タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
ももへの手紙ツアー

私と嫁と孫二人分の自転車、

計四台をスッキリ車載。




DSCF1798.jpg




尚且つ4人乗車・・

時々自分は天才なんじゃないかと思う時があります。(笑)




DSCF1763.jpg




下の孫も何とか自転車に乗れるようになったので、今回はみんなで下蒲刈へ。

いつもの駐車場にデポして、大津泊庭園内をサイクリング。



反対側のデッカイ駐車場は全く車がいないので、まずはここで練習です。




DSCF1771.jpg




ある程度おさらいして、ちょっぴり探検ポタリングへ。

駐車場の端から川沿いに下ります。



DSCF1778.jpg




そのまま進むと、いつも通っている道の下をトンネルで通過。

ハイペースで通りすぎるだけでは絶対に見つけられないステキ道。




DSCF1783.jpg




そのまま海へ続く遊歩道へ。

雨予報じゃなかったっけ?(笑)




DSCF1785.jpg




お決まりのビューポイントで記念撮影・・ 的。




DSCF1786.jpg




再び公園内を通って駐車場へ。

下の孫はまだまだ緊張気味なので本日の自転車は終了。


たったこれだけで1時間半くらい楽しんでます。(^^)




DSCF1794.jpg




再び車載して上蒲刈へ。

すると蒲刈大橋で名古屋から走りに来てるアイルトンさんと遭遇。(^^)


しばし談笑の後、再開を約束してお別れ。

せっかくなので、しばらくカーペーサーして差し上げました。( ´艸`)ププッ




DSCF1799.jpg




ちょうど昼時だったので、本日の昼食はココ、うどんの原

昔ながらの とびしまグルメのひとつです。




DSCF1801.jpg




外は蒸し暑い日ですが、ひさしの中は涼しい~♪

アイルトンさんも誘ったんですが、昼食とったばかりだそうで残念。




DSCF1803.jpg




今日は冷やしうどん。

まいう~♪ (๑´ڡ`๑)




DSCF1804.jpg




そこから一気に岡村島へ。

新しくオープンした まるせきカフェへ。
http://marusekicafe.com/




DSCF1807.jpg




古民家を改装した店内は、ジャズが流れていていい雰囲気。

一年かけて自分でリフォームされたそうです。素晴らしい。




DSCF1810.jpg




目玉メニューのスィーツセットを注文。

数量限定の ひめっこプリン がとってもかわいい。(^^)




DSCF1811.jpg




これ、たまごの殻を割らずに作られてるんです。

食べる時に殻を割って食べるというモノ。


包焼きなどと同じく、仕上がりが確認出来ないのが難しい調理法ですが、

絶妙なトロトロ具合で まいう~♪(#^.^#)




DSCF1812.jpg




さて、本日のお題は、「ももへの手紙ツアー」



アニメ映画、「ももへの手紙」

瀬戸内の島で繰り広げられる家族愛をテーマにした、少女の不思議な一夏の物語。
http://momo-letter.jp/




この作品の舞台のモデルとなったのは、御存知とびしま海道です。

現地の色彩感と空気感が高レベルで表現されていて、とても素晴らしい作品です。


孫たちも大好きなこの映画の舞台を見せてあげようというのが本日のプラン。



まるせきカフェのある岡村港は、主人公のももたちが住んでいる汐島の港のモデル。

汐島、というのは実際には無い架空の島で、大崎下島の南に位置する事になっています。




DSCF1819.jpg




岡村島から大崎下島へ。

途中にあるミカンを運ぶモノレールは、作中でももたちが乗って移動するシーンに出てきます。




DSCF1822.jpg




大長の農道へ。

ここはポスターのイメージになった場所。


当然ポーズはこうですね。(笑)




DSCF1823.jpg




劇中でももと妖怪たちがモノレールで駆け上がるシーンはあそこかな?

孫たちの想像は膨らみます。




DSCF1826.jpg




御手洗の高台、「歴史の見える丘」へ。

ももたちがモノレールを乗り継いで到着するのがここ。




DSCF1829.jpg




約270°の展望が素晴らしい景勝地です。

目の前にはさっきまでいた岡村島が。




DSCF1831.jpg




ここから御手洗の町まで徒歩で降りられます。

私だけ車移動の為に別行動。




DSCF1839.jpg




御手洗の町で合流。

おもしろ標識はやっぱり目を引きますね。(笑)




DSCF1845.jpg




この石垣は、ももが妖怪に驚いて逃げ回るシーンに出てきます。

初めて来るのに見たことある風景という具合。(笑)




DSCF1847.jpg




「島で迷ったら海を目指せばええ。」

ホントにそうだという事を試したかったらしい。(笑)




  DSCF1851.jpg





若胡屋のパネル前でお約束のポーズ。

ひとりずつやったけど、嫁が一番よかったという始末。^^;





  DSCF1857.jpg





続いて天満神社に参拝。

ここも出てくるね。(^^)





DSCF1864.jpg





神社の横を入ったところの中村春吉邸。

う~ん、これを復元するとしたら大変そうだ。( ´Д`)





DSCF1867.jpg





ひとつ願いを唱えながらくぐると叶うという可能門。


「プリキュアになれますように、プリキュアになれますように・・」


うしろの嫁からは、「高額当選しますように、高額当選しますように・・」 (爆)





DSCF1868.jpg





他にも色々散策。

どこもかしこも映画の舞台なんですよ。





DSCF1872.jpg





最後は笹船を海に流しておしまい。

もっと練習して、今度は自転車に乗って来ようね。




DSCF1876.jpg




帰りの道中、サイクリングしてるひろポタメンバーにバッタリ。




DSCF1880.jpg




輪空ジャージに合わせてネイルアートまで・・

さっちゃん、徹底してますね~。^^;




  DSCF1881.jpg




午後からの降水確率も何のその、帰宅してからも一向に降りそうに無いので久々灰ヶ峰へ。

景色は曇ってたけど、いい感じで上れたので満足。




DSCF1884.jpg




最後はコレで一日を〆という具合でした~。(^^)




  DSCF1886.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/76-f609bc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR