前では CYCLE HEART さんのブースが出展。

ミニベロミーティングでもお世話になっている福山のメーカーさんです。


この場所は目立つ。( ^ω^ )




DSC03071.jpg




多くの人が駅前渡船を利用しますが、

男は黙って福本渡船! と誰かが言ったとか言わないとか。(笑)


駅前渡船は110円ですが、少し離れた福本渡船は70円なんですよ。

数十円をケチるケチらないは別として、立地条件からこちらの方が空いてるんです。



ええ・・

危険物なのでここに乗ります  的・・。(苦笑)




DSC03073.jpg




本来なら嫁が一緒の予定だったので、 まっすぐ最短距離で縦走するつもりでした。

が、ひとりになったので気ままなノープラン。


スタート直後ですが、いきなり脱線してみます。(笑)




DSC03075.jpg




尾道から渡る最初の島である向島。


そこから橋でつながっている岩子島は、しまなみ本コースから外れているので、

立ち寄る人も少ない小さな島です。




無題




本コース上には自転車が見えない瞬間が無いくらいでしたが、

岩子島に渡った瞬間、静けさに包まれます。




DSC03078.jpg




忘れられたような島ですが、「ふたり」「あした」「彼のオートバイ・彼女の島」「男たちの大和」など、

数々の映画のロケ地なんですよ。


「ふたり」と「あした」は見てないんですけどね、私。(笑)




  DSC03080.jpg




他にもトマトやワケギの生産地だったりとか、心霊スポットのトンネルだとか、

けっこう見どころがある島なんですね~。


何といっても、本コースからわずかに外れただけで このアウェイ感が素晴らしい。




  IMG_1513.jpg




てなわけで、いきなり脱線スタートだったわけですが、

本コースに戻ってスタンプ集め。




  DSC03083.jpg




定番の はっさく屋。 ここは外せん・・

と立ち寄ったら、まだ午前中なのに既に売り切れ! Σ( ̄ロ ̄lll)



店長さんいわく、

「朝からスゴイ人数来るんじゃけど、今日なんかあるん?」


いや、しまなみ縦走くらいチェックしておこうよ。^^;




IMG_1524.jpg




と言いつつ、少し取りおいてあったのを分けてくれました。

あ、フラッシュたくの忘れた。 (苦笑)




DSC03086.jpg




はっさく屋を出てすぐ、 前方から禍々しいオーラをまとったローディが一台。

Arashimaさんでした。


両者、同時にフルブレーキング、 & Uターン。(笑)



「いや~、今日は寝坊しちゃってね~。」

 「知ってます。」

「急にノープランになっちゃって・・ 」

 「知ってます。奥さん具合悪いんですよね。」






・・・・私の行動、ガラス張り。 ( ꒪⌓꒪)




DSC03087.jpg




因島・・ 水軍スカイラインがお気に入りなんだけど、

フラワーセンターがスタンプポイントなので、仕方なく正規ルート。


ここでは地元の中学生がボランティアで はっさくを剥いてくれます。

全世界に発信されることを快諾してくれる君たちがステキなんですよ。(笑)




DSC03089.jpg




ここは外せん×2、ということで大山神社に参拝。


正規ルートから外れてるのに、けっこうサイクリスト来てましたね~。

全国でも珍しい自転車神社ということで浸透しているようです。(^^)




DSC03090.jpg




あちこち寄り道してたら、ここまででお昼になっちゃいました。

ちょうどいいので、行ったことのない因島カレー ルリヲンを探すことに。


facebookページを頼りにアプローチするも見つからず。

って、よく見ると閉店(時間?日?)になってるし。^^;



あきらめて生口島橋の下にある 菜のはな へ。

実はここも入るの初めて。

カレー風味のチキンランチをいただいてしばしマッタリ。




DSC03092.jpg


DSC03096.jpg




ここは先日、清掃活動に参加したサイクリングロード。

おかげで気持ちよく走れます。( ^ω^ )




DSC03097.jpg




しまなみを走ってると高確率で遭遇する、

しまなみの重鎮・・ いや、珍獣りょうちゃん。


やっぱり出会うのね。(笑)




DSC03100.jpg




しおまち商店街の名物、玉木商店のローストチキン。

うちの嫁は3回もここに来てるのに、店休や売り切れで食べたことありません。


なので今回は嫁のぶんも買っていってやります。

楽しくサイクリングするには必須事項ですよ、ご主人様たち。(笑)




DSC03101.jpg




瀬戸田サンセットビーチではヴィクトワール広島や、

アンデックスブースが賑わってます。




DSC03104.jpg


DSC03106.jpg




そしてここでは双方に向かう人が入り乱れて、

この日もっとも知り合いに会った場所でした。


毎度トシハルさんの燻製をいただき、今夜のおつまみゲット♪




DSC03108.jpg




お久しぶりの ありんくりんさんにkiyoさん。



「いや~、今日はスロースタートでね~。」


 「知ってます。」




・・どこよりも誰よりもクリーンで透明な生活を送っております。_| ̄|○ (爆)




DSC03107.jpg




他にもたくさんの人と交流して、少なくとも30分以上ここにいたのは秘密です。(笑)


その後、私と同じく今治で一泊という ありんくりんさんと同行することに。




  DSC03114.jpg




のんびりおしゃべりしたり、

伯方の塩ソフトを堪能したり。




DSC03115.jpg




当初は他にも寄り道するつもりでしたが、

のんびりしすぎて真っ直ぐゴールに向かっても時間が怪しくなりました。


嫁も待たせていることだし、ありんくりんさんに断って先を急ぐことに。




DSC03116.jpg




快調にカッ飛んでると前方からCafé33の店長さんが。

あちらもフェリーの時間がタイトとかで、挨拶もそこそこにお別れ。ε-(´∀`; )




DSC03118.jpg




サクサクと進行して、ここまで来れば余裕・・ 的。




  DSC03119.jpg




はい到着~。

終始向い風だったけど、楽しく走れました。(=´∀`)人(´∀`=)




DSC03120.jpg




ホテルにチェックインしてシャワー浴びて、

本日の成果を確認。




  DSC03121.jpg




そして夜は今治ナイト♪


なんとひとつの交差点内に点在するホテルに、

これだけの仲間が宿泊していたという。(笑)




IMG_1528.jpg




安くてウマくて楽しい夜をすごしました。

そして縦走2日目に続く~。ε-(´∀`; )




IMG_1530.jpg













プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR