タイロンのブログ
人生ポタリング。自転車と仲間の愉快な日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびり浜田往還

5月7日、MSCC主催の「浜田往還」に参加させていただきました。





MSCCはマツダの自転車チーム。

世話役はSCM理事でもあるMさんです。



そんな経緯からお誘いいただいたのですが、

ここのところ私の月間走行距離は300km前後という体たらく。(´Д` )



一日で 瀬戸内海日本海 を往復する走力があるか少々不安でしたが、


せっかくなので自宅の呉から完全自走することに。(笑)










実は週間天気では高確率で雨予報だったのですが、


事前に雨を心配するコメントは全くなく、

代わりに予備チューブや機材チェックについて注意が発せられるというね。(笑)





はい、期待通り路面はドライです!(爆)





DSC03505.jpg




集合場所へ一番乗り。

今日はハイドレーションバック装備です。



長距離の場合、この方が水分補給の効率がいいだけでなく、

飲み物を何度も買うより経済的なんですよ。




IMG_1991.jpg




時間になるとパラパラと参加者が集まり始め、

足並みに合わせてスタート時間を区切っているようです。



スタミナに不安がある私は、一番ゆっくりペースのグループでスタート。

つまり、一番出発時刻が早いというわけです。




DSC03507.jpg




太田川沿いに北上していきます。

昨日の雨で路面が少々濡れていますが許容範囲。




DSC03515.jpg




しばらくすると、後発のグループが追いついてきました。

更に速いグループ(うさぎさんチーム)は国道をカッ飛んでったそうです。^^;




DSC03522.jpg




最初の合流ポイント、加計のセブンに到着。

こんな大人数で日本海往復したことないのでビックリ!( ゚д゚)




DSC03523.jpg




しかしこの日の天気は晴れのハズなのに、

なんだか曇ってるなと思ったら・・




いた、雨男が!(笑)




リュックのテルテル坊主が泣かせます。^^;




  DSC03524.jpg




ちなみに彼が背負っているリュックは、

オーストリッチ・バックパックライト5.5 という商品で、

私も使っている超おススメアイテムです。
http://cyclemedia.blog.fc2.com/blog-entry-13.html




人にすすめられないと良さがわからない逸品ですが、

私の宣伝でかなり売れたハズ。


オーストリッチさん、何か下さい。(笑)




IMG_1204.jpg




冗談はさておき、雨男さんと合流した途端、

霧雨が降り始め、ついには路面も完全なウエットに。( ꒪⌓꒪)




DSC03528.jpg




それでもみんな楽しそうなのでよしとします。

お約束、撮る人を撮る。(笑)




DSC03530.jpg




ところが往路の最高点、大佐スキー場につくとこの濃霧!

雨雲レーダー見ても雲ひとつ映ってないのに・・



おそるべし雨男パワー! ((((;゚Д゚))))




DSC03532.jpg




ここからは日本海に向けてのダウンヒルです。



雨男から逃げるようにダッシュしたのですが、

もう完全な本降り。( ꒪⌓꒪)



結局、浜田市街に入るまで降られて、ウェアも自転車もドロドロ。

先週、全バラ整備したばかりなのに・・。(´Д` )




DSC03534.jpg




雨はホントに想定外でしたが、 家からここまで約150km。


徹底したLSD(ロング・スロー・ディスタンス=長距離を低負荷で走ること)を心がけたため、

ほとんど体力を使わずに(当社比w)目的地に到着。




過去の日本海往復といえば、真夏に高強度で山岳コースも追加されていたため、

ボロボロになった想い出しかないのですが、



季節とセルフマネージメント次第で こんなに楽に来れるんだと痛感。(笑)




DSC03533.jpg




日本海の海の幸、海鮮ドーン♪




IMG_1994.jpg




そして日本海どーん!ψ(`∇´)ψ




DSC03536.jpg




この辺。(笑)




  IMG_1993.png




伴走車も含めて記念撮影~☆


これだけの人数が広島から日本海を往復するのです。

天気も回復してご機嫌。( ^ω^ )




DSC03541.jpg




天気回復・・・

ということは・・・・・・  ハイ、そうですね。(爆)




DSC03539.jpg




こちらは大佐でのひとコマ。


この他にも何人か犠牲者が続出。

Mさんによると、例年こんなにパンクしないそうで、


いやはや、ホンマ生きててスイマセン。( ゚д゚)




  IMG_1992.jpg




ちなみに、チューブ交換には携帯ポンプが必須なのですが、

私おススメのGIYO携帯ポンプを解説つきで広報。



今回だけでも何本か売れたハズ。

GIYOさん、何か下さい。(笑)




IMG_1198.jpg




帰りも超カメさんチームに入れてもらってのんびり。

はい、タイトルの意味がここでわかりましたね。(笑)




DSC03546.jpg




行きも帰りも、ほとんど傾斜のユルいルート選択です。

ペースもほんとのんびりマッタリ。( ^ω^ )




DSC03545.jpg




この女性、なんと自転車始めて3ヶ月なんだとか。

そして先日の廿日市トライアスロンを完走されたんだとか。


「私、初心者でヘタレで、乗りながらボトルも飲めないんですよ~。(>_<)」




色々と意味がわかりません!( ゚д゚)




  DSC03552.jpg




ここ、ちょっとしたオカルト系のトンネルなんですが、

こういうワープ的画像撮る方に夢中の私。



カメラを構えてたたずむ私に、みんなビビってました。(笑)




DSC03555.jpg




あとはほぼ下り基調。

解散場所の大朝まではもう少しです。




DSC03562.jpg




大朝のセブンで中締め解散。


終始温存して走ったおかげで、足はしっかり残ってます。

なるべく早く帰りたいので、うさぎさんチームに曳いてもらう事に。





DSC03565.jpg




うさぎさん列車に牽引してもらったおかげで、日没と同時に広島市内を通過。

帰宅するまでタレることなく、楽しんで走れました。


MSCCの皆さん、伴走と世話役をしていただいたMさん、

本当にありがとうございました。



また都合が合いましたら、是非参加させて下さいね。(=´∀`)人(´∀`=)




  IMG_1997.jpg


















俊旬カレーとラブベンチ探しサイクリング♪

5月4日、孫たちを連れて下蒲刈へ。




DSC03356改




お目当ては地域おこし協力隊のシュンさん企画、

“春の俊旬カレー×島の異端児DJ Yu-Y@竹テントで「うふふ♪」

 で美味しいカレーを食べるため。 (ネーミング長げーよw)




DSC03361.jpg




数種類えらべるトッピングの中から、現地で取れたてワカメをチョイス♪

ウマウマのヤバヤバです。




DSC03369.jpg




その他、サイクリストへの無料給水サービスや、

ハート型レモンや柑橘などの振舞いも♡




DSC03385.jpg

DSC03388.jpg




会場では地元DJ、Yu-Y@ さんによるライブパフォーマンスも。


懐かしのディスコチューンから王道ソウルミュージックなどを中心に、

大人な選曲とアレンジで魅了します。(^^)




DSC03374.jpg




美味しいカレーと心地よい音楽を堪能しながら、

ゆったりとした島時間にしばし時を忘れます。




DSC03386.jpg




で、本日のもうひとつの目的に向けて出発。

昨日の雨がウソのように気持ちいい青空です。




  DSC03394.jpg




早速ひとつ目の目的地発見。




DSC03405.jpg




それはシュンさんが下蒲刈のあちこちに設置した5つのラブベンチ♡

見つけてラブラブ写真を撮って応募すると、入選者は景品がもらえます。


地元誌 「くれえばん」 ともコラボしているステキ企画。
https://www.facebook.com/events/802942909806554/




DSC03407.jpg




今日のとびしまは、地元がモデルのアニメ映画、「ももへの手紙」の色彩さながら。

是非作品を見てから、初夏から夏の終わりにかけて とびしまを訪れて欲しいです。




DSC03419.jpg




ふたつ目のポイント見っけ。

それは看板とは反対側の海にあります。




DSC03424.jpg




通称、“しげ島”

ちょっと足元が険しいのでご注意を。




  DSC03425.jpg




女性はハイヒールはやめた方がいいですよ~。^^;


「男性は手をひいてエスコートしましょう」

というのが推奨シチュエーションなのだとか。(笑)




DSC03427.jpg




撮る方も 撮られる方も 腰が引けてます。 ( ´艸`)ププッ




DSC03428.jpg




この しげ島、 その名のとおり、地元在住しげさんの島です。


しげさんのお爺さんの時代に現在の道路整備が行われ、

道路が土地を横切ったため、後の地図上から海の部分が消されてしまったのだとか。



それでも先祖代々受け継いだ、正真正銘しげさんの土地なのです。

訪れる際は、是非おじゃましますの心持ちでお願いしますね。(^^)




DSC03432.jpg




さて、ズンドコいきますよ~。




DSC03434.jpg




・・って、次は坂の上らしい。 (´Д` )




DSC03437.jpg




子供らにはしんどいかなって思ったのですが、

なんと出来るだけ乗って上がろうとするじゃありませんか。




DSC03440.jpg




下の子も遅れながら頑張ってます。

こりゃあ、あと数年経ったら、


「ジィジ遅い!」 


と言われるようになるかもですね。ε-(´∀`; )




DSC03444.jpg




看板を頼りに道をたどります。

まだ上るのぉ~~~? (笑)




DSC03452.jpg




道なりに上っていくと、ありました。

ここを歩いていくようです。




DSC03454.jpg




突然視界が開けて絶景が広がります!

この景色を見たら、上りの苦労は全て帳消しに。




DSC03456.jpg




~飛空美る丘の名前の由来~


ここから見える小さな岩 「ひくベ」

「飛」べるような錯覚を感じる傾斜と広がりがある「空」

そして「美」しさで、「飛空美る丘(ひくびるおか)」 


・・・と地域おこし協力隊員、シュンさんが“勝手に”命名。(笑)




いやぁ、言い得て妙ですな。( ^ω^ )




DSC03458.jpg




尾根づたいにちょっとしたトレッキングも出来る景勝地。


木のテーブルとベンチもたくさんあるので、

夕陽や月見とシャレこむのも一興の場所ですよ。




DSC03460.jpg




さて、上りよりも実は下りの方が大変です。


子供たちは経験したことのない長い下りを

ブレーキを握りしめて下りなければなりません。



休み休みボチボチ下ります。




DSC03468.jpg




やっと海岸に出てホッとひと息。

よく頑張りました。(^^)




DSC03469.jpg




次の場所は梶ヶ浜海水浴場のボードウォークの上。

それにしてもネーミング楽しんでますねぇ。(^^)




DSC03475.jpg




先ほどのことを思えば、いとも簡単にゲット。(笑)




DSC03476.jpg




というわけで駐車場に戻ります。

追い風でペダルも軽い♪




DSC03480.jpg




頑張って走った孫たちへのご褒美に、

オープンしたばかりの島カフェ、Maruya cafe へ。




DSC03481.jpg




開け放たれた玄関からは、島風景を楽しめる開放的な空間。




DSC03486.jpg




メニューはどれもおススメですが、

ハートレモンをあしらえた杏仁豆腐がいい味だしてます。




IMG_1816.jpg




「ええ~っ!お孫さん!!!? お子さんじゃなくて!?」



・・嬉しいというよりも、 もはや説明するのが面倒というね。(笑)




DSC03488.jpg




ベンチも網羅して、グルメと景色を楽しんで、

満足して車に戻ります。




DSC03490.jpg




ここで察しのいい方はお気づきかと思いますが、

実は あとひとつ見つけていないベンチがあります。




それは下蒲刈で一番高い大平山の頂上なのです。

なので自転車を積んで車でGO。




DSC03503.jpg




道中にはシュンさんと島の子供たちが設置された看板があるので、

迷わずに上ることができます。




DSC03502.jpg




はい、コンプリート♪

もうちょっと大きくなったら自転車で来よう。




DSC03499.jpg




大平山は知る人ぞ知る桜の名所でもあります。

下蒲刈を縦横無尽に巡る農道探索をするのも一興。



何度も来てる人でも、見た事のない景色に出会えるかもしれませんよ。(^^)




DSC03501.jpg




美味しいカレーと音楽、 そしてラブベンチ巡り・・

子供たちと過ごすには、ちょうどいい極上島空間でした。




ラブベンチのラブラブコンテスト応募は5月31日まで。

是非 皆さんも探してみられてはどうでしょう?




DSC03495.jpg












しまなみビギナーサイクリングガイド

職場の後輩が しまなみサイクリングを体験してみたい!

というのでご案内してやることに。




DSC03269.jpg




瀬戸田サンセットビーチでレンタサイクルを借りてGO!

ふたりとも超初心者なのですよ。




  DSC03272.jpg




年中でいちばん快適な気候、そしてこのロケーション。

サイクリストでなくとも自然に顔がニヤケますわな。(^^)




DSC03274.jpg




走り出してすぐですが、

もう最初のグルメポイントに到着。(笑)




  DSC03276.jpg




しおまち商店街といえば、岡哲のコロッケ。

定番中の定番ですね。(๑´ڡ‘๑)




DSC03277.jpg




あいにく玉木商店は閉まっていたので、

名物ローストチキンは今回スルー。



で、あっという間にドルチェという具合。

今日は私もドルチェジャージなのですよ。(^^)




DSC03278.jpg




走るより食べてる時間の方が長いというね。^^;


でもまぁ、食べるよね。 (しかもダブルw)




IMG_1865.jpg




生口島橋へのアプローチ道。

初心者にとっては立派な坂のようです。(笑)




  DSC03287.jpg




橋上からの絶景に感嘆の声があがる♪

これぞ、しまなみという風景ですな。




DSC03295.jpg




やってきたのは自転車神社で有名な大山神社。



まずは社務所に挨拶。


「いや~、今日は職場の後輩をつれて走っててね~。」



巫女さん 「知ってます。facebookで見ましたから。(*^。^*)」 







・・・私の行動、ガラス張り再び。 ((((;゚Д゚))))





IMG_1869.jpg




因島にきたら “ いんおこ ” (因島のお好み焼) でしょう!

ということで、大山神社の目の前にある “ つくし ” へ。



いんおこの特徴は、広島のと手順が若干違います。

そして皮が薄く小さいので、とってもヘルシー。




DSC03310.jpg




そばとうどんが選べますが、 ここは迷わず うどんを選びたいところ。

いんおこは ふんわり が身上なので、うどんの方がしっくりくるのです。( ^ω^ )



そしてミツワのピリ辛ソースが優しい食感をピリッと引き締めます。

アツアツのウマウマ♪ (๑´ڡ`๑)




DSC03311.jpg




満腹になったので、来た道を引き換えし、再び生口島へ。



レンタサイクルは内装ギヤ+ベルトドライブなので、

操作トラブルも無く、初心者に優しい仕様です。(^^)




DSC03316.jpg




輪空さんに立ち寄ったものの、あいにくお留守でした。


勝手に休憩&ロケーションを堪能させていただきます。(^^)




DSC03325.jpg




生口島には島ごと美術館といって、 あちこちに

様々なアーティストの設置したオブジェがあります。



中でも一番大きくて、上ることもできるのがコレ。

・・なんだけど、潮が満ちてて渡れず残念。




DSC03327.jpg




こっちは干満関係ないので大丈夫。

まずは多くのフレンドさんがやってる定番ポーズで。(笑)




DSC03328.jpg




でもこれは新しいでしょ?(笑)




DSC03329.jpg




超初心者のふたりにとっては、生口島一周でも大冒険。

今なら うちの孫たちの方が走るくらい。(笑)




DSC03339.jpg




本日はこのくらいにして帰路につきます。

楽しみはまた先にとっておくのも一興。




DSC03347.jpg




今度は子供連れで来るそうです。

楽しんでいただけたようで何より。




DSC03351.jpg




帰り道は養老温泉でサッパリ。




30km/hちょいをのんびりママチャリペース。


ひとそれぞれのペースとプランで楽しめるのが

自転車の最大の魅力ですね。(^^)




  IMG_1868.jpg









ジテ通サクラライド♪

今年は桜の開花が若干早く、広島沿岸部では

今が最盛期をちょうど過ぎつつあるところです。



私の住んでいる瀬戸内地域だけでも、桜の名所は数知れず・・。

例え時間がたっぷりあったとしても、知ってるところを全て回るのはまずムリ。




そこで毎年ピンポイントで、今年はココに行こう!

と花見ライドにシャレ込むのですが・・


去年も今年もイベントその他で多忙な日々。

せめてジテ通途中だけでも、桜ライドを堪能したいものです。




そこはホレ、環境に恵まれたエリアゆえ、

ちょっと寄り道するだけでステキルートに早変わり♪




DSC03205.jpg




まずは定番、黄金山。

標高約221mの手ごろな山で、 広島市内を一望できる展望・夜景スポットです。




DSC03203.jpg




本日の相棒はKHS-F20RC

走る折りたたみミニベロの代名詞をもつ名機です。


カスタムを繰り返すうち、ノーマル部品はフレームだけというね。(笑)

チョロQみたいでカッコカワイイでしょ? ( ^ω^ )




DSC03193.jpg




登山道もホントにステキな桜並木なんですよ。

日陰も花びらの絨毯で幻想的♪




  DSC03208.jpg




私が来る前にfujiyanさんも上ってたみたい。

ニアミスなり。




  IMG_1713.jpg




いつもの通勤コースに戻って帰路へ。

海田陸上自衛隊まわりの水路も桜並木です。





DSC03186.jpg




坂町役場から鯛尾海岸ルートへ。

ここで何度写真撮ったことだろう。(笑)




DSC03211.jpg




1年前くらいに新しく出来た子供公園には、 

ムダにデザインのいいサイクルスタンドがあったりします。


小さな子供連れでスポーツ自転車で来る親がいるのでしょうか? (苦笑)




てか、ミニベロはディレイラーが当たって使えません。 (写真はムリヤリw)




DSC03210.jpg




鯛尾海岸はまるで島の雰囲気。

そして対岸は広島市街という景観のギャップがいい感じなんですよ。



先ほど上った黄金山も望めます。




DSC03213.jpg




ぐるっとまわると牡蠣いかだを間近で見る事が出来ます。

広島らしい原風景。




DSC03216.jpg




ミニベロ、やっぱり楽しい♪

独特の存在感と付加価値を強く感ぢます。ψ(`∇´)ψ




  DSC03224.jpg




サクッと呉市街まで帰り、三条通りへ。

ここにも知る人ぞ知る桜ポイントがあります。




DSC03184.jpg




入口はとってもわかりにくいのですが、

商店街の一角にこんな案内柱があります。




  DSC03225.jpg




細い人道を数10m進むと、鯛乃宮神社への参道が。




  DSC03227.jpg




私がミニベロで使っているヴィンディングシューズは、

SHIMANO CLICK’R というシリーズ。




DSC03220.jpg




ソールの硬さは確保しつつ、スニーカー感覚で歩けるスグレモノ。

MTB用ほどゴテゴテしてないのも良いポイントです。


行く先々で歩きまわるポタリング派におススメ♪




DSC03221.jpg




そんなシューズのおかげで階段も何のその。( ^ω^ )

上りきると鯛乃宮神社、そして第六潜水艇記念碑があります。




DSC03234.jpg




鯛乃宮はもともと呉市で最も権威ある歴史をもつ神社だそうです。

その敷地内に神社よりも大きな記念碑がある訳は・・




DSC03232.jpg




明治43年、練習航行中に不慮の事故により沈没した第六潜水艇。

乗組員は少年を含む、ほとんどが20歳前後の14名の若者たち。



佐久間艇長の遺書には、事故発生から命がつきる瞬間まで粛々と記されており、

酸素がなくなり死を迎える瞬間まで、全員持ち場を離れず殉職したと伝えられます。



この記念碑の大きさが、当時の人々の彼らに対する気持ちの大きさだったのでしょうね。




DSC03226.jpg




桜はキレイで見事な反面、 はかなさの象徴でもあります。



桜を見る時、何ともいえない混濁した気持ちが沸きあがるのは、

日本人のDNAの成せる業なのでしょうか。




DSC03236.jpg





  





しまなみ縦走2016 (後編)

自転車人生始まって以来、初めて2日間参加できた しまなみ縦走


初日の内容はこちら。
http://tairon737.blog.fc2.com/blog-entry-159.html




2日目のスタート前に 嫁と今治城見学へ。




DSC03122.jpg




今治城のスゴいところは、お城の境内はおろか、

城の入口まで自転車を持ち込めるところです。

(写真撮り忘れたけど、サイクルスタンドがあります)




DSC03125.jpg




ただ残念なのは、お城の内部が鉄筋コンクリートの学校さながらの内装。

天守にいたるまで、お城らしさが微塵もありません。


昭和55年頃の改装のようなので、雰囲気を残しつつ・・

という考えの無い時代だったから仕方ないとはいえ、残念。



海上交通を利用した海水を引き入れた三重のお堀だとか、

地盤を盤石にするための工夫だとか、せっかく特色あるお城なのに勿体ない。


藤堂高虎公も嘆かれてるのではないでしょうか。^^;




DSC03134.jpg




さてさて、ここで嫁と別行動。

しまなみ縦走の復路に出発です。


今治港から海岸線の裏道を駆使して糸山サイクリングターミナルへ。

この道知らない人は県道や国道を走ってるんでしょうね。 ( ´艸`)




DSC03138.jpg




糸山サイクリングターミナルで出走手続。

実は今年からアプリを使ったスタンプ集めも出来るようになってます。




DSC03144.jpg




アプリをダウンロードしたらイベントを選択するだけ。

位置情報をオンにしていると、友達と位置情報を共有することができ、

チェックポイントを通過しただけで、自動でスタンプを取得することも出来ます。



ただし電池の消耗が激しいので、位置情報はオフにしておくことをおススメします。

その場合は手動でスタンプを取得するのですが、

やり方は簡単。 チェックポイントで画面のボタンをタップするだけ。



実は昨日の往路も使ったんですが、 使用感はすこぶる良好です。




DSC03145.jpg 

IMG_1526.png




というわけで、本日も安定のスロースタート。

午後から天気が怪しいとのことなので、寄り道もそこそこにしなくちゃ。




DSC03146.jpg




全長4km以上を誇る長い長~い来島海峡大橋。


途中にある馬島、去年あの灯台に やまもも兄ィに連れられて行ったな~。

 ロードで。 (爆)




DSC03148.jpg




亀老山のふもとにある高龍寺。

ここには数年前に急逝された自転車仲間、メバル師さんのお墓があります。




DSC03153.jpg




メバル師さんは当時、ミニベロにしか興味が無かった私が、

ロードレーサーを持つキッカケになった張本人であります。


その頃 ミニベロでロードと一緒に走りまくる私に、

色んな人がロード買えと言ってました。




そんな中、「カンパコーラスの10速なら安くお譲りしますよ。(^^)」

とメバル師さんから悪魔のささやき。^^;



ちなみにカンパニョーロはイタリアの高級コンポメーカーで、

コンポとはブレーキ、ギヤ、クランク一式のことを指します。





で、その話をすぐ隣りで聞いていたkuro96さんが、

「カンパ専用のホイールなら、うちに転がってますよ。(^^)」





そんでもって、その話をネットでつぶやいたら、

余ってるハンドルやステム、サドルなどなど・・ 色んな部品を安く譲りますと、

様々なお仲間から ありがた~いお申し出を受け、


自分で持ってる部品を合わせると、あとはほぼ・・





フレームだけ買えばロードが出来てしまうという状況に!^^;






こうして あれよあれよと言う間に話は進み、


ロードレーサーのオーナーになったのでした。






メバル師さんが急逝されたのは、それから少したってのこと。


あれ以来、メバル師さんを忘れることはありません。

だって彼の形見となってしまったカンパコーラスが、いつも一緒なのですから。




  DSC03151.jpg




メバル師さんのお墓参りのあとは、亀老山に絶景を見に上るつもりでしたが、

あいにくの曇天では、ろくな写真も撮れないのでスルーすることに。



すると前方から黄色いレモンさんとgorikin(五輪金)さんがやって来ました。




DSC03155.jpg




メバル師さんのお墓参りの話をして、 かつての知り合いである二人にもおススメ。

場所を知らないレモンさんに説明し終わると、


「わし場所知っとるよ。」 by gorikin(五輪金)




「早く言ってよ!」 (爆)









そんなこんなで宮窪サイクリングターミナルへ。

スタンプもらってると、芋王さんや姫野さんと遭遇。



今からカレイ山上るんだけど、一緒に行かん?  と誘うと、



「ああ? 行かんよぉ!」 (-"-)


と即断されました。 無碍も無く。(苦笑)




DSC03156.jpg


DSC03157.jpg




実はカレイ山、上ったことの無い私。

いい機会なので初登頂。


最初Googleマップのナビに従って上ってると、

どうも様子がおかしい。



改めて航空写真とかと照らし合わせて目星をつけ、 無事に登頂。 





結局、全然的外れな農道からアプローチし、

余計に獲得標高を上げただけというね。(苦笑)



正規ルートの距離は2km程度と短めですが、

それなりにキツイ山です。




  DSC03158.jpg




展望台の一階にあるギャラリーでは、カレーも食べられるハズなんだけど、

あいにくの休業。


でも展望はバッチリ。




DSC03163.jpg




船折瀬戸から流れる激しい潮流も見て取れます。

まるで大河のよう。




DSC03160.jpg




いつも伯方・大島橋から見えるナゾの激坂。

その正体は採石場でした。



いつか怖いモノ見たさで上ってみようと思ってたけど、

関係者以外立入禁止。


てか、物理的に上れる気がしない。((((;゚Д゚))))




DSC03164.jpg




大三島橋のアプローチ道で、ぐんじさん、敏さんと遭遇。

私に会ってすぐにタイヤチェックする敏さん。 (爆)




DSC03165.jpg




そう、この二日間というもの、 パンク修理する人数知れず。(苦笑)


実は初日も、 尾道スタートして渡船にのり、

向島だけで 3回もパンク修理する人見ました。^^;



私のいるところ、 晴天 → 破壊 の図式は健在なのですよ。(笑)





あるチェックポイントでは、「スポーク折れたの初めてだよ~。」(T_T)

と言いつつ応急処置している御仁も・・。



南無阿弥陀仏・・  心で手を合わせながら通過。 (笑)







多々羅しまなみ公園でランチタイム♪

ここで ちゃりん娘他伴走の はなみっちゃんと遭遇。


私の顔を見て 顔が引きつったように見えたのは、

破壊を恐れてのことでしょうか?(笑)




DSC03166.jpg




多々羅しまなみ公園のメニューって、

道の駅としては かなりいい線いってると思うんですよ。




DSC03167.jpg




瀬戸田サンセットビーチでは、昨日と打って変わって、

ヴィクトワール広島も アンデックスもみんなコート着て震えてました。^^;


一見レモンに見える “はるか”のサービス。

見た目に反して、とっても甘くて美味しいんですよ。




DSC03168.jpg




元プロロードレーサーで、現在はTEAM MASSAの監督、三船雅彦さん。


ブルべでよく絡んでいるケイマン夫妻と友達であることを告げると、

とってもフレンドリーにシャッターに収まってくれました。(^^)




DSC03169.jpg




サンセットビーチを出てすぐの場所にある案山子たち。

前からこの写真撮りたかったんですよね~。(笑)




DSC03170.jpg




しかも偶然、この案山子たちをひとりで作ったというお母さんに、

レモンのはちみつ漬けを振舞っていただき、


この写真を撮ってくれた東京から来られたという自転車乗りの方と

一緒にいただきました~。(=´∀`)人(´∀`=)






昨日は寄らなかったドルチェ。

冬季限定のジェラートぜんざいをいただきます♪


寒い時は あったか冷たいコレが最高。 (๑´ڡ`๑)




DSC03175.jpg


DSC03174.jpg




天気は下り坂だし、高速バスで移動している嫁と合流することを考え、

正規ルートをまっすぐ進みます。




自分よりゆっくり走っている人を追い越す時は、

「右から抜きま~す。」 と声をかけるのがマナー。



特に初心者や家族連れなどは急にフラつくことが多いんです。

当然、後ろに注意してない人が多いので、

ビックリさせないように こちらの存在をアピールします。






なのですが、 抜いては知り合いと出会って停車。


再スタートして また同じ人を声かけながら抜くの繰り返し。^^;



何回目かに抜く時は、 「たびたびスミマセ~ン。 ^^;」 という始末。(苦笑)




DSC03177.jpg




そうそう、しまなみの赤い彗星に出会うと幸せになれるそうですよ。

そう広めてくれって本人に言われました。(爆)




DSC03176.jpg




そんなこんなで縦走も渡船に乗ってフィナーレへ。


今回もたくさんのお仲間に会ったな~、 と感慨にふけってると、

同じ船に ぐぴさんが乗ってた。(笑)




DSC03178.jpg




うまそうなハンバーガー屋があるから一緒にDO?

と誘われたんだけど、嫁を待たせてるし天気も心配だしでお別れ。


ほんでもって完走。




  DSC03179.jpg




・・って、 んん?




  DSC03179改




超雨男の I さんジャマイカ! (((( ;゚Д゚)))

その瞬間、ポツポツと降り出す始末。


おそるべし威力!(笑)



大急ぎで車へ戻り、 自転車を積んで

車に乗り込んだ瞬間、 ばしゃー!




IMG_1537.jpg




あ、危なかったー。 ε-(´∀`; )


というわけで二日間の縦走は終了しました。

完走賞のタオルは、一枚嫁のものとなりましたとさ。(笑)




  DSC03183.jpg






しまなみ縦走2016(前編)

しまなみ縦走・・

徒歩、または自転車で10ヶ所のチェックポイントを巡るスタンプラリー。


毎年3月下旬の土日に開催され、

自転車イベントとしては日本一の人気と言われます。






その理由は・・


10ヶ所あるチェックポイントのどこからでも始められ、

事前参加申込不要!  しかも 参加費無料!


二日間でスタンプを集めればよく、

コンプリートすると参加証と景品がもらえます。 無料なのに



しかも開催されている二日間ならば、何度でも参加出来ます。

つまり自転車で健脚さんなら、フルで4回 (2往復)はいけますね。




何故このようなイベントが可能なのかというと、

本四連絡道が出資、主催しているからです。


本イベントでは直接の収入は無いのですが、

しまなみ海道全体の地域活性化につながり、

来訪者が増えれば、結果的に利益もあがるというわけです。








このような素晴らしいイベントなのですが、

私個人的には、毎年必ず二日間のどちらかが仕事という不幸が続いていました。


ところが今回初めて、 二日間参加出来る日程で開催され、

嫁と二人で今治に一泊して往復する計画を立てました。(=´∀`)人(´∀`=)






ところが ところが ところが、、、、、

直前に嫁が熱を出し、 前日には回復したものの、大事をとってDNSする事に。



でも宿はとってあるし、 今治ナイトは楽しみたいと嫁。

そこで私は自転車で往復し、嫁は高速バスで今治往復というプランに急きょ変更。



車載で尾道へ移動し、U2で受け付け。

嫁は高速バスの時間まで尾道散策へ。




DSC03070.jpg




駅前渡船の前では CYCLE HEART さんのブースが出展。

ミニベロミーティングでもお世話になっている福山のメーカーさんです。


この場所は目立つ。( ^ω^ )




DSC03071.jpg




多くの人が駅前渡船を利用しますが、

男は黙って福本渡船! と誰かが言ったとか言わないとか。(笑)


駅前渡船は110円ですが、少し離れた福本渡船は70円なんですよ。

数十円をケチるケチらないは別として、立地条件からこちらの方が空いてるんです。



ええ・・

危険物なのでここに乗ります  的・・。(苦笑)




DSC03073.jpg




本来なら嫁が一緒の予定だったので、 まっすぐ最短距離で縦走するつもりでした。

が、ひとりになったので気ままなノープラン。


スタート直後ですが、いきなり脱線してみます。(笑)




DSC03075.jpg




尾道から渡る最初の島である向島。


そこから橋でつながっている岩子島は、しまなみ本コースから外れているので、

立ち寄る人も少ない小さな島です。




無題




本コース上には自転車が見えない瞬間が無いくらいでしたが、

岩子島に渡った瞬間、静けさに包まれます。




DSC03078.jpg




忘れられたような島ですが、「ふたり」「あした」「彼のオートバイ・彼女の島」「男たちの大和」など、

数々の映画のロケ地なんですよ。


「ふたり」と「あした」は見てないんですけどね、私。(笑)




  DSC03080.jpg




他にもトマトやワケギの生産地だったりとか、心霊スポットのトンネルだとか、

けっこう見どころがある島なんですね~。


何といっても、本コースからわずかに外れただけで このアウェイ感が素晴らしい。




  IMG_1513.jpg




てなわけで、いきなり脱線スタートだったわけですが、

本コースに戻ってスタンプ集め。




  DSC03083.jpg




定番の はっさく屋。 ここは外せん・・

と立ち寄ったら、まだ午前中なのに既に売り切れ! Σ( ̄ロ ̄lll)



店長さんいわく、

「朝からスゴイ人数来るんじゃけど、今日なんかあるん?」


いや、しまなみ縦走くらいチェックしておこうよ。^^;




IMG_1524.jpg




と言いつつ、少し取りおいてあったのを分けてくれました。

あ、フラッシュたくの忘れた。 (苦笑)




DSC03086.jpg




はっさく屋を出てすぐ、 前方から禍々しいオーラをまとったローディが一台。

Arashimaさんでした。


両者、同時にフルブレーキング、 & Uターン。(笑)



「いや~、今日は寝坊しちゃってね~。」

 「知ってます。」

「急にノープランになっちゃって・・ 」

 「知ってます。奥さん具合悪いんですよね。」






・・・・私の行動、ガラス張り。 ( ꒪⌓꒪)




DSC03087.jpg




因島・・ 水軍スカイラインがお気に入りなんだけど、

フラワーセンターがスタンプポイントなので、仕方なく正規ルート。


ここでは地元の中学生がボランティアで はっさくを剥いてくれます。

全世界に発信されることを快諾してくれる君たちがステキなんですよ。(笑)




DSC03089.jpg




ここは外せん×2、ということで大山神社に参拝。


正規ルートから外れてるのに、けっこうサイクリスト来てましたね~。

全国でも珍しい自転車神社ということで浸透しているようです。(^^)




DSC03090.jpg




あちこち寄り道してたら、ここまででお昼になっちゃいました。

ちょうどいいので、行ったことのない因島カレー ルリヲンを探すことに。


facebookページを頼りにアプローチするも見つからず。

って、よく見ると閉店(時間?日?)になってるし。^^;



あきらめて生口島橋の下にある 菜のはな へ。

実はここも入るの初めて。

カレー風味のチキンランチをいただいてしばしマッタリ。




DSC03092.jpg


DSC03096.jpg




ここは先日、清掃活動に参加したサイクリングロード。

おかげで気持ちよく走れます。( ^ω^ )




DSC03097.jpg




しまなみを走ってると高確率で遭遇する、

しまなみの重鎮・・ いや、珍獣りょうちゃん。


やっぱり出会うのね。(笑)




DSC03100.jpg




しおまち商店街の名物、玉木商店のローストチキン。

うちの嫁は3回もここに来てるのに、店休や売り切れで食べたことありません。


なので今回は嫁のぶんも買っていってやります。

楽しくサイクリングするには必須事項ですよ、ご主人様たち。(笑)




DSC03101.jpg




瀬戸田サンセットビーチではヴィクトワール広島や、

アンデックスブースが賑わってます。




DSC03104.jpg


DSC03106.jpg




そしてここでは双方に向かう人が入り乱れて、

この日もっとも知り合いに会った場所でした。


毎度トシハルさんの燻製をいただき、今夜のおつまみゲット♪




DSC03108.jpg




お久しぶりの ありんくりんさんにkiyoさん。



「いや~、今日はスロースタートでね~。」


 「知ってます。」




・・どこよりも誰よりもクリーンで透明な生活を送っております。_| ̄|○ (爆)




DSC03107.jpg




他にもたくさんの人と交流して、少なくとも30分以上ここにいたのは秘密です。(笑)


その後、私と同じく今治で一泊という ありんくりんさんと同行することに。




  DSC03114.jpg




のんびりおしゃべりしたり、

伯方の塩ソフトを堪能したり。




DSC03115.jpg




当初は他にも寄り道するつもりでしたが、

のんびりしすぎて真っ直ぐゴールに向かっても時間が怪しくなりました。


嫁も待たせていることだし、ありんくりんさんに断って先を急ぐことに。




DSC03116.jpg




快調にカッ飛んでると前方からCafé33の店長さんが。

あちらもフェリーの時間がタイトとかで、挨拶もそこそこにお別れ。ε-(´∀`; )




DSC03118.jpg




サクサクと進行して、ここまで来れば余裕・・ 的。




  DSC03119.jpg




はい到着~。

終始向い風だったけど、楽しく走れました。(=´∀`)人(´∀`=)




DSC03120.jpg




ホテルにチェックインしてシャワー浴びて、

本日の成果を確認。




  DSC03121.jpg




そして夜は今治ナイト♪


なんとひとつの交差点内に点在するホテルに、

これだけの仲間が宿泊していたという。(笑)




IMG_1528.jpg




安くてウマくて楽しい夜をすごしました。

そして縦走2日目に続く~。ε-(´∀`; )




IMG_1530.jpg











しまなみ神社参拝ライド2016

1月17日、「しまなみ神社参拝ライド2016」 を開催しました。



毎度おなじみ瀬戸内サイクルメディア主催、

SCM会員と関係者、そのお仲間ご家族を対象とした無料イベントです。




DSC02777.jpg




今回のスタート場所は向島にある 尾道マリンユースセンター

事前に事務所に連絡して、駐車の許可をいただきました。


レンタサイクル利用では無いので、あくまでもご厚意によるものです。

ご利用は事務所に連絡の上、マナーよくお願いします。




DSC02778.jpg




私のイベントには珍しく午後から雨予報。

それでもたくさんの晴れパワー信者の皆さんにお集まりいただきました。(笑)



東広島から自走のcafe33さん他、

わざわざお見送りに来ていただいた方々にも感謝!




12507601_1675056099440748_7267126380801634968_n.jpg




いや、とりあえず寒いです。^^;

若者よ、フェイスマスクはおろか、サングラスもナシで寒くないのかい?(爆)




DSC02779.jpg




最初の休憩ポイントは因島の はっさく屋。

途中参加のメンバーも合流して賑やかに。(^^)



DSC02781.jpg




ZERO初詣ライドでは店休だったので今年初はっさく。

定番のおいしさ。(^^)




DSC02782.jpg




次の目的地は大山神社。

本隊は正規ルートで。 私は数名の変質者と水軍スカイラインへ。(笑)



まずは地元ライダーより詳しい裏道で参加者を翻弄します。( ´艸`)ププッ




  DSC02785.jpg




何度も申し上げておりますが、 水軍スカイライン。

アップダウンはあれど、風光明媚で交通量が少ないのが魅力です。



はっさく屋から大山神社に行くなら、

実はコチラの方がアクセスも良好なんですよ。(^^)




DSC02787.jpg




大山神社に着くと、ちょうど本隊も到着。

宮司さんのお導きでお祓いをしていただきました。



お忙しい中、ありがとうございます。




DSC02788.jpg




ここで しまなみの重鎮、いや、珍獣w りょうちゃんが登場。


新年の挨拶をのべようとすると、

「わし、あんたに文句があって来たんじゃ!」



???




DSC02789.jpg




!!!!!(@_@;)


見事にスポークが折れてます。

それを見た一同も 「あー、」 と納得。(爆)




DSC02790.jpg




それだけではありません。


本日出発前に、私と挨拶した瞬間、

アイウェアが音もなく壊れたという ありんくりんさん。 ^^;




12548934_964637756906210_8516874445015653439_n.jpg




降水確率90%を撥ね退けるには、 相当の犠牲が必要なようで。^^;


そんな私は破壊の神として、大山神社に祀られています。(嘘デスヨw)




DSC02792.jpg




そんなこんなで今回のイベントの最大の目的を果たし、

記念撮影・・ 的。




DSC02794.jpg




さて、雨雲レーダーと常ににらめっこしながらの進行ですが、

まだまだ当分雨は降りそうにありません。


なので次の目的地を瀬戸田しおまち商店街に決定。




  DSC02795.jpg




ご存じ岡哲コロッケ。

まぁ、ひとつの巡礼地ですな。(笑)




DSC02798.jpg




アツアツのウマウマ♪

初めて来た人もいて、案内のしがいがあります。



トシハルさん持参の燻製もヤヴァい。(๑´ڡ`๑)




12507582_964637773572875_7916900415400181017_n.jpg




雨雲はまだまだ来そうにありませんが、大事をとってここでUターン。

当然、次はドルチェです。


この時期は特製豚饅やおしるこジェラートがおススメ♪




12494973_1553113695008301_3903904167726749921_n.jpg




再び生口島橋を渡って因島へ。

この時期、橋には凍結防止剤がまいてあるので、帰宅後は必ず洗車ですよ。




DSC02800.jpg




行程をショートカットしたため、終始全員で走れます。

パンタカ親子も元気いっぱい。




DSC02808.jpg




今日は万田酵素でお祭り。

本来の行程では立ち寄れなかったのですが、これもショートカットの恩恵。




DSC02809.jpg




ちょっと走っては食べ、のグルメライド。(笑)

流動的な行程変更もまた良しです。(^^)




12376389_964638043572848_6224905491731533331_n.jpg




あとはデポ地に帰るだけ。

最後までみんな一緒。




DSC02811.jpg




早めの切り上げで雨にも降られず、 全員一緒に完走することができました。


また個人的に気をきかせてポイントマンをしてくれた方々や、

車で伴走してくれた さっちゃんにも感謝です。



みなさんお疲れ様でした。 

また是非ご一緒しましょう~。




12495181_1553114348341569_2524844926074937564_n.jpg




みなさんとお別れしたあとは、養老温泉でサッパリ。

帰路、東広島あたりから雨が降り出し、心でガッツポーズ。



自分を信じてよかった。(笑)




IMG_1171.jpg






江田島初詣ライド2016

1月3日、江田島初詣ライド2016を開催しました。



これは瀬戸内サイクルメディア プレゼンツの無料イベントで、

呉ポタやお仲間グループなどなど、誰でも気軽に参加できる交流イベントです。





コースは定番中の定番。

広島近隣からのアクセスが容易で、温暖ゆえ冬の間とくにお世話になる江田島。




DSC02689.jpg




勝手知ったるコースに気心の知れたメンバーたち。

私にすれば、当初は気楽な企画だったのですが、



フタを開けてみれば兵庫から8割自走、2割輪行という、

訳の分からない行程で参加するお馴染みの女子とか、^^;




DSC02690.jpg




今回のイベントを人づてに聞きつけ、

わざわざ北海道から飛行機で来広してくれたアグレッシブな女子とか、(@_@;)




DSC02692.jpg




常に前向きに親子でサイクリングに取り組むパンタカのメンバーとか、

その他、全くお初に参加される方々にお集まりいただいて、とても新鮮なライドになりました。(^^)




DSC02691.jpg




特に日ごろ他地域で活躍されてて、

なかなかご一緒する機会の少なかった旧知のお仲間との再会が嬉しい♪




DSC02697.jpg




それぞれのペースで楽しく走行。

この連帯感が集団走行の醍醐味ですね。(^^)




DSC02707.jpg




逆光とカメラの高さで、風景をバックに撮るのが意外にむつかしい しびれ峠。

実は毎回なにかしらの工夫を試みています。


今回はブラエム号 + 自撮り棒という具合。(笑)




DSC02716.jpg




呉方面を望むビューポイント。

海軍、造船、製鉄などの話題で盛り上がります。




DSC02717.jpg




この季節にしては無風で暖かい気温に助けられ、

快適にサイクリングします。


てか、完全冬装備では ちと暑い。^^;




DSC02720.jpg




大柿の元ウォンツ。

今はファミマになっていて、再び合流ポイントにしやすくなりました。(^^)


ここで案内人さんとhalさんが離脱。

三原まで一緒に走るとか。



その後は・・ 兵庫まで自走だろうな、やっぱり。^^;

距離感の壊れたhalさん、ステキです。(笑)



また旦那さんと一緒に帰って来て下さいね。




DSC02732.jpg




昼食は正月から営業していて、大人数でも大丈夫な安定の合正ガーデン

メニュー管理などしていて写真を撮るのをスッカリ忘れたという・・。^^;



なので前回のKermisサイクリングの時の写真を載せておきます。

今回もこんな感じでした。(苦笑)




DSC02572.jpg




それぞれの足並みに合わせてのんびり走ります。

走り足りない人は砲台山へGO!(笑)




DSC02735.jpg




パンタカのアスリートたちも元気です。

とにかくまっすぐで真面目。(^^)




DSC02738.jpg




天気がよければパンクあり。

はい、新年早々例外は無いのですよ。(爆)




DSC02737.jpg




のんびり、うららかなマッタリサイクリング。(^^)




DSC02740.jpg




で、本日のゴール地点、江田島八幡宮に到着。

恒例の激坂アタックは、安全第一でムリせずに。


舗装がキレイになって上りやすくなってました。




DSC02741.jpg




今年一年の安全を祈願して記念撮影。

そして中締め解散。



参加された皆さん、お疲れ様でした。


伴走、しんがりをしてもらった皆さんもお世話になりました。

いつもありがとうございます。


また是非みんなで楽しみましょう~。(^^)




DSC02743.jpg




解散後は北海道から来てくれたFさんを帰路がてらご案内。

せっかく島に来たのだからと記念撮影していて、乗船がギリギリだったのは秘密です。^^;




DSC02749.jpg




その後はFさんを宿泊先の呉に送りつつ、プチ観光など。


将来は島に移住するというのが大きな選択肢のひとつというFさん。

瀬戸内に興味を持ってくれるのは、とても嬉しいことです。


是非またいつでも遊びに来て下さいね。ヽ(^。^)ノ




DSC02750.jpg







ZERO初詣ライド2016

福山・岡山を中心とした自転車サークル、「冒険倶楽部ZERO」

いつも仲良くさせてもらっている、お仲間コミュです。




ZEROといえば、恒例の新春しまなみ初詣ライド。

今年はバッチリ休みが合ったので、フル参加させてもらう事に。



同じく西方面から参加する やまもも兄イ、fujiyan、アガーモンさんが

須波港 発着という情報を得て 同行させてもらうことにしました。






やまもも兄イが指定した集合時間はAM6:00。

この時期 真っ暗ですわ。^^;




DSC02601.jpg




地元のFさんを加え、5人で黙々と暗闇走行。

あっという間に尾道U2という具合。




  DSC02603.jpg




やまもも兄イが早朝に召集をかけたのは、

ここで優雅なブレックファーストとシャレ込むためでした。




DSC02610.jpg




朝ごはんにしては高めのお値段ですが、

内容はそれに見合ったモノ。 コーヒーもパンも美味しい!




DSC02608.jpg




サイクリスト向けの複合施設としては、おそらく現在日本一のステータスを誇るU2。

装備や荷物に対する配慮も行き届いています。(^^)




DSC02607.jpg




すっかり根が生えてマッタリする一行。

もう、ここで解散しても満足です。(笑)




DSC02614.jpg




U2で朝食している間に、日の出を迎えました。

集合場所の向島洋ランセンターへ移動します。




DSC02615.jpg




集合場所に着くと、お馴染みの懐かしい面々で賑わっています。

代表のkomaさん、ラジボーさん夫妻のブリーフィングで出発。




DSC02618.jpg




メンバーの中には、この初詣ライドくらいでしか中々会えないお仲間も。

一緒に走る、ただそれだけで嬉しくなります。(^^)





DSC02621.jpg




因島大橋を渡れば、最初の休憩ポイント はっさく屋。

これまた定番のルートです。




DSC02626.jpg














休業日ジャマイカ・・ (((( ;゚Д゚)))



おおぅ・・ 正月でも大体開いているのに、実にレアな状況だこと。 (苦笑)




DSC02630.jpg




気を取り直して出発しますが、次の集合場所は大三島の多々羅しまなみ公園。

島ふたつ向こうなので、2時間後の約束です。



その間、コースも立ち寄り場所も 参加者ひとりひとりの自由ということで、

私は水軍スカイラインへ向かいます。






ほとんどの参加者が平地メインの正規ルートを選択しますが、

アップダウンはあれど、風光明媚で車の少ない水軍スカイラインが私のお気に入り♪



ところがこちらに来る少数メンバーと言えば、

いわゆる 猛者 ばかり。^^;






気がつけば 猛将あきちゃん、Fさん、尊師という超特急列車に乗っている始末ぅ・・。(苦笑)


先月の総走行距離が200kmそこそこという 鈍りあげた身体で対応出来るわけもなく・・






はい、乗る列車を間違えました!(爆)



アッサリと千切れてココロ旅ならぬ、ひとり旅。 ^^;







写真? コース終盤のこれ一枚のみです。(苦笑)




DSC02631.jpg




上の写真を撮っている私につきあったせいで集団とはぐれた尊師。

ZEROライドなのに、しばし ふたりっきりのサイクリングです。(苦笑)




  DSC02633.jpg




尊師の強い要望もあり、しおまち商店街でローストチキン♪

ええ、けっしてお腹は空いてないです。 恐るべし、しまなみグルメの誘惑。(爆)




DSC02635.jpg




幸いイベント本隊と しおまち商店街で再合流し、

定番の多々羅大橋での待ち伏せ撮影も達成。(^^)




DSC02641.jpg




仲間が一緒って、人を幸せにするんですよ。(笑)




DSC02643.jpg




これまた定番の多々羅しまなみ公園での集合写真。

イベントはここで中締め解散となります。




  DSC02651.jpg




今回も安定の好天に貢献。

その反動で ありんくりんさんのスポークが折れたのは秘密です。(爆)




DSC02652.jpg




中締め後は、ほとんどの参加者が大山祇神社参拝に向かいます。

私も やまもも兄イの一行と再合流し、同行。




DSC02653.jpg




正月2日の大山祇神社は一般の参拝客で長蛇の列。

これも毎年恒例のこと。 お守りを買ったらサッサと退散します。




DSC02654.jpg




いつも参拝の時は道の駅に駐輪してるんですが、

神社入り口に長大な駐輪場が出来てました。 知らんかった・・。 (゚Д゚;




DSC02655.jpg




昼食は安定の「よしかわ」で。

・・あまりお腹空いてないのでカツカレーのみ。^^;




DSC02656.jpg




昼食後は大三島をぐるっと周ります。

なんか農道探索するらしい。



fujiyanたちによると、私が水軍に行ってる間、

やまももプロデュースで農道走って超楽しかったとか。




超後悔の巻!( ´Д`)




DSC02658.jpg




私もこの辺りは選択肢があまり無いと思っているので、

新たな探索にワクテカであります。(^^)




DSC02659.jpg




う~む・・ しかしこれは・・ ^^;




DSC02660.jpg




どうやら今回はアテが外れたようです。

しかしこういったトライ&エラーも楽しみのうちであり、経験値を上げてくれるんですよ。




DSC02667.jpg




しかも、たまたま道を尋ねた農家の方が、美味しい新種のミカンを分けてくれました。

こういう出会いと交流があるのも、島サイクリングの醍醐味ですね。(^^)




DSC02666.jpg




試行錯誤と手間暇によって栽培されたミカン。

薄皮で濃厚な甘味と絶妙な酸味。(๑´ڡ`๑)




DSC02664.jpg




楽しい脱線から勝手知ったる道へ復帰。

次なる目的地へ向かいます。




DSC02671.jpg




最近話題のオミシマコーヒー。

私は初めて立ち寄るので楽しみです。
http://omishimacoffee.com/




DSC02681.jpg




古民家を改装して誠意営業中。

屋内から瀬戸内の風景を一望出来ます。




DSC02675.jpg




初めてなのでブレンドをいただきます。

濃厚だけど、シャープな味わいで後口サッパリ。(๑´ڡ`๑)




DSC02677.jpg




別行動していた仲間も合流して、

当然、根が生えます。(笑)




DSC02678.jpg




やっと移動開始しますが、 さすがは やまもも兄イ、

正規ルートなど通るハズもなく、 ひたすらマニアックな裏道を進みます。




DSC02682.jpg




そしてそれを楽しみにしている同行者諸君。

やまもも兄イと一緒なら、サイクリングにハズレは無いのです。(^^)




DSC02683.jpg




大三島を一周して再び多々羅しまなみ公園に着くと、

komaさんたちと合流出来ました。



三々五々でお別れの挨拶出来てなかったので、嬉しい誤算です。(^^)




DSC02684.jpg




ここで やまもも兄イからフェリーの時間が微妙であるとの通達が。

そして、我々と一緒なら、ちょっと早く帰れそうと喜ぶkomaさん。(笑)



う~ん、イヤな予感がします。^^;




DSC02686.jpg




橋のアプローチ道を ひとり脱線して待ち伏せ撮影。

ええ、 案の定これが最後の写真となります。(苦笑)




DSC02687.jpg




死攻め。  それしかありえんのですよ。 (爆)


酷いスパーリングに晒されながら、 余裕たっぷりで港に到着。 ^^;

1月なのに汗ダラダラ・・ ( ´Д`)






しかし船に乗ってしまえば本日のサイクリングは終了。

対岸には車が待ってます。(๑´ڡ`๑)



そしてもうひとり、たけっちさんも我々を待ち伏せしてくれてました。

新年から嬉しいサプライズ。




DSC02688.jpg




新年のスタートを今年もたくさんの自転車仲間と過ごせた幸せ。

ご一緒した皆さん、ありがとうございました。(^^)





Kermis サイクリング in 江田島

広島初のプロロードレースチーム、VICTOIRE広島の選手兼ゼネラルマネージャー、中山卓士選手。


彼が広島で行っているサイクルレッスン、 Kermis Cycle lesson 

 http://ameblo.jp/kermiskros/




そのレッスン生と実業団チーム、Kermis Cross との交流サイクリングが行われました。



ステージはアクセスの良い江田島。

これから冬の間、温暖な江田島は広島のサイクリストのオアシスとなります。





DSC02550.jpg




カメラの方向に太陽があって、まぶしそうな中山選手。

ウィンクしてるように見えるのは、イケメンの特権でしょうか。(笑)




DSC02554.jpg




その中山選手、一眼レフを持ってきながら、バッテリーを忘れるというお茶目ぶりを発揮。

そういえば秋にSCMと行った空港でのコラボイベントでも、SDカードを忘れてうなだれてましたな。



中年以上で同じことをやると、ボケが始まったとか言われるとこですよ。

お茶目で済むのは、やはりイケメンの特権か。(笑)




  DSC02563.jpg




うららかなお天気に恵まれ、のんびりサイクリングを楽しみます。

老若男女問わず、様々な方が参加。




DSC02564.jpg




次世代を担うジュニアたちの育成にも、中山選手は力を入れています。

今後の活躍が楽しみですね。




DSC02566.jpg




名勝、しびれ峠でお約束の集合写真。

サカイさん、撮影サンクスです。




DSC02571.jpg


10412007_790546517716721_4787199727179243777_n.jpg




昼食はお馴染みの合正ガーデン。

大人数でも対応できるキャパとロケーションの良さが売りです。




DSC02572.jpg




名物、穴子天丼をハーフにし、海老天を添えた 「穴子海老天丼」

食べきりサイズですが、それでも特大の穴子。(๑´ڡ`๑)




DSC02574.jpg




予定より時間が押したので、ショートカットで進みます。

初心者もいるので、ホントにのんびり。




DSC02575.jpg




豆ヶ島に着きますが、名物ソフトクリームを食べるには寒すぎる。(苦笑)

とうふドーナツとあたたかいお茶でホッコリ。




DSC02577.jpg




中高生を中心としたジュニアたち。

ホントにフレッシュな顔ぶれですね。




DSC02579.jpg




フレッシュと言えば、HOMEテレビの五十嵐アナ。

縁あって中山選手と 「せとうちチャリing」 というWeb番組を配信されてます。


こちらも今後が楽しみなニューカマーですね。(^_-)-☆

 http://home-tv.co.jp/ana/pf_igarashi/index.html




  1470109_784782018294099_6035295176803713773_n.jpg




超雨男の I さん。 ハンドル下のテルテル坊主が泣かせます。(爆)

その御利益あってか、この日はおとなしくしてくれてたようですネ。( ´艸`)ププッ




  DSC02580.jpg




Kermis Cross のメンバーとは、あ・うんの呼吸で共調できるのが頼もしいです。

参加者の皆さんも安心して集団走行できますね。(^^)




  DSC02581.jpg




「最後はみんなで幸之浦峠を越えましょう♪(^^)」



爽やかな笑顔でサディスティックな発言をする中山選手。

そして素直に従うマゾな参加者の皆さん。(笑)




DSC02586.jpg




今回 特に嬉しかったのは、kuro96さん親子が揃って走るところに同行できたこと。




kuro96さんジュニアとは数年ぶりに会ったので、その成長ぶりに感動。


彼は今月上旬に行われたトラック競技新人戦で、「1000mタイムトライアル優勝」

 「スプリント優勝」 「ケイリン2位」 という素晴らしい成績をおさめ、

3月に熊本で開催される全国高等学校選抜自転車競技大会に選出されたそうです。



おめでとう!

そして走る姿は父親とうり二つ。(笑)  

 左=息子 右=親父




DSC02585.jpg




そんなこんなで楽しく参加させてもらいました。



切串港に着くと、広島行きのフェリーが到着しているという、

私も何度か経験したイベントゴール。(笑)


慌ただしいお別れとなりましたが、皆さんありがとうございました。

来年もまた、よろしくお願いします。




DSC02587.jpg




呉ポートピア港からは、kuro96ジュニアに引いてもらいました。(^^)















プロフィール

タイロン

Author:タイロン
自転車を媒体に瀬戸内の魅力を発信する目的で
「瀬戸内サイクルメディア」の活動を開始しました。

同時に気楽な自転車仲間の社交場として「呉ポタリング倶楽部」も継続しております。

瀬戸内サイクルメディアは公式HPにて、

呉ポタリング倶楽部は、自転車専門SNS「LEGON自転車紳士録」内にコミュニティーを作って活動しています。

両方ともアクセスはリンクを御利用下さい。



最新記事



カテゴリ



amazon

【最強の携帯ポンプです!】 フロアポンプの様に仕様可能! 空気圧ゲージ付き! フレキシブル口金でバルブを破損する心配無用! これだけの機能を備えた携帯ポンプの中では最小最軽量!



amazon

足が攣ってもこれを飲んでゆっくりまわせば、あっという間に回復します。



amazon

【リュックを背負って出かけたくないけど・・出先で荷物が出来た時に超便利!】 超軽量で折りたたみ時の大きさ拳大! 5.5ℓの充分な容量! 見た目に反してフィット感バツグン! メッシュ構造で蒸れにくい! 背負った状態でジャージのバックポケットが使える! 本体もショルダーにも、多数貼り巡らされた反射材! メチャメチャ使い勝手のいい便利グッズです!



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。