タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
太田川、新緑ライド

5月21日、「太田川新緑ライド」 を開催しました。



これは瀬戸内サイクルメディア会員とご家族お知り合いを対象とした無料のファンイベントで、

呉ポタリング倶楽部のお仲間もたくさん集まってくれました。




DSC03570.jpg




天気は快晴! 暑からず寒からず、

絶好のサイクリング日和です。




DSC03573.jpg




田植え前の情緒ある風景。

タイトルどおりの新緑ライド、 狙いどおりです。( ^ω^ )




DSC03576.jpg




で、別に狙ってはおりませんが、


 晴天 → 破壊



やはりというか、なんというか・・・・ ^^;






toragokkoさんが早々にパンク。 しかもサイドカットでDNF・・。



自慢の電チャリロードで 「登坂もバッチこーい!」

とヤル気満々だっただけに気の毒。(´Д` )
(※画像はイメージですw)




  IMG_2074.jpg




続いてtoragokkoさんのサポートをしてくれていたブラエムさんがパンク。(>_<)


そしてブラエムさんのお連れ様が次々にパンク。(((( ;゚Д゚)))





こ、こわい、 気持ちいいくらいにこわい・・ ァ,、’`( ꒪Д꒪),、’`’`,、


イベントタイトルを 破壊神祭り に変えなければならないかと思ったほど。(苦笑)
(※画像はイメージですw)




Image411.jpg




さてさて、お約束のトラブル続出で波乱の序盤となりましたが、

本隊はのんびりマッタリ順調に走行。




  DSC03579.jpg




太田川ぞいは旧JR可部線の沿線。

たくさんの遺構がありますが、安野花の駅もそのひとつ。




DSC03584.jpg




駅舎がそのまま記念に残されています。

コース上のよい休憩ポイントであり、合流場所としても便利です。




DSC03587.jpg




安野駅からすぐの場所にある程原沈下橋。

国道からは見えるのですが、対岸を進んでいたら見つかりません。




DSC03593.jpg




こんな時、そっと背中を押してあげたくなるのは

私だけでしょうか? ( ´艸`)




DSC03590.jpg




自転車仲間のKRKさんがオートバイで出現。

イベントに参加出来なくても、こうして会いに来てくれるのって嬉しいですね。




DSC03598.jpg




加計といえば、よしおのたい焼です。

最近は有名になりすぎて、午後には20分待ちが当たり前とか。




  DSC03601.jpg




外は羽つきでパリッ、あんこドッサリ♪

いつ食べても最高です。




DSC03602.jpg




いつも渡っているお気に入りの吊り橋。

ここから戸河内インターの道の駅まで、裏道でつながってるんですよ。




DSC03608.jpg




林道からこのような細道を下ったところにあります。

教えてもらわなければ、まず発見できない隠れスポット。




DSC03606.jpg




なのに、この標識・・  意味が分かりません。( ꒪⌓꒪)

ルパンくらいですよ、ここを車で通れるのは。(爆)




DSC03605.jpg




戸河内道の駅周辺は食事処がたくさん。

一時間後に集合することにして、各自自由な場所で昼食タイムです。



私はステーキな気分だったので North へ。




DSC03618.jpg




肉肉肉~~~♪

ジュワ~~~ (๑´ڡ`๑)




DSC03615.jpg





肉の質やグラムが選べて、 ごはん・サラダ盛り放題、

いや~、堪能堪能♪




DSC03614.jpg




食後は有志で井仁の棚田へヒルクライム。

平地組は来た道を引き返します。




DSC03621.jpg




トンネルに入れば登坂終了。

ひんやりした空気が火照った体を癒してくれます。




DSC03626改




トンネルを出たら正面が棚田。

ロケーション的にも最高の演出ですね。




DSC03629.jpg




始めて来た人もいるので、

色んな角度から風景を楽しみます。




DSC03632.jpg




日本の棚田百選にも選ばれている井仁の棚田。

素晴らしい景観ですが、保存する側は大変な苦労をされています。




DSC03633.jpg




季節によって様々な表情を見せてくれる素晴らしい景色を

守ってくれる人がいるからこそ楽しめることに感謝なのです。




DSC03643.jpg




棚田から反対側に下って、平地組と合流。

来た道をのんびり戻ります。




DSC03645.jpg




帰りは誰もパンクせず、 トラブルもなく、

順調に走行してオンタイムで帰着。




DSC03652.jpg




今回うれしかったのは、お久しぶりの呉ポタメンバーが多く参加してくれたこと。


SCMの活動に興味を持って参加してくれる新しい仲間と一緒に、

みんなで楽しめるのが最高の時間なのです。




これからはもっとこうしたイベントも数を増やしていく予定なので、

皆さんも是非参加してみて下さいね。





ただし、予備チューブは多めに携行ください。( ゚д゚)




