タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
しまなみエスコートサイクリング

しまなみの南側に行った事の無いというNさんを御案内するサイクリングをしてきました。



待ち合わせは多々羅しまなみ公園。

あっちぃです。^^;



DSCF2259.jpg




まこ(♂)ちゃんの先導でポタポタ走行開始。




DSCF2265.jpg




御一緒するのはNさん、Sさん、Hさん、Aさん。

Aさんはタイヤがバーストして多々羅からレンタサイクルで参加。^^;

こういう事が可能なのも しまなみならではですね。




DSCF2263.jpg




あえていつもは通らない裏道をのんびり進みます。




DSCF2267.jpg




裏道をつないでリモーネに到着。

女性向きのお店とスウィーツは外せません。(笑)




DSCF2268.jpg




またまた裏道でショートカット。

トンネルが涼すぃ~。(^^)




  DSCF2269.jpg




橋の通行料金が7/19から無料になってます。

料金所でいちいち停まらなくていいのは本当に快適。




DSCF2270.jpg




大三島橋を通過して伯方島へ。




  DSCF2272.jpg




道の駅への裏道は、坂をひとつパス出来ます。

造船所のロケーションもグー。




  DSCF2277.jpg




マリンオアシスはかたへ到着。

ここで昼食、そして伯方塩ソフトも別腹でOK。(笑)




DSCF2281.jpg




ここのミスターも、ミニベロには全く役に立ちませんな。^^;




DSCF2280.jpg




南米ペルーの笛を持ち歩いているというAさん。

行く先々で吹いているそうです。 風流でいいですね。




DSCF2282.jpg




自転車のレスキューを奥様にお願いしたというAさんとお別れし、

一同、大島へ向かいます。




DSCF2284.jpg




Nさんの愛車はミケ凪。 うちの嫁さんと同じ。

んで、Sさんは私と同じKHS Fシリーズといふ具合。


何だか親近感わきまくりなんですよ。(^^)




  DSCF2290.jpg




ビューポイントも もちろん押さえていきます。

絶景と夏の雲がいい感じ。




DSCF2293.jpg




アザラシ発見。 (笑)




DSCF2294.jpg




のんびり、ひたすらマッタリと進みます。




DSCF2300.jpg




急流ポイントで まこ(♂)ちゃんのうんちくに耳を傾けるの図。

停まってしゃべったり食べたりしている時間の方が長い具合に激萌えなんですよ。(笑)

DSCF2306.jpg



坂という坂をパスしまくる まこ(♂)ちゃんガイド。

当然女性には大ウケです。(笑)




DSCF2309.jpg




で、本日唯一のヒルクライムで亀老山へ。

まこ(♂)ちゃんは逃走。(笑)




DSCF2310.jpg




亀老山は標高300m弱で、登坂距離も4km程度と手ごろ。

上ってる最中の景観も素晴らしく、山頂にはオシャレな展望台とトイレ、売店まであるのが最高なんです。



とはいえサイクリングの最長距離が70km程度で、ヒルクライムも初めてというNさん。

ムリせず休み休み、時には背中押しながらボチボチ。




DSCF2311.jpg




それでもアドバイスしたらコツを掴むのが早くて感心。

頑張れ、山頂までもう少し。(^^)




DSCF2314.jpg




そしてこの景観。 360度のパノラマ。

これを見せたくて頑張ってもらいました。(^^)


しまなみの橋をこんな角度から見たことないと喜ぶNさん。

当然、御褒美のアイスも忘れません。(笑)




DSCF2323改




ゆっくり気をつけて下山。


このあとNさんとSさんは、馬島からしまなみサイクルエクスプレスで多々羅道の駅までバス輪行。

しまなみサイクルエクスプレスは、輪行袋に入れるか、前輪を外すだけで輪行出来る高速バスなんです。
http://onomichibus.jp/cycle-exp/


で、ここから馬島バス停がある来島海峡大橋まではもう少しなんですが、

思いのほか時間が押して私が帰るフェリーの時間が怪しくなってきました。



来島海峡大橋までのエスコートをHさんに任せ、私はお先に失礼する事に。




忠海フェリーで大三島の盛港から走ってきた私。

来た道を単独引き返すわけですが、 休憩を含めた往路が約4時間半。

復路は約1時間という具合に、写真などある訳も無く・・ (爆)



で、頑張ったんですが、タッチの差でフェリー出航。 ( ´Д`)

次の最終まで1時間半あるので、多々羅しまなみ温泉まで引き換えして入浴タイム。


のんびり汗を流して、最終便で帰りましたとさ。




DSCF2326改



の~んびり。 そして時々頑張る。

これが自転車を長く楽しむコツだと思っています。


御一緒した皆さん、お疲れ様でした~。

そしてまた一緒に楽しみましょう~。(^^)


スポンサーサイト

コメント

タイロンさんらしい旅ですなあ〜〜〜(^o^)

まわりのみんなが
速くなってガチガチなんで
とても癒されます。

まこちゃんも含めて(^з^)-☆
[2014/08/01 09:49] URL | ハラっさん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> ハラっさん

ありがとうございます。
自転車の楽しみ方は複合的な方が世界が広がると思います。
もちろん自分のスタイルを確立するのが一番幸福な楽しみ方です。
[2014/08/03 00:15] URL | タイロン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/82-ee66a141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR