タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長門路パーク&ライド

土曜日、夫婦旅行二日目。


朝湯もしっかり楽しんだのち、湯本温泉を出発。

長門路の真ん中、油谷方面へ。




ますは通ったことの無い黄波戸温泉からの外周コースを調査。

この付近はアップダウンが激しく、嫁の脚にはキビシイので車のまま。



途中、地図にも載ってないような道をつないで千畳敷まで。

なかなかのステキ道で是非自転車で走りたいですが、 やはり健脚コースですね。








そのまま千畳敷には寄らず、坂を下って竜宮の潮吹きと呼ばれる景勝地へ。


ここ竜宮の潮吹きは、海岸の侵食された穴から、

波に圧縮されるかたちで水蒸気が吹き上げるという観光スポット。



ですが、満潮で波が無いと吹き上げ現象は見られないそうで、

ここにデポして自転車で出発。


満潮時のお昼すぎに合わせて戻ってくるという完璧プラン。(*´艸`*)








実は先ほど通過した千畳敷へは、海抜300mへわずか3km程度で上る道。

途中、最大斜度20%にせまる坂があったりして嫁には身の丈を超えた坂。


ただ、自転車で到達した時の喜びと達成感の大きさは格別です。

何回休憩しても押してもいいのでチャレンジすることに。



走り出して1kmも来てないのに、もうこんな高さ。(笑)




DSCF3082.jpg




千畳敷手前の約1km区間に激坂があります。

ここで足をつこうとした嫁がクリートが外れず、人生初の立ちゴケ。


幸い上手なコケ方をしたので、自転車も体も無傷。

ただ、ミラーが外れて側溝へコロコロコロ・・ (苦笑)




DSCF3084.jpg




数メートル先のグレーチングしか開かなかったので、

ススキの茎を使ってパットゴルフよろしく根気よく転がして回収。^^;




DSCF3085.jpg




すっかり心が折れた嫁。

押して歩き始めます。




DSCF3087.jpg




でも意を決してまたペダルを踏みます。

蛇行すれば、なんとか上れるレベル。




DSCF3092.jpg




なんと再び乗ってからは無休で上りきりましたよん。(^^)




DSCF3095.jpg




風車を過ぎれば、もう到着したも同じ。

よく頑張った。(^^)




DSCF3101.jpg




いえ~い♪ 到着~~~!ヽ(´▽`)/

眼前に広がる絶景のご褒美。




DSCF3103改





現代の自転車はラリーカーなんですよ。

写真展候補、けて~い!(笑)





DSCF3111改




ここ千畳敷は、上りきった高台にレストランがあるのがナイス。

雰囲気もグッドですね。




DSCF3114.jpg




値段もいいけど、味とボリュームはそれに見合ったもの。

ここではケチケチせずに味わいましょう♪




IMG_1029.jpg




絶景とグルメのご褒美を堪能したあとは来た道を下る。

ハッキリ言って、テクニックがいるのは下りの方です。(苦笑)





下りきったら、そのまま東後田の棚田を目指します。


会話しながら上ってたら、 いつの間にか上らされていることに遅れて気づく嫁。

けっこうな斜度ですが、先ほどの激坂で感覚がマヒしていたようです。(笑)




とはいえ上り区間はほんのわずか。

すぐに優しい下り基調になります。




DSCF3123.jpg




日本の棚田百選、油谷の棚田に到着~。

ここは田にはってある水面に、夕陽が写りこんだ場面が一番の見頃とか。


確かにそんな一方向だわ。

春の夕暮れに是非。




DSCF3134.jpg




ふと後ろを振り返ると 日本のため池百選、深田ため池が。

そんな百選もあるんですね。




DSCF3129.jpg




池のそばには古民家でやってる「棚田カフェ」なるものが。

手作りピザ体験とか出来るもよう。


でも先ほど千畳敷で補給したばかりなので先へ。

次回の楽しみにとっておきます。




DSCF3132.jpg




写真撮影のため、行き止まり承知で農道ポタリング。




DSCF3145改




何度も往復させます。(笑)




