タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
永遠の0
世間的には今更なのかもしれませんが、見てきました。

永遠の0。



images.jpg





めったに映画館に足を運ばない私ですが、作品の持つ雰囲気や、友人知人のレビューに触れるたび、

これは是非 劇場で見てみたいと思っていました。





舞台は戦後60年後の日本。

司法浪人に甘んじているうち、自暴自棄になりかけていた主人公。


そんな彼が ひょんな事から血のつながっていると思っていた祖父の他に、

特攻で亡くなった本当の祖父がいた事を知ります。


ジャーナリストの卵である姉の手伝いで祖父の痕跡を調べるうち、次第に明らかになっていく祖父像。


卓越した飛行技術を持ちながら、家族の為に執拗なまでの生への執着を見せる彼を

周囲は臆病者とののしっていました。


そんな彼が何故、特攻に殉じたのか・・。


徐々に明らかになっていく謎。 


人とは、家族とは、戦争とは、  そして物語は数奇な結末へ・・。





たまたま会社の知人から原作を借りて読む機会があり、

益々見に行きたい気持ちが高まりましたね。


特に予告編で、主人公の祖父役である岡田准一が、

「私は死にたくありません・・」 というシーン。 

私にとって原作を読んだイメージそのままだった事が興味を一層引き立てました。




そして映画はとてもよく、御多聞にもれず 最近の邦画の中では明らかに名作の部類に入ると思います。

賛否両論あるようですが、私はそれも名作の宿命かと思います。





ただ個人的には、原作の小説と映画の両方を見て初めて納得出来るのかなと思ったり・・。


と言うのも、映画も小説も単体でいいのですが、

映画という約二時間で描くにはどうしても切り捨てられる部分が出てきます。


小説を読んで思ったのは、歴史の証言者の語りを通じて太平洋戦争の事がリアルに描かれるのですが、

これが生半可な歴史資料などよりも よほどわかりやすくよくまとまっているという事です。


太平洋戦争の事を全く知らない人が読んでも、概要が理解出来るものになっています。


戦争の悲哀や軍上層部の愚策に対する批判も多分にありますが、

当時の時代背景やそれぞれの立場ゆえの流れについて冷静な視点で語っている点も好感が持てました。



正直、語り部たちがあまりに説明上手なところは多少違和感がありましたが、

それは史実をわかりやすく説明する為とわりきれば、そんなに問題ではありません。



この部分は小説の方がより伝わると思ったので、知らない人にこそ是非読んで頂きたいと思いました。





そして映画。

昨今のSFX技術は素晴らしく、迫力とかリアルとかそんなレベルじゃないですね。


まさにそこにいる空気感。

その時代に生きてないし、戦争も知らないくせに、


日本人のDNAがそうさせるのでしょうか。



原作の良さを踏襲し、いい意味で昇華されていると思います。



ひたすら泣かせようとしているという意見もあるようですが、私はそうは思いませんでした。




むしろ私的に原作で違和感を感じていた部分が、映画によって補てんされたというか、

逆に映画で物足りないところが原作で補てんされているところもあって・・



まぁ、つまりは両方見れば更に納得で楽しめるって事です。



こうなると漫画も読んでみたくなりますね。(笑)



ちなみに私が原作で違和感を感じてる部分についてはネタバレになるので書きませ~ん。

見た人は機会があれば語り合いましょうね。(笑)




最後に自分でもよかったと言いながら何ですが、 

よかったって人の言葉をあまり気にせず御覧になった方が純粋に楽しめると思います。



劇場公開ももう少しですかね。

是非劇場で御覧になって下さい。(^^)


http://www.eienno-zero.jp/index.html




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/46-d7b28053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR