タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターターキットとツール缶の中身
先日の事。

ある方が自転車を購入したいのでアドバイスして欲しい、という事で おせっかいにも同行して来ました。


結局その日のうちに車種も決まって購入決定となり、今は楽しみな納車待ちの状態です。


そこで自転車の他に必要なグッズも合わせて紹介したのですが、

これはどこまで必要なのか、というと 使っているパーツや乗り方によって変わってきますね。


それに最初に自転車を買う時って、ほとんどの人が自転車本体の予算しか考えてなかったりします。



これら必要なグッズは雑誌やメンテ本などで紹介されているものの、

限られた予算で必要最低限のものを揃えるには大まかすぎる気がします。


そこで今回、自己の備忘録の意味でも、スタート時に必要なモノをまとめてみたいと思います。




まず絶対必要なもの


フロアポンプ 

自分が使っているバルブに合ったもので、規定空気圧まで入れられるモノ。

ただし、将来のカスタムや買い足しを考え、10気圧くらいまでは入れられるモノ、
色んなバルブに切り替え可能なモノを最初から持っていた方が何かと便利です。

同じ性能でも価格には差がありますので、ネットで比較購入がベストです。


フロントライト

たとえ夜走らないと決めていても、昼でもトンネルがありますし、
予想外に遅くなって暗くなってしまう事もあります。

光色は白で点滅は不可、と法律で決まっています。
常灯出来て、出来れば100ルーメン以上のモノがオススメです。

リヤのリフレクターについては、基本夜間走行しないなら反射板だけでも とりあえず可です。
この事については別に後述します。




丈夫なモノほど重くかさばり、軽く小さなモノほど当てになりません。(苦笑)

出先で思わず長時間自転車から離れる事になる事もあるかもしれないので、
ある程度信頼のおけるモノにした方がいいです。

余裕があれば 2タイプ買って、用途に合わせて使い分けるのがベストです。


携帯ポンプ

出先でのパンク修理に必ず必要です。
使い勝手のいいモノは大きく重くかさばり、携帯しやすいモノはイザ使う時に大変な思いをします。

炭酸ガスでエアを注入するモノは小さく作業も簡単ですが、
パンク率が高いとコスパが悪いですし、初心者向きではありません。

私がオススメするのはコレ。

GIYO GM-71 携帯用マイクロフロアポンプ IN-LINEゲージ付 仏・米・英式対応GIYO GM-71 携帯用マイクロフロアポンプ IN-LINEゲージ付 仏・米・英式対応
()
GIYO

商品詳細を見る

ゲージ付き携帯ポンプの中では今のところ最小最軽量で、フロアポンプのように使う事が出来、
8気圧くらいまで休まず入れられます。

しかも口金にラバータイプのホースがついているので、バルブを折る心配もありません。
求めやすい価格も魅力。

私の知り合いの自転車仲間にも結構普及してます。(笑)


予備チューブ

初心者でチューブラーやチューブレスを選択する人は まずいないと思いますので、
クリンチャー前提という事で。

サイズは勿論、自分のタイヤに合ったモノ。2本は常に持っていたいですね。


パンク修理キット

補修用パッチ、紙ヤスリ、などのパンク修理に必要なモノ。

携帯性に便利なモノや、ノリの不要な簡易なモノもあります。

タイヤレバーは携帯工具に含まれているモノもありますが、
安くてもいいので使いやすいのを持っていた方がいいでしょう。


携帯工具

出先で本格的な整備をする事はまずありませんが、必要最低限のモノは携行しておきたいですね。

また、自分で使いこなせないツールは不要と思っても、
同行者や通りがかりの人が使える場合があります。

予算が許すなら、ある程度のモノを最初から持っておいても損は無いです。


そんな中で これ買っとけば、まず困らないと思えるのがコレ。

PWT 自転車用 携帯 マイクロ ツール 19機能PWT 自転車用 携帯 マイクロ ツール 19機能
()
PWT

商品詳細を見る

これだけの機能がついていて、この軽量&大きさ。
低価格なのも魅力。 頼もしいヤツです。



ベル

道路交通法によれば、原則 歩行者に対して鳴らしてはいけないという、用途の意味を成さないモノですが、

これまた道路交通法によれば装着義務のある矛盾した装備です。

つけてなくて捕まる事はまずありませんが、誰にも文句を言わせない!という意味でも必要なモノです。

イベントでも装着をハッキリ明記している事も多いですよ。



次に絶対では無いけれど、強く購入をオススメするモノ


ヘルメット

法律で義務付けられておらず、比較的安全な場所で低速走行ならファッションでノーヘルもありでしょう。

ですが、各種イベントに参加したり、車道走行メインなら必ず必要と心得て下さい。


ノーヘルで深刻なダメージを負えば、自分や家族だけでなく、

同行者があった場合、その人達にも迷惑をかける事になります。


また、ヘルメットを被ると、安全意識が高い事をアピール出来、

ノーヘルの時より周囲の交通が優しくなります。


帽子よりも軽く、涼しく快適なのも大きなメリットですね。


グローブ

これは疲れを軽減するだけでなく、万一の転倒の時に手表面のダメージをかなり軽減してくれます。

とりあえずは滑り止めのついた軍手でもいいので、必ずした方がいいです。

これも各種イベントでは必須になっている事が多いです。


サイクルコンピューター

絶対に必要なものではありませんが、自転車ライフを確実に豊かにしてくれるものです。

走行距離やアベレージなどは自分の走りの目安になりますし、

複数台で走るとき、速度維持などに必要となります。


最低でも、走行時間、走行距離、平均速度、積算距離 が記録出来、
細かいタイヤ周長や積算距離を任意にインプット出来るものが便利です。

また、何を表示していても、速度も常に表示して文字も見やすいものがいいですね。

ワイヤードかワイヤレスかは好みで。


ドリンクホルダー&ボトル

ツーリングを前提にするのなら、これらも必須の装備といえるでしょう。

とりあえず低予算で済ます事の出来る装備でもあります。




最後にあったらイイねというモノ。


実はこれについては語るとキリがありません。(苦笑)

ですが、あえて二点だけ。


リフレクター

前にも述べたように、基本 夜間走行をしないのであれば、反射板さえついていれば合法です。

ですが、自転車に本格的にハマってロングライドを頻繁にするようになると、

思わず日没をすぎて走る事も多くなってきます。


時間を稼ぐ為に早朝や暗いうちから出発、なんて事もするようになり、

特に日の短い冬場などは 暗い中を走る頻度も多くなります。


なので、リフレクターも出来れば装備した方がいいです。


必ず色は赤。

暗闇で振動を感知して自動的に光るタイプがオススメ。


電池が切れても反射板として機能するタイプ、ソーラー充電で電池交換不要のタイプもありますが、

デザインや大きさがイマイチなのが難点。


色んなタイプがありますので、自分が気に入ったモノを使えば問題無いです。


それから補足ですが、

積極的に夜間走行をするような人や、頻繁に暗い中を走る事が多い人は、

高価にはなりますが、高性能・高機能なライト装備、

リフレクターも車載とヘルメットの後部の二箇所装備をされた方がいいです。



バックミラー

交通量の多い道を走る事が多い人、集団走行をする事が多い人は是非つけたい装備です。

各種ハンドルに対応した、見た目は小さいけど充分役に立つモノがありますよ。






そして語るとキリがないモノの代わりに、 私のツール缶の中身を公開します。

初心者からベテランまで、参考になる事が一つでもあれば幸いです。


DSCF8383.jpg

カギ
携帯性重視で必要最小限のモノ。

携帯工具
前述でオススメしたアレ。

カッター
色んなモノをカットするのに必要。ハサミでは大きいので、この方が便利です。
あってよかった~、って装備その①です。

ラジオペンチ
一見、「要るの?」と思われる方もおられるかもしれませんが、
スポークが折れてスプロケットに絡み、これがあったから復旧出来た、という経験があります。
ネジを回したり、針金などを曲げたり、とにかく重宝します。

結束バンド
タイラップとかインシューコードなどとも呼ばれるモノです。
折れたスポークを束ねて固定したり、かさばらないのに色んな事に使えるスグレモノです。

手袋
チェーンなどを触って手が汚れても、出先では洗うところが無い事の方が多いです。
そんな時に活躍するのが介護用の薄い手袋。 薄いのでかさばりません。

これは100均で売っているお徳用セットなので、使い捨てても惜しくないんです。

予備チューブ
私はチューブレスですが、パンクした時はこれをクリンチャーの用に中に入れて使います。
パンク修理剤のシーラントを使用しているので、1本だけ携行してます。

クリンチャーなミニベロの時は、最低でも2本は持って行きます。

タイヤレバー
チューブレスなロードはチューブレス用、
クリンチャーなミニベロは普通のタイヤレバーを持っています。

予備チェーン・ディレイラーハンガー
予備チェーンは携行品から外してもいいかもしれませんが、
ディレイラーハンガーの予備は あったら心強いです。

ディレイラー側に自転車が倒れ、ハンガーが曲がり、あるいは最悪折れて変速不能になっても修理する事が出来ます。
しかもディレイラーハンガーは注文してもすぐに入らない事も多いので、
普段から予備を用意しておく事をオススメします。


DSCF8390.jpg

小さいモノは、このようにいくつかまとめて一つの袋に入れています。

ちなみにこのジッパー付きの袋は、100均で買ったお得セットです。
開けなくてもツール缶の中で擦れて穴が開くので、時々取り替えます。


DSCF8389.jpg

安全ピン・バルブ回し

安全ピンは、パンク修理などでタイヤに刺さった異物を取り除くのに重宝します。
釘やピンを持つ人も多いですが、これならツール缶の中で他のモノにキズをつける心配がありません。

バルブ回しは後入れのシーラントを使う人には必要だし、
予備チューブのこの部分が緩んで使えなかった苦い経験から必ず持つようにしています。


DSCF8386.jpg

ミッシングリンク・コネクトピン
私はチェーンを手軽に繋いだり外したり出来るミッシングリンクを使用しているので、
これの予備も持っています。

なのでコネクトピンは不要なのですが、同行者のチェーンが切れた時の事を考え、
かさばるモノでも無いので携行しています。

どちらも10速用だけですが。

ちなみにミニベロは9速なので、その時は 9速用のミッシングリンクのみ携行しています。


DSCF8385.jpg

ベルクロ マジックテープ
チューブレスを使用している私は脱着が大変なので、作業を容易にする為に欠かせないアイテムです。


DSCF8387.jpg

瞬間接着剤
タイヤのキズ、ヒビなどに使ってパンクの再発を予防します。
もちろん他にもこれで補修出来るモノもあるでしょう。

私の経験から、このタイプが長くツール缶に入れておいても凝固したりしないのでオススメです。

万一ツール缶の中で漏れたら悲しすぎるので、これ単体でビニール袋に入れてます。


DSCF8384.jpg

シーラント・スポイト・石鹸水

チューブレス、チューブラーを使用されている方で、シーラントを入れている方も多いでしょう。

パンク時、あと一歩で穴が塞がるのにシーラントが出尽くした・・
なんて経験のある方もいらっしゃると思います。

そんな時の為に、シーラントも携帯していると便利です。
パンクして その規模を確認してから後入れする、という方にもいいですね。

私は100均のコスメコーナーで見つけた携帯容器を使っています。

トラベル用のコスメセットを買えば、シーラントを入れるのにピッタリな容器と、
これまたシーラントを充填するのにピッタリなスポイトもついていたりします。


加えてチューブレスの脱着を容易にしてくれる石鹸水も、香水用のスプレー容器に入れます。


DSCF8392.jpg

出先で一度これらに助けられてますので、有効な事もわかっています。

シーラント派な皆さんにオススメ。



以上がこのツール缶につまってます。
現時点で、これでいっぱいです。


DSCF8393.jpg

いかがですか?

少しでも知識の共有に役立てられれば嬉しいんですが。


間違いの指摘や補足、他にいい知識をお持ちの方があれば、是非教えて下さいね。(^^)

スポンサーサイト

コメント

携帯工具、買いたいと思って色々探していたんですよー
これは、種類が多くて良さそうですねぇ。
若干、大きめなので現状の私のツールボックスに入るかどうか気になりますが
参考にさせていただきま~す(^^)
[2013/08/28 23:32] URL | Bauer #722w7tmY [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> Bauerさん

普通のツール缶に楽々入る大きさで、携帯工具の中では小さい部類かと。

マイナスポイントが無い訳ではなく、タイヤレバーについている大きめの六角が、
短いので場所によっては届かなかったりします。

が、他は最強でしょう。 安いし。
[2013/08/29 11:42] URL | タイロン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/13-f5b379ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。