タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王先神死魔再苦輪愚(おおさきかみしまさいくりんぐ)
金曜日。 とはいっても1月3日です。

世間では正月といふイベントなう。


しかし土日祝日盆暮れ正月まったく関係ない仕事の私は勤務明け。



ですが行って来ましたよ~。 大崎上島へサイクリングに。






事の発端は王家瀬戸内海を統べる王こと、M☆ta-kaさんの呼びかけによるもの。



「1月3日(金)、大崎上島を友人たちと走ります。

 メンツがヤバいことになりそうなので、誰かペースを抑えられる方の参加を熱望します(笑)」







面白そうじゃないか。( ´艸`)ププッ




いじられキャラのM☆ta-kaさんと走ると、常にネタの嵐が吹き荒れます。



2012、5月  大崎上島探索ライドで坂道の度に弱音を吐きまくる王。

後に自転車仲間の間で 「大崎上島事変」 と呼ばれる事になる歴史的(?)なライドでした。(笑)

DSCF2543.jpg


そして 2012、11月  安芸灘とびしまオレンジライドで真っ白な灰になる王。(爆)

「失速うぅぅうぅ~~~」 の名言を生んだ、後にレンジライドと呼ばれる事になるイベントでした。(笑)


DSCF5158.jpg


そんな王が今回もやってくれない訳は無い。(笑)


・・そう思って参加表明したのですが、今思えばこの時すでに巧妙な罠が張り巡らされていたのです。(-_-;)




私が名乗りを上げるやいなや、王が発表した当日のルートはこれ。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c2d38e2df2331e8ef3c69f118cab5d38


網の目のように島を縫うコースレイアウト。

たかだか一周30数kmの島ひとつで100km以上走ります。


しかも霊峰 神峰山を表と裏、二回上るだと・・?

2014年にちなんで、獲得標高 2014m ・・・・・?





ハ、ハメられた・・ ((((;゚Д゚))))




・・まぁ、呉だけで4000m上るとかいうアホなイベントもやっている身としては、

これくらいで尻込みする訳にもいきません。




「ええ?仕事明け? シラナカッタナー。」(棒読み)



強大な悪意を感じる具合に・・ 我、怒りで身体が震え・・。(0。0)



車載で竹原港へ移動。

フェリーもお正月仕様です。


DSCF0129.jpg


目の前には痛フェリーが。


DSCF0128.jpg


そして約一時間前、痛い人たちが渡っていったとか。(笑)


 1526721_373495669457572_1374280373_n[1]


大崎上島の白水港に着き、王の指定されるままにパルディへ移動。

いたいた、濃い~メンバーが。(笑)


左から、たけっちさん、itotakeさん、ナポ~リタン君、白洲次郎さん、

そして我らが王こと、M☆ta-kaさん。


DSCF0134.jpg


何はともあれ、まずは王に拝謁。


DSCF0130.jpg


そしてスーパー土下座。

買い物客がいようが構わん具合に、南無阿弥陀仏・・ といふしかないだろ、普通。(笑)


DSCF0131.jpg


王家瀬戸内海きってのエース、くろすけ軍曹が体調不良で不参加だったのは残念でしたが、

懸念材料が一つ減ってホッとしたのは秘密です。^^;



てか、いきなり男らしいペースで引き始める王。

何と神々しい。


DSCF0136.jpg


長島大橋へのアプローチも軽々と上っていきます。

もう二年前の面影はありません。^^;


DSCF0137.jpg


そして知る人ぞ知る、王のプライベートビーチへ。

てか、潮が満ちててタダの岸壁になってる具合に萌えます。(笑)


DSCF0138.jpg


今は閉鎖されている火力発電所。 このデッカイ煙突は本土や とびしま、

ところによっては しまなみからも見える巨大なモニュメントになっています。


DSCF0141.jpg


この一年数か月、毎日ジテ通を欠かさない たけっちさん。

メキメキ実力をつけています。(^^)


DSCF0144.jpg


itotakeさんも白洲次郎さんもキモチよさそう~♪


DSCF0146.jpg


再び長島大橋を渡って本島へ。

王とたけっちさんが素晴らしいペースで上ります。


何か明らかに私の足を削る作戦が見え見えですが、その手には乗りません。(苦笑)


1504127_1432351470329228_1170462720_n[1]


今日のライド言いだしっぺの王。

実は同じ日に同窓会(昼間)と神社の厄払いが被ってたのを完璧に忘れていたとか。


何やっとんすか!(爆)




という訳で、王が厄払い中に神社で待たされる一行。^^;


 DSCF0151.jpg


しかも待ってる間に暇だろうから、上っておけと言われた神社の裏山。

桜がキレイと言われても、今は無意味といふ具合に・・


南無阿弥陀仏・・ といふしか無いだろ。(苦笑)


DSCF0149.jpg


しかもこんな激坂だとは、聞いてない具合に・・

我、怒りで身体も震えまくりだろっ!(爆)


DSCF0150.jpg


厄を落としてスッキリした王が我々を従えて次に向かったのは、いよいよ本日の最難関、

神峰山 最短登坂コースにして急傾斜と話に聞く北側ルート。


DSCF0153.jpg


写真? あるわけないよ、そんなもん。^^;


私の経験中で一番の激坂は 旧神山峠、通称タイロン坂ですが、

ここは めでたく第二位に認定されました。(苦笑)


第三位は朝日山かな。




王はブッチギリのトップで登頂。

ナポ~リタン君、たけっちさん、itotakeさんがそれに続き、


私は大きく遅れて登頂。

足こそ着かなかったものの、途中、駐車場で3回回った事をお許し下せぇ。^^;




そしてこの時点で、王の私に対する積年のリベンジがなされてしまったのです。

完敗のポーズ。(苦笑)


DSCF0157.jpg


歓喜を身体全体で表す王と従者の たけっちさん。(爆)


いや~、二人ともホントに強くなった。

いつか仕返しせんとね。(笑)


DSCF0160.jpg


で、「さて行きましょう。」 と、

まるで当たり前のように自転車を担ぐ一行。


DSCF0161.jpg


そうです。神峰山の本当の頂上はここではなく、歩いて登るしかありません。

が、何で自転車担いで? 頭の悪いヤツラです。(苦笑)


 DSCF0163.jpg


こういう お・も・て・な・し、 いらんわ。^^;


DSCF0164.jpg


クリートカバー持ってきててヨカッター。

ブツブツ言いながら登頂。(苦笑)


DSCF0166.jpg


でもそんなに道は悪くなく、道中も風情があります。


DSCF0165.jpg


しかも頂上の展望台には自転車ラックも・・

って、無い無い!(爆)


DSCF0168.jpg


しかしこのパノラマ。 素晴らしすぎる。(^^)


DSCF0172.jpg


本土から とびしま海道全体、しまなみから今治まで一望できます。

しかもそのほとんど全てを走った事があるという事実に超激萌えですね。(笑)


DSCF0173.jpg


そしてゴミは必ず持ち帰るのがマナーです。(爆)


DSCF0177.jpg


ねぇ、王の力で岡村島から大三島まで橋を架けて下さいよ~。

あの間だけなんだよ~、本当に。(笑)

DSCF0178.jpg


一同下山して徳森食堂へ。

ちなみに王は忘れていた同窓会へちょっぴり顔出しに行きました。あの恰好で。(笑)


DSCF0180.jpg


行列に並んで待つこと1時間。(苦笑)

それでもここのラーメンは昔ながらの中華そばといった感じで絶品なんです。(๑´ڡ‘๑)


DSCF0181.jpg


食後はマッタリと行こうと言いながら、徐々にラーメンが出そうな速度域へ。(メーター一番上ね)

もはや強烈な悪意しか感じません。(苦笑)


DSCF0183.jpg


島の南岸を周回し、再び王と合流。

しかし歩行登山やラーメン待ちで時間をロスしたので、大幅コース短縮する事に。


DSCF0185.jpg


島を周回してアンテナショップへ。

ここはほとんど全員が初めて。


DSCF0187.jpg


話では少人数しか入れないと聞いてましたが、

40人くらいは入れるんだとか。


DSCF0189.jpg


サイクルステーションにもなっており、喫茶が楽しめます。

おっさんにはティータイムが必須科目なのだよ。(笑)


DSCF0190.jpg


楽しくマッタリしたあとは、王自慢のステキ道へ案内してもらう事に。

途中の45%コンクリート坂に挑む たけっちさん。


当然、轟沈。(笑)


DSCF0191.jpg


王に連れられるままに登坂すると、

突然、目の前に風流なトンネルが。


DSCF0194改


これは最近通った手掘りシリーズの中では最高の雰囲気を醸し出してます。


 DSCF0197改


王いわく、「タイロンさん、こういうの好きだと思って。」

我、感謝で身体が震え・・ (☍﹏⁰)


 DSCF0198改


向こうに下るのもステキ道。

隠れ里といった雰囲気。


DSCF0202.jpg


が、何故かまた上り始める。

「じゃあ、コース短縮した事だし、一本いっときましょう~♪」


何が?

という間もなく御覧の激坂を上らされ・・


DSCF0203.jpg


あげく、「お寺があるから、観音様を見に行こう~♪」

と上らせたくせに、ただ上っただけで何も見ずに下りやがる始末・・


我、怒りで殺意を覚え・・ 的。(0。0)


DSCF0204.jpg


腹が立つので連結されてみました。(笑)


それでも動じる事なく上り続ける王。

アア、立派になられて・・。(☍﹏⁰)


1526904_1432351443662564_180073365_n[1]


そのあともちょっと上る雰囲気で 山ひとつ分、延々上らされ・・

くたくたになりながら登頂。 そして絶景。


DSCF0205.jpg


下り始めるとまたまた御褒美の絶景。

お見事、まさにステキ道。


DSCF0210.jpg


下ってからは、たけっちトレインで港まで快走。


ここ数日ずっと調子が上がらなかったんですが、

最後の最後で気持ちよくなってきました。


たけっちさん、ありがとう~。


DSCF0213.jpg


そして大崎上島が実家の王を残し、一同フェリーで竹原へ。


DSCF0214.jpg


今回、王には積年のリベンジを何倍も、お釣りまでつけて返されてしまいました。

が、思い返せば今回訪れた全ての場所は、私を楽しませるものであったと言えます。


走っている最中は悪意しか感じなかったけど(笑)、王の懐の深さに改めて感服しました。



そして大崎上島も、まだまだ未踏のステキ道がある事も判明。

またまた探索に行かなくちゃですな。



本日御一緒した皆さん、ありがとう~。






本日の走行時間 3:23 走行距離 65.8km 平均速度 19.4km/h 積算距離 12776km


獲得標高・・ 知らん。





う~ん、距離とアベだけ見ると、まるでポタリングだな。(苦笑)


スポンサーサイト

コメント
極楽上島なんですね(^O^)
やっぱ、
タイロンさんの行かれるツーリングは、
いいですね(^O^)

王家の方々も
日々進化して恐ろしいことに(^O^)

次回はぜひご一緒させて頂きたいです❤️
[2014/01/06 16:11] URL | ハラっさん #- [ 編集 ]

Re: 極楽上島なんですね(^O^)
> ハラっさん

是非行きましょう。

コンパクトな島ながら、情緒あり、高速コースあり、グルメありの素晴らしいロケーションですよ。
[2014/01/07 02:47] URL | タイロン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/42-153ae64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。