DSCF3146.jpg




でも撮影に夢中になってあぜ道や耕作地に入るのは御法度。

作業されてる方にポーズを要求するのもタブーですよん。


訪れる際は、マナーよく観光したいですね。




DSCF3148.jpg




ぐるりと回ると、以前ケイマンさんたちと走った農道へ。

あの日と同じ景色、懐かしいなぁ~。




DSCF3154.jpg




んで、ちょうどオンタイムでデポ地に戻ってきました。

フフ、完璧。(*´∀`*)




DSCF3160.jpg




ここ竜宮の潮吹きは、奇岩景勝の地で、古くから信仰の対象になっていたそうです。

たびたび水が不足する土地なので、主に雨乞いなんだとか。




DSCF3162.jpg




これは水場を教えてくれたお稲荷さんだそうです。




  DSCF3159.jpg




で、お目当ての潮吹きを見にいきます。




DSCF3165.jpg




海岸の侵食により、ダイナミックな景観になっております。




DSCF3167.jpg




でも肝心の潮吹きは・・・・




DSCF3168.jpg




せっかく満潮に合わせて来たのに、風もなく波が穏やかなため現象は見られないようです。

残念・・・  でもまぁ、これも次回のお楽しみということで。




DSCF3172.jpg




ここで再び車載して、角島へ移動します。


自転車を車載して移動し、そこを拠点としてサイクリングを楽しむ。

このスタイルを「パーク&ライド」と言います。


まさに自転車ならではの楽しみ方ですね。(^^)





途中、山陰本線といい感じでランデブー。

すかさず嫁が撮ったのがこの写真。


でで・・ 電柱(殿中)でござるぅ~!(爆)




DSCF3177.jpg




そんなこんなで角島へ到着~。

お決まりのビュースポットで撮影的ぃ~。(笑)




DSCF3180改




交通量は多めですが、やはり自転車で来たい角島。

ロケーションは抜群です。




DSCF3183改




メイン通りをひたすら進み、とっつきまで行くと角島灯台が見えてきます。




DSCF3188.jpg




このあたりは日本海らしいロケーション。

ただ風が強い時が多いので注意して下さいね。



DSCF3200改




歴史のある角島灯台。

美しい灯台です。




DSCF3192改




そしてここはアート写真の素材がたくさん。

来るたびに色々チャレンジします。




DSCF3198改




でもさすが土曜日。

観光客が多いですね。




  DSCF3201改




今回はせっかくなので角島灯台に上ってみます。




  DSCF3204.jpg




当然エレベーターなどありません。

狭い螺旋階段をひたすら登ります。




  DSCF3205.jpg




最後は潜水艦のハッチ並。(笑)

上る人、降りる人の交互通行で大渋滞です。




  DSCF3206.jpg




登れば当然、絶景ですね。(^^)

案外あっさり登れるので是非。




DSCF3207.jpg




ただし足の悪い方にはオススメ出来ません。

同伴者によっては御注意を。




DSCF3211.jpg




そしてもちろんスウィーツは外せんというわけです。(笑)




DSCF3213.jpg




帰りはメイン通りを外れて海岸線を調査。

はっきり言って、こっちの方が全然いいです。




DSCF3215改




アップダウンは無く、交通量もほとんどありません。

当然雰囲気もバツグン。


角島は是非南岸をご利用下さい。




DSCF3218.jpg




このあとはデポ地へ帰るのみ。


実は他にも探索したいところあったんですが、

予想以上にアップダウンがあったので嫁のことを考えて取りやめ。


これも次回の楽しみです。




土曜日だというのに工事してて、 アメリカンな走行ラインを強要されるの図。(笑)




DSCF3228.jpg




こうして二日目の旅は終了し、 下関へ移動して一泊。

翌日は きらら浜のレースに出る仲間の応援です。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tairon737.blog.fc2.com/tb.php/97-a9235448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。