タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の週末スケジュール その②


「ロードレース観戦」「漫画家トークイベント」「企画の試走」



やりたいことを網羅しようとしたら、

詰めっ詰めのスケジュールになった先週末。



実はこの他にも様々な案件がありまして、

前後の調整やらなんやら、



大して器用でもないくせに、 無い頭をフル回転で考えましたよ、私!(笑)







で、チビたちと試験サイクリングした土曜日の模様が前回のブログ。

今回はその続きです。





日曜日、快晴。



自転車ロードレースの国内最高峰、Jプロツアー第8・9戦となる、

西日本ロードクラシック広島大会が、中央森林公園サイクリングコースで開催。



我らが ヴィクトワール広島 ももちろん出場。

ツアーの地元開催は年一回なので、応援に行くしかないでしょう!




※手拭いが2015になってるのは、去年買ったからですよ~w




  IMG_2563.jpg




ところが私、レース開始時間を間違えていたようで、

到着した時はすでにスタートした後でした。^^;




ほどなく 2周目に入る選手たちが次々とホームストレートを通過して行きます。




IMG_2541.jpg




ところがレースは1周目の後半で大落車があり、

その後1時間半も中断する大事態に。 ( ゚д゚)




当日会場に来られなくて、詳細を気にかけられている方も多いと思いますが、

公式発表がまだなので、あえてここでは伏せさせていただきますね。



ただ、ケガをされた方や関係者の方は、まだ色々と大変だと思いますので、

現時点で問い合わせが殺到したりとかになりませんように、ご配慮いただければと思います。







その後レースは残り5周に改められ、 

1周目終了時点のタイム差を考慮して再スタート。




IMG_2545.jpg




本当はコース上のあちこち移動して観戦するつもりでしたが、

周回数が少ないので動いている時間がありません。




IMG_2555.jpg




結果は、前日の表彰台に立った3人が、

1,2,3位を入れ替わってゴールという劇的なもの。



しかも両日とも紙一重の大接戦でした。




IMG_2564.jpg




レースの詳細は、公式YouTube動画をご覧下さい。











さて、このあとも仲間が出場する実業団クラスのレースがあるのですが、

次なる予定のために後ろ髪を引かれながら移動。





その予定とは、広島市の比治山大学で行われるオープンキャンパスでの催し。

かわぐちかいじ×こうの史代 という超レアな漫画家対談です。




  IMG_2571.jpg




かわぐちかいじ先生は、「沈黙の艦隊」、「ジパング」、「太陽の黙示録」など、

スケールと質量の大きな壮大なテーマの作品で有名。



こうの史代先生は、「夕凪の街、桜の国」、「この世界の片隅に」など、

戦争をテーマにした市民の生活を描いた話題作が有名ですが、

全体的にはハートフルな日常を描いた優しいタッチの作品が多い方です。





ともに広島出身で、 ふたりとも好きな作家さんで、

我が家にも両者の単行本がたくさんあります。



このふたりが揃って対談するのは初めてのことだそうで、

こんなレアな機会は逃せません。 (゚∀゚)





対談では作品の制作秘話はもちろん、

作品に対する心構えや構成、 色々貴重なお話が聞けました。









対談後は限定サイン会も。

ここでは何と両先生から嬉しい撮影許可が。 ヽ(´∀`)ノ




IMG_2575.jpg




名札に〝タイロン”と書いていた私。

それを見て思わず私の顔を二度見する かわぐち先生がツボでした。(笑)



「ハンドルネームです。 外国人じゃありませんよw」


先生、苦笑。 wwww




IMG_2579.jpg




実は私、かわぐち先生のとある作品の最後の1ページで、

涙が止まらなかったことがあります。



そしてそのページをしばらく見て泣いていたことを話すと、


サインを書いていた先生の手が止まり、

私の顔を見上げて、あのシーンに秘められた話を少しだけして下さいました。




あのシーンに感動したことを伝えることができ、

更に質問にも答えてもらって最高の瞬間でしたね。




IMG_2580.jpg




そして、こうの史代先生。


彼女の大作、「この世界の片隅に」 は、

太平洋戦争中の広島・呉を描いた作品で、


主人公の生活する舞台は私の家から500mくらいの実在する場所です。





物語の中で描かれる描写は、 私が親から寝物語のように聞いてきた内容そのままで、

私と同年代の こうの先生も、親から同じ話を聞いて育ったのだなぁと感慨しきりです。




そんな 「この世界の片隅に」 ですが、

今秋、いよいよアニメ映画として公開が決定しています。



戦争モノとはいえ、そこに生きていた人々の

イキイキとした活力を味わえる作品です。


知らなかった方も是非チェックしてみて下さい。

http://www.konosekai.jp/




IMG_2573.jpg




さて、この日の天気は私のスケジュールと同じく 忙しく変化し、

時に雷を伴う激しい雷雨となったりしましたが、



私が外に出る頃にはご覧の通り。(笑)




IMG_2572.jpg




かくして怒涛のスケジュールは終了しました~。

駆け抜けた~~~。 充実した週末でした~~~。ε-(´∀`; )



とはいえ、私の活動や予定が終わったわけではなく、

闘いはこれからも続くのです。^^;





追伸 : レースでケガをされた選手の皆さんが、

早期回復されることを謹んでお祈りします。m(_ _)m





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/173-51ac1da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。