タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みろくの里サイクルフェスタ2016

怒涛の週末、最終日は、みろくの里サイクルフェスタ2016 にスタッフ参加しました。



無題




みろくの里はヴィクトワール広島主催のレースイベントで、昨年に続いて2回目の開催。

福山にあるテーマパーク、みろくの里 内の特設コースを使用します。




  DSC04380.jpg




土日2日間のイベントなので、私は東京からトンボ帰りして2日目に強行参加。


天気は晴れ。気温もおだやかで暖かです。




DSC04383.jpg




競技はママチャリ耐久レースからスタート。


コスプレや子供自転車もいますが、走りは本気!(笑)




DSC04392.jpg




プロアマ混走の2時間耐久は参加者も多くて

なかなかの迫力です。




DSC04401.jpg


DSC04405.jpg


DSC04412.jpg


DSC04410.jpg




MCは、エッグプランニングの新山真央さん。


レースイベントの実況も、すっかりお馴染みですね。(^^)




DSC04413.jpg




出店ブースも尾道ラーメン他、色々賑わってます。




DSC04393.jpg




福山の新屋カイロプラティックさん。


ご夫婦ともども自転車仲間として仲良くさせていただいてます。(^^)




DSC04415.jpg




仲の良いご夫婦が身体だけでなく、心も癒してくれますよ。


お近くの方は是非。(^^)
http://sinyachiro.jimdo.com/




DSC04416.jpg




キッズレースに参加する元気なちびっ子たち。


体は小さくても、気合は大人顔負けかも。(笑)




DSC04418.jpg




未就学児童のレース体験コーナーも。


ほのぼのとした空気が流れますね~。(^^)




DSC04429.jpg




最終レースは本格的なエキシビジョン。


ヴィクトワール広島と、脚力自慢の猛者たちが出走します。




DSC04432.jpg




レースはさすがのペースで展開。


ゲストライダーである、プロトライアスリートの小林歩選手の力走。




DSC04433.jpg




結果はヴィクトワール広島の河賀雄大選手が貫録の優勝。


自転車レースを初めて見る子供たちからも、感嘆の声があがってました。




DSC04437.jpg




最後は盛大に表彰式を行って終了。


コースも規模も雰囲気も、なかなかに良いイベントでした。




DSC04440.jpg




今期、3つの大会にスタッフ参加させていただいたのですが、



9月のサイクルフェスタHiroshimaでは、SCMのブース出展を。

11月の広島バイシクル・フェスタでは企画運営を。

そして今回のみろくの里サイクルフェスタでは立哨、誘導、受付などのスタッフとして、



それぞれ関わらせていただいて、 フタを開けてみれば、

ほとんど全てのポジションを経験したことになります。




たった半年の間に、これだけの経験ができたことは大きな財産であり、

また、活動を通じて新たな仲間や関係もできて、

来期は更に飛躍が可能となります。




まだ構想は私の胸の内にありますが、

きっと何かしらの形でお知らせできる時が来ると思います。



テーマは常に、more Happy、more Exciting を目指して。




何はともあれ、みろくの里のスタッフの皆さん、

お疲れ様でした~。




IMG_4052.jpg










スポンサーサイト
あんこう鍋とつぼみたち ~後編~

佐咲紗花バスツアーの続き。



次の目的地はアニメ、“ガールズ&パンツァー”の舞台になった大洗町。


佐咲紗花はガールズ&パンツァーの挿入歌、「あんこう音頭」を歌っており、

同作品とイベントなどで大洗にゆかりが深いのです。






まずはスタッフさんおススメの名物あんこう鍋を食べさせてくれるお店へ。




IMG_3997.jpg




あんこうのキモを加熱してペースト状にしたものを具材にかける本格的などぶ汁。

目の前で実演しながら、あんこう鍋のあれこれを丁寧に説明してもらえます。




IMG_4005.jpg




水分と栄養を豊富に含むあんこうの身は、

船上での生活を支える漁師料理として重宝されたそう。


本当に硬い骨以外は、エラに至るまで全部食べられます。




IMG_4006.jpg




アフター鍋はご飯を入れて おじやに。

たたみかける濃厚な味わいは、聞きしに勝る美味しさ。(๑´ڡ`๑)



いや~、堪能堪能♪




IMG_4011.jpg




そして食事中には参加者全員とツーショット撮影会も!


説明が面倒なので省きますが、これがどれだけスペシャルなことか。^^;






で、ここでちょっとした珍事が。



問題なければ腕組んでもらってイイっすか? って言った私に対して、

 「ハイ、どうぞ♪」 と肘をつきだす さや姉。




え? 私が寄り添う方? (爆)


「あ、そうか、間違えたw」




一同爆笑。



おもしろいので、その体で撮ってもらったのがこのポラ。(笑)




  IMG_4038.jpg




で、私のカメラでは、ちゃんと希望通りにしてくれました。

わが生涯に一片の悔いなーし!(笑)




  IMG_4010改




いや、影山さんの時と同じく変な表情になっとるわ~。^^;

緊張とかじゃなくてね。 気持ちがね。(笑)



さっそく家族にLINEで自慢したら、

娘に 「CGじゃろ?」 って言われた事を付け加えておきます。( ꒪⌓꒪)






さてさて、食後は大洗観光へ。



この町の素晴らしいところは、ガールズ&パンツァーの人気を受けて、

町全体が一体となって盛り上げているところ。




IMG_4020.jpg




レンタサイクルもこの通り。


前輪にディスクホイールなのは安全性がアレだけど、

町の中をウロつく分には問題なさそうです。




  IMG_4023.jpg




さや姉の名ガイドにより、 車窓からゆかりの地を深訪します。

劇中に登場する実在の場所もたくさん。




ちなみに私、二次元の美少女や萌えアニメには一切興味がありませんが、

このガールズ&パンツァーは本当に面白くておススメ。



戦車戦の機微やリアルさが根底にありながらの遊び心満載の作品。

人気シリーズになったのも納得です。




見た目の好みで敬遠されている方は一見の価値ありですゾ。





IMG_4015.jpg




大洗は元々、大々的な観光地というわけでは無いのだろうけど、

アニメの人気、そして町の人々のノリと遊び心による盛り上げの相乗効果で、

年間を通じてたくさんの人が来訪しています。



大きな規模のイベントも色々あるみたい。




IMG_4013.jpg




私は常々町おこしの成功例としてひきあいに出させてもらうのですが、

この大洗と境港のゲゲゲの鬼太郎ロードは本当に素晴らしいと思います。





私の住んでいる呉市でも、ゲームや漫画から興味を持った若い人が、

何度も訪れて自ら魅力を発信してくれたりしています。



チャンスを活かしませんか? エライ人。(笑)




IMG_4014.jpg




そして次の立ち寄りポイントはココ。



観光客のお土産から、日常の食材の買い物まで、

地元名産の品が並ぶ 大洗まいわい市場。




IMG_4021.jpg




お土産を買うには最適な場所であるだけでなく、

花咲キラジオのスポンサー様でもあります。



わかりますね? (笑)





笑い話はともかく、本当に美味しそうなモノがたくさんあります。

さや姉おススメの品や、お土産を袋いっぱい買わせていただきました。( ^ω^ )




IMG_4022.jpg




これで立ち寄り所は全て終了。

バスは東京駅を目指します。



ちなみに移動中の車内では、ラジオよろしくトークあり笑いあり、

藤井マネとの掛け合いも面白かった。


何より普段声だけで聴いてるさや姉の語りを

一日中 表情を見ながら聞ける贅沢。( ̄▽ ̄)




参加者全員ハズレ無しの さや姉秘蔵品プレゼント抽選会もあったりして、

本当に盛りだくさんで充実したツアーでしたよ。





ツアー最後のお別れ時は、ひとりひとり握手してしっかりと会話。


彼女のスゴイところは、ファンの情報を信じられないくらい高レベルで記憶していること。

ただ覚えているだけでなく、交わした文字や会話から色んなことを察する能力も高い。



だから普通ではありえない自分目線の会話ができたりするんです。




つくづく素晴らしい人のファンになったなと思いつつ。




IMG_4031.jpg




あっという間の1日でしたが、 そんなわけで非常に濃密な時をすごしました。

さや姉、スタッフの皆さん、 交流したファンの皆さんに感謝です。



来月のクリスマスライブでまた会えるので、今回は別れがさびしくないというね。(笑) 




IMG_4032.jpg




さてさて、そんな余韻に浸りつつも、慌ただしく最終便の飛行機で帰路へ。

翌日は気持ちを切り替えて、みろくの里2日目のスタッフ参加です。



当然、その模様は次のブログへ。









あんこう鍋とつぼみたち ~前編~

前回からのつづきです。



関東ひとり旅2日目の11月19日。

佐咲紗花FCバスツアーに参加。


これが今回の旅の目的です。(笑)







タイロンさんをそこまでさせるってどんな人?

ってよく聞かれるので、改めて説明すると、


佐咲紗花(ささきさやか)はアニソンシンガーです。




曲や雰囲気が好きなアーティストはジャンル、性別を問わずたくさんいますが、


人となりにまで惚れ込んだ唯一の存在です。  説明おわり。(笑)








で、今回のバスツアーですが、休みとバッチリはまっており、

発表も初夏だったのですぐに予約しておりました。




ところが、みろくの里サイクルフェスタの開催日がこれと重なり、

更に中国経済産業局による自転車関係者や活動団体が集う初のサミットが松江で開催。


もっと言うと、安芸灘とびしまオレンジライドも重なるというね。 ^^;






仕方なくSCMのスタッフに手分けしてこれらに参加してもらい、

嫁にも助けてもらって、結果からいうと何とか乗り切りました。( ゚д゚)



正確には私の采配うんぬんではなく、

それぞれに当たってくれた人たちの個々の対応力と、判断力に助けられました。



本当にありがたいことです。








というわけで、ムリっくりねじ込んだ感じになったバスツアー。


もしも他の予定が先に入っていたら、絶対に参加不可能でした。




うがった見方をすると、好きなアーティストとのご縁がつながったのだと、

ここはポジティブ&シンプルに捉えたい。(笑)


※白状するが、だいたいその頃、みろくの里があるって事を聞いていた気がするのは秘密だっ! |ω・)チラ











というわけで、前置きが長くなりましたが、バスツアー当日。



週間予報から覚悟はしておりましたが、朝から割と強めの雨。




IMG_3983.jpg




そう、彼女は本人も自覚する超雨女なのです。 ^^;



当の本人はこの事を気に入っているハズもありませんが、

ネタとしてはこれ以上ないスキルの発動ぶり。(笑)




あいにくの雨も、ファンにとっては嬉しいネタのひとつ。( ´艸`)

集合場所でさっそく盛り上がります。






参加者の中には これまで会ったことのある人や、

彼女のラジオやTwitterでお互いに知る人がたくさんいて、


ファン同士の交流も楽しみのひとつなんです。






なにかひとつのテーマでつながるのって、

自転車仲間となんら変わりはありませんね。( ^ω^ )












で、バスは彼女がレギュラー番組を収録している茨城放送へ。




IMG_3988.jpg




いつも聞いているラジオの収録現場、

そしてYouTubeにアップされる番組後記で見慣れた風景。


豊富なCDやレコードが所せましと置いてある資料室まで・・




そこまでファンに公開されるのは初めてで、

撮影許可までいただけるのは、とってもレアなことなんです。




  IMG_3991.jpg




このツアーのために番組スタッフさんも出張ってくれて、

リスナー的には とっても馴染みのある人たちなので、

挨拶できて本当に嬉しかったです。




いつもお便りを送っているので、

ハンドルネームでわかってもらえるのも喜びポイント。♪( ´▽`)




初公開となる出来立てホヤホヤの番組ステッカーもいただいて、

至れり尽くせりの特典満載ツアー♪ (^^)




DSC04443.jpg




ここでバスツアー参加者全員で記念撮影。

もちろんスタッフさんも一緒。(=´∀`)人(´∀`=)



スタジオにこれだけの人数が一度に入ったのは初めてとか。(笑)
(※写真は佐咲紗花公式Twitterより)



IMG_4033.jpg




佐咲紗花の花咲キラジオ

IBS茨城放送 毎週土曜日22:00
CRKラジオ関西 毎週土曜日23:30
KRY山口放送 毎週月曜日21:00

http://www.ibs-radio.com/

radiko(ラジコ)プレミアム(月額350円)に加入すると、全国の放送が聴けます。
http://radiko.jp/


ちなみに最近のradikoって、過去1週間以内の番組をいつでも聴けるんですよ。

便利な世の中になったもんじゃのう~。(^^)








さてさて、もうこれだけでツアー終わってもいいくらいの内容ですが、

旅はまだまだ続きます。



長くなったので続く~。 (笑)










ひとり関東へ

先週末は18日、19日とプライベートで関東へ。

20日は「みろくの里サイクルフェスタ2016」にスタッフとして参加してきました。





正直言って最近の私はとっても怒涛。

年内に終わらせておかなければならない事が、文字通り山積み状態。^^;




なのですが、 この3日間のことを整理しなければ

先に進めない自分がいます。(笑)



なので1日ずつ振り返ってブログに書いておこうかと。

誰のためでもない、自分の気持ちのためですよ。(笑)







さて、11月18日(金)

勤務明けから岩国錦帯橋空港へ。



今回は完全なプライベートで関東へ飛びます。




  IMG_3969.jpg




実は今更ながら人生初飛行機だった私。

だって今まで使う理由も機会もなかったから。(笑)




あっという間にしまなみ海道、瀬戸大橋を越え、眼下に小豆島が。


二十四の瞳で有名なこの島は、サイクリングにも最適なリゾートアイランド。

お気に入りの島のひとつで、実は近々お忍びで再訪する予定だったり。( ´艸`)




IMG_3970.jpg




高度10000mから見る景色はそれだけでステキなんだけども、

かつてトラックで全国を走り回り、自転車やオートバイでも色々行ってるので、

余計に感慨深いものがあって飽きませんね~。





主翼の動きや浮力を得ている様子が見たくて、

あえてこの場所をとったのですよ。



ええ、男の子ですから。(笑)




IMG_3973.jpg




羽田に到着して最初に向かったのはお台場。

メインの用事は翌日なので、時間の許すかぎり観光です。




  DSC04356.jpg




このビル、巨大ロボに変形するらしいって噂が・・ (嘘w)




DSC04362.jpg




お台場に来たらコレでしょう。

ガンダムは日本人の必修科目のひとつだからね。(笑)




IMG_3982.jpg




1/1スケールの迫力よ。

う~ん、乗りたい。(笑)




  DSC04373.jpg




もちろんダイバーシティ内のガンダムフロントにも入場。

360°の立体上映や、なりきり撮影スポットもたくさん。




DSC04363.jpg




「僕にはまだ帰る場所がある・・」 ってヤツですな。(笑)




DSC04365.jpg




ストライクフリーダムは個人的に一番好きなガンダム。

ええ、ひとり旅の50歳ですが、何か?(笑)




DSC04370.jpg




交差点における自転車レーンの正解例のひとつがここに。

歩道にのみ誘導しているところを修正するとより良さそう。



遊んでいてもこういうこと忘れませんよ。(笑)




DSC04376.jpg




さて、このあとはスカイツリーでも行ってみるか、と思ってたのですが、

翌日ご一緒する おれんじさんから連絡もらって合流することに。



男ふたりの前夜祭。

いや~~、いっぱい話できて楽しかったな。( ^ω^ )




IMG_3985.jpg




おれんじさんと別れ、翌日に備えて早々に就寝。



SCM関連の仕事をまったくしなかったのは本当に久しぶり。

ゆっくりと更けるひとりの夜を楽しんだのも久しぶりでした。(´∀`=)



続く…








ありがとうLEGON!

自転車愛好家が集うSNS、「LEGON自転車紳士録」


2007年の運営開始から今日まで、多くのサイクリストの交流の場となってきた。






私は2009年から自転車に目覚め、約1年を経てLEGONに登録した。



当時はミクシィが時代の最先端というか流行りで、

LEGONもそれと非常によく似たシステムで馴染みやすかった。




LEGON.jpg




最盛期には全国で6000人くらいの登録者がいたと思うが、

私がこのSNSを特に好きだったのは、総じて紳士淑女な方が多かったことだ。



自転車好き、それも実際に合って一緒に走ることを前提にしているという特性もあり、

ネットによく居る、いわゆる “おかしな人” がほとんどいなかった。





LEGONに登録した当初は、自転車仲間は両手で数えられるくらいだった。


一緒に走る仲間が欲しくてLEGONに入ったので、

すぐに「呉ポタリング倶楽部」というコミュニティーを作った。



そのせいもあるのだが、わずか一年で友達100人越え、

3年後には300人を越える大所帯となった。





ところが時代は移り変わり、Twitterfacebook のような

新しいSNSが台頭してきた。



便利なアプリ、ログインが容易、画像サイズ編集不要、ファイルの添付などなど・・

日常的な使いやすさにより、ドンドンシェアを拡大していった。




いつの間にかLEGONから人がいなくなり、

連絡ツールとしても機能しなくなった。




私も必要にかられてfacebookに移行したが、

コミュニティーやイベントの管理者目線でいうと、

LEGONのシステムが今でも秀逸だと思っている。



一般的な使い勝手でも、友達の書き込みが時系列に並んでいて、

自他ともに何年前の何月何日、と遡った観覧も容易だった。





だが時代の波には逆らえず、 この度LEGON運営から

今年度でSNSの廃止する旨のお知らせが届いた。






もともとLEGONは俳優の鶴見辰吾さんが作った自転車チームであり、

その発展形としてのSNSだった。


多くの人で賑わったLEGONだが、これで本来の姿に戻ったとも言える。




私も縁あって鶴見さんと一緒に走らせていただいたのだが、

有名人とは思えない気さくさと、人間味あふれる人柄に魅了された。


そんな鶴見さんを慕う仲間も多いLEGON。

これからは気楽に純粋に、自転車を楽しむ集団であってもらいたい。




DSC01480.jpg




LEGON(SNS)が無くなってしまうのは本当に淋しい。



私の自転車ライフを育ててくれ、多くの仲間に恵まれたのもここだ。

まさに一時代の終焉といった感さえある。





よくLEGON時代からの仲間と、

「LEGONだけで何もかも出来た時代が懐かしい。」

といった話をするが、



それは見方によれば、限定された世界で生きていたことを意味する。





ただ終わりを嘆くのではなく、今後の世界の広がりに目を向けたい。


そしてLEGONが全盛期だった時に、そこにいられた事を本当に幸せに思う。




ありがとうLEGON!




img[7]






LEGONと私の関わりを知らない方へ

お時間あればどうぞ。

http://tairon737.blog.fc2.com/blog-entry-4.html







広島バイシクル・フェスタ2016開催しました!

11月5日、 「広島バイシクル・フェスタ2016」 を開催しました。




自転車レースと展示・試乗会を同時開催!


広島市内の西飛行場跡地という好立地!




IMG_3831.jpg




レースは広い滑走路を使った1周800mのコース。

耐久をメインとした様々なカテゴリーで行いました。




14908309_1254996521240858_3301758793746792312_n.jpg




展示・試乗会場では国内外の有名メーカーの試乗に加え、

競輪の他、様々な自転車活動を行っている団体のデモンストレーションも実地。




IMG_3839.jpg




屋台やケータリングサービスも充実。

一日中楽しめる自転車の祭典です。♪( ´▽`)




IMG_3885.jpg




開催の目的は、既存の自転車愛好家だけでなく、

そのご家族ご友人や、自転車に乗らない人にも魅力に触れていただくこと。



なので試乗車もミニベロや電動自転車など、

目にも楽しく親しみやすいものから、走りに特化したものまで様々。




IMG_3848.jpg




レースもプロや実業団クラスの見ごたえのあるものから、

ママチャリなど運動会気分で誰でも参加できるものまで色々です。




IMG_3860.jpg




中国地方では珍しいミニベロ耐久レースも行いましたが、

本気マシンに本気モードの猛者が集まり、 白熱した戦いに!



14938266_1254996271240883_1693975541837424912_n.jpg




レースはミニベロとは思えないハイペースで展開し、


この日のために研究と練習を積み上げてきた関西から参加の

ナカガワサイクルワークスさんと、ミヤノサイクルワークスさんが堂々の1、2フィニッシュ!




14907249_1254996441240866_1531460065986275361_n.jpg




実業団選手とはいえ、勝手の違うミニベロで3位入賞を果たした

voyAge cycling team も大健闘!




ホイールもらったので、ミニベロ買って下さい。(笑)




14915624_1779758992291512_6304916683492032862_n.jpg




2時間耐久レースは序盤こそ耐久らしいペースでしたが、

次第に速度があがり、文字通りのスタミナ勝負に。




DSC01815.jpg




結果、日本写真判定(株)の清水選手が貫録の一位。



しかもこのクラスは1位から6位までのうち、5組がソロというね。

スゴ過ぎる人たち。^^;




DSC01819.jpg




キッズレースは参加人数の都合で高学年と低学年が同時スタート。



キッズとはいえ、気合は大人顔負けの子が多かったです。

この中から未来の競技選手が生まれるかもしれませんね。




IMG_3892.jpg




そしてこのクラスではあるドラマが。



香川から来たのに、前輪を忘れて棄権を余儀なくされた子がいました。

それも特殊な24インチというサイズ。



ところが何と、ミニベロ耐久で優勝したナカガワサイクルワークスさんは、

24インチだったのです。



その子は これを借りて無事出場でき、 更に低学年の部で優勝してしまったのです!


ご両親もナカガワさんも大喜び。(=´∀`)人(´∀`=)




IMG_3886.jpg




他にもゲストライダーのトライアスリート 福元テツローさんの

ミニベロ耐久とクリテリウムへのダブルエントリーでのハイパフォーマンスや、




IMG_3876.jpg




ファッションはコスプレだけど、走りは正統派な二人とか。

話題、見どころ満載な感じで進行。




IMG_3878.jpg




本当は、レースに参加されたもっとたくさんの人の話題や、

来場してくれたお仲間のこととか、



語りたいことは山ほどあるのですが、

長くなるので泣く泣く割愛。




  14963264_1292988494065727_8723783398790552538_n.jpg




飲食ブースも、地域の特色を活かしたメニューや、

味自慢のお店に多く参加いただいて充実。




IMG_3849.jpg


IMG_3834.jpg




とびしま海道の異端児DJ、Yu-Y@(ゆーや)も登場!


自らリミックスした80~90年代のディスコチューンを中心に、

会場を盛り上げてくれました。(^^)




そればかりでなく、私の大好きなアニソンシンガー、

佐咲紗花の曲を盛り込んでくれるという、超心憎い演出も。(///▽///)




DJ.jpg




レースのトリはプロアマ混走によるクリテリウムです。


今大会の監修を務めるヴィクトワール広島の

西川、杉山選手が終始レースをリードします。




IMG_3899.jpg




先の西日本ロードクラシックで大腿骨骨折という大怪我から、

凄まじい回復を見せる中山選手も大会を盛り上げるため出走。




IMG_3910.jpg




結果はヴィクトワール広島が1、2、3 という貫録を見せつけて圧勝。



初めてレースを見る人も、間近でプロの走りにふれて

その迫力に魅了されたのではないでしょうか。




14572427_1292988577399052_842002515730538842_n.jpg




そんなこんなで、あっという間にイベントは終了。



おりしもカープのリーグ優勝パレードが重なったのですが、

赤いユニフォームを着た来場者もいらっしゃったりして。


おめでたい気分のおすそ分けもいただきました。(^^)





そして今大会においては、多くの方のご理解とご協力に支えられ、

晴天の下 開催できましたこと、厚く御礼申し上げます。




早くも次回開催について楽しみにしているというお声もいただき、

本当に開催してよかったと思います。



実は諸事情により広島西飛行場の使用は今期限りなのですが、

どのような形に昇華していくのかは未知数です。



ともあれ今後も多くの同志と力を合わせ、

大きな目的に向かって進めればと思っています。




全ての関わって下さった皆さん、お気遣いいただきました皆さん、

本当にありがとうございました!




  14980749_1292988057399104_6379005213134257999_n.jpg




※レース・リザルトはコチラ ↓↓
http://media.wix.com/ugd/fd0c10_7cac690d9e9c44339df36c98a8b403f1.pdf








ネガティブな広島弁


先日 所用で広島市内を歩いていると、同じ職場の人にバッタリ会った。


私が仕事のかたわら自転車活動をしているのは社内でも割と知られているのだが、




「用事済ませて 今から仕事?  そりゃあ、たいぎいねぇ。」






たいぎい・・   広島では日常的によく使われる方言で、


「めんどくさい」 とか、 「疲れる」 といった意味のネガティブな言葉だ。

時代劇でお殿様がよく使う、「大義」 が語源だという説もある。






そういえば数ヶ月前に、ある町おこし活動をしている人に、



「タイロンさんって、たいぎいって言葉使いませんよね。」

って言われたことを思い出した。



「私の周りにいる地元の人って、何かあるとすぐ たいぎい、たいぎい言うんですよ。」



そう聞いて、初めて意識した。





以前は私も他の人に負けないくらい使っていたと思う。


そもそも何故たいぎいのかというと、

やりたくもない事をやらなければならなかったり、やらされたりするからだろう。




目的があってそれに向かう努力というのは、ちっとも苦にならないし、

めんどくさがっている暇があったら、サッサと進めてしまいたいと思う。




何かやろうとすると、次々に課題が出てきて大変だったりするけれども、

その先につながっていく人の輪や世界の広がりにワクワクする気持ちの方が断然勝っている。





食べたり飲んだり、好きなことをしたりというのは一過性のものでしかない。

でも活動から得られるワクワクはずっと持続拡大するのだ。




受動的ではなく、自発的に取り組むことに、

たいぎいなんて言葉は無縁なのかもしれない。




IMG_1295.jpg










広島市内を 「ぴーすくる」 で試走!

半月ちょっとぶりのブログ更新です。



現在 瀬戸内サイクルメディアでは、11月5日に行われる

広島バイシクル・フェスタ2016が間近に迫っているほか、


複数のイベント準備と、来年度に向けたアレやコレやに勤しんでおります。





そんなアレやコレやの一環として、 実際に関係者の方と走行会を行うことになりました。









現在の広島市内は、お世辞にも自転車で走りやすいとは言えない状況。


しかしそれを改善するには、法整備、道路整備の両面から、

お金も手間も時間もかける必要があります。




それはそれで必要なことですが、

今回私が提案させていただくのは、




現状で、 手間もお金もかけず、

なるべくストレスの無いサイクリングルートです。





コンセプトが市内走行なので、今回は観光レンタサイクル「ぴーすくる」を使ってみることに。




DSC04321.jpg




広島市内の各所にあるポートのどこでも借りて、どこでも返却できます。

利用するには登録が必要ですが、パソコン・スマホから簡単登録。


詳しくはコチラ
http://docomo-cycle.jp/hiroshima/




  DSC04324.jpg




登録が完了していれば、あとは利用前にパソコン・スマホから予約するだけ。

予約といっても、4ケタの利用パスワードを取得するだけです。


そのパスワードをサドル後部の数字キーで入力すれば開錠する仕組み。




DSC04325.jpg




更に事務所のあるポートで ICOKA や PASPY などの

交通用カードを認証登録してもらえば、


カードをかざすだけでパスワードの入力が不要になります。



途中でカギをかけたり外したりするのに、この方が断然便利!

(ちなみにPASPYで支払うわけではありません。 あくまでカギ代わり)




DSC04326.jpg




利用開始、 途中の施錠、 返却の手順は以下の動画を参照下さい。









さてさて、そんな感じで出発。

ママチャリ型 電動サイクルですが、使用感はなかなかにグッド♪




DSC04336.jpg




使いやすくパワフルな電動アシストのおかげで、

ちょっとした勾配も平気です。



これなら初心者や脚力の無い人でも安心。

充電やメンテナンスも毎日チェックされるそうです。




DSC04327.jpg




さて今回走るのは広島市内を河川敷でつなぐ環状コース。


途切れがちな自転車の導線を なるべくストレスなく一筆書きにしていきます。




DSC04332.jpg




コース上にはカフェ、コンビニ、トイレが点在し、景観もいい部分をチョイス。


点在する観光スポットや別コースへのアプローチも自在です。




DSC04330.jpg




以前は無かった自転車レーンも徐々にですが、整備されつつあります。


とてもいいことですね。(^^)




DSC04337.jpg




仕事柄、市内の主な観光施設には詳しい今回の同行者ですが、


教えられないとわからないスポットへご案内。




DSC04341.jpg




千田町にある 下迫次郎商店。

落花生やポン菓子などを扱う老舗です。



どれも本当に美味しく、お茶請けやビールのおつまみに最適。

めっちゃテンションが上がるお連れ様たち。(笑)




DSC04340.jpg




そんな寄り道も楽しみながら、一筆書きは続きます。



なるべく道もロケーションもよく、

通行が容易で導線が途切れないこと。



広島は川の都。 河川敷の有効利用が移動のキモになります。




DSC04345.jpg




今回は遊歩道メインでストップ&ゴーが多いので、

カジュアルな街乗りスタイルで臨みました。



秋用のジャケットを忘れて、私だけ季節感のおかしな格好なのはご愛嬌。(笑)




DSC04343.jpg




せっかくなので郊外のコースも紹介しようと足を延ばします。




ところが、 ちょこまかとした市街地走行では威力を発揮したぴーすくるも、

いい道を淡々と巡行するのには向かないようで・・



スピードが乗ると電動アシストも消えて、


漕いでも漕いでも進まない、ただの重たい自転車ぁ~。( ´Д`)





DSC04348.jpg




八木のせせらぎ公園から遊歩道に入ると、

再び快適なステージとなり、



ぴーすくるの得意なのは低速域でのんびり走れるコースということがわかりました。




DSC04351.jpg




そしてアンダーパスや遊歩道をたくみにつないぐコースに、

郊外にも観光サイクリングのヒントを得てもらえたようでした。(^^)




DSC04354.jpg




何度もトライ&エラーを繰り返して確立したコースの紹介。

そしてレンタサイクルぴーすくるの利用価値。



走ってみて、使ってみることで見えてくる世界。


早くも次回の話も飛び出して、有意義な走行会でした。(=´∀`)人(´∀`=)




DSC04355.jpg













プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。