タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除は自転車メンテの第一歩

スポーツ自転車を手に入れたはいいけれど、メンテナンスはおろか

洗車なんかも、どこまでやったらいいのか悩んだ経験は誰にでもあるのではないでしょうか。



今回は そんな洗車や走行後の簡単な処置について書きたいと思います。




とはいえ、ここに書く事は私が他人の知恵や本などから得た知識と、

これまでの経験から行っているものであり、


多分に独断と偏見も含まれていると思いますので、

あくまで参考程度に認識して頂く事をお願いします。





まず手始めに毎走行後に必ずやっている事から触れますが、

それはチェーンの乾拭きです。



チェーンのメンテナンスは ほとんどの方がされていると思いますが、

そのやり方については、今回は触れません。


が、どんな種類のケミカルを使って どんな周期でメンテしようが、

必ずチェーンは汚れ、オイルは劣化します。



もしメンテだけで毎走行後の乾拭きをしなかったとしたら、

使うオイルにもよりますが、200~300kmくらいで掃除しなければならないでしょう。


ですが、この乾拭きをする事で、メンテの周期を大幅に長くする事が出来るのです。

私が晴れ前提で大体、500~700km、オイルの継ぎ足しだけでいけてます。




やり方は簡単、こうやって乾いたウェスで包むようにして、

チェーン落ちに気をつけながらペダルを空回しして拭くだけ。


DSCF8473.jpg

チェーンを拭くウェスは、履き古したパンツや靴下などをとっておいて使うのが
ムダが無くてオススメです。

ある程度汚れるまで使って、洗わずに捨てればいいですからね。


ただし、ぞうきんのように繊維が引っかかるモノは使いにくいので不向きです。

あとボタンがついている古着などは、不意にどこかをキズつける事がありますので、
あらかじめ とっておくのが吉です。



このチェーンの乾拭きは毎走行後、走った距離に関係無く行います。

短い距離しか走らなかったり、思いのほか車体全体がキレイで掃除の必要が無い時などは、これだけでOK。

かかる時間は5秒程度です。(笑)




あと、毎回ではなくてもいいですから、リアディレイラーのプーリーも乾拭きしてあげましょう。

御覧の通り、オイルとゴミが混じったものが付着してます。


DSCF8519.jpg

これもウェスで拭くだけ。

一気にやると絡まってしまうので、ゆっくり丁寧に作業するのがコツです。


DSCF8517.jpg

補足ですが、オイルの継ぎ足しは走行前には やらない方がいいです。

というのも、ほとんどのオイルが揮発定着するのに半日~一日くらいかかるからです。


吹き付けたばかりのオイルは粘り気が強く、砂利などのゴミをよく拾います。

継ぎ足すなら、走行後に乾拭きしたあとがいいですよ。






次にまとまった距離を走ったりして それなりに汚れた場合の洗車について。


洗車といっても世間でいう水洗いを私はやりません。

特にヘッドパーツ、BB(ボトムブラケット)、ハブ、変速機などを定期的にメンテしない人は絶対に水洗いしない方がいいです。




ではどうするか。


まず用意するのはコレら。

ウェス(ぞうきん可)、フクピカ、綿棒、つまようじ。




最初に いつものチェーン乾拭きをして、自転車をひっくり返します。

この時、ハンドルやサドルについている逆さにするのに邪魔なモノがあれば、
あらかじめとっておきます。


DSCF8468.jpg

逆さにしたら、まず固くしぼったウェスでタイヤ全体を拭きます。

汚れをとる事で、タイヤに刺さっている異物や亀裂などを発見出来ます。


DSCF8469.jpg

もしパンクの原因になる異物を発見したら、ピンなどで取り除きましょう。

そのあとのキズや亀裂などは、瞬間接着剤で補修すれば よりタイヤが長持ちしますよ。




次に前後のホイールを外します。


念の為に説明しますが、フロントホイールはクイックを緩めるだけでは外れません。

脱落防止の爪がある為、クイック自体のネジも 緩めてやる必要があります。


また、タイヤの太さによってはブレーキのリリースを解除しなければ外れないものもありますので、

その場合はお忘れなく。


DSCF8472.jpg

ちなみに後輪は脱落防止の爪が無いので、クイックを緩めるだけで外れます。

後輪を外す前に、脱着を容易にする為、ギヤを一番重い位置にしておきましょう。


DSCF8478.jpg

外したあとは、フレームにチェーンが当たるところにティッシュ等をかませておけばキズがつくのを防げます。


DSCF8479.jpg

ここからはフレーム全体をフクピカで磨いていきます。

フクピカは掃除とワックスがけを同時に出来るので、手軽で重宝します。


DSCF8484.jpg

DSCF8485.jpg

汚れが酷い場合は、まず固くしぼったウェスである程度拭いてからフクピカで拭きます。


ワイヤーやチェーンが当たる歯車などの部分、ブレーキシューなどのゴム製品などを除き、ほぼ全てを拭き上げます。

コツは比較的汚れの少ない箇所から始め、徐々に汚いところへ移行する方が効率的です。

この方法で、よほど激しい汚れ方じゃない限り、ロードならフクピカ一枚、
折りたたみミニベロなら二枚で全体が拭けるハズです。




それでも拭き残してしまうような細かい箇所はどうするか。

そういう所ほど、錆びたり腐食したりしやすいものです。


そこで活躍するのが綿棒と つまようじ。


DSCF8483.jpg

例えばこんなネジ山の穴。


DSCF8486.jpg

こんな風に綿棒でフクピカをねじ込むように拭きます。


DSCF8487.jpg

綿棒でも届かない こんな隙間には つまようじで対応。

しかも つまようじは適度にやわらかいので、部品をキズつける心配もありません。


DSCF8491.jpg

こんな狭い所にも、つまようじを使って簡単に通す事が出来ます。


DSCF8505.jpg

ブレーキシューの溝につまったカスもこれでバッチリ。


DSCF8507.jpg

綿棒とつまようじを駆使すれば、分解せずに掃除出来るところはかなりあります。

普段から海岸を走る事の多い我々瀬戸内ライダーは、こまめな掃除が必要でしょう。


特に各ネジ、ブレーキ、ディレイラーはキレイにしておきたいですね。




車体の掃除が終わったら、ホイールを拭きます。

こうする事によって、スポークの破損やニップルの緩みなども発見出来るという具合です。


DSCF8508.jpg

DSCF8511.jpg

外した後輪のスプロケットもチェーンを乾拭きするウェスで拭いておきましょう。

こうすれば簡単簡単♪


DSCF8513.jpg



ここまで完了したら もう少し。

前後のホイールを装着して自転車を起こします。


ホイールの装着は外した時の逆の手順でやりますが、

両ホイールともキチンと加重をかけてシッカリ奥までハメてクイックを締める必要があります。


DSCF8515.jpg

加重のかけ方が不十分だと、ホイールが微妙にナナメに取り付けられる事があり、

ブレーキの片効きや、最悪車体の破損につながる事があります。


また、クイックレバーの締め方も、締めてから更に手で回るようでは全然足りません。

適度な締め具合がわからない人は、プロショップなどで正しい加減を教わって下さいね。


DSCF8512.jpg

自転車を起こしたら、逆さにしていた時は拭けなかった所や、拭き残しを拭いて終了です。


ちなみにバーテープが汚れている場合は、

固くしぼった雑巾で拭くと、ビックリするくらいキレイになりますよ。


DSCF8520.jpg

この一連の作業時間は、常にキレイにしている人なら慣れれば10分くらい、

念入りにやっても30分程度で済むハズです。


DSCF8521.jpg


ツーリングに行く度、チョイ乗りを数回したら、是非キレイにしてあげて下さい。

こまめに洗車する事で愛車が長持ちするだけで無く、異常や破損を早期発見出来るんです、

また一回一回の洗車にかかる時間も短縮出来ます。



これより一歩進んだ掃除やメンテもあるんですが、それはまた別の機会に書く事にして、

少しでも参考になれば幸いです。


スポンサーサイト

コメント
(^o^)
最近やってる・・・(^o^) ハブの拭き方・・・ナルホドって具合!
[2013/09/12 13:31] URL | あきちゃん #- [ 編集 ]

Re: (^o^)
> あきちゃん

チェーンの乾拭きだけでも全然違うっしょ?

5秒で出来るメンテ!(笑)
[2013/09/12 22:54] URL | タイロン #- [ 編集 ]


洗剤と水で洗車してたけど、
寒い時期は乾きも悪いし、何より寒いしでやる気になれなかったので、
この方法なら寒くても出来て良いですね!
今後参考にさせてもらいます。
[2013/09/14 16:14] URL | 水河 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>水河さん

やっぱ水洗いする人多いですね。
こういうコメントもらうと、書いて良かったと思います。(^^)
[2013/09/14 22:28] URL | タイロン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/17-f7b8459c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。