タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スッキリ!ワイヤー取り回し

私が今回注文して手に入れたモノ。

それは 「ケーブルガイド」 です。



電動システムを除き、ギヤの変速はワイヤーによって行われますが、

フレームのちょうどBBの下でワイヤーを受けているアレです。


DSCF7217.jpg



別に壊れたりして交換する訳ではありません。

これには訳がありまして・・



まずコレが必要になった訳から説明いたしましょう。



普通、ほとんどのスポーツ自転車のワイヤーはこの様な取り回しになっております。



  DSCF0430改



ちょっとわかりにくいかもしれませんが、


前ブレーキのワイヤーは、右手側から出てにあるブレーキの受けへ、

後ろブレーキのワイヤーは、左手側から出てフレームの左側に沿って這わせてあります。


同じ要領で、フロントシフターのワイヤーは、左手側から出てフレームの左側へ、

リアシフターのワイヤーは、右手側から出てフレームの右側へ・・




要するに、取り回しが窮屈 なのです。



窮屈だから抵抗が増え、ワイヤーの引きが重くなり寿命も縮まります。

ヘッド回りのフレームとも干渉しやすく、こすれたり汚れたりしてる人がほとんどじゃないでしょうか。



思えば、私の自転車がノーマルなワイヤー取り回しの状態で写真撮っておくべきでした。

適当な画像が無くてゴメンナサイ。^^;







で、この の窮屈な取り回しを

とする事で、スマートかつスッキリした状態に改善しょうというもの。




まずブレーキですが、

これはノーマルが右手 → 前ブレーキ、左手 → 後ろブレーキであるものを

右手 → 後ろブレーキ、左手 → 前ブレーキとする事で解決します。


この取り回し方法は、ヨーロッパ式と言います。



ヨーロッパ式の利点は、取り回しを自然にするのが目的ですが、

前ブレーキをかけながらリアのシフトチェンジが出来る、という恩恵もあります。


つまりブレーキかけながら、シフトダウンが出来るのです。

これはちょっとした事ですが、なかなか使えます。




デメリットとしては、慣れないと危ないって事でしょうか。


例えば、うちの嫁は原付にも乗るので、前後のブレーキを間違えると危険な為、

ヨーロッパ式にしておりません。





下はブレーキの取り回しのみヨーロッパ式に改造した写真。


右手から出たワイヤーは後ろブレーキへ、

左手から出たワイヤーは前ブレーキへ。


取り回しが自然で、見た目にもスッキリしたのがおわかりでしょう。



DSCF0928.jpg



ハンドルを下げたのに、アウターケーブル調整カットしてないので、

若干長さが持て余してる状態なのは御愛嬌。(苦笑)


さて、上の写真でもわかる通り、シフターワイヤーがシャネルのマークみたいにクロスしています。

これを改善した写真がコチラ。



DSCF0938.jpg


ブレーキもシフターも、左から出たものは右へ、右から出たものは左へ、

自然な流れで抵抗が少なくなっています。


そしてフレームには全然触れていません。

アウターケーブルが長いのは、次回ワイヤー交換する時に改善します。




・・で、このようなシフトケーブルの取り回しをすると、

当然フレーム下のワイヤーはビフォー・・



DSCF0929.jpg



アフター・・ となる訳です。



DSCF0936.jpg



今回は今だかつてない わかりにくい内容となっておりますが・・



みんな着いてきてる?(爆)




さて、気にせずまいりましょう。( ´艸`)ププッ



シフターは前後で構造が違う為、ブレーキのように左右のワイヤーを入れ替えればいい、

という訳にはいきません。


なので今回のような改造をすると、前側の受けが左右逆になる為、

そこからケーブルガイドまでの間でワイヤーがクロスする事になります。

それがアフターの写真ですね。




で、この時問題になるのが、二本のワイヤーがクロスするところで干渉してしまうという事。


金属製のワイヤーなので、大した事では無いとは思いますが、

稼働部分が干渉し合うというのは、単純に気持ちいいものではありません。






そこでやっと登場するのが今回購入したケーブルガイド。


左が新調したモノで、右が純正。



DSCF0932.jpg



もう、おわかりですね。(笑)

この段差の違いが、ワイヤーがクロスする部分のクリアランスを作り出してくれるんです。


これでクロスしたワイヤー同士が干渉する事はありません。



DSCF0935.jpg



ダメ押しの完成画像。

フレームと擦れる事も無く、どこから見てもスッキリ。(笑)



DSCF0939.jpg



ちなみにこのケーブルガイドは、GIANTのクロスバイク ESCAPEに採用されているもの。


東広島のGIANTショップに立ち寄った際に聞いてみたところ、

在庫が無かった為、わざわざ取り寄せてくれたものです。



たかだか200円程度の部品で出来るスッキリ改造。

皆さんもいかがですか?





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/61-4655e86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。