タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
新緑の吉賀町探索ライド

今回は島根県吉賀町を探索してきました。

朝から自由にガッツリ走るのは本当に久しぶりです。



当初は中国道の六日市インターすぐそばにある、

道の駅むいかいち温泉をスタートしようと思ってたんですが、


よしかマラソンが開催されて大混雑との情報をもらったので

道の駅かきのき村にデポ地変更。




DSC00826.jpg




まずは高津川にそって国道187号線を南下します。

まだ気温は10℃以下。




DSC00827.jpg




高津川は数年前から四万十川を抜いて、

清流日本一に指定されています。




川に沿って平地メインの行程も組めるので、

女性や初心者を連れてくるのもおススメ。




DSC00832.jpg




でも本日はひとり旅。 山道だろうが何だろうが、好き勝手にできます。

本日最初のヒルクライム起点となる木部谷温泉 松の湯へ立ち寄り。




DSC00833.jpg




ここは中国地方唯一の間欠泉があり、 約20分おきに噴出が見られます。

が、本日はタイミング悪かったみたい。




DSC00836.jpg




以前来た時は ちょうど噴出が始まって、しかも

吹き出すお湯が観音様の姿に写るというのをラッキーにも収めることができました。




DSCF8716.jpg




さて、安蔵寺山へヒルクライム開始。

標高は1200mを越え、県境を接しない山としては島根県最高峰とされます。



導入部分はのどかな田園地帯。

どんな山なのかワクワクしますね。




DSC00837.jpg




最近、蓮華を使う田んぼって本当に少なくなりました。

満開になるとキレイでしょうね~。




DSC00838.jpg




次第に斜度があがりはじめ、展望の全くない淡々としたヒルクライムです。

倉橋のアリゾナ的。



途中工事で通行止め箇所も。

自転車は火曜倶楽部的には余裕。(笑)




  DSC00840.jpg




かなり上ったところで三叉路に出ました。

マップも圏外で細かい詳細が見られず・・



看板は左へ誘導してますが、 下調べした感覚としては右・・


そうササヤクのよ、私のゴーストが。(笑)




DSC00842.jpg




ビンゴ! やはり右で正解でした。(`´)

左はハイカー向け登山道への誘導だったんですね。




DSC00843.jpg




ここからは斜度も緩まり、小気味いいアップダウンの繰り返し。

展望は開けてませんが、木々の間から時おり中国山地が見渡せます。




  DSC00845.jpg




散りゆく桜がまだ見られる標高。

凛とした空気が気持ちいい。




DSC00844.jpg




まだ雪があったり。(笑)

でも気温はそんなに低くありません。




DSC00852.jpg




どうやら自転車で来られる最高地点はここのようです。

山頂まで約2.6kmを自転車を置いて歩くのも 抱えて歩くのもイヤだったので通過。(笑)




DSC00853.jpg




トンネルを抜けると桜吹雪でした。(^^)

ここから匹見方面へ下ります。




DSC00856.jpg




桜吹雪と花びらの絨毯をひとり占め。(*^。^*)




  DSC00860.jpg




匹見への下りは道がキレイで展望もいい快走路。

気持ちよくて一気に下ります。




  DSC00864.jpg




山間の農村地帯を抜けると、 

もみのき森林公園から湯来へ抜ける林道に似たロケーションに。




  DSC00865.jpg




匹見町に出てからは、出来るだけ裏道をつないで進みます。

国道488号に出ても、トンネルは使わず迂回路へ。




DSC00870.jpg




車におびえながらトンネル通行するより、

遠回りでも安全でロケーションのいい迂回路利用、 



ツーリストならこれ基本ですよね。(^◇^)♪




DSC00869.jpg




 ・・・・・・・・・・

  い、行き止まりジャマイカ! Σ(゚Д゚;





DSC00868.jpg




国道まで10mも無い具合に、 

我・・ 怒りで身体を震わせながらUターン。(-_-;)



で、またもや登場。

ツーリストを甘く誘惑する迂回路。(笑)




DSC00872.jpg




懲りないね・・。 (笑)




DSC00873.jpg




今度は大丈夫でした。^^;