DSC03656.jpg












スポンサーサイト
のんびり浜田往還

5月7日、MSCC主催の「浜田往還」に参加させていただきました。





MSCCはマツダの自転車チーム。

世話役はSCM理事でもあるMさんです。



そんな経緯からお誘いいただいたのですが、

ここのところ私の月間走行距離は300km前後という体たらく。(´Д` )



一日で 瀬戸内海日本海 を往復する走力があるか少々不安でしたが、


せっかくなので自宅の呉から完全自走することに。(笑)










実は週間天気では高確率で雨予報だったのですが、


事前に雨を心配するコメントは全くなく、

代わりに予備チューブや機材チェックについて注意が発せられるというね。(笑)





はい、期待通り路面はドライです!(爆)





DSC03505.jpg




集合場所へ一番乗り。

今日はハイドレーションバック装備です。



長距離の場合、この方が水分補給の効率がいいだけでなく、

飲み物を何度も買うより経済的なんですよ。




IMG_1991.jpg




時間になるとパラパラと参加者が集まり始め、

足並みに合わせてスタート時間を区切っているようです。



スタミナに不安がある私は、一番ゆっくりペースのグループでスタート。

つまり、一番出発時刻が早いというわけです。




DSC03507.jpg




太田川沿いに北上していきます。

昨日の雨で路面が少々濡れていますが許容範囲。




DSC03515.jpg




しばらくすると、後発のグループが追いついてきました。

更に速いグループ(うさぎさんチーム)は国道をカッ飛んでったそうです。^^;




DSC03522.jpg




最初の合流ポイント、加計のセブンに到着。

こんな大人数で日本海往復したことないのでビックリ!( ゚д゚)




DSC03523.jpg




しかしこの日の天気は晴れのハズなのに、

なんだか曇ってるなと思ったら・・




いた、雨男が!(笑)




リュックのテルテル坊主が泣かせます。^^;




  DSC03524.jpg




ちなみに彼が背負っているリュックは、

オーストリッチ・バックパックライト5.5 という商品で、

私も使っている超おススメアイテムです。
http://cyclemedia.blog.fc2.com/blog-entry-13.html




人にすすめられないと良さがわからない逸品ですが、

私の宣伝でかなり売れたハズ。


オーストリッチさん、何か下さい。(笑)




IMG_1204.jpg




冗談はさておき、雨男さんと合流した途端、

霧雨が降り始め、ついには路面も完全なウエットに。( ꒪⌓꒪)




DSC03528.jpg




それでもみんな楽しそうなのでよしとします。

お約束、撮る人を撮る。(笑)




DSC03530.jpg




ところが往路の最高点、大佐スキー場につくとこの濃霧!

雨雲レーダー見ても雲ひとつ映ってないのに・・



おそるべし雨男パワー! ((((;゚Д゚))))




DSC03532.jpg




ここからは日本海に向けてのダウンヒルです。



雨男から逃げるようにダッシュしたのですが、

もう完全な本降り。( ꒪⌓꒪)



結局、浜田市街に入るまで降られて、ウェアも自転車もドロドロ。

先週、全バラ整備したばかりなのに・・。(´Д` )




DSC03534.jpg




雨はホントに想定外でしたが、 家からここまで約150km。


徹底したLSD(ロング・スロー・ディスタンス=長距離を低負荷で走ること)を心がけたため、

ほとんど体力を使わずに(当社比w)目的地に到着。




過去の日本海往復といえば、真夏に高強度で山岳コースも追加されていたため、

ボロボロになった想い出しかないのですが、



季節とセルフマネージメント次第で こんなに楽に来れるんだと痛感。(笑)




DSC03533.jpg




日本海の海の幸、海鮮ドーン♪




IMG_1994.jpg




そして日本海どーん!ψ(`∇´)ψ




DSC03536.jpg




この辺。(笑)




  IMG_1993.png




伴走車も含めて記念撮影~☆


これだけの人数が広島から日本海を往復するのです。

天気も回復してご機嫌。( ^ω^ )




DSC03541.jpg




天気回復・・・

ということは・・・・・・  ハイ、そうですね。(爆)




DSC03539.jpg




こちらは大佐でのひとコマ。


この他にも何人か犠牲者が続出。

Mさんによると、例年こんなにパンクしないそうで、


いやはや、ホンマ生きててスイマセン。( ゚д゚)




  IMG_1992.jpg




ちなみに、チューブ交換には携帯ポンプが必須なのですが、

私おススメのGIYO携帯ポンプを解説つきで広報。



今回だけでも何本か売れたハズ。

GIYOさん、何か下さい。(笑)




IMG_1198.jpg




帰りも超カメさんチームに入れてもらってのんびり。

はい、タイトルの意味がここでわかりましたね。(笑)




DSC03546.jpg




行きも帰りも、ほとんど傾斜のユルいルート選択です。

ペースもほんとのんびりマッタリ。( ^ω^ )




DSC03545.jpg




この女性、なんと自転車始めて3ヶ月なんだとか。

そして先日の廿日市トライアスロンを完走されたんだとか。


「私、初心者でヘタレで、乗りながらボトルも飲めないんですよ~。(>_<)」




色々と意味がわかりません!( ゚д゚)




  DSC03552.jpg




ここ、ちょっとしたオカルト系のトンネルなんですが、

こういうワープ的画像撮る方に夢中の私。



カメラを構えてたたずむ私に、みんなビビってました。(笑)




DSC03555.jpg




あとはほぼ下り基調。

解散場所の大朝まではもう少しです。




DSC03562.jpg




大朝のセブンで中締め解散。


終始温存して走ったおかげで、足はしっかり残ってます。

なるべく早く帰りたいので、うさぎさんチームに曳いてもらう事に。





DSC03565.jpg




うさぎさん列車に牽引してもらったおかげで、日没と同時に広島市内を通過。

帰宅するまでタレることなく、楽しんで走れました。


MSCCの皆さん、伴走と世話役をしていただいたMさん、

本当にありがとうございました。



また都合が合いましたら、是非参加させて下さいね。(=´∀`)人(´∀`=)




  IMG_1997.jpg


















俊旬カレーとラブベンチ探しサイクリング♪

5月4日、孫たちを連れて下蒲刈へ。




DSC03356改




お目当ては地域おこし協力隊のシュンさん企画、

“春の俊旬カレー×島の異端児DJ Yu-Y@竹テントで「うふふ♪」

 で美味しいカレーを食べるため。 (ネーミング長げーよw)




DSC03361.jpg




数種類えらべるトッピングの中から、現地で取れたてワカメをチョイス♪

ウマウマのヤバヤバです。




DSC03369.jpg




その他、サイクリストへの無料給水サービスや、

ハート型レモンや柑橘などの振舞いも♡




DSC03385.jpg

DSC03388.jpg




会場では地元DJ、Yu-Y@ さんによるライブパフォーマンスも。


懐かしのディスコチューンから王道ソウルミュージックなどを中心に、

大人な選曲とアレンジで魅了します。(^^)




DSC03374.jpg




美味しいカレーと心地よい音楽を堪能しながら、

ゆったりとした島時間にしばし時を忘れます。




DSC03386.jpg




で、本日のもうひとつの目的に向けて出発。

昨日の雨がウソのように気持ちいい青空です。




  DSC03394.jpg




早速ひとつ目の目的地発見。




DSC03405.jpg




それはシュンさんが下蒲刈のあちこちに設置した5つのラブベンチ♡

見つけてラブラブ写真を撮って応募すると、入選者は景品がもらえます。


地元誌 「くれえばん」 ともコラボしているステキ企画。
https://www.facebook.com/events/802942909806554/




DSC03407.jpg




今日のとびしまは、地元がモデルのアニメ映画、「ももへの手紙」の色彩さながら。

是非作品を見てから、初夏から夏の終わりにかけて とびしまを訪れて欲しいです。




DSC03419.jpg




ふたつ目のポイント見っけ。

それは看板とは反対側の海にあります。




DSC03424.jpg




通称、“しげ島”

ちょっと足元が険しいのでご注意を。




  DSC03425.jpg




女性はハイヒールはやめた方がいいですよ~。^^;


「男性は手をひいてエスコートしましょう」

というのが推奨シチュエーションなのだとか。(笑)




