タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国 “はまかぜ海道’へ

土曜日、はまかぜ海道へ行って来ました。





はまかぜ海道は 今治~松山間の海岸線を結ぶサイクリングコースで、


しまなみ海道の愛媛側の起点、糸山サイクリングターミナルから

 松山 道後温泉までの約62kmの行程です。





瀬戸内サイクルメディアでは、瀬戸内の各海道沿線の魅力を引き出す

あるプロジェクトを進めており、今回はその調査が目的という具合です。





計画の参考にしたのはCYCLE SPORTS5月号の特集、「海道をゆく vol.6」

最も新しい情報が紹介されています。




DSC01905.jpg




予定は自宅から とびしま海道経由で岡村島から今治へフェリーで渡り、

はまかぜ海道を走って道後温泉につかり、松山~呉フェリーで帰宅という日帰りプラン。



走行距離100kmくらいなので、ツーリングルートとしてもモデルコースになります。






この調査ツーリングの話をすると、「私も行く!」 と嫁。



え・・ 行くの?  お前が来ると行動範囲が・・   

ま、まぁ、いっか。  最終のフェリーに間に合えばいいし。 ^^;





出発にもたついて予定時刻を15分ほどオーバー。

一抹の不安がよぎります。^^;




DSC01744.jpg




駆け抜けるだけなら一瞬のハズの とびしまエリアも、

嫁が一緒だと倍時間がかかるという具合。(-_-;)


大幅に余裕をもっていたにもかかわらず、この時点でフェリー乗り遅れ決定。(苦笑)




DSC01748.jpg




実はこの一本前のフェリーで今治へ渡っていたという ぐんじさんから連絡が。

私らが乗るハズだったフェリーを見越して、待ち伏せされていた模様。



しかし次のフェリーは3時間半も先です。^^;

なので予定を変更して大三島へ渡り、しまなみ経由で今治入りする事に。



すると ぐんじさんも周辺調査しながら待ってますとの事。

え、マジですか? スマンですのぉ。^^;






当初の予定はこの航路。




tousyo.png




で、予定変更後はこのコース。

しまなみ区間の自走約40km(青字)が追加されます。^^;




hennkou.png




フェリーで爆睡する嫁。

追加で走ることは伝えましたが、 距離の事は言わずにおきました。 ^^;




IMG_0753.jpg




フェリーで休めて、キレイな景色や名所案内で気を良くした嫁ですが・・




DSC01749.jpg




5分後に絶望・・ 的。 ^^;

メインルート外れた しまなみを なめちゃいけません。(笑)




DSC01751.jpg




伯方島に渡るまでは何もないよ~、という私の言葉に憔悴しきっていた嫁。

そんな彼女に天からの贈り物が。




DSC01754.jpg




お店の名前は「ピットイン」 
 <場所はコチラ>


こんな場所にお店が出来てたなんて知りませんでした。 

まさにピットイン。^^;




IMG_0754.jpg




オーナー女史は、還暦すぎてから古民家を改造し、営業されているそう。

食材は全て手作りだそうで、そのため営業は土日のみです。


野菜中心のヘルシーなランチですが、見た目以上にボリュームたっぷり!

デザートもついて大満足。(๑´ڡ`๑)




DSC01755.jpg




遠回りしたおかげで、ステキなお店を見つける事が出来ました。

嫁も生き返ってラッキー♪




  DSC01766.jpg




マリンオアシス伯方で塩ソフト。

休憩は効率的に、でも最低限のポイントは押さえます。(^^)




DSC01770.jpg




伯方島へ入るところで ぐんじさんから電話。



 「もしかして大三島から自走で来てます?」


   はい、自走ですが何か?



 「大三島の宗方港でフェリー降りてそのまま待ってたら、
 
  大崎上島の木江港から今治港へ行く船が、そこへ着いたのに。」




   マジですか!? ((((;゚Д゚))))





   しし、知らんかった・・ ^^;

   すまん、嫁。(苦笑)





と、ともあれ、そんな航路もあるということがわかったのも収穫・・・

と思いたい。(爆)




DSC01774.jpg




坂をパスする裏道を駆使したり、 走りながら観光案内したり、

背中押したりしながら やっと来島海峡大橋が見えてホッとする。




DSC01775.jpg




この橋渡ったら今治だから。

もう少し、がんばろー。( ´ ▽ ` )ノ




DSC01776.jpg




嫁 「長げ~~~よ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/」(爆)




DSC01778.jpg




そんなこんなでサイクリングターミナル糸山に到着。



遠回りしてよかったこと、その2。

何回かに分けてだけど、これで嫁も しまなみ全線走破したことになります。



達成感~♪



   「うるせぇ!o(`ω´ )o」 




DSC01782.jpg




私らが到着する間に、ぐんじさんがシクロしまなみの家で配布されている

「はまかぜ海道マップ」をゲットしてくれてました。 感謝ぁ。


そしてお待たせして申し訳ない。^^;




DSC01902.jpg




さっそくマップで要点を確認して出発。

ちなみにやっと本日の目的スタートです。(苦笑)




DSC01785.jpg




ネットで興味をひかれた藤山健康文化公園へ。

うしろに見える水道橋の上を歩くことも出来ます。




DSC01787.jpg




しかしこの銅像、

公園の名のとおり、健康そうではあるが・・ (笑)




DSC01788.jpg




はまかぜ海道は交通量の多い国道196号線を走ります。

コースの6割はたいした展望も無く、路肩も狭く窮屈な印象。


道路事情は さざなみ海道と同じような感じです。

とても初心者や家族連れにはおススメ出来ません。



ただしこれだけの距離がほとんど平地なのはスゴイです。




DSC01797.jpg




太陽石油菊間製油所の工場萌え~。

夜景はまるで不夜城のようだそうですよ。




DSC01796.jpg




広島側の平地からは四国ってあまり見えないんですが、

四国側からは本州側がハッキリ見える不思議。


野呂山と灰ヶ峰もすぐに見つかります。




DSC01804.jpg




道の駅 「風早の里 風和里(ふわり)」 に到着。

サイクルステーションとしての設備も整っていて、大いに賑わっています。




DSC01807.jpg




特に粋だったのはこのベンチ。

「愛車と一緒に座れます♡」がキャッチフレーズ。(^^)




DSC01809.jpg




はまかぜ海道のハズなのに、 まるで夕焼け小焼けラインだよ~。(笑)

と ぐんじさん。  いや、ホンマすんません。 ^^;




DSC01812.jpg




ここから道後温泉までは196号線バイパスの歩道が正規ルートになってます。

が、それは地味なアップダウンとトンネルが繰り返されるだけの道。


ぐんじさんはいつも海岸寄りの旧道を行くそうですが、

いただいたマップには山側におススメコースがひいてあります。



シクロツーリズムの案内人、宇都宮さんがおススメする道。

よくないわけがありません。




DSC01817.jpg




のどかな田園風景の中を行く平坦路。

信号も少なく、補給箇所やトイレが無い他は全く自転車向きなステキ道です。


見晴らしも含め、この区間はやはりここが最高のようですね。(^^)




DSC01822.jpg




マップのおススメ案内に導かれるまま、海岸線へスイッチ。

いよいよ松山市街へ入ります。




DSC01824.jpg




本日の〆は道後温泉と決めていましたが、 それでは最終のフェリーに間に合いません。

なので私らは松山に一泊することに。



ぐんじさんと別れ、道後温泉へ。

ぐんじさん、お付き合いいただき、ありがとうございました。




img2.jpg




そして嫁は初の100km越えを果たし、 総距離143kmを走破。

よく頑張った。お疲れ様。


ゆっくり湯につかり、ご飯食べて、翌日は松山観光です。(^^)




DSC01825.jpg











オマケ・・




「ところでそのスポーツタオル、なんで持って来たの?」


「だってシャンプーも石鹸も置いてないって言ったじゃん。」



「いや、60円でタオル借りられるんだけど。」


「早く言えよ!(−_−#)」(爆)






               つづく・・。(笑)







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/138-4026294e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。