タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
如水産と VOYAGE

今日は嫁とポタリング。

例の世界遺産サイクリングルートを走らせてみました。



時間的な都合やら諸々の事情で車載出発。

五日市のみずどりの浜公園にデポしてスタートです。




  DSC00254.jpg





お正月ですから、しめ飾りもキメてます。(笑)




DSC00255.jpg





広島のベタ踏み坂、廿日市大橋からは宮島が望めます。

まさに世界遺産ルート的。




DSC00264.jpg





廿日市ボートパーク横の路面は昨日の雪で御覧の通り。^^;

冬場はこんな展開も考慮しなくてはなりませんね。




DSC00269.jpg





桜並木の自歩道。

春と秋がキレイなのは言うまでもありません。




DSC00270.jpg





で、ちょうどお昼前に如水産に到着。

実はここを基準にタイムスケジュールを組んでたのでした。




DSC00273.jpg




サイクルオアシスを自称する同店では、 

サイクリストに優しいサービスの数々を展開中。



中でも全営業日の11時~15時の間に自転車で来店すると、

20%引きで食事出来るという破格の待遇が。(๑´ڡ`๑)




DSC00274.jpg




そして隣接する敷地内には、velo cafe VOYAGE がプレオープンちう。



DSC00277.jpg




やってるのはお馴染み、この濃い~輩。


まるでブラジリアン柔術とモンゴル相撲の異種格闘技戦といふ感じ。(笑)




異種格闘技戦




おいしい本格コーヒーと自転車話で根が生えること必至。(笑)

プレオープン中は10時~18時(水曜定休)でよろしく~。(^^)


      (※1月5日~8日は休みです。。)




DSC00280.jpg




さて、生えた根をひっぺがして出発。


如水産からいきなり宮島街道に出ず、

ここは是非 海側の土手まわりで。



素晴らしいロケーションが広がってます。




DSC00300.jpg




そしてほどなく宮島手前の問題地点に差し掛かります。


行きはこの看板通りに進行。



DSC00301.jpg




元ナタリーの海沿いコースから、

このわかりくい場所にある標識に従って歩道橋でスイッチ。




DSC00303.jpg




西向きの国道2号線は交通量多く路肩が狭いので、

ここから渡って反対側の歩道を逆走しろ、というものです。




DSC00304.jpg




ところが阿品駅を過ぎたあたりから自転車は歩道通行不可に。

つまり自転車の導線がここでプッツリと途切れてしまいます。




DSC00305.jpg




これでは走りに自信のあるスポーツ自転車乗りが、

車道走行してしか この区間を走れないことになります。



現状のまま子供連れやママチャリが安全に通行する為には、

「危険を避けるためやむを得ない場合・・」 という例外を適用して歩道通行するしかありません。



押して歩くという合法な最終手段がありますが、

それでは誰もここに来ないでしょう。




  DSC00308.jpg




先の踏切から歩道すら消えてしまうので、 

裏道を使って宮島口手前の信号まで行きます。



横断歩道を渡ってやっと西向きの車線に出られます。

そこから50mで宮島口に到着。




しかしここは桟橋から東向きに行く時に自転車横断帯はおろか、

横断歩道すら無いため、二段階右折が出来ません。



せめて自転車横断帯だけでも四方にペイントしてくれたら問題解決なんですが・・。




DSC00311.jpg




数々の難問に直面して、仏頂面の嫁。(苦笑)

とりあえず宮島桟橋前まで行って折り返しとします。




DSC00312.jpg




帰りはどうするか?

一見いきなり手詰まりですが、 現状ではこうです。



まず松大汽船の入口踏切で国道2号線に出ます。



DSC00313.jpg




そして一旦国道を西向きに10mほど戻ると、

先ほど渡った横断歩道があります。


これで東向きの車道に出られるという寸法。




DSC00315.jpg




あとはサイクリストは車道、 親子連れやママチャリは歩道を使えばよし。


しかしほどなく歩道への誘導看板が。

バイパスへの車道走行が危険なためです。




DSC00317.jpg




そして帰りはこの看板に従って走行。

ちなみにこのルートは歩道通行で逆走も出来ます。




DSC00319.jpg




このように意識して探せば、一応 案内看板があるわけですが、

御覧の通り行政の苦肉の策とも言える、取って付けたような対策でしかありません。




自転車に無関心な人たちから見れば、通れるならそれで何とかすればいいじゃん、

ということで片づけられてしまうようなことですが、


文化、観光としてのサイクリングルートの提案をするには、あまりにもチープです。




世界遺産ルートを確立するには、この区間、

とりわけ宮島口周辺の整備が必須となります。



今後も有志と関係各位で取り組まなくてはならない課題です。








さて、帰りは旧山陽道を基本とした、ママチャリ向けポタリングルートをトレース。


ゆったりと走れる反面、 分岐が多く、時間もかかるルートです。




DSC00321.jpg




途中、お店を抜け出して あきちゃんが少しだけ同行してくれました。


また遊びに来るね~。(^^)




DSC00323.jpg




旧山陽道と言っても、 古い町並みとかのロケーションは皆無。


ただし神社仏閣や史跡などの見どころが点在。

歴史の息吹を感じるポイントも色々あります。




自転車屋さんやお店もたくさんあるので、

足を止めながらの散策にピッタリ。


何度も足を運んで注意して見ると、様々な発見があるかもしれませんよ。(^^)





DSC00324.jpg





己斐駅ロータリーにある kunugi

有名なワッフルのお店です。




DSC00325.jpg





8種類ほど買って半分コ。

お店の名前の由来でもある、くぬぎが一押し。(๑´ڡ`๑)




DSC00326.jpg




他にもこのルートには、カフェ、和菓子屋などのスウィーツポイントがあります。

是非網羅してみて下さいね。(笑)



そんなこんなで原爆ドームに到着~。

これで海側の爽快ルートの半分と、 旧山陽道のポタリングルート全線をトレースしました。


           (原爆ドームは現在外壁工事中です・・)




DSC00327.jpg





デポ地の みずどりの浜公園までは残りの爽快ルートで帰りますが、


その前に元安橋たもとのカフェで一服。




DSC00334.jpg





ホットなティーと、牡蠣を乗せたガーリックトーストでマッタリ・・。




DSC00333.jpg




爽快ルートは その名の通り、ダイナミックな景色の変化を楽しみながら、

快適な速度で走るためのコース。


スポーツ自転車向きのルートと言えます。




DSC00336.jpg




冬の午後は短い・・。

たった44kmのサイクリングも終了する頃は日没前です。




DSC00343.jpg




こうしてデポ地に帰着。   嫁の感想は、

「思ったより楽しい。少し手を入れればなんとかなる。」


いや、まさにその通りなんです。

そのために我々も、仲間とともにこの計画を進めて行きますよ~。



今後の活動に御期待下さい。










【参考・・】


ひろしま輪輪プロジェクト企画中、 ふたつの世界遺産サイクリングルート案。


海沿い爽快ルート
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=0cd1d6d9d479fbdcba5975bdd8ae5396

西国街道ポタリングルート
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=d18bced8c99b357e8b1f821bbebee683




スポンサーサイト

コメント
お久しぶり私です
こんにちわ、森君からお噂は聞いていたけど、楽しくやっているようですね。
私のブログのリンクにに追加させていただきます。

海が近いっていいね~うらやましいです。自転車も面白そうです。
私はトラクターや耕運機ばかり動かしてます。


ご家族の皆様も風邪をひかないようにお元気で、ではまた・・・
[2015/01/04 17:09] URL | ETOUパパ #- [ 編集 ]

ETOU君(^^)
御無沙汰しとります。

御覧の通り、バイクから自転車に乗り換えて楽しんでます。


バイクも楽しいけど自転車も楽しいよ。

エンジンは自分。(笑)


機会があったらまたお会いしましょう~。
[2015/01/05 14:01] URL | タイロン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/108-f7f94094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR