タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニベロミーティング2015

10月11日、 ミニベロミーティング2015を開催しました。



ミニベロとはタイヤの小さな自転車の総称で、

スタイルの多様性が特徴です。




minibero.jpg




参加者が持ち寄ったミニベロを展示・試乗するのがミニベロミーティング。

今回もたくさんの車種が集まりました。(^^)



会場は上蒲刈島、県民の浜。




DSC02000.jpg




走行性能の高いモノから、

便利な折りたたみモデルまで・・。




taireru.jpg




もちろん変わり種も多く存在します。

これがミニベロの楽しさ。




imgP9YHDE7W.jpg




そんなイベントなのですが、 開催直前にまさかの通り雨。

設営準備にまさに水をさされるカッコウになりました。(苦笑)



雨はすぐにやみ、 開催時間には路面も乾いたものの、

この季節には珍しい強風が吹き荒れます。




ブースのテントは風にあおられ、自転車も倒れまくるという修羅場に。

受付作業や進行にも影響が出る始末。(-"-)





そんな波乱の開催でしたが、

今回は有名メーカーや専門店のブース出展も大幅に増えて賑やかにスタート。




DSC01999.jpg




まずはお馴染み、尾道メイドの 凪シリーズ で有名な アンデックスブース

昨年に続いて出展いただきました。
http://www.andex.co.jp/nagi/index.html



ロードレーサーと同じ使い方が出来る” をコンセプトに開発される同シリーズ。

BOMAホイールを履いた限定モデルが、あと5台との恐ろしいアナウンスも。(笑)




DSC02002.jpg




走行性能を高めるホイールカバーを製作されている ミヤノサイクルワークス さん。

京都からわざわざご参加いただきました。
http://mcw.main.jp/




DSC02003.jpg




ミニベロで走りを追求する時、最大の弱点である 慣性力 の少なさ。


ジャイロ効果が小さく、コギ続けないと失速してしまうという欠点を

専用ホイールカバーによって補おうというチャレンジをされています。



その開発と研究はレースに勝つことを主眼に行われ、

あくなき探究心の根底には、大きなミニベロ愛が感じられます。




DSC02011.jpg




日本の誇る香川のメーカー、Tyrell(タイレル) さんも初出展。
http://www.tyrellbike.com/



ミニベロフリークにとって憧れのビックネームの参加に、

オファーをいただいた時は本当に興奮しました。(^^)




DSC02004.jpg




近日発売予定の世界限定50台、電動デュラ、GOKISOハブ仕様のXF

お値段何と、125万円! (@_@;)



走るミニベロの代名詞のようなTyrellさんですが、

その持てるノウハウを惜しみなくつぎ込んだ結果、このような価格になったのだとか。


熱く語られる開発秘話に、こだわりとスピリッツを感じました。

まさにTyrell集大成と言える珠玉の1台。



こんな超レアな高級車も試乗可能だなんて、何と太っ腹!\(~o~)/




DSC02014.jpg




福山のメーカー、サイクルハート さん。

こちらも昨年に続いて出展いただきました。
http://cycleheart.jp/



フルカーボンフレームが特徴で、レーシーなスペックを追求されつつも、

のんびりツーリングや街乗りでも快適なミニベロを製作されてます。



楕円チェーンリング搭載モデルなど、様々な試乗車を持ち込んでいただきました。



走ることが楽しくなる・・  

そんな言葉がピッタリの品々ですよ。(^^)




DSC02005.jpg




東広島の ミニベロ専門店PALM さんも初出展いただきました。
http://palmcycle.com/index.html


西条駅のすぐそばというアクセスの良さ。

取扱い車種も増えていくそうで、今後が楽しみなお店です。



今回は3台のモールトンを持ち込んでいただきました。

ミニベロLOVEな店長のこだわりが感じられるラインナップです。



是非お店にも足を運んでみて下さいね。




2.jpg




一般参加者のミニベロも個性豊かなモノばかり。

こだわりのカスタム車から面白自転車まで、まさに博覧会です。




12079468_738617652936426_1310237074840871685_n.jpg




オーナーによる折りたたみ実演も行いました。

特徴や注意点を合わせて紹介してもらえます。




oritatami.jpg




乗りこなすことが目的の面白自転車、パナソニック・ロデオ。

“乗れるものなら乗って見ろ!” が売り文句です。



ヘッドの角度があまりに寝ているため、 通常の感覚で乗ることが出来ません。

例えるなら、初めて自転車にまたがった時に似ています。



試乗車はHILLCLIMBさんに提供いただきました~。m(_ _)m




  12096503_1640419549540237_4930931742097908541_n.jpg




多くの人がチャレンジしては撃沈しますが、

上級者はこの余裕。(笑)




imgW4JERHDI.jpg




ロデオに挑戦ゲームも行い、優秀者には景品を進呈しました。

その他ベストミニベロ賞の授与など、大いに盛り上がりましたよ。(^^)




  keihin.jpg




わずかではありますが、スタッフ伴走による場外の試走も。

広々とした道路で気持ちよく試乗していただきました。




DSC02010.jpg




午前中は強風に悩まされましたが、 午後からは風もやんでいいお天気に。

多くの方に楽しんでいただけました。



レアな試乗体験のみならず、メーカーこだわりの開発秘話を聞けたのも大きな収穫で、

これこそミニベロミーティングならではの醍醐味と言えます。




DSC02001.jpg




自転車に乗らない人をもひきつけるミニベロ。

今後もその魅力を伝えるために、ミニベロミーティングを開催したいですね。



参加された皆さん、ブース出展者の皆さんとスタッフ。

そして様々な立場で協力していただいた方々・・


本当にありがとうございました。m(_ _)m


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/142-03687189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。