DSC03427.jpg




撮る方も 撮られる方も 腰が引けてます。 ( ´艸`)ププッ




DSC03428.jpg




この しげ島、 その名のとおり、地元在住しげさんの島です。


しげさんのお爺さんの時代に現在の道路整備が行われ、

道路が土地を横切ったため、後の地図上から海の部分が消されてしまったのだとか。



それでも先祖代々受け継いだ、正真正銘しげさんの土地なのです。

訪れる際は、是非おじゃましますの心持ちでお願いしますね。(^^)




DSC03432.jpg




さて、ズンドコいきますよ~。




DSC03434.jpg




・・って、次は坂の上らしい。 (´Д` )




DSC03437.jpg




子供らにはしんどいかなって思ったのですが、

なんと出来るだけ乗って上がろうとするじゃありませんか。




DSC03440.jpg




下の子も遅れながら頑張ってます。

こりゃあ、あと数年経ったら、


「ジィジ遅い!」 


と言われるようになるかもですね。ε-(´∀`; )




DSC03444.jpg




看板を頼りに道をたどります。

まだ上るのぉ~~~? (笑)




DSC03452.jpg




道なりに上っていくと、ありました。

ここを歩いていくようです。




DSC03454.jpg




突然視界が開けて絶景が広がります!

この景色を見たら、上りの苦労は全て帳消しに。




DSC03456.jpg




~飛空美る丘の名前の由来~


ここから見える小さな岩 「ひくベ」

「飛」べるような錯覚を感じる傾斜と広がりがある「空」

そして「美」しさで、「飛空美る丘(ひくびるおか)」 


・・・と地域おこし協力隊員、シュンさんが“勝手に”命名。(笑)




いやぁ、言い得て妙ですな。( ^ω^ )




DSC03458.jpg




尾根づたいにちょっとしたトレッキングも出来る景勝地。


木のテーブルとベンチもたくさんあるので、

夕陽や月見とシャレこむのも一興の場所ですよ。




DSC03460.jpg




さて、上りよりも実は下りの方が大変です。


子供たちは経験したことのない長い下りを

ブレーキを握りしめて下りなければなりません。



休み休みボチボチ下ります。




DSC03468.jpg




やっと海岸に出てホッとひと息。

よく頑張りました。(^^)




DSC03469.jpg




次の場所は梶ヶ浜海水浴場のボードウォークの上。

それにしてもネーミング楽しんでますねぇ。(^^)




DSC03475.jpg




先ほどのことを思えば、いとも簡単にゲット。(笑)




DSC03476.jpg




というわけで駐車場に戻ります。

追い風でペダルも軽い♪




DSC03480.jpg




頑張って走った孫たちへのご褒美に、

オープンしたばかりの島カフェ、Maruya cafe へ。




DSC03481.jpg




開け放たれた玄関からは、島風景を楽しめる開放的な空間。




DSC03486.jpg




メニューはどれもおススメですが、

ハートレモンをあしらえた杏仁豆腐がいい味だしてます。




IMG_1816.jpg




「ええ~っ!お孫さん!!!? お子さんじゃなくて!?」



・・嬉しいというよりも、 もはや説明するのが面倒というね。(笑)




DSC03488.jpg




ベンチも網羅して、グルメと景色を楽しんで、

満足して車に戻ります。




DSC03490.jpg




ここで察しのいい方はお気づきかと思いますが、

実は あとひとつ見つけていないベンチがあります。




それは下蒲刈で一番高い大平山の頂上なのです。

なので自転車を積んで車でGO。




DSC03503.jpg




道中にはシュンさんと島の子供たちが設置された看板があるので、

迷わずに上ることができます。




DSC03502.jpg




はい、コンプリート♪

もうちょっと大きくなったら自転車で来よう。




DSC03499.jpg




大平山は知る人ぞ知る桜の名所でもあります。

下蒲刈を縦横無尽に巡る農道探索をするのも一興。



何度も来てる人でも、見た事のない景色に出会えるかもしれませんよ。(^^)




DSC03501.jpg




美味しいカレーと音楽、 そしてラブベンチ巡り・・

子供たちと過ごすには、ちょうどいい極上島空間でした。




ラブベンチのラブラブコンテスト応募は5月31日まで。

是非 皆さんも探してみられてはどうでしょう?




DSC03495.jpg














プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR