タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりヘンタイライド
話しは先週の日曜日にさかのぼります。



この日、自転車で広島と浜田を一日で往復するという企画が開催されました。

呉方面など沿岸部スタートの人は、まさに一日で瀬戸内海と日本海を見るという強行ライド。


名付けて、「変態ライド夏!~日本海ライド2013 見たい人は瀬戸内海もね~」



コースはこんな感じ
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=a96e0965e22f6ea932ba87b0686a67af



企画者はkuro96さん。

誰もが気軽に参加出来る呉ポタですが、こういう敷居の高いイベントもやります。


もちろん、参加するにはそれなりのスキルを備えた人限定となるわけですが、

これも何でもありの呉ポタならではの企画といえるでしょう。



実はこのヘンタイライド、今年で三回目になります。

他にも花見ライドや秋の呉近郊だけで4000m上るシリーズなんかもあるんですが、


私は夏の日本海往復だけは何故か縁が無く、一度も参加出来てません。



第一回目は途中まで同行したものの、体調不良で離脱。

第二回目は「おしい!広島県」の自転車イベントで東京へ。

そして今年は見事に仕事でした。orz...


高負荷、高強度のヘンタイライド、 ポタリング派の私からすると、決して楽しいとは無縁の企画。

しかし自らの実力を把握する為にも、一度は貫徹しておきたいものです。




そこでこの日曜日、イベントから一週間後のこの日に、補習 と称して単独決行。


誰かを誘っても良かったんですが、こんなハードなライドに付き合わせるのは恐縮だし、

何かあってもエスケープ手段が少ないコース、とても責任が持てません。


かといって、他は一緒に走るとペース的に迷惑をかけてしまいそうな猛者ばかり・・。(苦笑)

完全マイペース単独走が一番という決断に。



もちろん準備は入念に行いました。

ハイドレーションにサプリメント、キズパッドに予備タイヤまで。

保険証とカードもお守りに。



朝3:00に起床。

でも何だかんだで出発は4:00前に。^^;


とりあえず瀬戸内海を撮っとかないとね。(笑)


DSCF8297.jpg

太田川で夜が明けた。

早朝だというのに、あっちい。 先が思いやられます。


DSCF8299.jpg

5:30にイベントスタート地点の高瀬関に到着。

すでに40km走ってますが、気持ち新たに出発。

DSCF8303.jpg

可部にかかる太田川橋。

まだ薄暗いわ~。


DSCF8304.jpg

可部バイパス経由で54号へ。


私は陸橋やトンネルなど ちゃんと歩道を通ったけど、

ヘンタイさんたちは車道をかっ飛んでいったんだろうな~。^^;


旧上根峠経由で県道69号へ左折。

この道は斜度もユルめで日陰も多く快適。


上り切ったら爽快ダウンヒル。

気温も下がってきて楽しくなってきた♪


DSCF8307.jpg

千代田インターそばの道の駅、舞ロード千代田でトイレ休憩。


IMG_0194.jpg

ベンチに小さなお客さまが。(^^)


DSCF8308.jpg

大朝インター前のセブンで山賊おにぎり食べてハイドレーションを満タンにする。

ちょっと食べすぎたか、と思ったけど、この先補給箇所が極端になくなるので正解だった。



とにかく今日はいつもに増して足を使わず体力を温存する作戦。

ほとんどサイコンも見ない。


ハイドレーションには真水で1/2に薄めたスポーツドリンク。

こうする事によって胃腸への負担を減らし、水腹になって何も受け付けなくなるのを防げます。


ボトルには真水を。 これは頭からかぶる用。


DSCF8309.jpg

三坂峠は日陰が多く快適。

トンネル抜けた下りのワインディングロードは、木漏れ日が美しい。


ヘンタイライド参加者は知り合いの自転車仲間の中でも、トップクラスの連中ばかり。

当日は宇都宮ブリッツェンの元選手も来ていたそうで、凄まじい戦いが繰り広げられたに違いない。^^;



でもね、こんなキレイな心地いい道をブッ飛ばすなんて勿体ないですよ。

カーブが連続するので写真は撮れなかったけど、マッタリ楽しんで下る。



下り切ったら瑞穂インター。 この辺りが この日一番涼しかった。

その先を左折すると、浜田市に突入~。


汗でレンズが曇ってます。(苦笑)


DSCF8314.jpg

さて、私が地図を見ずに走れるのはここまで。

この先はkuro96さんがイベント用に引いたルートラボを参照したいところですが、

スマホで開くと何故か待ち受け画面に強制的に戻ってしまう不具合が・・。


仕方なくうろ覚えとグーグルマップで適当に進行。

帰宅して確認すると、やはり一部ミスコースしてました。

が、距離的には同じくらい。



そんな時、旭インター手前で前輪から突然、 プシュー! シュッ、シュッ、シュッ、

来た、パンクだ。 と思ったのも束の間、


シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、シュッ ・・・・

タイヤに入れていたシーラント(パンク防止剤)が効いてすぐにとまりました。

しばらく走行して念のために空気圧チェックしてみましたが、ほとんど低下してません。


すげーぜ、シーラント。(^^)



金城カントリークラブ入口でどうやらコース復帰した模様。

風光明媚なカントリーロードにもいいかげん飽きてきた頃、

目の前に今福遺構が現れました。


DSCF8317.jpg

今福腺は浜田~広島間を結ぶ鉄道で、着工されつつも第二次大戦で工事は中断。

戦後、一部工事再開されましたが、結局計画は凍結。 幻の鉄道になったものです。


ですが、現在もその遺構があちこちに点在しています。


DSCF8320.jpg

私は鉄道マニアではありませんが、こうした史跡って、なんか哀愁とロマンを感じません?


DSCF8326.jpg

ここなんか、遺構そのものが県道301号として使われてる珍しいもの。


DSCF8332.jpg

第一回目のヘンタイライドで、この遺構を見てまわったという事を聞き、

ちょっとうらやましく思ってました。


今回は激しいバトルで素通りだったようですが・・。^^;


DSCF8333.jpg

さて、日本海までもう少し、というところで やまももの家 発見。

自転車仲間の やまももさん、こんなところにディサービスの施設を建ててたんですね。(笑)


DSCF8335.jpg

で、ついに 日本海、キタ━(゚∀゚)━!

自転車乗り入れ禁止だったので、押して歩きましたとも。(苦笑)


IMG_0195.jpg

みんなから水着のお姉ちゃん撮って来い、って言われたけど、あからさまに撮れねーよ。(爆)

自転車撮るフリして試みたけどタイミングが無く断念。^^;


DSCF8336.jpg


仕方なく(?)昼食場所を求めて移動開始。

が、例のスマホの不具合でkuro96さんオススメのお店がわからず。orz...


めんどくさいのでテーブルのあるコンビニ見つけて弁当ですませる。



しかもここで気が付いたけど、後輪の空気が抜けてる。

パンク個所を確認すると、以前シーラントで止まってたところ。


漏れてる部分のゴムが半分めくれてる感じ。

タイヤのヒビ割れも目立ってきたし、この暑さで劣化に拍車がかかるのは仕方ない。


店先でタイヤ交換するのもなんだと思い、一応空気入れてみると、

5気圧以上入れると漏れるけど、それ以下になると止まる様子。


しばらく走って道の駅っぽいものがあったら そこで交換する事にして出発。

こういう事が出来るのもチューブレスならではですね~。





で、ルート的には帰りは国道186号なんだけど、これがいきなりのダラダラした上り。

登坂車線が断続する坂道で、急勾配では無いけど この炎天下の長い登坂はキツイ。


この道は十数年、車ですら通ってなかったから、こんな坂あったっけ?って感じ。


見る見る体力が奪われるのを感じるが、先ほど補給を万全にしたのが幸い。

ハイドレーションに詰めた氷で背中が気持ちいい。




汗だくになって上り、やっとの思いで下っていると、

車で家族連れの あきちゃん登場。


DSCF8343.jpg

遠方で知り合いに会うと、こんなにも嬉しいものなんですね。

元気をもらって再出発。



しかし、暑い・・。


この時期のライドは距離半分が本当の半分ではありません。

午後からの日差しと温度上昇、これらのダメージは通常の三倍以上と思います。



これに備えた装備、走りの組み立て、適切な補給と休憩。

どれが抜けても窮地に陥るし、場所によっては取り返しのつかない事になる場合もあります。



帰路の186号は想定していた通り、全く日陰がありません。

コンビニなどの止まり木も皆無。



日陰で座れて自販機のあるところ・・ などと考えてると、無休憩でどこまでも走る事になります。

こんな時に俄然活躍してくれるハイドレーション。頼もしい存在です。


いちいち飲み物を買うよりも、サイフにも優しいんですよ。




ただ、本日一番の誤算だったのは、この先から右折して八幡高原に向かう県道115号。

前日に大まかに確認したものの、ほぼ下りの林道だと思ってました。


が、これが終始上り調子で速度が見る見る落ちていきます。

炎天下を180km走ってきた足は、温存していても消耗しています。


DSCF8344.jpg


渓流沿いで日陰の多い快適なハズの道ですが、

あの顔の周りをうっとうしく飛び回る黒目虫がまとわりついて超不快。


15km/h以上出すとついてこれないらしいけど、その15km/hも じき維持出来なくなります。


これほど坂が続くと思って無かったので、停まって炎熱ダブレットを補給する事も出来ません。



トドメは最後の激坂区間。

普段なら激坂なんて言わない斜度ですが、もう少しで蛇行する寸前。^^;



何度足つこうかと思ったけど、何とかクリアーして八幡高原へ。


DSCF8346.jpg

しかし、ついに聖湖から深入山までのアップダウンで足が攣りそうになります。

理由は明白。115号の読み違いと無補給登坂走行。


途中の商店でリポDとアイスを補給して復活。


そうそう、空気が抜けていた後輪ですが、あれから数回確認しても それ以上空気が抜けない模様。

ここからはほとんど下りですが、空気圧が低いので飛ばさずに慎重に下ります。




そして無事、戸河内に到着~。

しかし、ここから家まで まだ90kmくらいあるのに、何だか帰って来た気になるのは何故だろう?(苦笑)


IMG_0196.jpg

ここのコンビニでゼリーと山賊おむすびを補給。

帰りは時間短縮の為、国道191号を走行。


さすがに腰や手のひらなんかが痛くなってきてしんどかったけど、

追い風に助けられてハイペース回復走が可能に。



布から裏道経由で筒背を通るのですが、

このころには補給が効いたのと陽が傾いて涼しくなったおかげで調子がグッとよくなります。



結局、高瀬関までノンストップで帰って来ました。

さぁ、あと40kmだ。


IMG_0197.jpg

太田川で日没。

この区間は何故かまたしんどくなって低速走行。


DSCF8349.jpg

その後は順調に走って帰宅しましたが、家の前から見える夜景がどうでもいい具合には疲れてました。(苦笑)

後輪の更なる空気漏れも無く、ホッと一息。

もう前後とも交換決定です。



ヘンタイライドも三回目にもなると、各所にアタックやバトルなどのお遊び区間を設けるほど。

それくらい参加者のレベルは高いものだけど、正直私は走り切るのが精一杯って感じ。


一緒に走ってもトレインには乗れず、坂の度に千切れ、

同じように走ろうとしたら、たちまち足が終わってしまうでしょう。



走り切る事は出来たけど、一緒に行ってたら確実に屍になってたと思います。

ああ、仕事でよかった。(笑)




それから、私がやってて何ですが、山深い道、しかも酷暑の単独走は大変危険なので、

良い子はマネしないように。




あ、普通の人はしないか。^^;


本日の走行時間 13:42 走行距離 313.15km 平均速度 22.8km/h 積算距離 10231km


スポンサーサイト

コメント
お疲れ
一人でライド!

お疲れ様でした( ̄(工) ̄)

私も
変態ペースじゃない
タイロンペースが好きです❤

[2013/08/19 18:10] URL | ハラっさん #O5sb3PEA [ 編集 ]


夜が明ける前から日暮れまでのヘンタイライドお疲れ様でした。

全く真似できる気がしない。
…というか「絶対真似しないでください」の域なんですが(´Д`lll)

こういうライドリポートを見ると、自分が普通すぎる程普通な事を実感します(笑)
[2013/08/19 20:29] URL | 水河 #- [ 編集 ]

Re: お疲れ
> ハラっさん

そうですよ、足が攣らないペースで仲良くいきましょう!


でも、何だかんだ言って、どんなに過酷でも必ず完走するハラっさんはスゴいです。
[2013/08/19 21:29] URL | タイロン #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>水河さん

確かに。良い子はマネしてはいけません。(笑)

ただ、無茶はいけませんが、出来るという裏付けのもとに行動するのが大事だと思います。

kuro96さんの企画は一見規格外ですが、
必ず完走出来るプランしか組みません。

参加者は選びますけどね。


のんびりポタが一番ですが、たまにはテーマを持ってチョッピリ挑戦する事もいいものですよ。

[2013/08/19 21:34] URL | タイロン #- [ 編集 ]


ええ感じにカメラがその変態度を写してますね。

味があるな~~。
やはり元祖神ですね。

この日は降臨しなくて良かったですね。
[2013/08/20 22:10] URL | まっくろくろすけ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> くろすけ軍曹

レンズ拭いても、内側から曇る具合に萌えます。

防滴使用なのに・・ ^^;


降臨なら しっかりしましたよ。

前輪はシーラントで瞬擦ならぬ瞬復。後輪はスローパンクのままで帰宅しました。
[2013/08/21 22:36] URL | タイロン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/10-2308957f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。