こうしたトライ&エラーも楽しみのひとつ。




DSC00874.jpg




国道488は道のキレイな快走路。

川の景色もダイナミックでついついペースが上がります。




  DSC00876.jpg




そのあとも徹底的に裏道をつなぎ、県道312号で日原を目指します。




DSC00880.jpg




野呂山のせせらぎルートのようなロケーション。

ただし斜度はコチラの方が緩やかです。




DSC00885.jpg




しばらく進むと山間の集落に出ました。

人里に出ると何だかホッとしますね。




DSC00889.jpg




ここで やまもも兄ィから電話が。

彼は本日よしかマラソン関係でお仕事だったんです。


「仕事終わったけぇ、大井谷の棚田まですぐ来いやぁ!」





ふたつ返事で先へ進みます。

日原への下りは道もロケーションもよくていい感じ。




DSC00891.jpg




やまもも兄ィを待たせていても、探索魂は譲れません。

目を付けておいた裏道はしっかり通ります。(笑)




DSC00892.jpg




しかし、あれ? 足が回らない・・

久しぶりのロング、ろくに休憩もしなかったのが原因です。



ちょうど棚田のとりつきにたどり着いた時、待ちくたびれた兄ィから電話。




「わりゃー、いつまで待たせるんじゃあ!

 フルダンシングで上がって来いやぁ!」





井仁の棚田に比べたら、距離も斜度も全然たいしたことない大井谷。

それでも完全ハンガーになっている私はヨロヨロと登坂。^^;


ヒイヒイ言いながら、やっとこさたどり着きました。




DSC00898.jpg




日本の棚田百選に選ばれている、大井谷の棚田。


いやー、素晴らしい。

よく手が入っていて、整然としています。




DSC00896.jpg




そして やまもも兄ィ登場。

ハンガーで死にかけの私に、水と餅をくれました。




DSC00894.jpg




「その餅食ったら、ちょっとあの坂を行ったり来たりせいやぁ。」







ハァハァ・・                            ゼイゼイ・・


11198568_821155947962274_1137239123_n.jpg   11116040_821155891295613_952462091_n.jpg



 ヒイヒイ・・ ^^;


    11173542_821155997962269_404409223_n.jpg




デポ地付近に戻って遅い昼食をとり、ノンアルコールで乾杯。


一旦車に戻るとダメですね。 

もうこのまま温泉入って終わりでもいいやってマジで思いました。




  unnamed3.jpg




「ぬぅわに~~~? まだ早いじゃろう、

 続き走って来いやぁ~!」




い、いや、マジで足攣りそうなんですケド・・。^^;

強制的に送り出され、恋路峠に向かいます。




DSC00902.jpg




弱りまくった足は悲鳴をあげ、ちょっとでも負荷をかければ攣りそうです。

そこで意識を変え、完全に終わった足でどこまで走れるか挑戦する事に。



幸いダメだと思って引き返したとしても、デポ地までは全線下り基調です。

ちょっと元気のいいママチャリになら抜かれてしまいそうなペースで身体と対話しながら走行。


すると何とか頂上にたどり着いてしまいました。




DSC00903.jpg




ここまで来たらもう先へ行くしかありません。

体調も普通に走れるレベルまで回復。




DSC00904.jpg




今回の目的のひとつだったシャクナゲの群生地。

目星をつけていたあたりで地元の人に聞くと、6kmほど別の道を上るらしい。


ここでポッキリと心が折れ、帰還することに。(苦笑)




  DSC00907改




この巨木・・ 道路の方が避けてつくってあります。

いわくつきなのか? ^^;




  DSC00905.jpg




帰ると決めたら早いもんです。

カタクリも終わってるらしいし、一目散。(笑)




DSC00910.jpg




そんなこんなで探索ライドは終了。


今まで走った別の場所によく似た景色がたくさんですが、

総じてロケーションも道もよく、走りごたえのあるいいエリアです。


山岳も楽しめますが、平地メインのコースを引くことも可能。

景色も色とりどりで、季節の見ものもあります。




DSC00911.jpg




数か所ある道の駅を起点にすれば、サイクリングパラダイスな吉賀町。

温泉もたくさん。


今回はここで汗を流して完了。




unnamed.jpg




帰り道では当然、山賊に寄りますよね。(笑)




unnamed2.jpg




今回のルート
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=2160302c106d2a0f4e55e0b85d795731





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/118-90d1b06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR